土壌改良(どじょうかいりょう)



植えつける場所の土を、植物の生育に適するように、人為的に改良することです。一般的には、排水性、保水性、通気性などをよくする土質の改善、酸度の調整などがこれにあたります。土質の改善に効果のある資材には、団粒化して、保水性、通気性、保肥力を高め、微生物の活動を活発にさせる腐葉土や堆肥、ピートモスなどのほかに、主に排水性、通気性を改善するバーミキュライト、パーライトなどがあり、これらのものを総称して土壌改良材といいます。

用語集トップへ

会員登録がお済みの方は

会員登録をすると、マイページ、園芸日記、コミュニティ、ショッピングなどのサービスをご利用頂くことができます。

プレゼント&アンケート
写真プリントサービス
みんなのバラ百科