花がら摘み(はながらつみ)



花が咲き終わっても散らずに残っている枯れた花のことを「花がら」といいます。いつまでも残しておくと見苦しいだけでなく、病気などを発生させる原因となるので、タネを採取する場合を除き、花がら摘みをこまめに行います。摘む位置ですが、花の根元の子房ごと手で摘むか、ハサミなどで切り取ります。株元の茎から切ってはいけません。

花が終わったら、花がら摘みをこまめに行うとよい。花首のすぐ下で切ること。株元からは切らない

用語集トップへ

会員登録がお済みの方は

会員登録をすると、マイページ、園芸日記、コミュニティ、ショッピングなどのサービスをご利用頂くことができます。

プレゼント&アンケート
写真プリントサービス
みんなのバラ百科