栄養成長(えいようせいちょう)



<栄養成長とは>

水分や無機物の根からの吸収が活発になり、葉で光合成が始まります。この時期の成長を栄養成長といいます。新芽から伸びるのは葉や枝で、花は咲きません。
一方、花芽ができ、花が咲き始めるのが「生殖成長」です。

用語集トップへ

会員登録がお済みの方は

会員登録をすると、マイページ、園芸日記、コミュニティ、ショッピングなどのサービスをご利用頂くことができます。

大切なバラをもっと美しく咲かせるコツは?
マイテミンスプレーと「シェエラザード」のバラ苗をセットで10名様にプレゼント!
詳しくはこちら
プレゼント&アンケート
母の日ギフト特集
写真プリントサービス
NHKテレビテキスト 趣味の園芸 定期購読&電子版のご案内