栄養成長(えいようせいちょう)



<栄養成長とは>

水分や無機物の根からの吸収が活発になり、葉で光合成が始まります。この時期の成長を栄養成長といいます。新芽から伸びるのは葉や枝で、花は咲きません。
一方、花芽ができ、花が咲き始めるのが「生殖成長」です。

用語集トップへ