オキナグサ
Pulsatilla cernua

そだレポを書く写真を投稿するお気に入りに登録する

和名:オキナグサ(翁草)  その他の名前:白頭草(はくとうそう)

科名 / 属名:キンポウゲ科 / オキナグサ属

  • 特徴、育て方
  • 育て方詳細
  • 主な原種、園芸品種
  • そだレポ
  • みんなの写真
オキナグサ|西洋オキナグサ

クリックすると拡大します

基本情報

 オキナグサは本州、四国、九州の日当たりのよい草原や林縁に生える多年草です。花後にできるタネに白く長い毛があり、そのタネが密集して風にそよぐ姿を老人の白髪に見立てて「オキナグサ(翁草)」と呼ばれているといわれます。
 地下には太いゴボウ根状の根茎があり、春に暖かい日ざしが注ぐと芽を出します。葉を開くと同時に白い毛で覆われた花芽を伸ばし、葉の伸びきる前に、短い毛で覆われた赤紫色の花を下向きに咲かせます。花弁に見えるものは萼片です。この花が数輪咲いた姿はとても情緒があり、タネの姿と相まって愛好家が多い理由もうなずけます。庭植えにすると、より風情や情緒が楽しめるでしょう。
 花後に葉の展開が終わると、花茎が長く伸びて、先端にタネを実らせます。あとから開花した茎の成長が止まると、葉はほとんど出ることもなく夏を迎えますが、わきにはしっかりと側芽をつけており、秋には株を充実させます。やがて落葉して休眠に入ります。

植物図鑑の見方
園芸分類 山野草
形態 多年草 原産地 本州、四国、九州
草丈/樹高 30~40cm 開花期 4月中旬~5月下旬
花色 暗赤紫色、赤紫色 栽培難易度(1~5)
耐寒性 普通 耐暑性 普通
特性・用途 落葉性

育て方

開花期
植えつけ、植え替え
肥料(鉢植え)
肥料(庭植え)
タネまき

主な原種、園芸品種

「趣味の園芸」講師陣、専門家の執筆による植物図鑑

執筆:富澤正美(とみざわ・まさみ)
山野草専門の生産農園、アルペンガーデンやまくさの園主。国内外の多岐にわたる山野草を扱い、世界各地の希少な品種も栽培している。雪割草、キキョウ、ギボウシ、イカリソウなど、交配に力を注ぐ植物も多い。

そだレポ投稿エリア

北海道・東北
関東
信越・北陸
  • 新潟
  • 長野
  • 富山
  • 石川
  • 福井
東海
近畿
  • 大阪
  • 兵庫
  • 京都
  • 滋賀
  • 奈良
  • 和歌山
中国
  • 鳥取
  • 島根
  • 岡山
  • 広島
  • 山口
四国
九州・沖縄
  • 福岡
  • 佐賀
  • 長崎
  • 熊本
  • 大分
  • 宮崎
  • 鹿児島
  • 沖縄
海外
  • 海外
そだレポを投稿する

みんなの写真

この植物の「みんなの園芸日記」

2014/09/15
今日の園芸作業
2014/09/06
今日の庭9/6
2014/09/02
今日の庭9/2
2014/08/27
オフ会のお土産苗(*^◯^*)
2014/08/22
《オキナグサ翁草に蕾⁉︎とア...
もっと見る

関連コミュニティ

日本の山野草を楽しむ
人数:170人

今月のおすすめ商品

loading....

いきいきと園芸を楽しみたいあなたへ―