オリヅルラン
Chlorophytum

そだレポを書く写真を投稿するお気に入りに登録する

和名:オリヅルラン(折鶴蘭)  

科名 / 属名:キジカクシ科 / オリヅルラン属(クロロフィツム属)

  • 特徴、育て方
  • 育て方詳細
  • 主な原種、園芸品種
  • そだレポ
  • みんなの写真
オリヅルラン|

クリックすると拡大します

基本情報

 オリヅルラン(Chlorophytum comosum)は、緑色の葉に白色の外斑や中斑が入り、花後の花茎には子株がつきます。ミニ観葉や鉢植え、吊鉢などにして楽しめます。丈夫で育てやすく、葉が硬いタイプは庭植えにもできます。この仲間はアフリカとインドを中心とした熱帯に約150種が分布しています。
 一般に流通しているのは、ソトフオリヅルラン(C. comosum ‘Variegatum’)、ナカフヒロハオリヅルラン(C. comosum ‘Picturatum’)です。また、近年出回っているものに‘ボニー’(C. comosum ‘Bonnie’)、種名が不明の‘シャルロット’(C. sp. ‘Charlotte’)があります。また、オリヅルランとは種が異なるシャムオリヅルラン(C. laxum ‘Bichetii’)は花後に子株をつけず、冬に休眠して葉が枯れます。

※科名:リュウゼツラン科、ユリ科で分類される場合もあります。

植物図鑑の見方
園芸分類 観葉植物
形態 多年草 原産地 アフリカとインドを中心とした熱帯
草丈/樹高 5~30cm 栽培難易度(1~5)
耐寒性 やや弱い 耐暑性 強い
特性・用途 常緑性,日陰でも育つ

育て方

植えつけ、植え替え
肥料(鉢植え)
肥料(庭植え)

主な原種、園芸品種

「趣味の園芸」講師陣、専門家の執筆による植物図鑑

執筆:尾崎 章(おざき・あきら)
千葉県の植物園、南房パラダイスでの20年の勤務を経て独立。現在は熱帯植物の専門ナーセリー、エクゾティックプランツを営む。熱帯・亜熱帯原産の植物を収集し、3000種以上を扱っている。

そだレポ投稿エリア

北海道・東北
  • 北海道
  • 青森
  • 岩手
  • 宮城
  • 秋田
  • 山形
  • 福島
関東
  • 東京
  • 神奈川
  • 埼玉
  • 千葉
  • 茨城
  • 栃木
  • 群馬
  • 山梨
信越・北陸
  • 新潟
  • 長野
  • 富山
  • 石川
  • 福井
東海
近畿
  • 大阪
  • 兵庫
  • 京都
  • 滋賀
  • 奈良
  • 和歌山
中国
  • 鳥取
  • 島根
  • 岡山
  • 広島
  • 山口
四国
  • 徳島
  • 香川
  • 愛媛
  • 高知
九州・沖縄
  • 福岡
  • 佐賀
  • 長崎
  • 熊本
  • 大分
  • 宮崎
  • 鹿児島
  • 沖縄
海外
  • 海外
そだレポを投稿する

みんなの写真

この植物の「みんなの園芸日記」

2014/07/31
ハンギングバスケット
2014/07/29
苔玉作りました。
2014/07/28
仕事場の
2014/07/27
雨雨ふれふれ・・・るんるん
2014/07/26
子宝草、カランコエ、オリヅ...
もっと見る

関連コミュニティ

どなたかもらって~種・株分け~
人数:16人

今月のおすすめ商品

loading....

いきいきと園芸を楽しみたいあなたへ―