ヒポエステス
Hypoestes

そだレポを書く写真を投稿するお気に入りに登録する

和名:ソバカスソウ  

科名 / 属名:キツネノマゴ科 / ヒポエステス属

  • 特徴、育て方
  • 育て方詳細
  • 主な原種、園芸品種
  • そだレポ
  • みんなの写真
ヒポエステス|ヒポエステス・フィロスタキア‘ピンク・スプラッシュ’

クリックすると拡大します

基本情報

 ヒポエステスはユーラシアやアフリカ、オーストラリアの熱帯に約40種が自生しますが、一般に栽培されているのはヒポエステス・フィロスタキア(Hypoestes phyllostachya)です。これはマダガスカル原産の常緑の低木で、高さ1m以上になります。葉は卵形で緑色、全面に赤色、桃色、白色の斑やスポット状の斑点が入ることから、和名でソバカスソウとも呼ばれます。冬から春に上部の葉のわき付近に紅紫色の花を1つずつ咲かせます。
 品種に、葉に白色の斑点が入る‘ホワイト・スポット’(H.phyllostachya‘White Spot’)、赤色の斑点が入る‘ローズ・スポット’(H.phyllostachya‘Rose Spot’)、桃色の大きな斑が入る‘ピンク・スプラッシュ’(H.phyllostachya‘Pink Splash’)などがあります。
 観賞用にはタネから育てた5~10cmの株が用いられ、ミニ観葉や寄せ植え材料などに利用します。

植物図鑑の見方
園芸分類 観葉植物
形態 低木 原産地 ユーラシア、アフリカ、オーストラリアの熱帯
草丈/樹高 5~100cm 栽培難易度(1~5)
耐寒性 弱い 耐暑性 強い
特性・用途 常緑性,カラーリーフ,寄せ植え,ハンギングバスケット

育て方

植え替え
肥料(鉢植え)

主な原種、園芸品種

「趣味の園芸」「やさいの時間」講師陣、専門家の執筆による植物図鑑

執筆:尾崎 章(おざき・あきら)
千葉県の植物園、南房パラダイスでの20年の勤務を経て独立。現在は熱帯植物の専門ナーセリー、エクゾティックプランツを営む。熱帯・亜熱帯原産の植物を収集し、3000種以上を扱っている。

そだレポ投稿エリア

北海道・東北
  • 北海道
  • 青森
  • 岩手
  • 宮城
  • 秋田
  • 山形
  • 福島
関東
  • 東京
  • 神奈川
  • 埼玉
  • 千葉
  • 茨城
  • 栃木
  • 群馬
  • 山梨
信越・北陸
  • 新潟
  • 長野
  • 富山
  • 石川
  • 福井
東海
  • 愛知
  • 岐阜
  • 静岡
  • 三重
近畿
  • 大阪
  • 兵庫
  • 京都
  • 滋賀
  • 奈良
  • 和歌山
中国
  • 鳥取
  • 島根
  • 岡山
  • 広島
  • 山口
四国
  • 徳島
  • 香川
  • 愛媛
  • 高知
九州・沖縄
  • 福岡
  • 佐賀
  • 長崎
  • 熊本
  • 大分
  • 宮崎
  • 鹿児島
  • 沖縄
海外
  • 海外
そだレポを投稿する

みんなの写真

この植物の「みんなの園芸日記」

2014/08/27
赤い花達
2014/08/25
ミニ盆栽のミニバラ
2014/08/22
bonnsai
2014/08/19
永遠の白い約束(22)
2014/08/18
ヒポエステスって、お花が咲...
もっと見る

関連コミュニティ

関連するコミュニティはありません

今月のおすすめ商品

loading....

いきいきと園芸を楽しみたいあなたへ―