アマリリス
Hippeastrum

そだレポを書く写真を投稿するお気に入りに登録する

和名:アマリリス  

科名 / 属名:ヒガンバナ科 / アマリリス属(ヒッペアストルム属)

  • 特徴、育て方
  • 育て方詳細
  • 主な原種、園芸品種
  • そだレポ
  • みんなの写真
アマリリス|シロアマリリス

クリックすると拡大します

基本情報

 アマリリスは花径10~20cmもある鮮やかな色の花を、すっと立ち上がる太い茎に咲かせます。1株でもインパクトがあり、鉢植えや花壇、あるいは切り花として利用されています。
 球根が多く出回るのは2月から3月で、鉢植えで育てれば1か月半~2か月後に花が咲きます。また、オランダ産の鉢植え株が秋に販売されることもあり、これを室内で育てれば、2か月後には花を楽しむことができます。
 戸外で栽培すると、春に花茎(蕾)と葉がほぼ同時に地上に現れ、その後開花し、夏は葉が30~50cmに伸び、冬になると枯れて地上部がなくなります。初夏咲き以外にも、春咲き、真夏咲き、秋咲きの品種もあります。中輪で剣弁の花弁をもつ在来種は寒さに比較的強いのですが、巨大輪で丸弁の花弁をもつ外来種は寒さにやや弱いので、冬は防寒をするか、掘り上げると安心です。

植物図鑑の見方
園芸分類 球根
形態 多年草 原産地 南米
草丈/樹高 40~80cm 開花期 4月下旬~6月(春咲き品種)、10月(秋咲き品種)
花色 白,赤,ピンク,黄,複色 栽培難易度(1~5)
耐寒性 やや弱い~普通 耐暑性 普通~強い
特性・用途 落葉性,初心者でも育てやすい

育て方

開花期
植えつけ、植え替え
肥料(鉢植え)
肥料(庭植え)

主な原種、園芸品種

「趣味の園芸」講師陣、専門家の執筆による植物図鑑

執筆:島田有紀子(しまだ・ゆきこ)
広島市植物公園に勤務。ベゴニアやペラルゴニウムの仲間などを担当し、保有する豊富な野生種をもとに、耐暑性、耐寒性のあるベゴニアの育種に取り組む。それに止まらず、幅広い植物に精通している。

そだレポ投稿エリア

北海道・東北
  • 北海道
  • 青森
  • 岩手
  • 宮城
  • 秋田
  • 山形
  • 福島
関東
信越・北陸
  • 新潟
  • 長野
  • 富山
  • 石川
  • 福井
東海
近畿
中国
  • 鳥取
  • 島根
  • 岡山
  • 広島
  • 山口
四国
九州・沖縄
  • 福岡
  • 佐賀
  • 長崎
  • 熊本
  • 大分
  • 宮崎
  • 鹿児島
  • 沖縄
海外
  • 海外
そだレポを投稿する

みんなの写真

この植物の「みんなの園芸日記」

2014/11/22
種蒔き
2014/11/05
アマリリス「オーリカム」
2014/11/05
アマリリス「カリプトゥラタム」
2014/10/22
Forget-me-not
2014/10/20
キスジアマリリスと今日の庭
もっと見る

関連コミュニティ

みんなの広場引っ越し組
人数:48人
横川花園
人数:5人

会員登録がお済みの方は

会員登録をすると、マイページ、園芸日記、コミュニティ、ショッピングなどのサービスをご利用頂くことができます。

プレゼント&アンケート
写真プリントサービス
みんなのバラ百科