西洋オダマキ
Aquilegia

そだレポを書く写真を投稿するお気に入りに登録する

その他の名前:セイヨウオダマキ

科名 / 属名:キンポウゲ科 / オダマキ属

  • 特徴、育て方
  • 育て方詳細
  • 主な原種、園芸品種
  • そだレポ
  • みんなの写真
西洋オダマキ|

クリックすると拡大します

基本情報

 現在の日本で西洋オダマキと呼ばれているものは、ヨーロッパ原産のアクイレギア・ブルガリス(Aquilegia valgaris)と北米産の大輪の花を咲かせる数種との交配種をさすようになっています。オダマキの仲間はもともと雑種をつくりやすいこともあって、きわめて多数の園芸品種がありますが、多くの場合、国内では個々の品種名を明記せずに色別や混合種子の形で流通しています。
 いずれも丈夫な宿根草で、高さ30~50cmになり、株の中心からまっすぐ伸びた茎に赤、黄、青紫、白、桃色などの4~5cmの花を多数咲かせます。葉は根元にまとまってつきます。
 本来セイヨウオダマキの和名をもつアクイレギア・ブルガリスはヨーロッパ原産の多年草で、高さ30~50cm、オダマキに似ていますが茎がまっすぐに伸びて10輪前後の青紫色の花がうつむいて咲きます。長く栽培されてきたため白花や桃色、赤紫、黒紫色など花色の変異が豊富です。変種に八重咲きのフローレ・プレノ(A. vulgaris var. flore-pleno)があり、変種のステラータ(A. vulgaris var. stellata)は同じ八重咲きでも、距(花の後ろに突き出した部分)のないタイプで八重咲きのクレマチスのような形の花を咲かせます。

●関連図鑑
ミヤマオダマキ

植物図鑑の見方
園芸分類 草花
形態 多年草 原産地 北米大陸、ユーラシア
草丈/樹高 30~50cm 開花期 5月~6月
花色 白,ピンク,赤,オレンジ,黄,青,紫,茶,黒 栽培難易度(1~5)
耐寒性 強い 耐暑性 普通
特性・用途 落葉性,耐寒性が強い,日陰でも育つ,初心者でも育てやすい

育て方

開花期
植えつけ、植え替え
肥料(鉢植え)
肥料(庭植え)
タネまき

主な原種、園芸品種

「趣味の園芸」講師陣、専門家の執筆による植物図鑑

執筆:辻 幸治(つじ・こうじ)
1976年、大阪生まれ。ホームセンター勤務を経て、現在は園芸分野の執筆活動も精力的に行う気鋭の園芸家。江戸の園芸文化から、海外のワイルドフラワーまで、幅広く植物に精通している。

そだレポ投稿エリア

北海道・東北
  • 北海道
  • 青森
  • 岩手
  • 宮城
  • 秋田
  • 山形
  • 福島
関東
信越・北陸
  • 新潟
  • 長野
  • 富山
  • 石川
  • 福井
東海
  • 愛知
  • 岐阜
  • 静岡
  • 三重
近畿
中国
  • 鳥取
  • 島根
  • 岡山
  • 広島
  • 山口
四国
  • 徳島
  • 香川
  • 愛媛
  • 高知
九州・沖縄
  • 福岡
  • 佐賀
  • 長崎
  • 熊本
  • 大分
  • 宮崎
  • 鹿児島
  • 沖縄
海外
  • 海外
そだレポを投稿する

みんなの写真

関連コミュニティ

オダマキLOVE♪
人数:18人
愛知で自然に優しい園芸!
人数:11人

もっと見る

会員登録がお済みの方は

会員登録をすると、マイページ、園芸日記、コミュニティ、ショッピングなどのサービスをご利用頂くことができます。

プレゼント&アンケート
写真プリントサービス
みんなのバラ百科