マーガレット
Argyranthemum

そだレポを書く写真を投稿するお気に入りに登録する

和名:モクシュンギク(木春菊)  

科名 / 属名:キク科 / モクシュンギク属(アルギランセマム属)

  • 特徴、育て方
  • 育て方詳細
  • 主な原種、園芸品種
  • そだレポ
  • みんなの写真
マーガレット|

クリックすると拡大します

基本情報

 一般にマーガレットとして扱われているのは、本来のマーガレットであるモクシュンギク(アルギランセマム・フルテッセンス)の園芸品種のほか、モクシュンギクと近縁種を交配させた園芸品種です。モクシュンギクはスペイン領カナリア諸島原産の半耐寒性低木です。関東地方以西では霜に当てなければ戸外でも冬越しが可能で、冬から春まで長期間花を楽しむことができます。高温多湿に弱く、日本では夏に生育を休止します。鉢植え、庭植え、切り花に向きます。
 モクシュンギクでは、明治時代に導入された‘在来白’という白花の園芸品種がよく知られています。‘在来白’はタネがなかなかできませんが、鉢物用に改良された最近の園芸品種の多くは簡単にタネができます。黄花の園芸品種のなかには、近縁のシュンギク(キク科キク属)との交配によって誕生したものもあります。最近ではハナワギク(キク科キク属)と交配させた園芸品種がふえていますが、花後に雨に当てると枯れやすく、一年草的な性質が強いといえます。
 花形は一重、丁字、八重、ポンポン咲きなど変化に富んでいます。基本的に香りはありませんが、ラベンダーに似た香りをもつ交配種もあります。

植物図鑑の見方
園芸分類 草花
形態 低木 原産地 スペイン領カナリア諸島
草丈/樹高 30~100cm 開花期 11月~5月
花色 白,ピンク,赤,クリーム,黄,薄いオレンジ 栽培難易度(1~5)
耐寒性 弱い 耐暑性 弱い
特性・用途 常緑性,開花期が長い,香りがある

育て方

開花期
植えつけ、植え替え
肥料(鉢植え)
肥料(庭植え)
切り戻し

主な原種、園芸品種

「趣味の園芸」講師陣、専門家の執筆による植物図鑑

執筆:奥 隆善(おく・たかよし)
千葉大学大学院自然科学研究科博士前期課程修了後、植物の育種の道へ。チョコレートコスモスやカランコエなどの草花から、ハクサイなどの野菜まで幅広く手がける、気鋭の育種家。

そだレポ投稿エリア

北海道・東北
  • 北海道
  • 青森
  • 岩手
  • 宮城
  • 秋田
  • 山形
  • 福島
関東
信越・北陸
  • 新潟
  • 長野
  • 富山
  • 石川
  • 福井
東海
  • 愛知
  • 岐阜
  • 静岡
  • 三重
近畿
  • 大阪
  • 兵庫
  • 京都
  • 滋賀
  • 奈良
  • 和歌山
中国
  • 鳥取
  • 島根
  • 岡山
  • 広島
  • 山口
四国
  • 徳島
  • 香川
  • 愛媛
  • 高知
九州・沖縄
  • 福岡
  • 佐賀
  • 長崎
  • 熊本
  • 大分
  • 宮崎
  • 鹿児島
  • 沖縄
海外
  • 海外
そだレポを投稿する

みんなの写真

関連コミュニティ

関連するコミュニティはありません

今月のおすすめ商品

loading....

いきいきと園芸を楽しみたいあなたへ―