サンセベリア
Sansevieria

そだレポを書く写真を投稿するお気に入りに登録する

和名:チトセラン(千歳蘭)  その他の名前:トラノオ、サンスベリア

科名 / 属名:キジカクシ科 / チトセラン属(サンセベリア属)

  • 特徴、育て方
  • 育て方詳細
  • 主な原種、園芸品種
  • そだレポ
  • みんなの写真
サンセベリア|

クリックすると拡大します

基本情報

 サンセベリアは葉が多肉質で、乾燥に強い植物です。アフリカやアジアなどの熱帯や亜熱帯の乾燥地に61種が自生しています。葉色は緑色単色のものや横縞模様が入るものがあり、草姿は株立ち状やロゼット状になります。マイナスイオンを発生することで脚光を浴び、人気が復活した観葉植物です。ミニ観葉から中・小鉢などで年間を通して楽しめます。
 最も一般的な種類は、トラノオとも呼ばれるサンセベリア・トリファスキアタ(Sansevieria trifasciata、アツバチトセラン)の園芸品種で、‘ローレンティー’(S.trifasciata ‘Laurentii’)、‘フツラ・シンプレックス’(S.trifasciata ‘Futura Simplex’)、 ‘ハーニー’(S.trifasciata ‘Hahnii’)などがあります。また、葉が棒状になるサンセベリア・バクラリス(S.bacularis)、サンセベリア・カナリクラタ(S.canaliculata)、サンセベリア・キリンドリカ(S.cylindrica)なども流通しています。

植物図鑑の見方
園芸分類 観葉植物
形態 多年草 原産地 熱帯アフリカや南アフリカ、マダガスカル、南アジア、アラビアの乾燥地
草丈/樹高 5~100cm 栽培難易度(1~5)
耐寒性 弱い 耐暑性 強い
特性・用途 常緑性,初心者でも育てやすい

育て方

植え替え
肥料(鉢植え)
肥料(庭植え)

主な原種、園芸品種

「趣味の園芸」講師陣、専門家の執筆による植物図鑑

執筆:尾崎 章(おざき・あきら)
千葉県の植物園、南房パラダイスでの20年の勤務を経て独立。現在は熱帯植物の専門ナーセリー、エクゾティックプランツを営む。熱帯・亜熱帯原産の植物を収集し、3000種以上を扱っている。

そだレポ投稿エリア

北海道・東北
関東
信越・北陸
  • 新潟
  • 長野
  • 富山
  • 石川
  • 福井
東海
  • 愛知
  • 岐阜
  • 静岡
  • 三重
近畿
  • 大阪
  • 兵庫
  • 京都
  • 滋賀
  • 奈良
  • 和歌山
中国
  • 鳥取
  • 島根
  • 岡山
  • 広島
  • 山口
四国
  • 徳島
  • 香川
  • 愛媛
  • 高知
九州・沖縄
  • 福岡
  • 佐賀
  • 長崎
  • 熊本
  • 大分
  • 宮崎
  • 鹿児島
  • 沖縄
海外
  • 海外
そだレポを投稿する

みんなの写真

この植物の「みんなの園芸日記」

2014/09/18
山野草 種と花と実
2014/09/14
メジロ
2014/09/13
虎というよりも・・・
2014/09/13
ムラサキエノコロ
2014/09/12
小さな花たち
もっと見る

関連コミュニティ

関連するコミュニティはありません

今月のおすすめ商品

loading....

いきいきと園芸を楽しみたいあなたへ―