ヤマブキソウ
Chelidonium japonicum

そだレポを書く写真を投稿するお気に入りに登録する

和名:ヤマブキソウ(山吹草)  その他の名前:クサヤマブキ

科名 / 属名:ケシ科 / クサノオウ属

  • 特徴、育て方
  • 育て方詳細
  • 主な原種、園芸品種
  • そだレポ
  • みんなの写真

クリックすると拡大します

基本情報

 ヤマブキソウはやや湿った明るい落葉樹林に見られる多年草で、低木のヤマブキに似た山吹色の花を咲かせます。イチリンソウやニリンソウと交じって、春に芽生え、夏から初秋には地上部が枯れて休眠します。
 根元にある葉の間から高さ30cm前後の花茎を立て、先端に直径3~5cmの花を1~3輪つけます。花弁は通常4枚です。雌しべは細長く、花後にアブラナの実を細長くしたような形になります。葉は5~8枚の小葉からなる羽状複葉で、葉質は薄く葉脈がくぼんでしわになっています。葉が細いホソバヤマブキソウ(Chelidonium japonicum f. lanceolatum)や、細かい切れ込みが入るセリバヤマブキソウ(C. japonicum f. dissectum)などがあります。
 東アジアから朝鮮半島、北米大陸に、外見が似た植物が数種あり、同じように栽培されています。

植物図鑑の見方
園芸分類 草花,山野草
形態 多年草 原産地 日本列島(本州、四国、九州)
草丈/樹高 30cm前後 開花期 4月~5月
花色 栽培難易度(1~5)
耐寒性 強い 耐暑性 普通
特性・用途 落葉性,耐寒性が強い,日陰でも育つ

育て方

主な原種、園芸品種

「趣味の園芸」講師陣、専門家の執筆による植物図鑑

執筆:辻 幸治(つじ・こうじ)
1976年、大阪生まれ。ホームセンター勤務を経て、現在は園芸分野の執筆活動も精力的に行う気鋭の園芸家。江戸の園芸文化から、海外のワイルドフラワーまで、幅広く植物に精通している。

そだレポ投稿エリア

北海道・東北
  • 北海道
  • 青森
  • 岩手
  • 宮城
  • 秋田
  • 山形
  • 福島
関東
  • 東京
  • 神奈川
  • 埼玉
  • 千葉
  • 茨城
  • 栃木
  • 群馬
  • 山梨
信越・北陸
  • 新潟
  • 長野
  • 富山
  • 石川
  • 福井
東海
  • 愛知
  • 岐阜
  • 静岡
  • 三重
近畿
  • 大阪
  • 兵庫
  • 京都
  • 滋賀
  • 奈良
  • 和歌山
中国
  • 鳥取
  • 島根
  • 岡山
  • 広島
  • 山口
四国
  • 徳島
  • 香川
  • 愛媛
  • 高知
九州・沖縄
  • 福岡
  • 佐賀
  • 長崎
  • 熊本
  • 大分
  • 宮崎
  • 鹿児島
  • 沖縄
海外
  • 海外
そだレポを投稿する

みんなの写真

 

この植物の「みんなの園芸日記」

2014/05/08
GW終わってメモ
2014/05/07
山野草いろいろ
2014/05/07
今日の花達
2014/04/25
山野草。
2014/04/22
地味に育ってます
もっと見る

関連コミュニティ

関連するコミュニティはありません

今月のおすすめ商品

loading....