【 新・多肉コミュ 】 コミュニティ

開設日
2017/08/07
管理人
カテゴリ
サボテン・多肉植物
メンバー数
3人
参加条件と
公開範囲
だれでも参加できる(公開)

気になったらまずは気軽に参加!

参加すると書き込みもできます。

.

【 多肉ファンの不満 】


〇 多肉・サボテンが好きだけど、栽培に自信がない。

〇 買って来たが、名前や種類がわからない。

〇 チャレンジしたけど、何度か枯れてしまった。

〇 今さら初歩的なことを質問するのが恥ずかしい。

〇 コミュニティには参加したくないが、疑問の答えは知りたい。

〇 何の制約も受けずにトピックを立てたい。

〇 栽培のベテランに上から目線で教えられたくない。

〇 たかが趣味のコミュニティなのに管理人がやたら規制をかける。

〇 欲しい多肉をどこで求めてよいかわからない。

〇 初心者だからと軽く扱われそうだ。

〇 栽培の裏ワザを知りたい。

〇 コメントへの返信がわずらわしい。

〇 栽培のことだけを知りたい。

〇 コミュニティの規則がめんどくさい。

〇 のぞくだけで参加したくない。

〇 管理人が箸の上げ下ろしにまでやかましく干渉して来る。


            ※


ご安心ください、あなたの希望どおりに。

参加のご挨拶など金輪際不要です。

いきなり本文を書き込んで結構です。

わずらわしい自己紹介など無用、どうぞ核心から書き始めて下さい。

このサイトはあくまでも趣味で、お稽古事でも社交サロンでもありません。

公序良俗に抵触しなけりゃ何を書き込んでも結構。
どこかのコミュみたく小うるさい規則など一切ありません。

質問だろうが愚痴だろうが自慢だろうが自虐だろうが、はた又、多肉と関係ない事柄でも構いません。
何を書こうが、管理人が勝手に削除したりはしません。


参加者と通りすがりの線引きなど、どれほどの意味があるのか。

昔とは違うんです、口伝による指導など受けなくても現代はいくらでも栽培資料はネットで探し出せる。

そして、独学による実地の試行錯誤は、それはそれで得る物が大きいのです。


上記の事柄は私が他のコミュニティに入って感じた不満・憤懣を項目に掲げたものです。

ここは「趣味」の園芸でしょ、仕事でも競技会でも奉仕でもボランティアでもありません。
規則に縛られるなどまっぴらです。

そもそもトピックとは参加者が自由に立てられるのが本当です。

(以前入会していたコミュニティはすぐにやめました。小生のコメントを反論して回るので。それも経験も根拠もなしに。
歓迎されてないのは最初から感じてましたが、あれほど露骨にやられるとは。
ヤですね~、ああいうのは。)




             ※


サボテン多肉の歴史は古い。

日本人は戦前から軒先や玄関の脇に置かれたサボテン多肉を愛でて来た。

古くは貝原益軒の著書に記載があるし、サボテンという語は1769年に現れ、絵は江戸の植木屋の伊兵衛がウチワサボテンの絵をその著書に載せてる。

昔はシャボテンと言った。

これは小野欄山著『本草綱目啓蒙』に「タタミに油のつきたる時このもの横に切って磨すれば油を吸い取る。依ってシャボンと言うを転じて俗にサボテンという。」とある。

また戦前は、サボテン科の物のみをサボテン、サボテン&多肉をシャボテンと呼んでいたそうだ。

他に、シャボテンはサボテンの音便に過ぎないと云う説もある。


日本のように野菜や果物の豊富な国じゃ鑑賞が主な目的だが、メキシコじゃウチワサボテンの若い部分のトゲを取ったものを市場で山積みにして売ってる。

果実も果物として売ってて「ツナ」と呼んでるそうだ。

玉サボテンの巌(いわお)を砂糖漬けにして菓子に入れたり、幌馬車時代は砂漠を旅行する者は、その水分と果肉で飢えと渇きを癒したそうである。

ウチワサボテンはピクルス(甘酢漬け)やサラダにしたリ、シチューに入れたり油で炒めて食べてるらしい。

日本じゃ宮崎サボテン公園で宝剣(ほうけん)のトゲを取った物を奈良漬けやピクルスにして売ってる。

また、弁慶柱や武倫柱などの丈の高く太いサボテンはインディオの家屋の柱や壁の材料にされてるらしい。

染料になる物もある。

1800年代まではメキシコの重要な輸出品に、エンジ色の染料で「コチニールカイガラムシ」があった。

このカイガラムシはウチワサボテンの「コチニールウチワ」に着く害虫。

このカイガラムシの腹はエンジ色で「エンジ虫」と呼ばれていた。

安土桃山時代・江戸時代は武将にもてはやされ、現存の「猩々緋の陣羽織」は300年以上経った今でも色褪せず鮮やかな緋色を保っている。

また私の園芸日記の初っ端にも書いたが、ロホホラ属の烏羽玉にはアルカロイドのメスカリンが含まれ、服用すると「七彩の夢」を見るといわれ、古代メキシコでは祭祀の生贄(いけにえ)の若い女性にこれを食べさせて神前に捧げ、その心臓を取り出して太陽神に供した。

日本では宝剣は民間薬として生で食し、肺病・肋膜・胃腸病に効果があるとされて来た。

また打ち身・やけど・切り傷にそのスライスしたものを当てると粘液と水分で熱を取り止血効果もあるとされた。


蘊蓄おわり。

あとは勝手にトピックを立てて好きに書いて下さいな。





.

トピック

2017/10/15
超・地味ハオルチア (コメント0件)
2017/10/01
和風ハオルチア・スプレンデンス (コメント2件)
2017/09/18
遮光には気を遣うべし (コメント0件)
2017/09/10
すべては自由だ (コメント0件)
一覧へ

イベント

会員登録がお済みの方は

会員登録をすると、園芸日記、そだレポ、アルバム、コミュニティ、マイページなどのサービスを無料でご利用いただくことができます。

ガーデニングのあとは

スッキリ&らくらく 快適キッチン術

キッチンを快適に使いこなす方法を紹介! 抽選で10名様に本格・軽量の剪定バサミも当たります。

詳しくはこちら
ピックアップ
テキストこぼれ話

趣味の園芸 12月号こぼれ話

奥深いランの世界。
富山昌克さんにランについて聞いてみた!

新着日記写真
ブタさん
2017/12/13
赤と黒
2017/12/13
その後ヒヤ
2017/12/13
昨日の日記のビ...
2017/12/13
朝の冷え込みもうやだ~(悲しい顔)...
2017/12/13
暖色が恋しいか...
2017/12/13
投稿募集中 from テキスト編集部
見て見て!お気に入りの花

見て見て!お気に入りの花
自慢の植物・庭の写真を募集中!

みんなのマルシェ

みんなのマルシェ
自慢の畑・野菜の写真を募集中!