【質問コ~ナ~☆】新米さん!いらっしゃい! コミュニティ

トピックテーマ

質問コ~ナ~☆

2011/09/09
どうぞお気軽に、ご質問下さい:)

※お返事が遅くなります場合がございます。何卒、ご容赦願います。

コメント

最新20件を表示

1 2011/09/10
ひかるり
忙しいところ、よろしくお願いします。

5月に作った苔玉です。
この苔玉は土を使っていません。
セラミック粒、軽石、ケイ酸白土などです。
なので肥料はいらないとのこと。
日光にも当てないように。
といわれました。
植物は、モミジとハツユキカズラです。

そのハツユキカズラ、伸びてきた枝があるのですが、
この後どうしたらいいのでしょうか?
後、苔も薄くなって、新しい苔を補充するにも
どのようにしていいかわかりません。
苔がないってこと。どこかで採ってくる?
よろしくお願いします。
2 2011/09/10
ひかるり
ついでにクチナシのことも。
写真は画像が大きくて載せられませんでした。

7月に苗木を買ってきたんですが、
本によると
下から出てくる小枝(?)はとるように
と書いてありました。
太い枝1本にしろってことですか?
これからの育て方もよろしくお願いします。
3 2011/09/11
misc.
>ひかるりさん

 まずは『苔玉』。

1)資材
 セラミック粒、軽石、ケイ酸白土─とありますが、どれも、山野草などは、通常『ケト土と赤玉』のミックスしたものを使用します(根を覆う用土)。セラミック、軽石は、養分がありませんので、肥料は必須と思います。

 尚、珪酸は多少ミネラル分がありますが、根からでる、老廃物の分解役と思ったほうが良いでしょう。

2)光

 『日光に当てない』とありますが、『直射日光に当てない』のニュアンスでしょう。モミジも、初雪カズラ、どちらも日光は必須です。おそらく、(特に)真夏の直射日光による、苔がの乾燥と、焼けることを避けるため・・・でしょう。

3)剪定

 初雪カズラは、やや徒長(間延び)気味に思われます。葉と葉の間が、長いようです。苔玉に対して、少々長いと思うようでしたら、カットして大丈夫です。生命力は旺盛です。

4)苔

 画像では、分かりかねますが、『苔』は通常─ハイゴケを使用します。薄くなっても、また生えてくるのがコケです。暫くまつか、貼り足すか、ひかるりさんのチョイスです。

 尚、さほど珍しい苔ではありませんが、市街地では、あまり生えていないかもです。

 付け足す場合は、黒の木綿糸で巻きます。

 ちなみに、misc.でも売ってます :D
4 2011/09/11
misc.
>ひかるりさん

 次に『クチナシ』です。

 『下からでる枝』─ “ひこばえ”とか“やご”と呼ばれる、地際からまっすぐ伸びる枝は、根元からカットします。

 主幹への栄養を横取りするので。

 太い枝一本・・・自然に分岐を繰り返し、樹冠を形成します。なので、クチナシは比較的、自然な形で育てます。

 なお、剪定は通常花が終わったすぐ直後ですかね。花の後、直ぐに次期の花芽を形成し始めるので。(確か...)秋以降の剪定、特に切戻しは、翌年の花付に影響します。なので、剪定は控えた方が賢明です。

 あまり、神経質にならなくとも、ヒコバエさえ切って、花後に混み合った枝程度を剪定する・・・で、十分と思われます。

 そして、花後の『お礼肥』と春先の、これから生長し始める『育ってネ肥え』(←勝手にネーミング)も、ポイントです。もしも、鉢植えなら、油粕を2ヶ月に一回程度ですかね・・・(冬はストップ)。化成肥料でも良いし、お花の為には、骨粉なども、良いかもです。

 肥料は、さまざま。ナチュラル系でも、化成でも、食べるものではないので、お好きなものをチョイスしてください。

 ・・・と、ここまでくると、くどくなってしまいました。

 疑問・質問は、どんどん答えます。お気軽に!

 では、がんばってください!
5 2011/09/11
ひかるり
misc.さん
お返事ありがとうございます。
苔玉は様子を見て 肥料をやります。
液体肥料ですね?

クチナシの根元に写真をアップします。
どれを抜いていいのか教えてください。
6 2011/09/11
misc.
>ひかるりさん

 液肥でOKです。

 クチナシの画像アップします。

1)白矢印は、カット
2)赤線は、表土位置の目安

 です。やや浅いかもです。

 なお、ヒコバエは、春以降の今年、はえた新しい枝を指します。幹肌が緑色で、若い枝です。

 Good Luck!
7 2011/09/11
ひかるり
misc.さん
ありがとうございます。
さっそくカットし、土をたしました。

いつもポットから植木鉢に変えるとき
ぎりぎりになってしまうのです。
余裕を見ないといけませんね。

ついでに、
アッツザクラの葉っぱがもう終わりそうなんですが、
このまま枯れてもいいんでしょうか?
ちょっと早すぎる気がしますが。
アッツザクラの返事は急いでいません。
8 2011/09/13
ひかるり
misc.さん
こんばんは
暑い日が続きますね。

今回の質問は今の季節、鉢をどこに置くか?です。
最近ベランダの奥にも日がさすようになって、
夏の直射日光を避けたほうがいい鉢にも、
結構長時間日が当ってしまいます。
秋の柔らかい日差しになればいいんでしょうけど、
まだまだ って感じで。
クンシランの葉が焼けてしまいました。
遮光すべきなんでしょうか?
植物は、クチナシ、クンシラン、観葉植物、
多肉植物(強い日差しで葉が焼けるもの)
などです。
よろしくお願いします。
9 2011/09/14
せとか
misc.さん、はじめまして。

ミニ盆栽に元気がなくなってしまい、
まだ間に合うようでしたら、対処法を教えていただけたらと思い質問をさせていただきます。

写真のミニ盆栽(植物名不明...)は、
今年の2月頃に購入したものです。

春先には新芽が芽吹いたりと元気だったのですが、
ここ2~3週間、なんとなく元気がないかな?という状態がつづいていました。

置き場所は、室内の南西側の窓際で、水は1~2日に1度、鉢底から出る程度にあげていました。

昨日見たところ、葉がしなびてしまっているため、
これは大変!と思い、メネデールを薄めた水に鉢ごと浸けてみたのですが、あまり改善は見られません。

まだ間に合うものでしょうか…
10 2011/09/16
misc.
>ひかるりさん

 もうそろそろ、秋が訪れそうです。今月の下旬には、30℃を越す真夏日はなくなりそうです。

 直射日光でも、11時頃までの、朝日~午前中なら、遮光せずとも大丈夫でしょう。

 ただし、観葉は種類によります。。。


>せとかさん

 初めまして、どうぞ宜しくお願いします。

>しなびた感じ・・・

 カサカサ、またはパリパリでなければ、まだ希望が・・・!?

 最低、1日は越水してみてください。(日陰で・・・)
もう、メネデールは必要ないでしょう。

 水上げしていない様子です。しばらく、静観しましょう。焦らずに。

 この猛暑の続いた夏。1~2日に『1度』では、少々少ないですね。

 それと、盆栽は室内ではなく、戸外がベストです。室内で、1日飾ったら1・2日は外で。が基本です。

 お二方とも、お返事が遅くすみません。

※...質問や投稿があったら、メールで知らせたてもらえたら。言い訳です(汗)
11 2011/09/17
せとか
misc.さん

どうもありがとうございます^^

パリパリのところもあるのですが、まだ何となく水分を含んでいそうな部分もあるので、気長に水に浸けてみます!

盆栽、やはり、戸外なのですね...。

よくお店でみるミニ盆栽、
素敵なインテリアのなかに置いてあることが多いので、ずっと室内の窓際で管理していました。

これからは戸外で管理してみます。

どうもありがとうございました!
12 2011/09/19
misc.
>せとかサン

 ヨカッタヨカッタo(^o^)o

 あとは、ある程度復活した葉を残して、枯れこんだ箇所は、思いきってカット。

 新芽を吹かす為にも大切です。画像で見る限り、やや葉数も多かったようですし・・・心機一転!頑張って下さい:->  Adios!
13 2011/10/21
はなぽっと
misc.さん こんにちは。

よくわからないのに、セッコクを育てています。
鉢植えの方は4年目に入り、
毎年ピンクのかわいい花が、増えながら咲いています。
忘れたころに薄めた液肥を施し、
カラカラになってからあわてて水やりをしています。
水草だけです。
新しい茎にだけ花が付きますので、旧枝はさびしい限りです。
このままにしておいていいのでしょうか?

また、7~8センチのコケ玉にしている方は、5年目です。
葉は増えましたが、一度も花をつけません。
背丈5センチと、かわいいのでぜひ花が見たいです。
肥料と水やりは、鉢植えと同じです。
どうしたら花が咲くでしょう。外に出したことはありません。

モンステラが好きなのですが、
セッコクに比べるとかなり大きいので、持ってはいませんでしが、
百均で、「モンステラ」と書いた観葉植物を見つけたので、
小さめの鉢で育て始め、3年目ほどになります。
背丈30センチになり、一応元気です。
ところが、肝心の葉に穴があきません!
モンステラではない?のか、いずれは穴だらけになるのか?
どうでしょう?

宜しくお願いします。
14 2011/10/23
misc.
>はなぽっとさん

 初めまして、みすくです。どうぞよろしくデス。

 早速。まず【セッコク】。

 画像で見る限り、苔玉のセッコクは『バルブ』が少ないような。
 ※バルブとは、幹にあたる部分です。

 セッコクは、一番新しい芽・の親にあたる前の芽・またその親にあたる前の芽。の三芽が、お花を咲かせる条件です。

 葉がでない、終息に向かうバルブも残さないといけないんです。ギンギアナムみたいに、なんだかガンガンお花が咲くのもありますが・・・。

 次に、【モンステラ】。

 幼葉のうちは、葉に亀裂や穴は出てきません。何枚目とは、断定出来ませんが、もう数枚葉が展開したころに現れるでしょう。そう遠くはないでしょう。頑張って下さい(>_<)

 モンステラてあるのは間違いないと思いますが、間延びしている感があります。やや、光不足ですか。一概には、言えませんが・・・。

 日射しや気温に注意して、時々は戸外に出すのも必要です。今頃の時期は、日中の優しい気候は安心して、戸外に出せます。

 なお、肥料は液肥が使い易いですかね。苔玉がありますから。では、頑張って下さい。

 みすくでした!
15 2011/10/23
misc.
>はなぽっとさん。

 追記です。冒頭の『初めまして・・・』コピペが、載ってしまいました。

 以後、気を付けます。

 みすくでした。
16 2011/10/23
はなぽっと
misc.さん  ありがとうございました。

どちらも、もっと気長にという事ですね。
お日様の力も借りて、頑張ってみます。

穴だらけになったモンステラになるのが、楽しみです。
17 2012/05/02
さとうはな
はじめまして。
園芸超初心者です。

基本的なことなのかもしれませんが、ご教示ください。

バーベナ、ペチュニア、シレネ、フェリシアなどの一年草を知人から戴いて育てています。

「こぼれ種で来年も咲く」という花がありますが、
芽が出た時点では(というより、花が咲くまで)雑草なのか花なのか区別がつかずに、すぐに草ひきとして抜いてしまいます。
上手く管理するにはどうすればよいのでしょうか。

また、一年草で秋に挿し芽で増やすことができるものは、秋に挿した苗を温室などで越冬させて、翌旬から育てることはできるのでしょうか?
19 2012/10/13
はじめまして。初心者です。
よろしくお願いします。

ランタナ、キンギョソウ、パンジーの苗を買って      育てています。
ランタナは、もう花が終わったのか、花びらが
落ちたものがあるのですが、それは種になるのですか?

私は、できた種は、こぼれ種から芽がでるのではなく、   種を取っておいて、ポットに植えてから育てたいのですが
どうすればよいのですか?

種の取り方など教えてもらえたら嬉しいです。

最新20件を表示


会員登録がお済みの方は

会員登録をすると、園芸日記、そだレポ、アルバム、コミュニティ、マイページなどのサービスを無料でご利用いただくことができます。

気軽に部屋をイメージチェンジ

理想の部屋に一歩近づけるコツをスタイリストの石井佳苗さんが指南!
抽選で10名様にプレゼント<PR>

詳しくはこちら
ピックアップ
アンケート

『やさいの時間』アンケート実施中!抽選で5名様に書籍プレゼント

「病害虫対策&農薬」に関して、皆さんのご意見をお聞かせください(11/15まで)

テキストこぼれ話

11月号テキストこぼれ話
柑橘にまつわる話を公開中!(後編)

柑橘栽培が楽しくなるウンチクをインタビュー。後編は三輪さんが今ハマっている養蜂について。

今、熱い植物

今、熱い植物 第17回
“多肉のタネまき事始め…アナカンプセロス”

アナカンプセロスは、多肉植物のタネまき入門にうってつけ!

栽培ナビ オリーブ

「12か月栽培ナビ」シリーズ新刊『オリーブ』発売!

オリーブの毎月の作業と管理を徹底ナビ。必要な作業を初心者にもわかりやすく解説しています。

投稿募集中 from テキスト編集部
「バラの病害虫対策ノート」の使い方

「バラの病害虫対策ノートの」の使い方
みんなの使っている様子を募集中!

「園芸栽培ノート2018」の使い方

「園芸栽培ノート2018」の使い方
みんなの使い方、アイデア募集中!

見て見て!お気に入りの花

見て見て!お気に入りの花
自慢の植物・庭の写真を募集中!

みんなのマルシェ

みんなのマルシェ
自慢の畑・野菜の写真を募集中!

おすすめ特集
「今、熱い植物」アーカイブ

「今、熱い植物」アーカイブ

テキスト人気連載をWEBで毎月お届け。人気の高まる多肉植物や観葉植物に注目し、その魅力を紹介

寄せ植えを楽しむ

寄せ植えを楽しむ

寄せ植え向きの植物選びや、作り方のポイントを紹介。参考になるキレイな作品写真も見られます

病気と害虫の話

病気と害虫の話

あなたの植物の症状は? 大切な植物を病気や害虫から守るための、見て分かる病気と害虫ガイド

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

バラの栽培で多くの人が悩む剪定の仕方を、動画でわかりやすく解説

テキストこぼれ話

みん園限定!テキストこぼれ話

ここだけで読める連載「テキストこぼれ話」。『趣味の園芸』で語りきれなかった話を限定公開

今年の夏は緑のカーテン

今年の夏は緑のカーテン

緑のカーテンの作り方やおすすめ植物、実践事例などを紹介しています

みんなのバラ百科

みんなのバラ百科

バラの歴史や「殿堂のバラ」などのバラにまつわる知識、役立つ情報が盛りだくさん

野菜だけで一品レシピ

野菜だけで一品レシピ

育てた野菜をおいしく食べるための、野菜を使ったレシピ222品を公開中

園芸LOVE 原田が行く

園芸LOVE 原田が行く

「みんなの趣味の園芸」スタッフであり『趣味の園芸』シニアエディター・原田による園芸エッセイ

全国植物園ガイド

全国植物園ガイド

全国の植物園一覧。日本植物園協会に加盟している植物園を中心に紹介。植物園に出かけよう!