【ヌスビトハギ(盗人萩)のタネを差し上げます】日本の山野草を楽しむ コミュニティ

トピックテーマ

ヌスビトハギ(盗人萩)のタネを差し上げます

2011/10/10
ヌスビトハギは「ひっつき虫」の代表的なものの1つで、
タネの形を盗人の足跡にみたててその名前があります。
ところが、最近、外国産のアレチヌスビトハギが各地で増えて、新たな引っ付き虫になりつつあります。在来種は半日蔭の場所に多く、アレチは圧倒的に道路脇などの日当たりのよいところに多いです。両者は競合こそしないのですが、アレチが増えるのはますます生態系の混乱に拍車をかけるので、心ある方は、見つけたら是非抜いて頂きたい植物です。
 在来のヌスビトハギのタネはご希望の方に差し上げます。
タネは最初の画像のような形で通常2つ連結し、アレチの方は2つ目の画像のように、3~5つ(ふつう4つ)真横に連結します。

会員登録がお済みの方は

会員登録をすると、園芸日記、そだレポ、アルバム、コミュニティ、マイページなどのサービスを無料でご利用いただくことができます。

ピックアップ
テキストこぼれ話

3月号テキストこぼれ話
山野草にまつわる話を公開中!

ギリシャで乾燥に耐えて生きる植物の生態は?(前編)

今、熱い植物

「今、熱い植物」第9回
"原種ベゴニア、百葉繚乱"

ベゴニアは新しい種類がまだまだ見つかるという発展途上の魅力がある

投稿募集中 from テキスト編集部
見て見て!お気に入りの花

見て見て!お気に入りの花
自慢の植物・庭の写真を募集中!

みんなのマルシェ

みんなのマルシェ
自慢の畑・野菜の写真を募集中!