【日本の植物に関する書き込みなら何でも】日本の山野草を楽しむ コミュニティ

トピックテーマ

日本の植物に関する書き込みなら何でも

2011/10/13
ご覧になっている方から直接ご質問を頂きましたので、
ここでもご説明します。
 どうも、「趣味の園芸」の世界では山野草はマイナーな
世界になっているようで、また山野草には、外国の
山野草も入っているようですが、ここでは「日本の山野草」
および木本もOK!ということにさせて頂きます。
 9月下旬にスタートしたばかりのコミュで、まだ提供
できるタネもない、という方もおられるでしょうから、
タネから育てた植物も含め、どうぞなんでも書き込み下さい。
ご意見などありましたら、このコミュにどうぞ。
 画像は今夏採ったニガイチゴの実です。

コメント

最新20件を表示

1 2011/10/13
メギツネ
「趣味の園芸」にかかわらず、日本の山野草はマイナーな感じで残念ですね。
素敵な花が たっくさんあるのに・・・。

もっともっと たくさんの方が日本の植物を育てて大事にしてほしいなと思います。

ところで種は その地域以外のものを送ると言うことはできないのでしょうか?

あちこちでいただいた種や購入した種から育ったものから また種ができたりしたものは どうなのかと思いまして。
山などで採取したものと言うのは 結構 難しいです。

こちらのサイトはちょっと使いづらいですね。
他の方にメールアドレスがわからないようにメールを送れる機能がついていると この交換の場所もずいぶん使いやすいと思うのですけれど。
2 2011/10/13
しろりん
タネはその地域以外のものを送ること、全然問題ないです。逆に私は、お送りしているタネのほとんどがその地域外のものです。例外が特定の地域に生える希少植物でしょうね。

 私は、自生地でなくても、誰か育ててもらえればという気持ちで、いろいろな機会を使ってタネをお送りしています。自生地から苗を掘ってくるのは、勿論いけないことですが、家で育てようとしてもうまく育ってくれません。

 ご指摘のように、こちらのサイトは2者間の連絡を前提としていないので、ツィッターのように、直接相手側にメールができないのです。このため、アドレスを私が書いていうように明記していただくか、または管理人のような人がアドレスの仲介をするしかないようです。

 なお、私が管理をしている交換会があります。

http://www42.tok2.com/home/netdeyasou/

これですと、個別に交換しなくても、10種類と10種類を交換というように効率的に、送料は100円~200円程度で交換もできます。提供量が多ければ、費用はかかりません。よろしかったら、ご利用下さい。

画像はホタルカズラです。これはタネをとりにくいので、
来年株分けをするつもりです。
3 2018/11/30
しろりん
このコミュニティの中にあるトピックの数たるや、180を超えていますが、探してみて、適当なトピックが見つからなかったので、ここへ書かせて頂きます。それは、今日山であった、ある人物の話です。
もう花も終わるのではと思い、今日無理をして昼過ぎ、近くの山に出かけました。(このため、最近のタネのご希望者にタネが発送できませんでした。お許しを。)
 さて、上り口から100mぐらい登ったところで、もう息が切れました。数年前はそんなことなかったのに。もっと日ごろからの運動が必要だなと改めて感じながら、少し、また少しと登り、ようやく山頂まで登り切りました。途中逢う人無し。すると山頂で休憩をしている男性に会いました。何気ない話から切り出すと、この方、愛知県内に自生している植物にやけに詳しいです。
 この山も普通のハイキングコースから出ると、珍しい野草に出会える。例えば、エビネやらウメバチソウ・・・そんな話から始まり、~なら愛知県民の森に自生がある、~ならどこどこの山。私の知識の10倍ぐらい知っておられます。かと言って、今頃のメーンの関心は紅葉。あとはただあちこち歩き回るついでに出会う野草を見て楽しんでいるだけ、という方。今日も朝からこの山の人の行かないコースをあちこち歩いて数時間だと言います。私がほんの少し歩いて顎を出したのに。私と違って方向感覚にすぐれているのも、都合がいいようです。おかげ様で、カキノハグサ、ミスミソウなど、まだまだ県内の山に自生があることがわかりました。(そのうちの90%は私が実際に出会うことはないと思います。)
 その方とは一緒に下山して、最後にお名前だけを伺いました。Kさんとしておきます。80才手前。連絡先は聞きませんでした。仮に一緒に出掛けてもあるくスピードが違って、多分ついていけないでしょう。(笑)しかし、改めて、植物好きにも色々おられるものだということがわかりました。
 写真はまだ残っていたマツムシソウです。リンドウも撮ったかと思っていましたが、花が開いていなかったため、カメラを向けなかったようです。
4 2018/12/01
花娘
そういう方が一度案内して頂けるとありがたいですね。もっとも、~に~が自生しているという話が一旦広がるとストップが効かないので、むしろ最初から聞かない方がいいかもしれません。
 その方はどちらの方面の方ですか?
5 2018/12/02
やぐるま
こういう自生地に案内していただける会があるといいですね。もちろん、悪さは一切しないという前提ですが。それからそんな方を画像とともに紹介していただくと面白いでしょうが、たいていの方は紹介されたがらないでしょうか。
6 2018/12/02
しろりん
紹介されたいという人、ましてや顔を出していいという人は山野草関係にあまりいないですね。SNSの発達で顔を出す人は増えてはいるのでしょうが。趣味園の先生方は出たがりの人もいるようですね(笑)。人や花の写真よりも、もっと育て方や生態の話なんかが紹介されると良いと思います。
7 2018/12/02
春ちゃん
何でもかんでも採種は駄目だと非難する人がいますが。そんな人はコンクリートなど舗装したところしか行くなと言いたいです。
足元にどんな貴重なものが有るのか??
そもそも舗装したところも元は草などが生えていたでしょう。
充分調べた上での採種は特別に守られているところ以外では良いと思います。山野草の良さが広められてそれらの保護に役立つことに繋がると思います。

僕は長年自分の写真どころかメールアドレス、住所まですぐに探せられます。それで良いと思っています。
住所は止めて欲しいですが顔写真やメールアドレスの転送は植物関係だけに限りますが、ご自由に・・・
8 2018/12/02
花娘
春ちゃん、みなさん、こんにちは。私も採取は積極的には勧められないものの必要悪かなと考えています。むしろ、世の中の人が外来種を駆除しないとこれから30年後には日本はますます無国籍なつまりない生態系の島国になってしまうのでは?
PCが調子悪くなっています。ドライバーがなんとかと警告してくるのですが、対処する方法がわかりません。どのみち古くなっているPCですので、この際買い替えようと思っていますが、パスワードやメールアドレス全部なくしてしまっています。作り直した際には改めて自己紹介したいと思います。
9 2018/12/02
春ちゃん
この関係の事は後ろ指さされたくないのか多いにタブー視されていると思います。でも、山野草の業社や見せたがりの人はそんなに採ってどうするのかと思うほど採りまくって平気で荒らしまくっています・・・僕の知人にもいました。そんな人からも自生地の情報を貰っていました???
でも、そんな所に行くとその植物が生えている環境などがよく判って一人で山に入ってそのような場所に行ってウロウロすると新しい自生地や植物が見つかる事が結構あります・・・僕の秘密の場所です。カーナビに登録しています!!

花娘さん、無国籍な訳の判らないいい加減な名前のものが多過ぎますね。少なくともちゃんとした品種名で流通させて欲しいと思っています・・・
10 2018/12/02
春ちゃん
あと、採り蒔きやはその近くでしたら良いと思いますが別の場所では駄目ですね!! 殖えたからと言って採取した場所に戻すのにも同じ種類のものと混植したものは遺伝子が変わるので駄目ですね・・・
花友に送ったり庭で楽しむより他にありません???
11 2018/12/02
ナマちゃん
皆さん今晩は。
そもそもこの会は山野草をタネから育てようという会でして、以前はせっせと山に行きタネを採取して送っていました。特別に保護されているものでなけねば、掘り上げて持って帰るわけではなく、タネあるいは挿し木用の枝をいただくぐらいなら良いのではないでしょうか。リンドウやウメバチソウの自生地が草刈りがされないため背の高い草に覆われ消えてしまった所があります。これらのタネを採ってきて育てておけばよかったと思って悔やんでいます。
12 2018/12/03
しろりん
今晩は。自生地の荒廃(おじいさんは山で芝を刈り?でしたか)や外来種の全国的な蔓延にはいつもながら目を覆うものがありますね。今年も例えば、ウメバチソウの自生地が無くなりつつあることや、相も変わらずセンダン草、セイタカアワダチソウがこんなところまでと驚く山間地にまで進出しています。眼に入るとできるだけ抜くようにしていますが、キリがないですね。私も例えば、センブリのタネを採種すると近くの似た環境の場所に播くようなこともしていますが、量が少ないと、そのあと新たな自生地を見ることが難しいようです。かくして、ラン類、センブリ、サラシナショウマなど地域レベルではそう時を経ずして幻の植物になりそうです。
 そんな中でいつも思うのが公的な植物園で費用をかけてバラやコスモスなど外来の園芸植物をせっせと植えているところがありますが、そうしたところは来園者におもねるのをやめて、もっと生態的な観点から在来植物の自生地の復元、確保に乗り出してもよいのではないかという点です。これは植物園の責任者の自覚によるところも大きいと思いますが、難しいですね。それから共鳴者による個人的な自生地の確保(例えば裏庭の一角はサラシナショウマの優先的自生地とするなど)などの横の連帯作りも欲しいところです。
 残念なことは言うまでもなく、都市部の貧困な住宅事情がそれを許さないということ、郡部では土地の事情は余裕があっても、住む人が老齢化して、そもそも在来植物を保護していこうという人が少なくなったり、管理しきれないという状態になっていることですね。
 1つの良い点は山野草ブームの終焉で春ちゃんのいうような山野草をごっそり採るという業者が少なくなっていることでしょうか。それでもそうした業者が残っている限りは自生地はますます少なくなることに変わりはありませんが。
 写真はエンシュウハグマ、ウメバチソウ(土地の人が草を刈って保護している模様)です。
13 2019/02/05
たか3095
はじめまして。明日、エヒメアヤメ、咲いてないかもですが、探しに行きます。何かあったら、写真でアップします。
14 2019/02/05
しろりん
たか3095さん、エヒメアヤメ、いいですね!今は時期が悪いと思いますが、確か地元の方々が保護、増殖しておられる場所がありますね。
15 2019/02/14
kibunnya
はじめまして。どうぞよろしくお願いいたします。

自己紹介を書かせてください。
我が家は、スギや雑木の林の端の、もとはくさっぱらに20年ほど前に家を建てました。造園をしなかったおかげで(^^;)草原を好む野草が見受けられます。地域はほぼ農村です。帰化植物もあるとは思いますが、調べたりすることも好きなのでその結果、他の方にも見ていただきたい山野草の写真が撮れましたらUPさせていただきたいと思います。

それから、お伺いしたいのですが、昔、知人からいただいた種から育てているものなどで、自生する種類ではないものもあるのですが、当地の自生種でなくともUP、もOKでしょうか。
16 2019/02/14
しろりん
kibunnyaさん、ご参加ありがとうございます。面白そうな場所にお住まいですね。写真、どんどんお願いします。
貴地に自生するものでなくてもいいです。各地で減少している日本の野草を育てられる場所で、増やして子孫を残す手伝いができれば幸いと考えてます。
 それからサクラソウが増えたら、苗をご提供頂き、メンバーと別の山野草に交換するということもできますので、どうぞよろしくお願いいたします。

最新20件を表示


会員登録がお済みの方は

会員登録をすると、園芸日記、そだレポ、アルバム、コミュニティ、マイページなどのサービスを無料でご利用いただくことができます。

ピックアップ
テキストこぼれ話

2月号テキストこぼれ話
リトープスにまつわる話を公開中!(後編)

後編はリトープスの「脱皮」の仕組みや、その他の栽培のコツを伺います。

今、熱い植物

今、熱い植物 第20回
“コノフィツム”

形がおもしろく根強い人気があるコノフィツム。多肉植物の中では華やかな花を咲かせるのも魅力

コレクションカード

2月号とじ込み付録「多肉植物・サボテン コレクションカード」

昨年夏の号で話題となった付録の第2弾!人気の多肉植物とサボテン36種を収載しています。

投稿募集中 from テキスト編集部
見て見て!お気に入りの花

見て見て!お気に入りの花
自慢の植物・庭の写真を募集中!

みんなのマルシェ

みんなのマルシェ
自慢の畑・野菜の写真を募集中!

おすすめ特集
「今、熱い植物」アーカイブ

「今、熱い植物」アーカイブ

テキスト人気連載をWEBで毎月お届け。人気の高まる多肉植物や観葉植物に注目し、その魅力を紹介

寄せ植えを楽しむ

寄せ植えを楽しむ

寄せ植え向きの植物選びや、作り方のポイントを紹介。参考になるキレイな作品写真も見られます

病気と害虫の話

病気と害虫の話

あなたの植物の症状は? 大切な植物を病気や害虫から守るための、見て分かる病気と害虫ガイド

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

バラの栽培で多くの人が悩む剪定の仕方を、動画でわかりやすく解説

テキストこぼれ話

みん園限定!テキストこぼれ話

ここだけで読める連載「テキストこぼれ話」。『趣味の園芸』で語りきれなかった話を限定公開

今年の夏は緑のカーテン

今年の夏は緑のカーテン

緑のカーテンの作り方やおすすめ植物、実践事例などを紹介しています

みんなのバラ百科

みんなのバラ百科

バラの歴史や「殿堂のバラ」などのバラにまつわる知識、役立つ情報が盛りだくさん

野菜だけで一品レシピ

野菜だけで一品レシピ

育てた野菜をおいしく食べるための、野菜を使ったレシピ222品を公開中

園芸LOVE 原田が行く

園芸LOVE 原田が行く

「みんなの趣味の園芸」スタッフであり『趣味の園芸』シニアエディター・原田による園芸エッセイ

全国植物園ガイド

全国植物園ガイド

全国の植物園一覧。日本植物園協会に加盟している植物園を中心に紹介。植物園に出かけよう!