【質問1. ミヤマカタバミ(コミヤマカタバミ)について】日本の山野草を楽しむ コミュニティ

トピックテーマ

質問1. ミヤマカタバミ(コミヤマカタバミ)について

2011/11/12
しろりんさんからの「山野草についての質疑応答」に関する提案が有り、それを受けたものです。

質問が二つあります。
 1.写真は平成21年春の発芽株で、(コ)ミヤマカタバミの現在の姿です。葉が落ちた茎には葉柄や花柄の痕の沢山の突起が出ており、色は違いますがジャコウアゲハの終齢幼虫を連想させます(私だけでしょうか)。
 知りたい事は、これは来年以降どうなるのでしょうか。茎の最上部が伸びてそこから新しい葉柄や花柄が伸びて来るのでしょうか。それとも、イボイボの間から出て来るのでしょうか。或いは、これでオシマイ、もしくわ、オシマイが近い事を教えて呉れているのでしょうか。
 2.私が頼っている「山溪カラー名鑑、日本の野草」にはコミヤカタバミの花色には白または淡紅色が有るとの記載があります。一方、ミヤマカタバミでは花は白色で淡い紫色のすじが有るとの事。知りたい事は、ミヤマカタバミにも淡紅色の花が有るのでしょうか。

コメント

最新20件を表示

1 2011/11/12
しろりん
ヒメサユリ様、書き込みありがとうございます。私は直接の
回答をできかねるのですが、どなたかにお願いすることに
して、若干のコメントを。

 ジャコウアゲハの幼虫とはまた珍しいものを思い
出されましたね。私は、ちょっと苦手な部類の幼虫なので
直視するということはこれまでしていませんでしたが。
実は、私は暖かい期間は忙しくて、これまでタネを
お配りはするのですが、播くということは冬以降しか
していなかったのです。このため、ミヤマカタバミの
発芽には縁がなく、お答えできません。
どなたかお願いできないでしょうか?
2 2011/11/12
しろりん
ヒメサユリさんのご質問については、
他のネットにも声をかけてご存じの
方を探してみますね。
3 2011/11/12
メギツネ
ヒメサユリさん、しろりんさん こんばんは

私も一度種まきをしたのですが発芽に失敗しました。
私の持っている「新北海道の花」と言う本からの抜粋です。

コミヤマカタバミ
「高さ5センチから15センチの多年草。根茎が地下に伸び先端に付く多数の鱗片の脇から長さ3~10センチの葉柄と花柄が出る。葉は3出複葉、小葉は心形で幅は2、5センチほど、夜は折りたたまれる。花は1,5センチほどで5枚の花弁に淡紅色の筋が入り時に花弁が淡紅色。
オシベは10本。果実は卵球形で径5ミリほど。
夏季は5月下旬から7月。山地~亜高山の樹林下。北海道・本州(中部以北)
全体により大型で果実が長楕円形になる変種ヒョウノセンカタバミが檜山地方に産する。

何かヒントになるような事はないでしょうか?
ミヤマカタバミとコミヤマカタバミは大きさと自生地が違うようですね。
こちら北海道にはミヤマカタバミはないようです。

また私は多肉のツヤカタバミを育てていますが 葉が落ちた後のイボイボのところから新たに葉が出てくることはなく 上の方だけに新たな葉が出てきます。
似たようなことがコミヤマカタバミにも言えるかもしれませんが どうでしょう?
4 2011/11/13
gappa
ヒメサユリさん、こんばんは。
コミヤマカタバミは私も庭で育てています。(写真参照)
当地は標高1500Mほどのところですが周辺の林内にも自生していて大抵は写真のように苔の厚いところに多く見かけられます。ご質問の「ジャコウアゲハの幼虫」のような茎の部分は苔の中にありあまり露出せず葉柄から先だけが苔の上に伸びて葉を展開しています。葉の枯れた後古い茎は根茎様となりメギツネさんのおっしゃるとおり来年はその先端からのみ新しい葉を出します。生育の良い状態の時はその古い茎から新しい脇芽を出して苔の中で枝分かれしていきます。したがって根茎は細長いものとなります。
ミヤマカタバミについては私は経験がありませんが、葉が角張っており花も葉も若干大きいとの事ですが変異もあることから、根茎が太くて丸いということが同定の決め手のようです。花は白色の他ピンクもあるようです。
5 2011/11/13
ヒメサユリ
しろりんさん、メギツネさん、gappaさん、有難うございます。
 茎のテッペンからにせよ、茎全体が伸びて突起の間からにせよ、葉・花柄が次々と出て来ると、多年草ですから10年後にはどうなるのだろうか、想像さえしたくない無様な姿になるのだろうか、と云うのが素朴な疑問でした。gappaさんの所では茎は苔の下に隠れていて、古くなると根茎様(つまり横たわるという事ですね)になるとの事。充分納得しました。問題解決です。
 ミヤマカタバミとコミヤマカタバミの鑑別は根茎の比較にあるようですね。何方か比較写真をお持ちではないでしょうか。ミヤマカタバミは北海道と東北北部には自生してないようですが、天気予報では東北南部扱いされている山形ではどうなのでしょうね(他人に聞かないで山形に住んでいるお前の役目だろう、と云う声が聞こえました)。
 メギツネさん良かったらツヤカタバミについて教えて頂けませんか。
6 2011/11/13
メギツネ
ヒメサユリさん こんにちは

ツヤカタバミはこちらのコミュの趣旨にはふさわしくない外国のものですが もし 育てて見たいとお思いでしたら 種でもチビ苗でもお送りします。

日記のほうにお邪魔しようと思いましたが まだ書かれていらっしゃらないようですので こちらから失礼します。

しろしんさん 少しの間、お許しください。
7 2011/11/13
ヒメサユリ
メギツネさん。外国種は矢張りご遠慮申し上げます。私自身が日本産で手一杯と云う事も有りますが、しろりんさんの主旨に賛同して居りますので。最も大きな理由ですが、しろりんさんにタネを申し込んだ時、おまけを貰えなくなるのではと、危惧しているからです。
8 2011/11/13
メギツネ
ヒメサユリさん はい それがいいですね。
9 2011/11/13
しろりん
ヒメサユリさん、特に外国種を入手されたので、おまけがなくなるというわけではないので、ご安心を^^
10 2011/12/04
hanura
こんにちは。

我が家にあるのは「ミヤマカタバミ]でしょうか?
今まで、ただ「カタバミ」と言っていたのですが…

左写真…4/21花が咲いている様子
右写真…6/5葉の様子
11 2011/12/05
ヒメサユリ
 hanuraさん、こんにちは。
 カタバミは黄色の花ですから明らかに違いますね。ここまでは太鼓判ですが、ここからは自信が有りません。ミヤマカタバミかコミヤマカタバミのどちらかとは思いますが。そうであれば、写真2を見ると葉の角は尖って見えますのでミヤマカタバミでしょうか。コミヤマカタバミの葉の角は丸みを帯びるそうですので。然し、gappaさんがコメント4に記されているように、区別は難しいようですね。
 「お庭はお姑さんから受け継いだ」と有りますので、どのようにして入手されたのかは分からないのでしょうね。
12 2011/12/05
hanura
ヒメサユリさん、こんにちは。

我が家の8割近くは私が植えました。
義母は畑中心で、歩行が困難になってからは100%私です。
このミヤマカタバミらしきものは、山の麓の神社…境内の外で、
道路脇杉林の中、水路沿いに群生していました。
お賽銭を上げてお参りした後なので良いかな!と、
1株貰って来ました(無断で)
翌年から少しずつ増えて来ていますが、現在地上部は枯れています。
13 2011/12/05
ヒメサユリ
 hanuraさん
 北海道の方から頂いたらコミヤマカタバミかなとか、外国産のオキザリスにもし似たものが有ったりしたら等と思ったものですから、ついお聞きしてしまいました。gappaさんのコメント4の写真はコミヤマカタバミですが、私には葉全体が丸みを帯びているように見え、hanuraさんのとは違う感じがします。
14 2011/12/05
メギツネ
hanuraさん こんばんは

違っていたら申し訳ないのですが 葉の形から見て どうも外国産のオキザリス・緑の舞に見えるのですが・・・。

境内の外との事でしたが 近くに民家はないところですか?
今は かなりの山の中でなければ外国の花が あちこちにはえていることも考えられます。
15 2011/12/06
hanura
ヒメサユリさん、メギツネさん、こんばんは。

県内・管名岳の麓で、近くに民家は無い場所です。
葉の形からすればミヤマカタバミですが、
花びらが細いので、違う様にも見えます。
来春もう一度確認したいと思います。
有り難うございました。
16 2011/12/06
gappa
みなさん、こんばんはー!
う~ん、難しいですねー。
見た感じはミヤマカタバミかなと思うんですが私もメギツネさんのように外国種を疑ってみてもいいと思うのです。
花は変異が多いのではっきりしませんが葉の数が多すぎるような気がします。杉林の中ということで日照不足もあるのかもしれませんが・・・。うちもかなり山の中ですが道端の目立つ花の多くは外国種ですので、神社ということもあり誰かが嘗て植えた可能性も否定できません。いずれにしても春になって改めて根茎を調べてみては如何でしょう。
17 2011/12/06
ヒメサユリ
 みなさん、おはようございます。
 やはり、外国産のオキザリスに似たものがあったのですね。「緑の舞」と云う名迄付いているのでかなりの人気種なのでしょうか。結論は矢張り根茎検査の他はなさそうですね。「緑の舞」であれば外国産が至る所に散らばっている事になり困ったものですね。

最新20件を表示


会員登録がお済みの方は

会員登録をすると、園芸日記、そだレポ、アルバム、コミュニティ、マイページなどのサービスを無料でご利用いただくことができます。

期間限定特集 <プレゼント当たる!>

ピックアップ
テキストこぼれ話

6月号テキストこぼれ話
アジサイにまつわる話を公開中!(前編)

アジサイ人気の高まりと、現在に至るまでの変遷を川原田邦彦さんに伺いました

今、熱い植物

今、熱い植物 第12回
“棘と葉を強光で鍛える…アガベ”

2つめの多肉植物として、アガベを選ぶ人がふえている

「朝顔チャレンジ」

「朝顔チャレンジ」
みんなでアサガオ観察をしよう!

みんなでアサガオの成長から開花までを見守る応援企画。あなたのアサガオを紹介してください♪

定期購読2018
投稿募集中 from テキスト編集部
「バラの病害虫対策ノート」の使い方

「バラの病害虫対策ノートの」の使い方
みんなの使っている様子を募集中!

「園芸栽培ノート2018」の使い方

「園芸栽培ノート2018」の使い方
みんなの使い方、アイデア募集中!

見て見て!お気に入りの花

見て見て!お気に入りの花
自慢の植物・庭の写真を募集中!

みんなのマルシェ

みんなのマルシェ
自慢の畑・野菜の写真を募集中!

おすすめ特集
「今、熱い植物」アーカイブ

「今、熱い植物」アーカイブ

テキスト人気連載をWEBで毎月お届け。人気の高まる多肉植物や観葉植物に注目し、その魅力を紹介

寄せ植えを楽しむ

寄せ植えを楽しむ

寄せ植え向きの植物選びや、作り方のポイントを紹介。参考になるキレイな作品写真も見られます

病気と害虫の話

病気と害虫の話

あなたの植物の症状は? 大切な植物を病気や害虫から守るための、見て分かる病気と害虫ガイド

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

バラの栽培で多くの人が悩む剪定の仕方を、動画でわかりやすく解説

テキストこぼれ話

みん園限定!テキストこぼれ話

ここだけで読める連載「テキストこぼれ話」。『趣味の園芸』で語りきれなかった話を限定公開

今年の夏は緑のカーテン

今年の夏は緑のカーテン

緑のカーテンの作り方やおすすめ植物、実践事例などを紹介しています

みんなのバラ百科

みんなのバラ百科

バラの歴史や「殿堂のバラ」などのバラにまつわる知識、役立つ情報が盛りだくさん

野菜だけで一品レシピ

野菜だけで一品レシピ

育てた野菜をおいしく食べるための、野菜を使ったレシピ222品を公開中

園芸LOVE 原田が行く

園芸LOVE 原田が行く

「みんなの趣味の園芸」スタッフであり『趣味の園芸』シニアエディター・原田による園芸エッセイ

全国植物園ガイド

全国植物園ガイド

全国の植物園一覧。日本植物園協会に加盟している植物園を中心に紹介。植物園に出かけよう!