【宿根植物~季節を越えて~】さいたま園友会 コミュニティ

トピックテーマ

宿根植物~季節を越えて~

2012/06/28
 はじめまして。
名前の通り川越で花をせっせと育てているものです。
写真のバーベナは今月苗を買って先週咲いたバーベナ花手毬のワイン色です。背景にびっしり鉢が並んでいるのが、我が庭であるベランダです。シャコバもあるのですが、お見せできないほどヒョロヒョロなので、ここで勉強させてもらいます。
 よろしくお願いします。

コメント

最新20件を表示

1 2012/06/30
アドちゃん
いらっしゃいませ。
歓迎します。

全ての園芸植物が上手くいくわけも無く、私も不得意な植物がほとんどですよ。でも楽しんでます。
写真は、キキョウ2年目の鉢植えが倒れて咲いて、タチアオイもそろそろ終わりです。梅雨明けが近いかな?
2 2012/07/07
ocelot
こんばんは。
これからの時期、草取りの負担を軽減してくれるのは、
グラウンドカバー(GC)と呼ばれる、宿根草です。

要は、雑草の繁殖を防止してくれればよいので、
草丈は、低いものから、それなりに高いものまで、あります。

さて、そういうGCのひとつ、アジュガ・レプタンス。
「第二の庭」で茂りすぎたので、これを間引き、
「第三の庭」に植え込みました。

1枚目:「第二の庭」→かなり、↓減らして
2枚目:「第三の庭」に植え込んだところ

で~、3日目に、抜かれました!うーむ。>3枚目

こんなことでは、負けられません。
再度、挑戦!>しつこく、しつこく、挑戦しまっせ。
3 2012/07/07
アドちゃん
第三の庭まで~やりますな。

第二の庭に薔薇を秋に移植する計画を練っています。
楽しい。
4 2012/07/07
ocelot
「第三の庭」は某有名人の自宅だったのを、相続税が払えずに物納したのか、ないし相続時産を減らすために遺贈したのか。今は区の所有する児童公園。約200坪。
他にも100坪以下の家も、持ち主が亡くなると相続税が払えずに物納~という例が多く、あちこち、緑地や、老人の「憩の家」とかに化けていきますね~。

1枚め:リベンジ。今回は、シャガとアジュガ。
前のような、全面アジュガ~よりは、目立たないと期待しています。

2枚め:誰が植えているのかは知りませんが、アジサイの奥は「山菜畑」
写真の中央にどかりと写っているのは「たら」。春に「タラの芽」を採る植物です。

3枚め:アーティチョークの原種。雄大です。
5 2012/07/11
花好きミチコ
 ヒメワレモコウが咲きはじめました。秋用の寄せ植えにと、ケイトウと一緒の鉢に植えています。ピントをワレモコウにあわせたら、他がぶれぶれですね。
 2枚目は宿根草ではないですが、ワイヤープランツの花です。とっても小さい花です。ワイヤープランツを寄せ植えに使いたくて株分けしようとしたら、花を見つけました。
この後、カットしてそれぞれの鉢へ分けてしまったので、花は来年まで見られませんが。
6 2012/11/13
花好きミチコ
今年はじめに挿し芽した菊が今満開です。
一年で咲いてくれて、本当にうれしいです。

もう一つ、先月プリンカップに挿し芽したバーベナにも根が見えてきました。春までこのままが良いのか、栄養のある土に植え替えた方が良いのか迷っています。
7 2012/11/14
アドちゃん
菊は丈夫ですね。昨年、寒菊を植えたんですけど、剪定したものを12月に適当に地面に挿しただけで増えてしまいました。
あの寒さで、直に挿して着くとは思いませんでした。
8 2012/11/25
アドちゃん
オリヅルランもそろそろ屋内移動です。
すぐ増えちゃいますけど、手頃な植物ですね。

20年以上も代を替えながら癒してくれます。
今年も繁殖させてみました。
9 2012/11/25
ocelot
へ?
オリヅルランを室内に取り入れるのですか??

観葉植物としてそうするならともかく、
ウチの近所では、花壇の縁取りに植えられていますよ。
路地越冬!

アジサイでも、夏の「緑枝挿し」だけでなく、
冬場の「寒挿し」という挿し木のやり方があります。
「剪定したものを12月に適当に地面に挿した」~なんて
まさに、理想的かも!!

観賞用の大菊はウイルスに感染しやすい植物で、大事な品種は、年に2度、挿し木をして、守るらしいです。
1年間経つと、ほぼ全てがウイルス感染しているらしいですから。
親株は、ウイルスに既に感染していたとしても、
先端の芽の部分までは到達が遅れるので、それを利用。
いわば、簡易版のメリクロン、ですわね。
「冬挿し」で親株を保存し、それを春に再度・挿し木して、秋に咲かせる為の苗を作ります。
10 2013/02/25
ocelot
こんにちは。
昨日、アドちゃんちに嫁入りした秋明菊 A.hupehensis var. japonica は、
肥培して、最も良い状態で咲くと、こんな感じです。
「ボタン咲き」というカテゴリー。
でも、どうしても、交配種は好きになれなくて~・・・。
株分けして、半分は地植えし、残りの半分がソレです。
昨秋は、肥料&水を極限まで減らして、一重で咲かせました。
でも、本来がボタン咲きの品種なのに、一重で咲かせるのも
かわいそうなので、嫁入り先を探していました。
11 2013/02/25
アドちゃん
秋明菊
地植えにしました。クリロとアネモネの間です。
これで、秋、冬、春の開花にになります。
夏はその横のカサブランカが咲くので花が耐えないはず。
12 2013/02/26
ocelot
百合?>百合は開花期間が短いからね~。

(日本では)宿根草ぢゃないけど、トレニアなどの
それほど根が蔓延らない一年草を植えておくと、
夏場の水管理が楽でっせ!
水不足になったら萎れてくれるので~、判る!!
秋になって、温度が下がれば、自然と枯れてくれるし。

ペチュニアとか、インパチェンスは、根が蔓延るので
本来の植物を弱めてしまうので、お勧めしないけど~。

最新20件を表示


会員登録がお済みの方は

会員登録をすると、園芸日記、そだレポ、アルバム、コミュニティ、マイページなどのサービスを無料でご利用いただくことができます。

ピックアップ
テキストこぼれ話

3月号テキストこぼれ話
山野草にまつわる話を公開中!

ギリシャで乾燥に耐えて生きる植物の生態は?(前編)

今、熱い植物

「今、熱い植物」第9回
"原種ベゴニア、百葉繚乱"

ベゴニアは新しい種類がまだまだ見つかるという発展途上の魅力がある

投稿募集中 from テキスト編集部
見て見て!お気に入りの花

見て見て!お気に入りの花
自慢の植物・庭の写真を募集中!

みんなのマルシェ

みんなのマルシェ
自慢の畑・野菜の写真を募集中!