【初めまして~クリロ初心者です。】クリスマスローズ コミュニティ

トピックテーマ

初めまして~クリロ初心者です。

2013/01/10
今年から参加しています~よろしくお願い致します。

クリスマスローズは苗を買って3年目に花が咲きました
先日、初めて葉切りをしましたが・・・・・
どこまで切ればいいのか分からずに適当に切りました
何も知識がなく育てています

これからも助言をよろしくお願い致します

コメント

最新20件を表示

1 2013/01/10
栗翁
プリンさん今晩は。

栗坊と申します宜しくお願い致します♪

開花までの時間が長い分、愛でる時間も長い植物さんです。
開花した時の喜びは300%MAXな幸せですね(⌒▽⌒)

クリロと共に、これからもよろしくお願い致します(^_-)-☆

色つながりで昨日咲いた自分交配の子です(*´∀`)
2 2013/01/10
ocelot
プリンさん、こんばんは。

ヘレボは強い植物なので、適当に切るので問題ないですが、
切る際の「鋏」だけは、消毒した方が良いですよ。
「1株につき、1つの鋏」、ってのが鉄則です。
つまりは、株毎に鋏を消毒する~という意味です。
多数の株がある場合には、何本かの鋏を\100-Shopで買ってきて、
消毒液に浸しながら、順番に、交換して使います。

消毒は第三リン酸ナトリウムの3%溶液で良いのですが、
「ビストロン-5」という商品名で売っている物ならば
原液のままで使う事ができます。
(「ビストロン-10」ならば、2~3倍に薄めて用いる)

商品は以下を参照して下さい。大きめのホムセならば売っています。
http://www.sqr.or.jp/usr/fujiengei/ctg/vistron/index.html
3 2013/01/11
プリン
栗坊さん~はじめまして&よろしくお願いします。

本当に3年目に開花したときは感激でしたよ
今年も続いて咲いて欲しいです

交配したクリロちゃんが綺麗に咲いていますね
色々楽しみがありますね

これからも色々教えてくださいm( _ _ )m
4 2013/01/11
プリン
ocelotさん~はじめまして&よろしくお願いします。

適当に切って大丈夫なんですね~ほっとしました=*^-^*=にこっ♪
でも挟みは消毒して・・・・・知らなかったです・・・
「ビストロン-5」__〆(..)メモメモ
これからは気をつけます~ありがとうございましたm( _ _ )m
5 2013/01/11
ocelot
>適当に切って大丈夫なんですね~

でてきたばかりの新芽/新葉を切らなければ、OK!
金子先生の↓日記を見習って、大胆に切りましょう!!
http://www.shuminoengei.jp/?m=pc&a=page_mo_diary_detail&t...

第三リン酸ナトリウムは、掃除やフイルムの現像等にも用いる薬剤で
入手できるのなら、そっちの方が遥かにお値段が安いです。
飽和水溶液=3%の溶液で、30gの粉を、1Lの水に溶かします。
気温の低い冬には溶けにくいので、水ではなくお湯を加えて、
ジャムの瓶などの蓋のできる容器に入れて、振って、溶かします。

消毒しないと、ブラック・デス(BD=ウイルス性の怖い病気)が
病株から、鋏の刃に付着し、別の株に伝染る可能性があります。
残念ながら、植物体内でのBDウイルスを叩く治療薬は無く、
アブラムシ等の吸液性害虫が媒介して、他の株にも伝染るので、
BDの兆候が出た株は、廃棄するしか、仕方がありません。
「BD(黒死病)」とは、人間ならば「ペスト」の事ですが、
ヘレボのBDは、↓こういう病気です。
http://www.wakaizumi-farm.com/biyouki.html

溶液に鋏の刃を浸ける時間は、諸説あります。
5分という人もいれば、20分という人も居ますので
本人流の適当な長さで構わないです。↓蘭なら1分という人も!
http://www.nihongo.com/matsuura/cattleya/saibai9x.htm#sho...
浸けた後、流水で消毒薬を洗い流してから、葉切りに用います。

この消毒薬は、何度でも、繰り返し用いることができます。
第三リン酸ナトリウムは有機物ではないので腐りませんから。
液が汚れて、もうこれ以上は浸けたくないほど、液が汚くなれば
新しい消毒薬に取り換える~という頻度です。
大量に株を持っている人でも、1シーズンに1回くらい。
葉切りをしない我が家では、数年は同じ溶液を使っています。
(株分け時などに用いる鋏等を消毒しています)
6 2013/01/12
プリン
ocelotさん~こんにちは♪

詳しく説明して頂いて勉強になりました
ブラックデスは怖い病気なんですね
3年間は葉っぱ切りをしていなかったせいか
まだ病気になっていませんが・・・・・
カットしたのでこれからは、よく観察しますね

リンクありがとうございます~消毒液買ってきます。
7 2013/01/12
ocelot
こんばんは。

我が家も「葉切り」をしないので、遷る確率は低いです。
でも、最初の1株が発症するかどうかは「運!」ですから~。
原種には少ないように思います。
結構な苗数ありますが、一度も、出ていません。

原種には発生しないという訳では無いのですが、
原種を育てるナーセリーは、割と、大規模な業者さんなので
ちゃんと消毒してるんぢゃないですかね~?
一時期、某国からの輸入株に多く発生したと聞きました。
消毒等はしそうにない、面倒くさがり屋の多い国です(笑)
8 2013/01/15
プリン
ocelotさん~今晩は=*^-^*=にこっ♪

>最初の1株が発症するかどうかは「運!」ですから~
どうぞ病気になりませんように~神頼みです

原種は発症が少ないのが救いだわ~~~
今の所大丈夫ですよ
毎日、観察しています
9 2013/01/16
ocelot
こんばんは。
蘭の場合には、ウイルス系の病気は、
購入後に「新たに罹る」というのばかりではなく、
その株が、既に、潜在的に罹患しているキャリア状態で、
買ったときには株が元気なので症状がでていないが
やがて、そのうちに、発症する~というのが多いです。
夏咲きシンビジウムの某品種では、親株が感染株だったらしく
メリクロンでもウイルス除去が出来ずに、
当初のフラスコ苗の状態で、既に感染していたらしく
およそ、日本で売られた株は、オール・アウト!って品種も在ります。
当初から感染株と判っていたら、メリクロンは1度で終えずに
ちょこっと育った組織の成長点を採って再度メリクロンする~
という具合に、数段階のメリクロンを行うんですけどね。

だから、もう、「運!」、なのですよ。

あとは、場所に余裕があれば、購入後の「丸1年間」は
他の株とは隔離して育てる~というのが推奨されています。
我が家には、とても、そんなスペースは無いですけど!

最新20件を表示


会員登録がお済みの方は

会員登録をすると、園芸日記、そだレポ、アルバム、コミュニティ、マイページなどのサービスを無料でご利用いただくことができます。

京成バラ園芸
ピックアップ
趣味の園芸テキスト

『趣味の園芸』11月号は、至福の「果樹生活」特集

自分で育てたフルーツを食べる、そんな憧れを現実に! 秋植え球根が主役の花壇づくりも。

テキストこぼれ話

イチジクをさし木でふやす~11月号こぼれ話・後編

剪定をした時に出る枝を利用して、イチジクをさし木でふやす方法を紹介します。

ディーププランツこぼれ話

万年青(おもと)の育て方~連載「ディーププランツ入門」11月号のこぼれ話

元祖日本のビザールプランツ(珍奇植物)!オモト栽培の基本を紹介。

投稿募集中 from テキスト編集部
見て見て!お気に入りの花

見て見て!お気に入りの花
自慢の植物・庭の写真を募集中!

みんなのマルシェ

みんなのマルシェ
自慢の畑・野菜の写真を募集中!

おすすめ特集
クリスマスローズのぬり絵

クリスマスローズのぬり絵

【おうち時間を応援】クリスマスローズのぬり絵とお手本を無料公開中!

病気と害虫の話

病気と害虫の話

あなたの植物の症状は? 大切な植物を病気や害虫から守るための、見て分かる病気と害虫ガイド

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

バラの栽培で多くの人が悩む剪定の仕方を、動画でわかりやすく解説

進化系園芸店

ふらりと足が向く進化系園芸店

趣味の園芸テキストの連載で紹介した、今訪れたい進化系園芸店

寄せ植えを楽しむ

寄せ植えを楽しむ

寄せ植え向きの植物選びや、作り方のポイントを紹介。参考になるキレイな作品写真も見られます

「今、熱い植物」アーカイブ

「今、熱い植物」アーカイブ

人気の高まる多肉植物や観葉植物。業界の最前線で活躍する専門家がその魅力を紹介

テキストこぼれ話

みん園限定!テキストこぼれ話

ここだけで読める連載「テキストこぼれ話」。『趣味の園芸』で語りきれなかった話を限定公開

今年の夏は緑のカーテン

今年の夏は緑のカーテン

緑のカーテンの作り方やおすすめ植物、実践事例などを紹介しています

みんなのバラ百科

みんなのバラ百科

バラの歴史や「殿堂のバラ」などのバラにまつわる知識、役立つ情報が盛りだくさん

野菜だけで一品レシピ

野菜だけで一品レシピ

育てた野菜をおいしく食べるための、野菜を使ったレシピ222品を公開中

全国植物園ガイド

全国植物園ガイド

全国の植物園一覧。日本植物園協会に加盟している植物園を中心に紹介。植物園に出かけよう!