【日々の農作業】自然志向で楽しむ野菜・果樹作り コミュニティ

トピックテーマ

日々の農作業

2014/03/19
ここでは、世話をする野菜、果樹類が複数にわたるときに、ここで一括して書いてはいかがでしょうか?私たちは初心者なので、参考にさせて頂けるとありがたいです。もちろん、私もできるだけ書きますが。

コメント

 1   2   3  次へ>>

最新20件を表示

30 2014/03/23
みなさん こんばんは。

こちらは、ようやく雪融けが進んで、圃場の土が見えて来ました。
子供の頃から、春一番の作業は石拾い。
50mハウスの通路、片側半分程度拾ってこの位の石が有りました。ポット用土に入れた土に、かなり石が混じっていました。

  ポット用土は耕土を購入して居ますが、なかなか良い土に出逢いません。
31 2014/03/23
しろりん
まりぃさん、今晩は。ようやく雪解けですか!隣の県といっても、ずいぶん違いがあるものですね。同じような石が摘まれたキャリアに思わず笑ってしまいました。ときにみなさんは土をどうしておられるのかと不思議に思うことがありますが、そんなことも考えてゆきたいですね。
32 2014/03/24
おまめ
まりぃさん、おはようございます。
菊は根が直ぐに張って、込み合うため薬剤散布は欠かせないですね。食用ではないため、その点では気にならないかも?
今、挿しているのは7月用で、直ぐ8月用が。

ところで、まりぃさんのトマトハウスの量は凄いですね。
想像はしてましたが…ご苦労されていらっしゃる。頭がさがります。そして、あの石ですか。
友人もイチゴ農家で耕土の事は、大変だと申します。
33 2014/03/25
みなさん おはようございます。

 しろりんさんのおっしゃっている、耕土に関する事、皆さんどうしていらっしゃるのかしら。

 おまめさんのお友達は、菊の挿し芽で大忙しなんですね。
7.8月の需要に合わせるためには、今から準備しないといけないですね。私は、お盆用のアスターの播種をそろそろ始めたいと思って居ます。トルコ桔梗の方は、お彼岸用に開花を持っていけたら、いいなと思っています。

我が家のトマトハウスの量は、これでも少ない方です。
もっと大規模でしたら、おそらく、趣味園で日記は書いて居ないと思いますネ。

温暖地の方には遅すぎてビックリされるでしょうが、我が家の自家用玉葱の畑に追肥をしました。【写真:左】
 てがるゴボウを収穫してしまえず、越冬したゴボウが芽吹いています。【写真:中&右】
34 2014/03/25
おまめ
まりぃさん、こんばんは。
今日、菊の友人は落ち込んでました。ここのところ急に暖かくなり、ハウス内の気温が上がり、挿し芽したばかりのトレーが干からびてました。上から掛けるシートと散水の量の不具合が問題だったみたいでした…声はかけられず。
友人も色々と手を伸ばし、他の事でいっぱいいっぱいだったのでしょうね…。
それからの作業は、カボチャの種蒔きでした。
私の今日の作業はジャガイモ5種の畝作りで終了しました。
ところで、まりぃさんゴボウどうするんですか?
35 2014/03/25
おまめさん こんばんは。

ゴボウねぇ。てがるゴボウが全然手軽じゃない程の大きさになってるので、気合い入れて土木作業並みのゴボウ掘りをしなければならないですね。
考えただけでも、うんざりです。(;一_一)
37 2014/03/26
おまめ
まりぃさん、この石ころを見て元気出して下さい。
ゴボウ美味しいといいですね~(*_*;
38 2014/03/26
おまめさん 耕作出来るようにするまでのご努力、痛いほどよく分かります。
昨夜、NHKのニュースウェブで、温暖化により2060年には現在栽培できている作物が、栽培出来なくなる地域が増える、作物によっては、栽培地域が拡大する…という内容でした。
 食料自給率を上げる事を国民全ての問題として、真剣に考えてほしいと思います。 机の上で、資料を見ているだけでは、何も変わらないんですけどね。

 このゴボウ.掘りだす価値が有るといいですが。どうでしょうか。
40 2014/03/26
なんだか,このトピックは他の方のコメントが少ないですね。

私とおまめさんとしろりんさんばかりの意見で成り立って居ても仕方ないように思いますが…。

食料自給率に関する問題は、今時の子達は机の上での学習では理解しますよ、当然のように。そして採点される時模範解答をします。
 ところが実際、農業に従事する意欲が有る人が多く育つかと言えば、けして多く無いです。なぜなら、つらくキツク収入が見合ったほど上がらないからです。企業としてなら零細企業です。

スマホいじってゲームして美味しいもの食べて楽して居た方が良いにきまってるんじゃないですか。今時は。

各言う私も、体力の限界を感じ、出来る事ならマンション住まいをしたいと思って居ますよ。 
それでは、これでしばらく私のコメントは控えたいと思います。
41 2014/03/26
しろりん
まりぃさん、どうぞどんどん書いて下さい。なんといっても、一番農業してるのはまりぃさんです。われわれは遊びの延長線上ですから。ただ、コミュニティの書き込みというのは、割って入り時が難しいこともあるのですね。今入ると、対話の邪魔になるかな?なんて。もっとも農作業はこれからやっていくうちに書きたいことも出てくるかと思います。なまずさんはともかく、女性お二人は期末で忙しいのかもしれません。
42 2014/03/26
なまず
まりぃさん、なかなか書き込めずすみません。今は勉強させて」頂くのが中心です。もう1人、2人プロかセミプロの方がご参加いただけるといいですね。皆さん、もっとご参加下さい。(と私のことはさておいて)
43 2014/03/27
あやの
皆さん、おはようございます。まりぃさん、なかなか参加できなくてすみません。仕事が忙しいと土に向かう時間が少なくなります。私などは割と自由がある方だとは思いますけどね。いつも読ましてはいただいていますので、ぜひ続けてお書いて下さいね。
44 2014/03/27
しろりん
皆さん、お早うございます。本トピックのご参加者が少ないとのことですが、平均的な書き込み数と比べると、ずっと多いと思いますよ。生きているか死んでるかわからないような(他のコミュですが)わんさとありますからね。ただ、概していうと野菜コミュはまだ活気がないですね。どうしても、綺麗な花の方へ関心が集まってしまうのでしょうか。
 伊勢へ行ってきましたが、ルートは渥美半島(愛知県東南部)の先から、三重県の鳥羽までフェリーで行きました。行きは野菜の産直による余裕はなかったのですが、復路は、渥美のサンテパルクなど2つぐらい産直に寄りました。残念ながら、野菜を必要としていない私はそれを横目で見ながら、苗のコーナーへ走ってしまうのですが、季節がら、野菜も花ものも種類が限られていました。
 一番気になったのが、渥美のキャベツ畑。春から夏にかけては、いつ行ってもあちこちキャベツばかりで、連作障害は大丈夫かな?なんて他人事ながら心配してしまいます。本当はいろいろな種類を作った方がよいのでしょうが、効率の問題があるのでしょうね。消費者としての私たちは、キャベツは1個100円で安全なものを、などと期待しているのですが、安全でおいしいものを、なんて言っていると、それでは農家に負担がかかってしまいますね。
 渥美のもう1つの産品がメロンで、あちこちにメロン直売の看板はあったのですが、殆どのところがまだ売っていませんでした。1件のメロン農家の方に聞いたら、暖房費が嵩んで、とてもわりに合わないという返事でした。
45 2014/04/12
しろりん
皆さん、今晩は。自宅以外の場所で野菜などを作るとき、問題になるものの1つが水ではないでしょうか?以前私が確保したとちでは井戸を掘ってもらったのですが、それでは費用がかさみますね。
 今借りている場所は横を用水が流れているため、小型のポンプを使うことにしています。去年は体調不良などで全く使わなかったのですが、今年は湿地植物を植え付けたことでもあり、今日久々に使いました。それまで1カ月、バケツを持って用水まで汲みに降りていたのですが、労力が大変。今日久々に勢いよく出る水を見て、ほっとしました^^
46 2014/09/04
しろりん
ようやく暑さが和らいできましたね。雑草取りの作業はしやすくなったのですが、あいかわらず困るのは私の場合、手や足にしっしんが出てしまうことです。下手に書くと、しっしんが広がったりします。昨年皮膚科でもらった薬が効くようでなんとか収まるのですが。みなさん、そんな悩みないですか?
47 2014/09/04
しろりんさん こんばんは。

雑草との戦いは延々と続いてますね。農作業中は、どのような服装でなさってますか。
肌を露出されたままですと、年季の入った農家のおばちゃんの肌でも湿疹やミミズバレのようなのが出来ますよ。
なので、真夏の猛暑でも長袖.長ズボン.うでぬきにゴム手袋は、必須アイテムです。

うっかり、腕まくりをして作業なんぞしたら、湿疹だらけになる事もあります。
48 2014/09/04
しろりん
まりぃさん、私は人一倍あせかきなのです。シャツが汗でずぶぬれになるとやる気がなくなります。長ズボンこそ履いて畑に入りますが、半袖シャツのことはよくありますね。そうすると、作業後に湿疹が出ることもありますし、家に帰ってから、時には朝起きると湿疹が出ることもあります。そうなると、服などにダニなどがついていて、刺されるのかなぁとも思います。
 やっぱりミミズばれが出るのですね。(自分だけでないのかと、ほっとしたりして^^)
 こういう湿疹やシミ、ソバカス。そういうのがなければ園芸作業ももっと楽しいですね。
49 2014/09/05
なまず
お早うございます。みみず腫れは私もときにできます。日焼けや虫刺されもいやですね。時間が長くなるなというときは半そでシャツのときは、あまりファッショナブルではないなと思いながら、腕カバーをします。黒いのですが、もうちょっと気がきいたのがあるといいですね。かといって、おばさんたちのする花柄はいやですし。
50 2014/09/05
おはようございます。

なるほどぉ。ファッショナブル…という観点からすると、確かに見た目は良くないですね。

私など、優先順位の第一番は仕事の効率なので、花柄のうでぬきも最近はしなくなりました。顔はすっぴんですし。

お化粧バッチリ、帽子もうでぬきも綺麗な花柄という方も良く見かけますね。
51 2014/09/05
しろりん
おはようございます。恰好については、お仕事として沢山作業のある方から、我々のように趣味的にしか土にかかわって居ない者までいろいろありますね。今日は地元のお祭りを準備するボランティアの方々の祭設営作業をちょっと手伝ってきました。蚊は多かったですが、気温はそう高くなく、楽になりましたね。

最新20件を表示

 1   2   3  次へ>>

会員登録がお済みの方は

会員登録をすると、園芸日記、そだレポ、アルバム、コミュニティ、マイページなどのサービスを無料でご利用いただくことができます。

気軽に部屋をイメージチェンジ

理想の部屋に一歩近づけるコツをスタイリストの石井佳苗さんが指南!
抽選で10名様にプレゼント<PR>

詳しくはこちら
ピックアップ
テキストこぼれ話

11月号テキストこぼれ話
柑橘にまつわる話を公開中!(後編)

柑橘栽培が楽しくなるウンチクをインタビュー。後編は三輪さんが今ハマっている養蜂について。

今、熱い植物

今、熱い植物 第17回
“多肉のタネまき事始め…アナカンプセロス”

アナカンプセロスは、多肉植物のタネまき入門にうってつけ!

栽培ナビ オリーブ

「12か月栽培ナビ」シリーズ新刊『オリーブ』発売!

オリーブの毎月の作業と管理を徹底ナビ。必要な作業を初心者にもわかりやすく解説しています。

投稿募集中 from テキスト編集部
「バラの病害虫対策ノート」の使い方

「バラの病害虫対策ノートの」の使い方
みんなの使っている様子を募集中!

「園芸栽培ノート2018」の使い方

「園芸栽培ノート2018」の使い方
みんなの使い方、アイデア募集中!

見て見て!お気に入りの花

見て見て!お気に入りの花
自慢の植物・庭の写真を募集中!

みんなのマルシェ

みんなのマルシェ
自慢の畑・野菜の写真を募集中!

おすすめ特集
「今、熱い植物」アーカイブ

「今、熱い植物」アーカイブ

テキスト人気連載をWEBで毎月お届け。人気の高まる多肉植物や観葉植物に注目し、その魅力を紹介

寄せ植えを楽しむ

寄せ植えを楽しむ

寄せ植え向きの植物選びや、作り方のポイントを紹介。参考になるキレイな作品写真も見られます

病気と害虫の話

病気と害虫の話

あなたの植物の症状は? 大切な植物を病気や害虫から守るための、見て分かる病気と害虫ガイド

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

バラの栽培で多くの人が悩む剪定の仕方を、動画でわかりやすく解説

テキストこぼれ話

みん園限定!テキストこぼれ話

ここだけで読める連載「テキストこぼれ話」。『趣味の園芸』で語りきれなかった話を限定公開

今年の夏は緑のカーテン

今年の夏は緑のカーテン

緑のカーテンの作り方やおすすめ植物、実践事例などを紹介しています

みんなのバラ百科

みんなのバラ百科

バラの歴史や「殿堂のバラ」などのバラにまつわる知識、役立つ情報が盛りだくさん

野菜だけで一品レシピ

野菜だけで一品レシピ

育てた野菜をおいしく食べるための、野菜を使ったレシピ222品を公開中

園芸LOVE 原田が行く

園芸LOVE 原田が行く

「みんなの趣味の園芸」スタッフであり『趣味の園芸』シニアエディター・原田による園芸エッセイ

全国植物園ガイド

全国植物園ガイド

全国の植物園一覧。日本植物園協会に加盟している植物園を中心に紹介。植物園に出かけよう!