【間違った表示、改善してほしい表示】しっかりしなよ!!園芸業者! コミュニティ

トピックテーマ

間違った表示、改善してほしい表示

2015/02/12
園芸店で間違った名札を見ることはありませんか?あまり知識がない方はそれをそのまま信じて買い、あとで恥をかくことになります。ここでは実際に見た園芸店、出店の誤表示と本来正しく書いて欲しい例、その園芸店の名前、場所などをお書き下さい。

画像はサクラソウを「野桜草」と表示している例です。

コメント

<<前へ  1   2   3   4  次へ>>

最新20件を表示

22 2015/02/12
なまず
あきれますね。サクラソウは田島が原のような場所を除けば、ふつう山に生えるかと思いますが、「山桜草」と名付けなかったのは、
「山桜」だと木のヤマザクラと紛らわしいからでしょうか?
23 2015/05/05
しろりん
ある苗木市にて。「日本シャクヤク」ってなんでしょね。
「日本桜草」「日本スミレ」というあやしげた表示を見かける
ようになりましたが、これもその1つ?
 正体を見る気にもなりませんでした。
24 2015/11/09
しろりん
久しぶりにおかしな商品名の例です。今日でかけた大きな規模の園芸店にて:

1.生産業者の印刷された札には「アジュガ」とありますが、
  手書きの札には「十二単(ジュウニヒトエ)」とあって、
  どっちかわからないもの。前者の方がいいでしょうね。
  ジュウニヒトエというのは別に日本産の類種であって、
  別の植物です。日本の公立の植物園でも、アジュガを
  植えたところに平気で「ジュウニヒトエ」と名札を
  つけたところがありました。

2.「藤娘ナデシコ」。ハマナデシコと思われますが、
  ハマナデシコの別称には、その花色から「フジナデシコ」と
  いうのがあります。しかし、それをさらに膨らませて
  「藤娘」とやるのはあまりではないでしょうか?

因みに、この店はプリムラマラコイデスはちゃんとマラコイデスと
表記して、「桜草」などの表記はありませんでした。
25 2015/11/10
花娘
こんにちは。売られている植物の名前は最低、正しい名前を書いて欲しいですよね。最終的に恥をかくのは買った、育てる人ですから。
26 2016/02/14
しろりん
今日は。世の中植物の名前に「ソウ(草)」を付けたがる人はよくいますね。例えば、ミズヒキでいいところをミズヒキソウと呼ぶ人は少なくなく。慣用化していますので、一概に間違えとはいえないと思います。ただ、ヒイラギをヒイラギソウ、ヤマブキをヤマブキソウと呼ぶと別の植物になってしまうので困ります。
 今朝みた間違いはある園芸店で販売者がシモツケソウと表示していました。お、珍しい!買おうかな。と思って枝を触ると、どうやら木本です。印刷の説明をみるとやっぱり木本の「シモツケ」の方でした。
27 2016/02/27
やぐるま
まだこのサイトの使い方自体よく知らないのですが、その通りだと思わず膝を打ったので参加させて下さい。
 世の中、値段が下がったものは多いのですが、花はあまり下がっていません。同時に店員の無知識にもあきれることがあります。ちょっと植物について聞いても、かなりいい加減な返事があるか、知らないという返事が多いような気がします。花が咲いてるんだから、気にいったら買え、気にいらなかったら買うなと言っているように受け取れます。逆に、お客さんも花が咲いていると関心があるのですが、咲いていないと全然無視のことも。ま、勉強不足は両方ともでしょうか?
 私としては、名前がしっかりしていたら、ネットで調べても安ければ買うのですが、肝心の名前がいい加減のことが多いですね。
28 2016/02/27
しろりん
やぐるまさん、ご参加ありがとうございます。植物苗の100円ショップ欲しいですね!(勿論、100円ショップの多肉だけでなくです) また気がついたことがありましたら、何でも書いて下さい。
 最近コムラサキの苗が立派に印刷付きで説明されて売られているのを感心してみました。(それに感心するほど、あまり感心しない表示の苗が多いです)
29 2016/03/01
しろりん
最低限の売り方しかしない園芸業者が多い中で、今回は、プラスに評価したいケースです。あるJA系の売り場に「鳳来寺ゆり」のなんとか開花球が300円、350円程度の値段で販売されていました。
1000円前後で売られることが多いのに対し、まず値段を評価です。それ以上に評価したいのが、個人が作ったと思われる説明書が
付いていたことです。画像とともに栽培方法が書かれており、非常に良心的な姿勢が感じられます。説明書はパウチがしてあり、ある程度水やりをしても劣化しないように工夫されています。
 その中で若干指摘させて頂きたい点が2、3あります。
1.名前が「鳳来寺ゆり」としかないのですが、これは
  ヤマユリの地方名で、やはりヤマユリという名前は
  書いて欲しかった。
2.そもそも庭植えか、鉢植えかの説明がないのですが、
  水やりの説明で「4月から5月は3~4日に1度、6月
  以降は2日に1回程度」やるように記述があります。
  これは販売者さんがお住みの高原の寒冷地では
  言えるかもしれませんが、売られていた
  標高数十mの場所ですと、「朝日が少し当たる
  場所に置いて」5月から6月にかけては2日に1度
  ~毎日、6月以降は毎日または乾くようなら毎日
  やらないともちません。
30 2016/03/27
花娘
今日は。露店で「岩モミジ」というのを売ってたので、正しい名前は他にあるのでは?と聞いたら、くれた人がそう呼んでたと返事がありました。調べてみたら、タンチョウソウかと思います。岩モミジは地方名かもしれませんが、正しい名前を書いて欲しいですね。
31 2016/03/27
しろりん
花娘さん、検索してみると、他にも岩モミジという名前に翻弄されている人がいるようですね。販売する人は正しい一般名を付けて欲しいものです。
32 2016/04/20
しろりん
今回も劣悪な園芸業者による名前の混乱が1つ解決されようとしています。マンテマの1種だろうとして素性がわからなかった花が外国名はシレネと先般わかったのですが、和名はサクラマンテマとして1つ流通しているのがわかりました。一応育て方の説明は添付されていますが、サクラマンテマの名前だけで、シレネの名前も学名も明記されていません。
 昨日のオフ会でも話題になりましたが、今日、ある園芸店で売られているのを見つけました。
33 2016/04/20
花娘
しろりんさん、シレネ=サクラマンテマで懸案が1つ解決しましたね。我が家でも頂いた苗が咲きましたが、花後に処分させて頂きます。(でいいですよね?)
34 2016/04/20
しろりん
花娘さん、結構ですよ。私も混乱を招く例として説明に使った上で処分します。
35 2016/05/07
しろりん
今日ある山野草会の展示会で売られていた「リュウキンカ」です。小さな大きさといい、外来種の類種ということはあきらかですが、販売する際に会の中でチェックして欲しいものです。
 では一般の販売業者はましかというと似たりよったりで、本物のリュウキンカが売られているのはまだみたことがありません。
36 2016/06/17
しろりん
ここでもハナショウブが「しょうぶ」とだけ表示されて売られていました。これは印字になっていることを見ると、そもそも取り仕切っている団体がまちがってる? それで利益を得るなら、もう少し真面目に表示に向き合ってもらえないかなと思います。
37 2016/12/03
花娘
今晩は。私も気がついたおかしな表示を書かせて頂きます。豊橋市のメジャーな園芸店Gですが、シロヤマブキの苗にこんな説明書きがありました。「ヤマブキ 白一重」などと書いてあると、珍しいと思って買ってしまうお客さんがありますね。
38 2017/01/06
しろりん
今年もよろしくお願い致します。さて、今日安価で、「ヌマタクチナシ」という鉢植えのクチナシを買ってきました。ここまでは良かったのですが、持ち帰ってネットで調べたところ、八重のクチナシとあります。がっかり。
 一重のクチナシを探しており、ラベルに一重らしい絵が描いてあったので、あるいは!と思って買ったのですが、思惑がはずれました。花言葉など、どうでもいいことより、「ヌマタ」を冠した品種?の特性ぐらいは、はっきり書いて欲しいものです。
 こういう点が、この方々の発想がよくわからない点です。ラベルを印刷するのがコスト的に・・というのならわかりますが、ラベルができるのであれば、もう少し購入者側にたった情報を盛り込んでいただけないものでしょうか?
39 2017/01/11
ちぃちぃ148
遅くなりましたが、今年もよろしくお願いします。
ラベル・・・わかります。オシャレな名前とかデザインとかより植物の情報をくれ~っていつも思います。
40 2017/01/13
花娘
教えて頂いた園芸店に行ってみたところ、さすがにこの季節、あまり多い商品は多くなかったのですが、1つカラタチバナの実をつけた鉢が10ポット近く売られていました。半分は298円、そして半分は100円。なんと、ものは同じなのに3倍の開きがあります。ここは生産者さんが勝手な値段をつけて出品するので、そのような差が出てしまうのでしょう。
 この点は別に問題ないですね。割安なのがあれば消費者がそっちの方から買うまでです。問題はこの「カラタチバナ」という名札が確か1つにしか挿してなかったのです。これではよく知らない人はマンリョウかセンリョウあたりと間違えて買ってしまうかも知れないですね。
41 2017/01/13
しろりん
花娘さん、名札さえないのは困りますね。場所によっては、出品者が名前がわからず教えて欲しいけど、とりあえず販売するなんて言って(安価ではありますが)売る場合がありますね。

最新20件を表示

<<前へ  1   2   3   4  次へ>>

会員登録がお済みの方は

会員登録をすると、園芸日記、そだレポ、アルバム、コミュニティ、マイページなどのサービスを無料でご利用いただくことができます。

気軽に部屋をイメージチェンジ

理想の部屋に一歩近づけるコツをスタイリストの石井佳苗さんが指南!
抽選で10名様にプレゼント<PR>

詳しくはこちら
ピックアップ
テキストこぼれ話

12月号テキストこぼれ話
シクラメンにまつわる話を公開中!(後編)

後編では、横山直樹さんに原種シクラメンの栽培のポイントなどを教えていただきました。

今、熱い植物

今、熱い植物 第18回
“インドアグリーン最前線”

人が長く過ごす場所をグリーンで快適に。最近は『内向き』の緑化がふえてきている。

投稿募集中 from テキスト編集部
「バラの病害虫対策ノート」の使い方

「バラの病害虫対策ノートの」の使い方
みんなの使っている様子を募集中!

「園芸栽培ノート2018」の使い方

「園芸栽培ノート2018」の使い方
みんなの使い方、アイデア募集中!

見て見て!お気に入りの花

見て見て!お気に入りの花
自慢の植物・庭の写真を募集中!

みんなのマルシェ

みんなのマルシェ
自慢の畑・野菜の写真を募集中!

おすすめ特集
「今、熱い植物」アーカイブ

「今、熱い植物」アーカイブ

テキスト人気連載をWEBで毎月お届け。人気の高まる多肉植物や観葉植物に注目し、その魅力を紹介

寄せ植えを楽しむ

寄せ植えを楽しむ

寄せ植え向きの植物選びや、作り方のポイントを紹介。参考になるキレイな作品写真も見られます

病気と害虫の話

病気と害虫の話

あなたの植物の症状は? 大切な植物を病気や害虫から守るための、見て分かる病気と害虫ガイド

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

バラの栽培で多くの人が悩む剪定の仕方を、動画でわかりやすく解説

テキストこぼれ話

みん園限定!テキストこぼれ話

ここだけで読める連載「テキストこぼれ話」。『趣味の園芸』で語りきれなかった話を限定公開

今年の夏は緑のカーテン

今年の夏は緑のカーテン

緑のカーテンの作り方やおすすめ植物、実践事例などを紹介しています

みんなのバラ百科

みんなのバラ百科

バラの歴史や「殿堂のバラ」などのバラにまつわる知識、役立つ情報が盛りだくさん

野菜だけで一品レシピ

野菜だけで一品レシピ

育てた野菜をおいしく食べるための、野菜を使ったレシピ222品を公開中

園芸LOVE 原田が行く

園芸LOVE 原田が行く

「みんなの趣味の園芸」スタッフであり『趣味の園芸』シニアエディター・原田による園芸エッセイ

全国植物園ガイド

全国植物園ガイド

全国の植物園一覧。日本植物園協会に加盟している植物園を中心に紹介。植物園に出かけよう!