【秋に与える追肥について】アデニウムに魅せられて コミュニティ

トピックテーマ

秋に与える追肥について

2014/09/30
これからの時期の肥料について教えていただきたいです。

今夏に発芽した幼苗を育てています。現在10日に1度、液肥を葉面と用土に与えていますが、どのくらいの時期までどの程度与えて良いものやら見当がつかず迷っています。用土に元肥は入っていません。液肥はフォルさんのブログを手本にペンタガーデンバリューにサプリのキトサンとビタミンB群を粉末状に砕いて混ぜ霧吹きで与えています。

コメント

最新20件を表示

1 2014/09/30
フォル
こんばんは。
今年は残暑が無くて変な気候で戸惑いますね。

私の場合、朝晩の気温が20度を割り込む日が続くようになったら、液肥を与える間隔を倍以上長く濃度も薄くし、15度台に入るようになった頃には与えるのを止めています。

もっとも、朝晩が15度台に入る頃にはアデニウムの吸水量もかなり少なくなり、おのずと水やりの頻度も少なくなるのが実感できるかと思います。用土が乾くまでの時間を見計らってうまく調節してみてくださいね。
2 2014/09/30
まぁちゃん
ちょうど今日液肥を与えました。住友 液肥2号 。
これで今期はお仕舞です。
3 2014/09/30
芋焼酎
フォルさん/まぁちゃんさん

コメント、ありがとうございます。
私がなんとなく想像していた感覚より早い時期での打切りが良さそうですね。落葉の少し前まで(結果として最後に与えて半月後に落葉ぐらい)与えようかと思案していました。こういったさじ加減を経験者の方たちから教えていただけてありがたいです。私にとって液肥を与える作業は楽しいイベントなので少し寂しくはなりますが、次が今シーズン最後ですかね。

最新20件を表示


会員登録がお済みの方は

会員登録をすると、園芸日記、そだレポ、アルバム、コミュニティ、マイページなどのサービスを無料でご利用いただくことができます。

ピックアップ
テキストこぼれ話

3月号テキストこぼれ話
山野草にまつわる話を公開中!

ギリシャで乾燥に耐えて生きる植物の生態は?(前編)

今、熱い植物

「今、熱い植物」第9回
"原種ベゴニア、百葉繚乱"

ベゴニアは新しい種類がまだまだ見つかるという発展途上の魅力がある

投稿募集中 from テキスト編集部
見て見て!お気に入りの花

見て見て!お気に入りの花
自慢の植物・庭の写真を募集中!

みんなのマルシェ

みんなのマルシェ
自慢の畑・野菜の写真を募集中!