【セツブンソウ】もう1つのそだレポ コミュニティ

トピックテーマ

セツブンソウ

2018/03/31
早春の可憐な花の1つ、セツブンソウです。自生地が限られてきましたので、実生で増やしていきえたいものです。ご参加者の今年の書き込みを見ていても、順調にタネから増えているようです。

コメント

 1   2  次へ>>

最新20件を表示

18 2018/01/24
しろりん
ヒメサユリさん、ナマちゃん、やっとわかって、今「セツブンソウ」を追記しました。全く回転が効かない脳みそで申し訳ありません。マタタビ酒でも飲んで滑りを良くします。
19 2018/01/24
ヒメサユリ
 しろりんさん、まもさん、今日は。

 トップにセツブンソウを復帰させて頂き有難うございます。

 18の右側の葉の周りに白い隈取りがあるように見えますが、所謂覆輪と云うものでしょうか。

 一昨年にまもさんからセツブンソウの実生の入ったポットを頂きました。他のポットと同様に昨年暮れから屋内で育てておりましたところ、一週程前にポットの上部に二つの茎の一部が顔を出し始めました①。ところが今朝突然手前が盛り上がっているのを見つけ、、土を除けたら①の下部と②に写っている株が現れました。蕾を抱いていれば良いのですが。

 順調に育っている事の報告です。
20 2018/01/24
しろりん
ヒメサユリさん、小さい葉の周囲に白い隈取りですか?今見てきましたが、たぶん違うと思います。(そうだと面白いですが)
21 2018/02/08
ヒメサユリ
 しろりんさん、皆さん、今日は。

 平成26年4月に会からのタネを播種。27年春に発芽。既に兄弟コミュに報告済みですが29年春に一株開花。29年9月にポットを開いたら球根が13個あり、大きい方からの6個、残りの7個を二つの7.5cm角深ポット(順にNo1ポット, No2ポット)に埋めました。

 昨年暮れから暖房の無い屋内で育てています。No1ポットは順調に出芽し昨日から花を開き始めました①。ご覧のように5株が開花株です。更に①には興味深い事が二つ写っております。

 一つは②のように四弁の花があります。何度数えても四弁です。

 もう一つは①の表面には小さな株が幾つか出始めています。分球の結果と考えるのが妥当だと思いますが、どうなのでしょうか。

 ③はNo2ポットの現状です。全く動きがありません。ぽしゃたのでしょうか。心配です。
22 2018/02/12
花娘
お早うございます。名古屋の山野草の展示会でセツブンソウが展示されていました。印象的だったのが、びっしり発芽している芽の一鉢です。残念ながら販売はされていませんでした。
23 2018/02/12
ヒメサユリ
 花娘さん、今日は。 左の画像はバイカオウレンでは?
24 2018/02/12
花娘
すみません、まちがえました。真ん中のセツブンソウがもっとたくさん咲いていた鉢の写真を撮ったと思いましたが、真ん中のしか残っていませんでした。
 この機会に1つ追加です。育てておられるかたに小さい発芽芽の植え替えについて尋ねたところ、1年目は小さすぎて芋がわかりにくいし、一番下まで潜ってしまっているので、全体をひっくり返さないと取りだせないとのことでした。それにしても、一番下まで潜るというのは不思議なことですね。
25 2018/02/24
まもさん
我家でもセツブンソウが咲き始めました。確か2球埋めだったと思いますが鉢全体から芽が出ています。
種蒔きのポットからは芽が覗き始めた所です。
26 2018/02/24
ヒメサユリ
 まもさん、今晩は。

 セツブンソウのみならずとてもお世話になっており改めて感謝致します。

 今迄栽培が上手く行きませんでしたが、自己評価ですが最近少し向上しております。それに伴い良くは理解できないことが増えています。

 2球で鉢全体から芽が出ている事実をどう考えれば良いのでしょうか。
27 2018/02/24
まもさん
ヒメサユリさん、こんばんは。

セツブンソウは球根が大きくなれば複数の芽が出て来ます。
また、球根が深く潜ってしまうと芽ぶきが悪くなります。毎年か2年に一回は植え替え(球根を上に植え直す)が必要かと思います。
今度、深鉢の半分ほどに中粒軽石を入れて育てるとどうなるかそこで潜るのが止まるか試してみたいです。
28 2018/02/25
ヒメサユリ
 まもさん、花娘さん、今日は。

 まもさん、ご返事有難うございます。私も26の後調べてみました。

 中越植物園の「セツブンソウの育て方」には「分球で増えることはなく、徐々に球根が大きくなっていくのみ」とはっきり分球を否定しています。

 三十年前に入手した参考書には「小指の先くらいの球根で1~2本、親指の先くらいの大球になると10本以上は立って開花します」との記載があります。

 まもさんの27と上記二つで大体解決です。

 4のまもさんの「5㎝位の根茎だと花は鉢一面に出る」と云う記述も今は理解できました。親指の先は通常2~4㎝でしょうから5㎝と云うとかなりの数の花が咲くのでしょうね。

 分球に関しての私見です。「外観からは分からないし解剖してもそれらを区別はできないが年々分球しておりそれらの集合体が大きくなっている」と云う印象です。

 残っているのはまもさんも27で問題にされているように、「球根がどのようにして潜るのか」です。

 24で花娘さんに聞かれた関係者が「1年目は小さ過ぎて芋はわかりにくいし、一番下まで潜っている」と言われたようですね。潜るのは事実でしょうが、一番下まではどうかな?というのが素朴な疑問です。
29 2018/02/25
まもさん
ひめさゆりさん、花娘さん、こんにちは。

実生のセツブンソウなどでポットの底のスリットから葉が出てくる事が有るので球根は潜る性質が有るようです、おまめさんの日記でも発泡スチロールの底にへばり付いていたと有りますね。

そこで、鉢の半分位に硬い軽石・桐生砂を入れればそこより潜れないかなと考えたわけです、カタクリなども出来るかなと思っていなす。
30 2018/02/25
ヒメサユリ
 まもさん、普通のポリポットに播いた場合一年目でも全てが一番下まで潜るとお考えですか。
31 2018/02/25
まもさん
ヒメサユリさん、こんにちは。
私も実生苗は球根を見失うのが怖くて(老眼なので土の玉と見分けが付かないのと2年目に発芽する種も有る様なので)3年位植え替えしませんが、二年目の葉がポットの底から出てくる事が有るので底に近い所まで潜っていると考えています。実生で根のどこに球根が出来るのか知りたいですね。
32 2018/02/25
ヒメサユリ
 まもさん、そうですね。発芽一年生に限らず二年生三年生などの翌年の球根ができる機構を知りたいと思っております。ネットや図鑑のどこかに図解はないのでしょうか。

 まもさんから昨年頂いたタネからの実生株は今の所沢山あります。でも今年の9月にポットを開ける勇気はなく、植え替えは来年の9月にしようと思っています。今年の夏を乗り越えたらの話ですが。

 今迄の失敗の原因は発芽株の夏を加湿にした結果と受け止めています。
33 2018/02/26
まもさん
ヒメサユリさん。
こんなサイトを見つけました、芽生えたセツブンソウを堀上げています。
http://setubunsou.net/Hyousi/Syuminosekai/Sanyasou%20Saib...
これで深く潜るのが判りますね。
34 2018/02/26
ヒメサユリ
 まもさん、見付けて頂き有難うございます。

 図から潜った長さ、球根の下部から茎の緑と白の堺まで、を測ってみました。発芽した年は2.5-3cm位,二年目は4-5cmでしょうか。茎の地際がはっきりしませんのでもう少しの伸び縮みはあるかもしれませんが、発芽一年目では一番下までは辿り着けないようです。だとすると発芽した年の9月に植え替える必要はなく、むしろやるべきでないようです。安心しました。

 発芽率は一年目で90%で二年目は60%、とはどう解釈してよいのでしょうか。単純に考えて、100個のタネを播いたら翌年90の芽がでて、二年目の春には60の芽に減ったという事でしょうか。
 もしそうであれば一年目から二年目にかけて30株が消えたという事になります。矢張り発芽一年生の夏越が鬼門?
35 2018/03/22
まもさん
今日、セツブンソウのポットを見たら底から芽を出していました。今年の夏は植え替えしないといけませんね。
これは、4年ほったらかしにしていたポットです。
36 2018/03/30
メギツネ
みなさま お久しぶりです。

札幌の我が庭でもセツブンソウが咲いていました。
1茎に2個の花が咲いています。
こちらでは まもさんのようにたくさんの株を育てると言うのは至難の業です。

ポットは霜で凍ってしまったりするので地植えの方が楽そうです。
37 2018/03/30
まもさん
メギツネさん、こんばんは。

北海道ではやはり厳しいのでしょうか、ヒメサユリさんの所もかなり寒いようですが育てていらっしゃいますよ。
私も冬は風の当たらない軒下に避難させています。

最新20件を表示

 1   2  次へ>>

会員登録がお済みの方は

会員登録をすると、園芸日記、そだレポ、アルバム、コミュニティ、マイページなどのサービスを無料でご利用いただくことができます。

期間限定特集 <プレゼント当たる!>

ピックアップ
テキストこぼれ話

6月号テキストこぼれ話
アジサイにまつわる話を公開中!(前編)

アジサイ人気の高まりと、現在に至るまでの変遷を川原田邦彦さんに伺いました

今、熱い植物

今、熱い植物 第12回
“棘と葉を強光で鍛える…アガベ”

2つめの多肉植物として、アガベを選ぶ人がふえている

「朝顔チャレンジ」

「朝顔チャレンジ」
みんなでアサガオ観察をしよう!

みんなでアサガオの成長から開花までを見守る応援企画。あなたのアサガオを紹介してください♪

定期購読2018
投稿募集中 from テキスト編集部
「バラの病害虫対策ノート」の使い方

「バラの病害虫対策ノートの」の使い方
みんなの使っている様子を募集中!

「園芸栽培ノート2018」の使い方

「園芸栽培ノート2018」の使い方
みんなの使い方、アイデア募集中!

見て見て!お気に入りの花

見て見て!お気に入りの花
自慢の植物・庭の写真を募集中!

みんなのマルシェ

みんなのマルシェ
自慢の畑・野菜の写真を募集中!

おすすめ特集
「今、熱い植物」アーカイブ

「今、熱い植物」アーカイブ

テキスト人気連載をWEBで毎月お届け。人気の高まる多肉植物や観葉植物に注目し、その魅力を紹介

寄せ植えを楽しむ

寄せ植えを楽しむ

寄せ植え向きの植物選びや、作り方のポイントを紹介。参考になるキレイな作品写真も見られます

病気と害虫の話

病気と害虫の話

あなたの植物の症状は? 大切な植物を病気や害虫から守るための、見て分かる病気と害虫ガイド

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

バラの栽培で多くの人が悩む剪定の仕方を、動画でわかりやすく解説

テキストこぼれ話

みん園限定!テキストこぼれ話

ここだけで読める連載「テキストこぼれ話」。『趣味の園芸』で語りきれなかった話を限定公開

今年の夏は緑のカーテン

今年の夏は緑のカーテン

緑のカーテンの作り方やおすすめ植物、実践事例などを紹介しています

みんなのバラ百科

みんなのバラ百科

バラの歴史や「殿堂のバラ」などのバラにまつわる知識、役立つ情報が盛りだくさん

野菜だけで一品レシピ

野菜だけで一品レシピ

育てた野菜をおいしく食べるための、野菜を使ったレシピ222品を公開中

園芸LOVE 原田が行く

園芸LOVE 原田が行く

「みんなの趣味の園芸」スタッフであり『趣味の園芸』シニアエディター・原田による園芸エッセイ

全国植物園ガイド

全国植物園ガイド

全国の植物園一覧。日本植物園協会に加盟している植物園を中心に紹介。植物園に出かけよう!