【野草用の鉢を考える】日本の山野草を楽しむ コミュニティ

トピックテーマ

野草用の鉢を考える

2016/05/08
皆さん、野草を植える鉢はどうしてますか?私自身は勉強中なので、黒いポリポットほか、目に入った適当なものを使っていますが、展示会では焼き物の立派なものも見かけます。もっとも、そんな焼き物鉢では重いし、かさばるし、おまけに高価。よい点だけではなさそうです。

コメント

最新20件を表示

1 2016/05/08
花娘
野草のイベントのトピックで紹介した展示会へ行ったら、ある方がもう使わないと、ご自分で焼いた鉢を持ってこられました。値段は大きいものは3,000円程度から。確かに窯で焼くとなると費用がかかりますので、それでも安いのかもしれません。
2 2016/05/08
しろりん
花娘さん、日記などではたまに話題になりましたが、なかなか「重い」テーマですね。ちなみに1の鉢は誰かの自作ですか?いくらぐらいで販売になったのでしょうか?
3 2016/05/08
花娘
作った女性の話では3,000円は欲しいとのことです。大きさからいって、当然でしょうね。改めてあの鉢については書かせて頂きます。
4 2016/05/08
いちのみや
花娘さんこんばんは

先日焼き物の町、伊賀上野の「窯出し市」に行ってきました。写真のように5号鉢(もうちょっと小さいかも)くらいであの値段でした。通気性良く、山野草向きとのことでしょうが、やはり高いと感じます。土や手間、焼く際のガスや電気(薪を使っていればもっと高い)代を考えるとやむを得ないかとも思います。

写真の鉢、大きいですね。
5 2016/05/08
花娘
いちのみやさん、今晩は。トピックを作ったら、早速参加頂きありがとうございます。やはり焼き物は高いですよね。
作られた女性(Aさんとしましょう)の話では、ある方が三ヶ日の畑を借りて焼き物をやっていたので、Aさんも手伝いながら、いろいろな野草用の鉢を作ったそうです。ところが、その窯元のある方が去年急逝、電気窯も残念ながら取り壊されてしまったそうです。そして、理由は聞かなかったのですが、Aさんも、もう野草はやめるようで、手持ちの鉢を一気に処分されるに至ったようです。
野草を楽しむ世界の老齢化、衰退化を感じる一日でした。私たち若い者(としておきましょう)が引き継ぎたいものです。
 結局私は鉢より野草と思い、1つも鉢を買わずに帰ってきてしまいました。
6 2016/05/08
しろりん
花娘さん、いちのみやさん、今晩は。お二人とも連休日の最終日に遠出をされたようですね。Aさんの焼き物はどのように作ったのかは花娘さんが聞かれたなら、また教えて頂くとして、私自身の感想はあまり入れ物にお金をかけたくないですね。本末転倒という気がします。もっと安価な鉢を作る工夫ができないものかと思います。
7 2016/05/09
花娘
皆さん、お早うございます。昨日見た山草用の鉢の続きです。その方は両手でかかえるほどのとか、3つに分けて組み立てるような大きなものから小さなものまで作っておられます。
 溶岩鉢や溶岩を工作したようなものも焼き物で作っておられますが、その作り方はこんなです。富士砂と粘土にさらに発泡スチロールを砕いた粉を混ぜ、電気炉で焼きます。そうすると、発泡スチロールが溶けて細かい穴があき、溶岩らしさがでるとともに、軽くなるということだそうです。色については赤い顔料を入れて焼くと黒くなってご覧のような感じになるとか。
8 2016/05/09
しろりん
花娘さん、3つに分けて組み立てる?たぶんうまく植えつければ立派でしょうが、重さやかさを考えると、そちらの方が気になってしまいますね。発泡スチロールの件は参考になります。
9 2016/05/10
ナマちゃん
お早うございます。

以前、自然石を組んでセメントで接着するという方法があることを知り、試してみましたがかなり重くなりますので止めました。代わりに、河原で軽石系の石を拾ってきて、電動ドリルで削って石鉢を作りました。それほど重くもなくいい感じです。

左:サギソウが植えてあるはずですが、まだ芽を出してきていません。
右:斑入り十和田アシ、ネジバナが飛び込んでいます。
10 2016/05/24
花娘
鉢ではないのですが、骨董市のようなところで、画像の棚を安く求めました。何かこれに合わせる鉢でもあるとよいのですが。
11 2016/11/15
花娘
皆さん、今晩は。写真のような山野草用の鉢(直径15cmぐらい)が600円超で売られてました。この冬は鉢を量産して、200~300円ぐらいでもお分けできるようなものを作ってみたいです。
12 2016/11/15
クサノオウ
花娘さん、作って下さい。野草の素材より鉢の方が高いなんて、いやです。てか、私も一緒に作りたい!どうやって軽くできるかを考えたいです~
13 2016/11/15
花娘
クサノオウさん、ポイントは重さ、強度でしょうか。強度をそんなに強くしないなら(置いておくものなので、そんなに強くする必要はないかも)、できると思いますが、問題は素材のコストより、それにかかる手間ですね。全然ただ働きというわけにも行きませんから、300円ぐらいを目安にとりあえず、50個ぐらい一緒に作ってみませんか?
14 2016/11/16
しろりん
クサノオウさん、花娘さん、おはようございます。鉢作り、情報交換しながら、開発しましょう。鉢が500円も600円もするようでは愛好者が広がりませんよね。
15 2017/03/25
しろりん
以前紹介しましたすり鉢の底に穴があけてある「鉢」を使ってみました。これはリサイクルショップで見かけたものですが、ご主人が売る段になって、「あれ?そこに穴があいてますね」と言って、半額にしてくれた代物です。
 メギツネさんご提供のタネから育てたシュムシュノコギリソウの2年目の株を植えこむことにしました。続きはすぐ後で。
画像1.そのすり鉢 そこに小さな穴があけてあります。
画像2.素材のシュムシュノコギリソウ
  かなり根が張っていました。
画像3.植えたものが枯れたポットにコケが張っています。
16 2017/03/28
しろりん
15 のすり鉢の底に穴をあけたものですが、画像のように植えてみました。あり合わせのコケを使ったので、パッとしないですが、これが時間を経てどのように変わっていくかを眺めてみてみたいと思います。
17 2017/08/31
クサノオウ
安い花器を入手しましたので、野草をとっかえひっかえ、合わせています。日記にも書きますので、ご意見を。
1.100円の水盤+ニッポンイヌノヒゲ
2.同じ + ミソハギ
18 2017/08/31
花娘
クサノオウさん、特に1の方なんか、いい感じですね。水盤というのは下の方ですよね?
19 2017/08/31
しろりん
クサノオウさん、今晩は。開花報告のところでご質問も頂いていましたが、やっぱり黒いポットに入れてあるだけでなくて、ちょっと容器を工夫すると見栄えがしますね。
20 2017/08/31
花娘
直接株を植えこんである小鉢(ですよね)は前からですか?今植えこんだような感じもしますが。

最新20件を表示


会員登録がお済みの方は

会員登録をすると、園芸日記、そだレポ、アルバム、コミュニティ、マイページなどのサービスを無料でご利用いただくことができます。

気軽に部屋をイメージチェンジ

理想の部屋に一歩近づけるコツをスタイリストの石井佳苗さんが指南!
抽選で10名様にプレゼント<PR>

詳しくはこちら
ピックアップ
テキストこぼれ話

11月号テキストこぼれ話
柑橘にまつわる話を公開中!(後編)

柑橘栽培が楽しくなるウンチクをインタビュー。後編は三輪さんが今ハマっている養蜂について。

今、熱い植物

今、熱い植物 第17回
“多肉のタネまき事始め…アナカンプセロス”

アナカンプセロスは、多肉植物のタネまき入門にうってつけ!

栽培ナビ オリーブ

「12か月栽培ナビ」シリーズ新刊『オリーブ』発売!

オリーブの毎月の作業と管理を徹底ナビ。必要な作業を初心者にもわかりやすく解説しています。

投稿募集中 from テキスト編集部
「バラの病害虫対策ノート」の使い方

「バラの病害虫対策ノートの」の使い方
みんなの使っている様子を募集中!

「園芸栽培ノート2018」の使い方

「園芸栽培ノート2018」の使い方
みんなの使い方、アイデア募集中!

見て見て!お気に入りの花

見て見て!お気に入りの花
自慢の植物・庭の写真を募集中!

みんなのマルシェ

みんなのマルシェ
自慢の畑・野菜の写真を募集中!

おすすめ特集
「今、熱い植物」アーカイブ

「今、熱い植物」アーカイブ

テキスト人気連載をWEBで毎月お届け。人気の高まる多肉植物や観葉植物に注目し、その魅力を紹介

寄せ植えを楽しむ

寄せ植えを楽しむ

寄せ植え向きの植物選びや、作り方のポイントを紹介。参考になるキレイな作品写真も見られます

病気と害虫の話

病気と害虫の話

あなたの植物の症状は? 大切な植物を病気や害虫から守るための、見て分かる病気と害虫ガイド

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

バラの栽培で多くの人が悩む剪定の仕方を、動画でわかりやすく解説

テキストこぼれ話

みん園限定!テキストこぼれ話

ここだけで読める連載「テキストこぼれ話」。『趣味の園芸』で語りきれなかった話を限定公開

今年の夏は緑のカーテン

今年の夏は緑のカーテン

緑のカーテンの作り方やおすすめ植物、実践事例などを紹介しています

みんなのバラ百科

みんなのバラ百科

バラの歴史や「殿堂のバラ」などのバラにまつわる知識、役立つ情報が盛りだくさん

野菜だけで一品レシピ

野菜だけで一品レシピ

育てた野菜をおいしく食べるための、野菜を使ったレシピ222品を公開中

園芸LOVE 原田が行く

園芸LOVE 原田が行く

「みんなの趣味の園芸」スタッフであり『趣味の園芸』シニアエディター・原田による園芸エッセイ

全国植物園ガイド

全国植物園ガイド

全国の植物園一覧。日本植物園協会に加盟している植物園を中心に紹介。植物園に出かけよう!