【蒐集欲を煽るだけの栽培書】【 新・多肉コミュ 】 コミュニティ

トピックテーマ

蒐集欲を煽るだけの栽培書

2017/09/03
.


多肉植物栽培の初心者の切なる願いは「最善の栽培のノウハウ」披露であろう。

もっとも、そんなものが簡単に判れば苦労はないが、市販の栽培の解説書やオールドファンの口伝は根拠があやふやであったり、先達からの又聞き孫引きの類(たぐい)という場合がままある。

どうせ紹介するなら厳正な「実験栽培」を行った人の声を紹介すべきであろう。
曖昧な推測による「当てずっぽう」ではいかにも情けない。

勿論この世に完璧な栽培法など存在しないといえばそれまでだが、少なくもその時点での科学的に最良と信じるものを発表すべきではないだろうか。

これらの書籍を見ていて感じるのは、初心者に不親切で配慮に欠けると云うことである。

子供時代に朝顔を作ったぐらいの経験しかない「ズブの素人」に、いきなり四季の管理法をみせても戸惑うばかりであろう。

ハンドブック・図鑑も似たようなもので、品種の紹介ばかりで読者の収集欲を煽ることには熱心だが、ほんの基礎から手取り足取りして教えている解説書は少ないと云わざるを得ない。

昨今は各地のホームセンターへでも行けば多肉の苗はいくらでも手に入る。

周知の通り、その中に難物と云われている物も多数紛れ込んでいる。

園芸の初心者がどんどん買い集めても栽培の難しい種を枯らせてしまうのは目に見えている。

それでいいのだ、枯らす経験も大切、安売りされてる普及種は大量生産されているから消耗品として扱うのもやむを得ない、という姿勢では真の愛好家とは云えないと思う。

事は生き物の命に関わる問題、いやしくもナチュラリスト・栽培家を自負するならば、ベテラン・経験者は初心者への啓蒙を怠ってはいけないと思う。

それが不運にも枯れ、死んでゆく植物たちへの鎮魂となるであろう。

.

会員登録がお済みの方は

会員登録をすると、園芸日記、そだレポ、アルバム、コミュニティ、マイページなどのサービスを無料でご利用いただくことができます。

期間限定特集 <プレゼント当たる!>

ピックアップ
テキストこぼれ話

6月号テキストこぼれ話
アジサイにまつわる話を公開中!(前編)

アジサイ人気の高まりと、現在に至るまでの変遷を川原田邦彦さんに伺いました

今、熱い植物

今、熱い植物 第12回
“棘と葉を強光で鍛える…アガベ”

2つめの多肉植物として、アガベを選ぶ人がふえている

「朝顔チャレンジ」

「朝顔チャレンジ」
みんなでアサガオ観察をしよう!

みんなでアサガオの成長から開花までを見守る応援企画。あなたのアサガオを紹介してください♪

定期購読2018
投稿募集中 from テキスト編集部
「バラの病害虫対策ノート」の使い方

「バラの病害虫対策ノートの」の使い方
みんなの使っている様子を募集中!

「園芸栽培ノート2018」の使い方

「園芸栽培ノート2018」の使い方
みんなの使い方、アイデア募集中!

見て見て!お気に入りの花

見て見て!お気に入りの花
自慢の植物・庭の写真を募集中!

みんなのマルシェ

みんなのマルシェ
自慢の畑・野菜の写真を募集中!

おすすめ特集
「今、熱い植物」アーカイブ

「今、熱い植物」アーカイブ

テキスト人気連載をWEBで毎月お届け。人気の高まる多肉植物や観葉植物に注目し、その魅力を紹介

寄せ植えを楽しむ

寄せ植えを楽しむ

寄せ植え向きの植物選びや、作り方のポイントを紹介。参考になるキレイな作品写真も見られます

病気と害虫の話

病気と害虫の話

あなたの植物の症状は? 大切な植物を病気や害虫から守るための、見て分かる病気と害虫ガイド

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

バラの栽培で多くの人が悩む剪定の仕方を、動画でわかりやすく解説

テキストこぼれ話

みん園限定!テキストこぼれ話

ここだけで読める連載「テキストこぼれ話」。『趣味の園芸』で語りきれなかった話を限定公開

今年の夏は緑のカーテン

今年の夏は緑のカーテン

緑のカーテンの作り方やおすすめ植物、実践事例などを紹介しています

みんなのバラ百科

みんなのバラ百科

バラの歴史や「殿堂のバラ」などのバラにまつわる知識、役立つ情報が盛りだくさん

野菜だけで一品レシピ

野菜だけで一品レシピ

育てた野菜をおいしく食べるための、野菜を使ったレシピ222品を公開中

園芸LOVE 原田が行く

園芸LOVE 原田が行く

「みんなの趣味の園芸」スタッフであり『趣味の園芸』シニアエディター・原田による園芸エッセイ

全国植物園ガイド

全国植物園ガイド

全国の植物園一覧。日本植物園協会に加盟している植物園を中心に紹介。植物園に出かけよう!