【タマにゃ水苔で植え付けてみたら?】【 新・多肉コミュ 】 コミュニティ

トピックテーマ

タマにゃ水苔で植え付けてみたら?

2017/12/16

.

ご存知だろうが 一部の多肉植物は水苔で栽培できる

それも 一般に想像されておるより多肉植物は意外に良好に育つ

但しこれは砂や土での栽培とは 植え付けにしろ水遣りにしろ 全てが感覚的に違うのである程度コツを飲み込んでから掛からないと失敗する


しかし植物の種類によっては 土による栽培より成績が好く 一度味を占めるとやめられなくなる

だが多分こんなことを書いても 殆んどの多肉愛好家は試そうとはしないに違いない

頭の中でいろいろ想像はしてみても 結局今のままが一番良いという結論に辿り着く


一般に多肉植物愛好家は 小生も含めて こと栽培法や植物に関する考え方が 極めて臆病で 保守・排他的である

法廷の尋問のように厳密な根拠を追及されると困るが 小生なりの対人経験からそう思う

実生活において 世間が眼を剥くような冒険的な行動をする人でも 多肉園芸に関しては あたかも信仰に敬虔な牧師の如く 過去の慣習・教えに忠実に栽培を行う


若い命を賭けバイクで暴走したり 見ず知らずのオッサンと密室で自由恋愛をするような度胸のある者が こと新しい栽培法を試すことに対しては すこぶる恐怖を覚えるようだ

高級ブランドやパチンコ軍資金に躊躇なく何万円も注ぎ込む有閑主婦が 高々数千円の植物の栽培に失敗じることに まるで狼に出会った子羊のように恐れおののく

不思議なことに彼らは このような矛盾撞着には自ら気付こうともしない

まずこれらの方々は 「植物は土に生えてる」という先入観が先に来る

植物たる者すべからくそうあらねばならぬと 観念的に妄信して なんら自らを省みない

もちろん着生植物や浮き草の存在くらいは知っておるが そんなものはごく特殊な植物で自分の趣味には「そんなの関係ねぇ おぱぴ」と思っている

蘭 万年青の表土に敷かれてるのを見ても 乾燥を防ぐだけの目的でそうしているのだと勝手に納得し 水苔自体を培養土の代わりに使用してるなどとは夢にも思わない

ブログで「多肉植物に対する情熱だけは誰にも負けない」と広言して憚らぬ自称愛好家が 初心の頃買った只一冊の解説書の記述を 何の疑問も持たず 十年一日の如く墨守する

何の検証もなく自分の栽培法だけは絶対正しいという信念だけは それこそ誰にも負けない


憎まれ口はさて置き 水苔の講釈に戻ると...

水苔は蘚苔類という分類に属するコケ植物の一種で 他の高等植物と違って茎 葉 根の区別が明確でなく 気孔や根ではなく体表面で直接水分を出し入れしてるので あまり

乾燥した環境は苦手で 一般にジメジメした場所に生えてるのは周知の通りである

淡水魚飼育でお馴染みのアナカリス(大カナダ藻)のように 蔓性の繊維が長く伸びて一尺以上にも達する

今は国産のものは入手し難く 乾燥して売られてるものはニュージーランドやチリからの舶来もので 繊維の長さによりAA~AAAA級というようにグレード分けされている

細胞表面はスポンジ状で水を含み栄養素の移動が容易で 水素イオンと他の微量元素とをイオン交換するので これで植え込むと鉢内はかなりの酸性を示す

水苔が長年月堆積した産物であるピートモスが 腐らずに現在みるような繊維で残ったのは この酸性の為せる所以である

「強い酸性度」などと云うと またぞろ無益な心配をする栽培家が大勢おられるだろうが その必要は全くないことを 念を押しておく

繰り返すが 多肉植物は土壌の酸性の領域には広い許容範囲を示すが アルカリ性方向にほんの少し針が振れただけでも ホウ素欠乏などの生育障害を引き起こす可能性が生じる

まして今の水道水は弱アルカリ性を示す場合が多い

灌水によってさらにアルカリ性を増長する可能性も出てくる

多肉栽培は 他の植物に比べ用土を乾燥させるので なおさらである

まぁ悪いことは云わない 用土は弱酸性のものにした方がよい

酸性が強いといっても 蘭 万年青 食虫植物などの幼苗の根を 直接くるんで育てていて何ら支障がないのだ  なんの恐れることがあるものか   

もういい加減 「酸性恐怖症」を克服した方がよいぞえ  皆の衆



.

会員登録がお済みの方は

会員登録をすると、園芸日記、そだレポ、アルバム、コミュニティ、マイページなどのサービスを無料でご利用いただくことができます。

気軽に部屋をイメージチェンジ

理想の部屋に一歩近づけるコツをスタイリストの石井佳苗さんが指南!
抽選で10名様にプレゼント<PR>

詳しくはこちら
ピックアップ
テキストこぼれ話

12月号テキストこぼれ話
シクラメンにまつわる話を公開中!(後編)

後編では、横山直樹さんに原種シクラメンの栽培のポイントなどを教えていただきました。

今、熱い植物

今、熱い植物 第18回
“インドアグリーン最前線”

人が長く過ごす場所をグリーンで快適に。最近は『内向き』の緑化がふえてきている。

投稿募集中 from テキスト編集部
「バラの病害虫対策ノート」の使い方

「バラの病害虫対策ノートの」の使い方
みんなの使っている様子を募集中!

「園芸栽培ノート2018」の使い方

「園芸栽培ノート2018」の使い方
みんなの使い方、アイデア募集中!

見て見て!お気に入りの花

見て見て!お気に入りの花
自慢の植物・庭の写真を募集中!

みんなのマルシェ

みんなのマルシェ
自慢の畑・野菜の写真を募集中!

おすすめ特集
「今、熱い植物」アーカイブ

「今、熱い植物」アーカイブ

テキスト人気連載をWEBで毎月お届け。人気の高まる多肉植物や観葉植物に注目し、その魅力を紹介

寄せ植えを楽しむ

寄せ植えを楽しむ

寄せ植え向きの植物選びや、作り方のポイントを紹介。参考になるキレイな作品写真も見られます

病気と害虫の話

病気と害虫の話

あなたの植物の症状は? 大切な植物を病気や害虫から守るための、見て分かる病気と害虫ガイド

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

バラの栽培で多くの人が悩む剪定の仕方を、動画でわかりやすく解説

テキストこぼれ話

みん園限定!テキストこぼれ話

ここだけで読める連載「テキストこぼれ話」。『趣味の園芸』で語りきれなかった話を限定公開

今年の夏は緑のカーテン

今年の夏は緑のカーテン

緑のカーテンの作り方やおすすめ植物、実践事例などを紹介しています

みんなのバラ百科

みんなのバラ百科

バラの歴史や「殿堂のバラ」などのバラにまつわる知識、役立つ情報が盛りだくさん

野菜だけで一品レシピ

野菜だけで一品レシピ

育てた野菜をおいしく食べるための、野菜を使ったレシピ222品を公開中

園芸LOVE 原田が行く

園芸LOVE 原田が行く

「みんなの趣味の園芸」スタッフであり『趣味の園芸』シニアエディター・原田による園芸エッセイ

全国植物園ガイド

全国植物園ガイド

全国の植物園一覧。日本植物園協会に加盟している植物園を中心に紹介。植物園に出かけよう!