【とりあえず何でもから・・・・】クンシラン 咲かせてみましょう コミュニティ

トピックテーマ

とりあえず何でもから・・・・

2018/01/07
さてどれだけコメントがあるかわからないコミュですから、トピックはここから始めましょう。

ネタは何でもいいです。
質問もOK。お気軽に。

コメント

 1   2  次へ>>

最新20件を表示

7 2018/02/11
赤富士
こんにちは。
4年生くらいの苗ですが、葉の表面に凸状の横帯が出てきています。
新しい葉にもできます。
これは、模様でしょうか病気でしょうか。葉は緑に対して凸状のものは黄緑色みたいなんですが、そんな病気はありますか。
8 2018/02/12
せいざえもん
赤富士さん、こんにちは。
コメント遅くなりすみません。
こちらこそよろしくお願いします。

画像を貼っていただけるとうれしいです。
文面からですが、私もクンシランの病気には詳しくないので何とも言えないですが、横帯になる病気というのは知らないです。

遺伝的な要素としてはサンスベリアのような横帯の斑紋が幾重にも入るものにタイガーストライプがあります。

黄色の横帯が不規則に入り、周辺がぼやけて白く抜けていくのは曙斑ですが、盛り上がるというのは見たことがないです。

苗にいつごろから帯状に縞が出たのか、
全ての葉に帯が出て継続している。
葉がいびつになるとかでなければ遺伝的なものと思われますが、
交配した方に聞かないと判断は難しいです。

私も関心があるので画像を貼ってみてくださいね。
9 2018/02/13
赤富士
写真をアップしましたが、携帯で取りましたのでわかりますでしょうか。
花は、現在咲いている花をついでにあげてみました。
10 2018/02/13
赤富士
すいません。アップされてないのかなあ。
ご迷惑をおかけします。
11 2018/02/14
赤富士
アップがわからずご迷惑をおかけしています。
12 2018/02/14
せいざえもん
赤富士さん、こんにちは。

画像見えてますので安心してください。
画像以外の葉、新葉や古くなった葉の斑紋もこんな感じでしょうか。
株全体の様子もわかるといいと思います。

薬剤による焼けは経験ないですが、可能性も考えなければなりません。成長期に継続して使った薬とかはありますか?

病気や薬害でないとしたら、遺伝的なものと思えます。
タイガーストライプが近いように思えますが、私個人は実物を見たことがないので断定できないです。

クンシランに詳しい方に見えもらうためにも、もう少し画像がほしいところです。

のんびりしたコミュなので返信も遅くなると思いますが、お願いします。




画像添付は「参照」をクリックしてPC内のファイルを選択、開いて貼ることができます。
13 2018/02/16
赤富士
せいざえもんさん、ありがとうございます。
写真の方は、見える方にみてもらってからアップします。
2年目くらいからごま粒を振りかけたような感じの葉が出てきまして貝殻かと思ってブラシでこすりましたが、とれませんでした。
3年目くらいから横に出るようになりました
葉の中間くらいに出ます。
病気かと思って他とは隔離して放っておいたのですが、枯れずにいましたので育ててみようかと思っています。
ですので5年くらいたっているかもしれません。兄弟は、今年花茎が出てきています。
サンライズサンセットとか言う苗でした。
全体が写る写真は、後でアップしますが、他にも良いですか、仏光という株もありますが、特徴ってあるんでしょうか。
葉幅は8センチくらいで葉長は20から25センチくらいです。
葉の色が違うとか模様があるとか特徴がありましたら教えてください。
14 2018/02/17
せいざえもん
赤富士さん、こんにちは。

例の斑紋はタイガーストライプのような気がしてます。
次の写真で判断できるかと思います。

サンライズサンセットはアメリカで改良されたピーチ花ですね。
サンライズサンセットは個体名なので今回の株や兄弟株はその実生かもしれませんね。
ピーチは黄色に薄くピンクがのる花の系統です。
兄弟株に花が咲きそうということなので開花したらぜひ画像を見せてくださいね。

サンライズサンセットにタイガー系をかけたのかもしれませんし、札違いかもしれませんので開花してみないことには想像の域を出ません。

タイガー交配では柄の出現率が非常に低いので本葉1枚目で柄のある苗を選別します。
無柄でも遺伝子はあるわけで柄が成長と主に出現したとも考えられます。


仏光は万年青でいうところの曙芸のことです。
中国でもクンシランの改良が盛んで中国で曙芸のことを仏光と呼んでいるようです。
日本のクンシランでは日本の伝統園芸の用語と中国由来の用語が混在しています。
曙芸は白く幅のある斑で斑の境目がぼんやりしてます。
葉が完成するにつれて斑が白く抜けていきます。
これは細胞質遺伝(母系遺伝)します。

お持ちの株は葉幅があって短いですから、仏光ダルマに入るでしょう。
15 2018/02/18
赤富士
すいません。
書き方を間違えたようで、兄弟苗ではなく同じ年に1年生苗のセットを
オークションで購入したものです。
兄弟と書いてしまいました。すいません。全体を移してみました。
同じセット苗で、もう咲き終わった物もあります。それはクリーム色だったそうです。
ピーチとか黄色狙いの苗でしたが、オレンジばかりが出ています。
置き場所がないのでオレンジはあげてしまっています。
初花が、2鉢咲き出していますのでこちらもアップしてみます。
後、初花が、3鉢花茎を出していますが、同じところで管理していますが、一鉢は、花茎が短いです。
葉の付け根で咲きそうです。。
寒さが種類によっては足りないのでしょうか。
16 2018/02/18
せいざえもん
こんにちは。

セット販売の苗ということですね。
左の株はタイガーストライプで間違いないでしょう。
父系遺伝と母系遺伝があるようですが、いつか開花したらセルフしてみてくださいね。
斑紋の幅が狭まり密に出ると花にも変化が出るとに聞いています。

イエローとピーチは同じグループで交配しないとオレンジになってしまいます。
ビクトリアンピーチとG1ピーチをかけるなどがそれに当たります。
イエローにもG1とG2があり同じ黄色でもグループが異なると黄色にはならないです。
ですがその交雑したオレンジ花にイエローやピーチを戻し交配すると青軸の苗からピーチやイエローが出現します。

寒さに対する反応は個体差が大きいです。
ダルマ系は特に首なしになりやすく、温度が高いと葉の中で花が咲いてしまいます。
蕾が見えてから加温した場所に移すぐらいがよいでしょう。
17 2018/02/19
赤富士
ありがとうございました。
病気ではなさそうと言うことですので育てていきます。
今年は、管理が悪かったのか四国だるまの葉が長くなったり暴れてしまっています。
後、知らなかったのですが、葉幅がとても細いタイプがありますが、上3分の1位のところからひねったように葉がねじれるんですね。
花も小さいのでこれまた放っておきましたら根腐れとか葉の先が枯れてしまって見苦しくなってしまっています。
このねじれるのもそういった種類があったのですね。
なんとか枯れずにいますので育ててみることにしました。
でも花はとても小さいんですよねえ。
18 2018/02/20
赤富士
お世話になります。
また教えてください。
苗を購入したときに赤字区とか青軸それに薄赤軸と言った名札があります。
今年3年目を迎える苗に黄色の名前のかけ合わせた物が6鉢あります。
すべて青軸とありますが、この青軸というのは、黄色になると言うことで良いのでしょうか。
それから薄赤軸と言うのがありましたが、咲いてみますとオレンジでしたが、赤字区と薄赤軸の違いはなんなんでしょうか。
19 2018/02/20
せいざえもん
赤富士さん、こんばんは。

クンシランも環境などいろいろな原因で姿が変わることがあります。
もともと、クンシランは大型で葉幅は3~5cmと細めで長さは60㎝前後あります。
それを日本人の感性に合わせて幅広く小型化したのが現在のクンシランの姿です。
ですから、何かの原因で先祖返りしてしまうことはあります。
花も割と細弁で大きさも現在のクンシランよりは随分小さかったようです。

ですから実生では様々な花や草姿が出たりします。
クンシランの葉は左右に対象で出るのが基本ですが四方葉といって放射状に出ることもあります。
私的には幅広ダルマばかりでは面白くないので、細葉で小型が出たらうれしいと思うくらいです。
いろいろあると思って楽しんでください。

青軸や赤軸というのは葉のつけ根の色ですが、青軸は赤系の色素が出にくくなった個体で劣性遺伝である黄色やピーチといった花色がホモになった(表面に出る)状態と思ってください。
特に子葉の時に鮮明に色素が出るので、選抜の目安にします。

クンシランの基本色は濃いオレンジですが、変種の黄花クンシランやピーチ系は朱橙色の色素が抑えられており、それが子葉や本葉のつけ根の色に反映されます。
ですから青軸だと基本色の濃いオレンジ色ではない花が咲くかも…と判断できます。

たとえば、基本色のクンシランに黄花クンシランをかけたとします。
次世代は優性遺伝する濃いオレンジが表に出るので全ての苗は赤軸になりますし、咲く花はオレンジ系の濃い色になります。
ですが、これをセルフしたり兄弟株でシブリング、あるいは親にした黄花クンシランを戻し交配するとある割合で子葉のつけ根から赤色が消えます。
(黄花でもグループが違うと戻し交配にはならない)
これは青軸で成長しても赤い色素が根元に出なくなります。
こういう苗からは基本のオレンジ色が抜けた黄色やピーチが咲く確率が格段に上がります。

ですから交配親が黄色であれば青軸の苗からは黄色が咲き、ピーチのホモの親からはピーチが咲きます。
丸弁・大輪系のピーチは大きく丸くする改良過程で同じグループの黄色が混ざっているので青軸から黄色かピーチが咲きます。

赤軸、青軸は交配親に何を使っているかを知ることで次に咲くであろう花をある程度予測できます。
青軸でない花同志を使った交配だと、これで区別できないので咲いてみないことには・・・・ということにもなります。

薄赤軸とは黄色と基本色や、系統の違う黄色やピーチをかけた時で出ます。
最初は青軸っぽいのですが、成長するにつれて赤色が濃くなったりします。
花も基本のオレンジ色から淡いものまで出たりしますが、こういう系統をパステルと呼んでいます。
これらを戻し交配やシブリング、セルフすると青軸が出て明るい色の花が出たりします。
花はオレンジでも、遺伝的には違う系統を含んでいる花と考えると交配親として使うことができます。

繰り返しになりますが、クンシランもそうですが育種には劣性遺伝を積み重ねることが肝心でクンシランの場合は青軸が劣性遺伝が引き継がれているか見分ける目安になります。
青軸、これは黄花クンシラン(ピーチ)のグループ1,2では基本的な法則なので青軸という言葉がキーワードになってます。
大量に播いた種子から狙った花を得るために、子葉で見分けられる赤軸青軸で選抜する方法は有益です。

ですがこれも赤軸同士の交配では使えない手法ですから万能ではありません。

実際、ピーチなのに赤軸の系統もありますし、種間交配では濃い赤軸なのに花は薄い白というのもあります。

ですから苗の色も大切なのですが、親に何を使ったのか??がとても重要です。

まとめとしては青軸からは薄い色の花が咲く・・というところでしょう。
子葉が青軸でも次第に薄赤軸になる場合は中間の色(すごく幅がある)が咲くかも??
そう思っていただけるとよいかと思います。
20 2018/02/21
赤富士

せいざえもんさん、詳しく説明していただきありがとうございました。
青軸はオレンジ以外が咲く可能性が高いと言うことですね。
黄色の交配ですので期待したいですね。
それから交配親も大事だったんですね。
2年くらい前のものは、名札が消えてしまったものがおおくわからなくなっています。
音声シールの防水タイプを使うようにしてからは名札がわからなくなると言うことはなくなりましたが、でも交配して花を咲かせて、
この過程を行っていきますと私の寿命の方が、先に来てしまいそうです。
種とか、苗の購入で変わったものを期待するしかなさそうです。

それから仏光ですが、みてもらいましたが、言われたような特徴がありませんでした。
名札には仏光とありましたが、ただのだるまタイプですね。
姿が良いのでこれはこれで残しておくつもりです。ありがとうございました。
21 2018/02/23
赤富士
お世話になります。
交配を試みてみようかと思っていますが、花の時期が合わずに気に入った花同士で交配ができません。
花粉を保存しておくとか言われますが、、取った花粉は乾燥とかするのでしょうか、また一定の温度で保存しておくのでしょうか。
こちらでは、サクランボの花粉を農家では保存していますが、そういった設備がないと無理でしょうか。
先に咲いた花を母株にすると1年後になってしまいます。
手持ちの花は、黄色でかけ合わせたタイプでオレンジが出ているものばかりです。
これに黄色をかけ合わせたいのですが、手持ちの黄色は遅いんですよね。それにその黄色は、葉に黄色の斑が中心に入っているのですが、葉がとても長いんです。
この雄しべを利用したいのですが、葉が長くなってしまうでしょうか。
母株は、シボリの短頂と黄色をかけ合わせたものと書かれています。オレンジの花です。
保存が難しければ今ある、先日写した花の花粉を使って試みたいなって思っています。
現在どちらも咲いております。これから咲く蕾もどちらにもあります。
ご教授くれますか。
22 2018/02/23
せいざえもん
赤富士さん、こんにちは。

花粉の保管ですが、冷凍庫で保管できます。
冷凍保存で数年間使用できると詳しい方から教わりました。

方法ですが、薬局で売っている空のゼラチンカプセルに雄蕊の葯だけピンセットで摘み取り入れます。

葯がはじけた直後に摘み取るといいでしょう。
こちらの薬局では包帯やカットバン、眼帯などのコーナーに並んでいました。
一つのカプセルには雄蕊数個づつに入れて交配時に使い切るようにした方がよいでしょう。
ですから同じ品種でも小分けにしてカプセルにしておきます。

ゼラチンカプセルは水・結露に弱いのでビニール小袋に入れて冷凍します。
袋には品種名と採取した日付のラベルを貼ります。
袋はまとめてタッパーに入れておくとよいでしょう。

雌蕊に受粉する時は葯がきれいに残っていればピンセットを使いますが、カプセルの中に花粉が散っている場合は黒の綿棒を使用します。

交雑を防ぐために葯から花粉が出る前に除雄した方がよいでしょう。
また雌蕊の方が先に熟しますので蕾の開き始めに受粉作業を済ませてください。

シボリ丹頂…
(シボリの定義がクンシランではあいまいなため)シボリがどのようなものか見当がつかないですが、丹頂は基本種の系統で弁先だけに赤を残すもので爪赤とも言います。
外見的には黄色の花の仲間に見えますが、遺伝的には基本のオレンジ花です。
これに黄色の変種をかけて出たオレンジ花ですね。

このオレンジ花の花粉を「黄花で葉が長く黄色の斑入り」の株に交配し、青軸を選抜して黄色の花を作るのですね。

ここで一つ気がかりなのはシボリ丹頂に欠けた黄花とこれから咲こうとしている斑入り葉の黄花が同じグループの黄色かどうかということです。
G1、G2(G=グループ)の二つが国内では流通しているので一致しない場合は青軸が出ません。
わからない場合はとりあえずやって確かめるしかないですが…

できた苗の葉の長さは両方の親の形質を受け継ぐので中間サイズから片親に寄ったものまでいろいろ出ます。

ですから、多めに交配採種して本葉2,3枚まで育てて葉幅や長さを見て選抜しても良いでしょう。
一つの実からは1~数個種が採れます。

また今回の交配で種子親に斑入り株を使うのでしたら、斑入り葉の青軸苗を優先的に残すことをお勧めします。
それと緑葉で短葉の青軸個体も花粉親用に残しておきます。

丹頂になる個体は赤軸になりますので、斑入りで葉幅があるなど気になった赤軸個体も少し残しておくといいでしょう。

次世代も交配するなら斑入り個体を種子親にして、緑葉短葉の個体を花粉親にして「黄花・斑入り・短葉」といった多芸品を目指すとよいでしょう。
斑入りは種子親から細胞質遺伝しますから逆交配では斑入りは出ません。

スペースに余裕があるとたくさん苗を作りたくなるものですが、管理がつらくなってしまうことが私自身よくあります。
採れた種子を全部咲かせてみたい気持ちは自然ですが、選抜して数を抑えるのは長く交配を楽しむには大切な作業です。結構これが大変です。

挑戦することはとても良いことです。
オンリーワン目指してがんばってください。
23 2018/02/23
赤富士
せいざえもんさん、ありがとうございます。
花粉を冷凍庫で保存できるんですね。
交配親の名札には黄色と書かれているだけですので手持ちのもので交配を試みてみることにします。
種蒔きして発芽した時点で青軸とか赤軸と言ったことや、
葉が、数枚で良いものなどを選別されるんですか。
すごいですねえ。
苗で購入した中でも私的に良いかなっていうものもありますが、大きくならないとよくわかりません。
もう一つ交配をしてみたいと思っている鉢があります。
花はオレンジですが、葉が覆輪です。しかし葉が50センチくらいありますが、たれるんです。
種鳥をしたら違うものが出ないかななんて思っています。
それとも葉が、しゃきっとしないのは育て方や置き場所が悪いんでしょうかね。
葉の周りが葉焼けしてしまったことがありましたのでほとんど日陰で育てていました。
たれてしまうのは性質なんですかね。
今年は置き場所を変えて良くなるか試してみるつもりです。
24 2018/02/24
せいざえもん
赤富士さん、こんばんは。

クンシランの表示にグループや交配親について書いてくれる方は少ないですね。
交配を秘匿する傾向があるようで質問しないと教えてくれないです。
長い目で見た時、クンシランの魅力を広めるには基本的な情報はオープンにした方が良いと私は思っています。

さて、覆輪ですが縞斑から発展した覆輪は実は遺伝しないのです。
葉の中心部にある縞は細胞質遺伝するのですが、葉の周辺に入った覆輪は遺伝しません。
これはギボウシなど他の植物にもいえることで覆輪のみで縞斑が葉の中央にない場合は次世代は緑一色になってしまいます。
また覆輪は脇芽に必ずしも引き継がれるものでもないので、一代限りの貴重な存在といえます。


葉が垂れるとのことですが、長さと葉幅の関係といった物理的なもありますし、横に広がりやすいという遺伝的なものかもしれません。
同じ環境で同時に栽培した他の個体と比較しないと遺伝的なものか?一時的なものかは判別できません。


クンシランの種間交配で葉の周辺部から色素が抜ける場合は、原種の形質を引き継いでいる染色体遺伝の可能性があります。

斑入りの遺伝は細胞質遺伝なのか、染色体遺伝なのかを判別しないと交配に生かすことが難しいです。

一見、縞斑に似ている散斑は他の植物では染色体遺伝しています。
クンシランで散斑に似たものを(万年青の)根岸斑と表現している方がいますが、それが他の植物でいうところの散斑であるのか?、染色体遺伝するかは情報がなくわかりません。

また交配した次世代がすべて同じにならないです。
多くは親に近い形になるかもしれませんが両極端な姿も出るものです。
ですから数世代くり返していかないと大多数がそろった安定した形にするのは難しいです。

ダルマも葉の長さは様々です。
3年前、HCでダルマクンシランの小苗が20鉢以上トレーで入荷してまして、そこから選んだのは葉が短く幅広のダルマになりました。
同じトレーに並んだ苗は長さも幅もまちまちで一つ選ぶのにずいぶん悩みました…
ダルマの葉の長さに関する定義がないので、ダルマの親から出た子供はダルマとラベルされて販売されています。

あと、交配の考え方の一つとしてセルフ交配をするというのがあります。
異なる系統の親をかけると受け継がれた劣性遺伝の形質はヘテロになって表には出ませんが、セルフすることで劣性遺伝がホモになる(一組そろって表に出てくる)一つの形質につき4分の1の確率で表面に出てくることになります。

これは??!と思う花があればセルフしてみるのもいいと思いますよ。
25 2018/02/25
赤富士
せいざえもんさん、おはようございます。
覆輪の斑は、遺伝しないんですか。
白斑が出れば良いと思って交配してみようと思ったのですが、白斑事態が出ないんですね。
それも子株にも遺伝の可能性が低いんですね。
なんか、がっかりです。
白の斑入りはこの株だけなので白の斑が入った苗ができないかと受粉して種をと考えたんですが、斑とか、グループがあるとか奥深いんですね。
簡単に考えていました。
こちらでも苗の販売しているお店があると良いんですがね。
苗の中に曙とか斑とかとかけ合わせた苗が4苗ありますが、見てもらいましたが、
気配すらないようでした。残念です。
この冬は、冷え込みがひどく 2鉢凍みさせてしまいました。

君子蘭ではありませんが、ベラドンナリリーの霜よけをしなかったら葉が凍みてしまいまして球根が凍みていないか掘り出しての確認が怖くてできません。
リコリスの葉も溶けてしまいました。
君子蘭も鉢が増えますと冬の置き場所に苦労しています。

早く暖かくなってほしいもんです。
26 2018/02/25
せいざえもん
赤富士さん、こんにちは。

覆輪は縞斑が変化したものですから覆輪そのものは遺伝しないです。覆輪が交配で遺伝したらすごいんですが無理です。
縞斑、ここがスタートです。

お持ちの覆輪の個体には縞斑が残っていますか?
細い縞でも入っていると遺伝することはあります。
交配して子房にも縞柄が出るようであれば遺伝する可能性がありますので試してみる価値はあります。


覆輪は縞斑が歳月を経て周辺に周った状態です。
ですから実生から覆輪をつくろうと思ったら縞斑を種子親にして交配しますが、斑入りは必ず遺伝するというものではないのですから、多めに播いて本葉1,2枚で選別しなければ苗の山になってしまいます。

覆輪にするにはそうやって出た斑入り苗を根気強く育てて斑が変化するのを待たねばなりません。

さらに覆輪が安定した個体は少ないですからお持ちであることはとてもラッキーですよ。
(片覆輪は縞斑入りに戻ることが多い)


苗をお店に置いているところはほぼないですね。
HCのダルマ苗は気まぐれで仕入れたという感じで一度きりでした。
私も苗の購入はオークションが主です。

今年の寒波はきついですね。
半耐寒性の花が痛んだという話はよく聞きます。
天候の変動幅が広がってきてるのでしょうね。
べラドンリリー、地面に埋まってるぶん凍らずにいるといいのですが。
こちらでは土も凍りますからべラドンリリー、リコリス、ネリネはつくれないです。
好きな花ですが室内では暖かすぎて生育サイクルが狂い弱って消えるし、外は冷えすぎ・・
自然相手では思うようにはいかないものです。

最新20件を表示

 1   2  次へ>>

会員登録がお済みの方は

会員登録をすると、園芸日記、そだレポ、アルバム、コミュニティ、マイページなどのサービスを無料でご利用いただくことができます。

ピックアップ
テキストこぼれ話

3月号テキストこぼれ話
山野草にまつわる話を公開中!

ギリシャで乾燥に耐えて生きる植物の生態は?(前編)

今、熱い植物

「今、熱い植物」第9回
"原種ベゴニア、百葉繚乱"

ベゴニアは新しい種類がまだまだ見つかるという発展途上の魅力がある

投稿募集中 from テキスト編集部
見て見て!お気に入りの花

見て見て!お気に入りの花
自慢の植物・庭の写真を募集中!

みんなのマルシェ

みんなのマルシェ
自慢の畑・野菜の写真を募集中!