【「根挿し」って知ってる?】ハオルチア部 コミュニティ

トピックテーマ

「根挿し」って知ってる?

2018/05/08
.

ハオルチアは、折れた根を挿(さ)したら芽が吹く。

🌱途中で千切れたたった1本の根でも健気に芽を出して来るのさ。


お彼岸に分頭と植え替えしたハオルチアの大型コンプトニアナ。
【 写真左 】

https://www.shuminoengei.jp/?m=pc&a=page_mo_diary_detail&...

ていねいに植え替え作業したつもりだが、分頭(株分け)する時に根が折れちまったようだ。【 写真中 】


でも、「安心して下さい、はいてますよ」
・・・じゃない、増やせますよ。😁


ハオルチア栽培特有の「根挿し(ねざし)」


◇ まず、乾かさないように手早く用土へ植え込む。

・・・以上。 簡単でしょ。☝🏻😉

ま、この時、上下を逆さまに植えない
(当たり前だが、ドジなのがいるんだ これが)

切れた個所を5mmくらい地上に出す。【 写真右 】

乾かさないように、親株より多めに水やりをする。

ね、こんくれぇ バカでも〇ョンでも出来るでしょ。


秋から植えて、来年の春ころにゃたいてい芽を出してるだろうね。

もしそのまま腐っちまったら勘弁しちくり
・・・ってか、そいつぁア~タの管理が悪かったって思ってちょーだい。😌

言っときますが、いくら多肉植物だからってこの場合 鉢を乾燥させたらダメあるヨ(ゼンジー北京の口調)


📗 前回の日記、会員さんとの問答の最後にあるように、ガステリアと同じくハオルチアも「乾燥に耐える植物」と思って栽培すると貧弱な いかにも哀れな姿になっちまう。

ハオ・ガスは、こちとら想うに「たまたま南アの土地に生まれて雨季・乾季があり、乾季は嫌々ながらに休眠してる」植物なんだ。
本来、生育期にゃかなり多湿を好む(ただし高温はダメ)

だからおいらはハオ・ガスを「(多少)耐乾性のある観葉植物」として取り扱ってる。

だからこそミズゴケ栽培もできる、いや、かえってその方が成長が良い。
空中湿度も高いのを好む(現地の乾季は乾燥し切ってるのに)

このように見てゆくと、ハオ・ガスは相当な柔軟性を持つ植物なんだろう。

だから魅力を感じるのかな。


https://www.shuminoengei.jp/?m=pc&a=page_r_detail&target_...

.

会員登録がお済みの方は

会員登録をすると、園芸日記、そだレポ、アルバム、コミュニティ、マイページなどのサービスを無料でご利用いただくことができます。

沢井製薬
ヤクルト
新着日記写真
雨が降る前に
2021/06/19
注意)虫 蛹です
2021/06/19
蝉の声
2021/06/19
サンチュ収穫
2021/06/19
サルナシの実
2021/06/19
はす、ねじ花、...
2021/06/19
趣味の園芸バックナンバー
定期購読
投稿募集中 from テキスト編集部
見て見て!お気に入りの花

見て見て!お気に入りの花
自慢の植物・庭の写真を募集中!

みんなのマルシェ

みんなのマルシェ
自慢の畑・野菜の写真を募集中!

おすすめ特集
植物図鑑まとめ

植物図鑑まとめ

たくさんある植物の中から、テーマ別や特徴別に紹介します。植物選びの参考にしてください

病気と害虫の話

病気と害虫の話

あなたの植物の症状は? 大切な植物を病気や害虫から守るための、見て分かる病気と害虫ガイド

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

バラの栽培で多くの人が悩む剪定の仕方を、動画でわかりやすく解説

寄せ植えを楽しむ

寄せ植えを楽しむ

寄せ植え向きの植物選びや、作り方のポイントを紹介。参考になるキレイな作品写真も見られます

「今、熱い植物」アーカイブ

「今、熱い植物」アーカイブ

人気の高まる多肉植物や観葉植物。業界の最前線で活躍する専門家がその魅力を紹介

テキストこぼれ話

みん園限定!テキストこぼれ話

ここだけで読める連載「テキストこぼれ話」。『趣味の園芸』で語りきれなかった話を限定公開

園芸用語集

園芸用語集

園芸でよく使われる主な専門用語を400語以上を掲載。50音順の索引から調べられます

今年の夏は緑のカーテン

今年の夏は緑のカーテン

緑のカーテンの作り方やおすすめ植物、実践事例などを紹介しています

みんなのバラ百科

みんなのバラ百科

バラの歴史や「殿堂のバラ」などのバラにまつわる知識、役立つ情報が盛りだくさん

野菜だけで一品レシピ

野菜だけで一品レシピ

育てた野菜をおいしく食べるための、野菜を使ったレシピ222品を公開中

全国植物園ガイド

全国植物園ガイド

全国の植物園一覧。日本植物園協会に加盟している植物園を中心に紹介。植物園に出かけよう!

バックナンバー