【購入はスキルに合った種を】【 新・多肉コミュ 】 コミュニティ

トピックテーマ

購入はスキルに合った種を

2018/07/12
.

歌丸師匠が死んじまった。

本人が自虐ネタで言ってたように、まるでミイラのように老いさらばえて。

死因は 慢性閉塞性肺疾患(COPD)

専門的な解説はハショるが、原因はタバコ。

年配の人はご存知かもしれないが、あのキツい缶ピースを1日60〜70本吸ってたってぇから凄まじい。

ピースは香りが良いんだが Very strong.
おまけに吸い口フィルターもねぇ両切りだぁ。

だから、師匠の高座の顔のアップ画像を見ると歯はヤニで真っ茶色。や〜にぃ〜😣

(まぁ見たところヤニだけじゃなく歯蝕=虫歯や歯槽膿漏も所見としてあるように思うが)


ま、何にしろキョービの80歳にしちゃぁずいぶん老けて見えた。

中年の頃から肺気腫・肺炎・腸閉塞など「病気のデパート」とアダ名されるくらい多くの疾患に罹って来た既往歴があるのでやむを得ないのだろうが。


つまり、おいらが何を言いたいのかというと、師匠はいわゆる「老衰」じゃなかったわけだ。

老衰ならあきらめもつくが、なまじっか防げる病いを、と思うのはおいらだけじゃあるめぇよ。


んで、ここで強引に多肉栽培に話題を引きずり込むようだが、

本来「多肉植物」って呼ばれるものは寿命の永い物が多い。

とくにサボテン類は、病気・虫害・天災・事故さえなきゃ人間より長寿な物が多い。

だが多肉ブームと呼ばれる昨今なのに、「人災」で寿命を全うできないサボテンがほとんどと云うのが実態なのだよ。

天寿を全うさせるにゃどうしたらいいか。
そこんとこよく考えてもらいてぇものだ。


【 サボテンを枯らす人のいろんなタイプ 】

①「かわいい💕」というだけで、適切な設置場所の有り無しも考えずに衝動買いする人。

天気予報も見ずにバシャバシャ水をやって根腐れさせたり、日陰に置いて徒長させたり、カンカン照りで日焼けさせてケロイド状になったりして見た目が悪くなり、その様子を見るのが苦痛で目を背けるようになり、挙句は放置。

② その種の特性など研究する手間を惜しんで、一律でテキトーな管理をする人。

枯れた株については手前勝手な理由をつけて「仕方なかった」「忙しくて管理が出来ない」「元々弱い株だった」などと無理矢理自分を納得させるタイプ。

③ たいして愛着もねぇのに草花栽培のついでに購入。

結果 枯れても「やっぱサボテンは難しいワ」とボヤき「アタシゃサボテン栽培に向いてないのよ」とひと言で済ませる人。

合わせなさいよ、自分から。

一個の命だよ。ペットと同じだ。
可哀想とは思わねぇのかよ。

それか、こりゃとてもダメって思ったら誰か上手な人に引き取ってもらうか、だ。


いちばん良いのは、欲しいと思ったらすぐに飛び付いて買わず、まず店屋に名前を聞いて自分で性質・栽培法を調べること。

今は昔たぁ違い専門書はゴマンと売られてるし、お得意のインターネットで検索すりゃいくらでも栽培体験談がUPされてる。

昔みてぇに、近所の気難しいご隠居に頭下げて説教じみた栽培のコツを聞かなくったって自分で調べられるんだ。
いい時代じゃねぇかい。


サボテン多肉は「消費」するものじゃない。
長く育てるものだ。
野菜と同じに思ってもらっちゃぁ困る。



もちろん、サボテンって言っても種類も個性・特性も千差万別。

昔から下町の「軒下・雨ざらし」のポジションで何十年も上手に育ててる例もよく見かけたものだ。

サボテンに限っていうと、短毛丸・金盛丸・長盛丸などのエキノプシス属やロビビア属など”花サボテン”とそれらの交配種。

半日陰や反射光でも遜色なく育つ森林型のシャコバサボテン、クジャクサボテン類。

水はけの良くない日本の粘土質土壌でも大型に育ってくれる柱サボテン類🌵



【 写真1 】
エキノプシス属 大豪丸
1年で直径が2倍になった。
なんたる成長の速さ。
これなどは初心者に最適の剛健な種。



【 写真2 】
アズテキウム属 花籠
全サボテン中 最も成長が遅いので有名。
子吹きした子株を”地降ろし”して約15年。
それでもまだ直径4センチ弱。



【 写真3 】
アズテキウム属 花籠 群生株
古い原産地株(山木) 直径10.6センチ。
国内実生苗でさえ年間に1〜2ミリしか成長しない。
現地の厳しい環境下じゃもっと成長が遅い。
100年くらい経ってると思われる。



まぁ、何はともあれ、サボテンを長く育てたけりゃ小ったぁ栽培方法を勉強しなきゃ。

せめて自分が持ってるサボテンは種類別ごとに。

おいらみたくどっぷりのめり込めたぁ言わねぇが、最小最低限はスキルを身につけなきゃ。


そうは思わねぇかい? 皆の衆。



.

コメント

最新20件を表示

1 2018/07/27
湯島臥牛
🆕 新しく入会なさった会員の皆様

どんなことでもトピックを立てて書き込んで下さい。
過去トピへのコメントでも結構です。

どんなトピでも大歓迎 ㊗️
それが他の多肉コミュニティと違うところです。

ツィート・愚痴・自虐ネタ・苦情OK 🉑
2 2018/07/28
藤宮まだら
今、手元に多肉の画像がないのでユリの画像で失礼します💦

毎度、耳が痛いです(笑)
多肉・サボテンに限らず、一年草、球根、ランなど、果てはペットとして飼育する生き物全般にも言えることですよね。

私はどちらかというと、①のタイプでした。
店先で「かわいい💕」と思ったら予算と照り合わせるくらいしか考えずに買ってきて、テキトーな場所に置き、徒長させ、根腐れさせ、いじめ抜いた挙げ句に枯らしてしまいました。
多肉は一般的草花より成長がゆっくりなので、開花が終わったり紅葉がさめたりして日々の変化に飽きてしまうと、途端に世話をサボリがちになってしまいました。

今ではとても後悔しています。買ったことではなく、飼い方の研究が浅かったことをです。
姿が乱れたことに対して、目を背けず「なんでこうなったんだろう」と考えるのが、いかに大事か…(T_T)

多肉を小綺麗にインテリアとして飾ろう、なんてよく目にしますが、私は植物をインテリアとして置くのは違和感がある派です。
インテリアなんかじゃありません、家具や置物と同じじゃありません。
生きてますから成長するし花が咲いたりしますが、生きてるからこそ環境が悪ければ病気にもなります。ろくに世話をせず放置したり、合わない管理をすれば死んでしまいます…

綺麗な面ばかりじゃなく、置き場所を間違えたらこうなる、などと、しっかり写真付きで解説した本が少なすぎます。
単に「暗い場所だと徒長します」とか「生育が悪くなります」とか「葉焼けします」のヒトコトだけじゃ、分かりにくいです。
綺麗だよ、珍しいよ、と普及させることばかりじゃなく、その後の手入れやトラブルに関して、しっかり書かれたものが必要だと思います。
実際、本やインターネットで調べながら十年近く育ててきて、多少分かった気になってても、こういった生の栽培家の声が聞けるコミュニティでなければ気付かなかったことが、たくさんありますから。


以上、懺悔とグチです(;´Д`)
お目汚し、失礼しました。
3 2018/07/28
湯島臥牛
.

「後悔先に立たず」という言葉があります。

意味は「すでに終わったことをいくら後で悔やんでも取り返しがつかない」ということ。

しかし、後悔しないよりはずっと良い。
後悔し自己嫌悪するのは”良心”の裏返しだし、生き物に対して憐憫の情・慈愛がある証拠。

昨今の血腥い事件を起こす若者には決定的にこれが欠けてる。
やはり教育・しつけが悪かったんです。
彼らの親の世代は我々の世代、道徳心を養うことを教えなかったのが原因。
まさにこのことも後悔です。


本当の意味での”後悔”とは、自分の過去の行動について客観視することです。

「客観」とはもちろん「主観」をなくしてあくまで冷静に自分を評価すること。

必要以上に自分を責めるのは客観的じゃないし、また逆に「枯れたらまた買えばいい」という無感覚も感心しない。
ましてや「仕方ない」とあっさり忘れるのはスキル向上に繋がらない。

でも小生はそんな「方法論」だけで終わる栽培はダメだと思います。
まず順序として「栽培品に対しての愛情」が先に来なくちゃ本当じゃない。

それさえあれば、技術的な事は結果的に後から付いて来る、とそう思います。

小生のトップページを読んで頂けりゃわかりますが、かく言う小生も過去に多肉を放置・手抜きした暗い過去があります。
その後悔の念が常に頭の片隅にあり、良心を苛んで止みません。

覆水盆に返らず

やってしまったことは元にゃ戻らない。取り返しはつかない。

そのことを心のエネルギーに変えてこれから栽培に精進する所存です。

.

最新20件を表示


会員登録がお済みの方は

会員登録をすると、園芸日記、そだレポ、アルバム、コミュニティ、マイページなどのサービスを無料でご利用いただくことができます。

気軽に部屋をイメージチェンジ

理想の部屋に一歩近づけるコツをスタイリストの石井佳苗さんが指南!
抽選で10名様にプレゼント<PR>

詳しくはこちら
投稿募集中 from テキスト編集部
「バラの病害虫対策ノート」の使い方

「バラの病害虫対策ノートの」の使い方
みんなの使っている様子を募集中!

「園芸栽培ノート2018」の使い方

「園芸栽培ノート2018」の使い方
みんなの使い方、アイデア募集中!

見て見て!お気に入りの花

見て見て!お気に入りの花
自慢の植物・庭の写真を募集中!

みんなのマルシェ

みんなのマルシェ
自慢の畑・野菜の写真を募集中!

おすすめ特集
「今、熱い植物」アーカイブ

「今、熱い植物」アーカイブ

テキスト人気連載をWEBで毎月お届け。人気の高まる多肉植物や観葉植物に注目し、その魅力を紹介

寄せ植えを楽しむ

寄せ植えを楽しむ

寄せ植え向きの植物選びや、作り方のポイントを紹介。参考になるキレイな作品写真も見られます

病気と害虫の話

病気と害虫の話

あなたの植物の症状は? 大切な植物を病気や害虫から守るための、見て分かる病気と害虫ガイド

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

バラの栽培で多くの人が悩む剪定の仕方を、動画でわかりやすく解説

テキストこぼれ話

みん園限定!テキストこぼれ話

ここだけで読める連載「テキストこぼれ話」。『趣味の園芸』で語りきれなかった話を限定公開

今年の夏は緑のカーテン

今年の夏は緑のカーテン

緑のカーテンの作り方やおすすめ植物、実践事例などを紹介しています

みんなのバラ百科

みんなのバラ百科

バラの歴史や「殿堂のバラ」などのバラにまつわる知識、役立つ情報が盛りだくさん

野菜だけで一品レシピ

野菜だけで一品レシピ

育てた野菜をおいしく食べるための、野菜を使ったレシピ222品を公開中

園芸LOVE 原田が行く

園芸LOVE 原田が行く

「みんなの趣味の園芸」スタッフであり『趣味の園芸』シニアエディター・原田による園芸エッセイ

全国植物園ガイド

全国植物園ガイド

全国の植物園一覧。日本植物園協会に加盟している植物園を中心に紹介。植物園に出かけよう!