【🤫どなたもトピックを立てないので】ハオルチア部 コミュニティ

トピックテーマ

🤫どなたもトピックを立てないので

2018/08/04
.
🤔 なんかおいらひとりが書き込んでる。
コメントもほとんどないし。

ま、でも新会員さんも少しずつ増えてるのでメゲずにトピックを立ててゆきます。

以下は今年の冬の日記です。
.

コメント

最新20件を表示

1 2018/08/04
湯島臥牛
.

【 写真① 】エスタホイゼニー = アンドロメダ

これでも軟葉(有窓)系。🌌✨
灰色の獣毛が生えたように見えるが、これが全部細かい窓 🐩

葉裏にもビッシリと窓が散りばめられてるのが特徴。

モフモフして柔らかそうに見えるけど表面は硬い。🐏

素性などどうでもいいんだが、去年考察した。

https://www.shuminoengei.jp/?m=pc&a=page_mo_diary_detail&...


【 写真② 】H.ベクター

こいつぁ窓がハッキリしてるんだが、レンガ状に並んだ網目模様。🗑

これも去年に素性を穿鑿したが、要するに「ガラスコンプト」に近縁の「マリリン」の姉妹品種ってところだろう。

https://www.shuminoengei.jp/?m=pc&a=page_mo_diary_detail&...

でもコンプトニアナやコレクタにも無い独特の雰囲気を持つ。📡

小さな窓が葉の表面から側面へ僅かにこぼれてる。
これがガラスコンプト系の特徴かな。


【 写真③ 】H.コエルマニオルム

フォルムだけ見て硬葉(無窓)系に入れられてるが、拡大してもらうと分かるが葉表は透明な窓 🔮✨
それも葉の根元から葉先まで透明 💎✨

全体的な印象はあくまでも渋い 🍵

https://www.shuminoengei.jp/?m=pc&a=page_mo_diary_detail&...


☃️❄️ このところの東京都心の氷点下前後の最低気温。🌡

ハオルチアたちは庭の専用フレームに入れてあるので明け方は冷え込む。
凍害ギリギリで休眠させてる 🌱💤

☝🏻🧐 だけどおいらの方針として、たとえ休眠期だろうが完全断水はしない方針。
☀️✨暖かい日に少量水やり 🚿

鉢はほとんど燻炭に埋めて日中の暖かさを夜まで温存。
そのまま鉢をフレーム内に置いとくと冷害を受けそうなこのところの寒さ。

まぁでも、こうして写真に撮って拡大してみると完全休眠はしてないようだ。

「半休眠」状態だね。


.
2 2018/08/09
湯島臥牛
.
「❄️ 凍傷にヤラれたわい💦」



「わたし、失敗しないので」

こう言いてぇとこだが、ヤラれちまった 💀💦

【写真①】ハオルチア・スプレンデンスの掻き仔👶🏻

上の子株の左右の下葉の両端。
溶けてるのがお判りか 😓


🍂 去年秋に親株スプレンデンス【写真②】からハズした。

植え替えのついでに掻いて、まずミズゴケで水揚げ。
次いで培養土に地降ろし。

【写真③】もうすでに根が出てた。


🙀💦 おいらとした事が油断しちまった。
あの都心の最低温度がー4℃の時だ ☃️🌨

📰 一応セオリー通りフレーム全体の鉢に新聞紙を2枚あて掛けてたが、このスプレンデンスの掻き仔の鉢だけは隅っこに置いてたせいでハミ出てた。

🌅 朝になって、しまったって気づいたぜ 😨

でも、まぁ大丈夫だろうとタカをくくってたが、やっぱり葉先が凍ってたんだ。
植物ってのは正直だねぇ😔

🌃 なにせ新聞氏を乗せたのが薄暗がりの夕方。
とは言え、初心者のようなケアレスミス 😔

幸い下葉だったし、まだ幼猫でこれから盛んに新葉が出て来る 🌿✨
この凍傷もじきに下へ回り込み脱落してくれるだろうさ。

☝🏻😅 でも手前の株は新葉がツヤツヤしてキレイでしょ。
(失敗をゴマかしてる)



「弘法も筆のあやまり」ってこって 😜💦



.
3 2018/08/16
湯島臥牛

.

【 ハオルチア栽培のコツ 】①

改めて思いつくまま書いてみる。
取り留めの無い文章になるがご容赦願いたい。


まず、サボテン科と違うところは「根が先の方まで太くいわゆるヒゲ根が少ない」ってことだ。
まぁ言ってみりゃぁ蘭の根に似てる。
だから、植え替えの際にも蘭の根の扱い方を真似りゃいい。

つまり、腐った根以外はけっして切り詰めないことだ。
また、腐った根を切り詰める場合でも切断面はきちんと消毒をすること。

消毒剤は色々売ってるが、小生は昔から生石灰の粉を塗ることにしてる。
食品の乾燥剤として入ってるあれだ。

なぜなら根を腐らせる腐敗菌は乾燥に弱いから、まず断面から水分を奪うことが大切。
アルコールもそうだが、細菌を死滅させるのは菌体から水分を奪うからだ。

生石灰は水分を吸収して発熱しやがて消石灰へと変化する。
消石灰は強いアルカリ性を示し腐敗菌が増殖するのを阻害する。

つまり、塗ってから灌水で流れ落ちるまで殺菌力が持続するものと思われる。
もちろん自ずと限界があるだろうが。

昔は、蘭の根の切り口にゃ墨汁を塗ったそうだ。
墨汁の殺菌力にゃどの程度の持続性があるかは知らないが、木製看板に書かれた墨の文字の部分がいつまでも腐らないのを見ると、かなりの殺菌力があると想像させる。

ついでに云うと、昔に教えてもらった蘭の植え替えの際にゃ、蘭鉢の内側にへばりついた根は無理に剥がさず、蘭鉢を金槌で叩いて割り、鉢の欠片(かけら)を付けたまま新しい用土へ植え込む。

京楽焼蘭鉢のような高価な物を叩き割るのはためらうものだが、昔の蘭の愛培家は根を切るくらいなら鉢を犠牲にする覚悟を持ってたということ。

いくら高価な蘭鉢と雖も金さえ出せばまた買える。
だが、蘭の生命はかけがえがない。

もちろん、根を数本切ったからといって必ずしも枯れるとは限らないが、それくらい蘭の生育を大切に考えてるってことだ。

「たかが貧相な蘭ひと株、何千円もする鉢と引き換えにするなど正気の沙汰とは思えない」

趣味の無い人はこう吐き捨てるだろう。

しかし考えてみると、メジャーな趣味として大勢のファンが熱狂する公営ギャンブル。

「馬で蔵建てた奴はいない」と古来云われてるように、一時的に大穴を当てたとしても長い競馬趣味のトータルじゃ、収支がプラスになった人などほとんど存在しない。

競輪・競艇・オートレースも然り。
たまにとったとしても、それまでスった大金の利息にもなりゃしねぇ。

おいらに言わせりゃ、汗水垂らして働いた大切な銭をそんなドブにぶち込むくれぇなら、たかが数千・数万円を高尚な園芸に費やすなど何ほどの事やあろう。


話がハオルチから大脱線。




.

最新20件を表示


会員登録がお済みの方は

会員登録をすると、園芸日記、そだレポ、アルバム、コミュニティ、マイページなどのサービスを無料でご利用いただくことができます。

サーバーメンテナンスによるサイト停止のお知らせ
サイト停止期間:6/30(水)午前10時~18時頃までを予定
沢井製薬
ヤクルト
趣味の園芸バックナンバー
投稿募集中 from テキスト編集部
見て見て!お気に入りの花

見て見て!お気に入りの花
自慢の植物・庭の写真を募集中!

みんなのマルシェ

みんなのマルシェ
自慢の畑・野菜の写真を募集中!

おすすめ特集
植物図鑑まとめ

植物図鑑まとめ

たくさんある植物の中から、テーマ別や特徴別に紹介します。植物選びの参考にしてください

病気と害虫の話

病気と害虫の話

あなたの植物の症状は? 大切な植物を病気や害虫から守るための、見て分かる病気と害虫ガイド

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

バラの栽培で多くの人が悩む剪定の仕方を、動画でわかりやすく解説

寄せ植えを楽しむ

寄せ植えを楽しむ

寄せ植え向きの植物選びや、作り方のポイントを紹介。参考になるキレイな作品写真も見られます

「今、熱い植物」アーカイブ

「今、熱い植物」アーカイブ

人気の高まる多肉植物や観葉植物。業界の最前線で活躍する専門家がその魅力を紹介

テキストこぼれ話

みん園限定!テキストこぼれ話

ここだけで読める連載「テキストこぼれ話」。『趣味の園芸』で語りきれなかった話を限定公開

園芸用語集

園芸用語集

園芸でよく使われる主な専門用語を400語以上を掲載。50音順の索引から調べられます

今年の夏は緑のカーテン

今年の夏は緑のカーテン

緑のカーテンの作り方やおすすめ植物、実践事例などを紹介しています

みんなのバラ百科

みんなのバラ百科

バラの歴史や「殿堂のバラ」などのバラにまつわる知識、役立つ情報が盛りだくさん

野菜だけで一品レシピ

野菜だけで一品レシピ

育てた野菜をおいしく食べるための、野菜を使ったレシピ222品を公開中

全国植物園ガイド

全国植物園ガイド

全国の植物園一覧。日本植物園協会に加盟している植物園を中心に紹介。植物園に出かけよう!