【🍂 秋に入り薄ら寒くなりました。】【 新・多肉コミュ 】 コミュニティ

トピックテーマ

🍂 秋に入り薄ら寒くなりました。

2018/10/19
.
これから冬に向かってのサボテン多肉の栽培管理をざっくり並べてみました。

皆さんも書き込んで下さいやし。



.

コメント

最新20件を表示

1 2018/10/19
湯島臥牛
.
まず、言い出しっぺから。

秋のサボテンを観察してると、種類により生育の仕方が違うのをまざまざと見せられる。

「夏型」とされるグループと、いわゆる「高地性」と称されるグループに大別される。

前者に「普及種」と呼ばれるサボテンたちが多く含まれるのはご存知の通り。

しかしそれは、日本の気候に馴染む耐久力のあるサボテンという事。
ドンドン増えてく「駄物」としての扱いは、当のサボテンにゃ心外だろう。

そもそも日本の気候自体が、四季があり冬にクソ寒く夏は頭来るほどバカ暑ちい、世界的にも珍しい特異なもの。
ジンガイが観光にやって来てみんなビックリ。

南北に縦長に位置してるのもあるし、広大な海に面して背後に大陸を控えてるのもあるだろう、厳しくも優しい土地柄だ。


片やサボテンの原産地はどうだろう。

ひと口にサボテンと云っても、その自生地は恐ろしく広範な地域に及ぶ。
具体的にゃ、北緯50°のアメリカ・カナダ国境から南米の南端まで、という広いと言うも愚か、島国根性の世界観の範疇にとても収まるものじゃない。

生育環境も、南北アメリカの低湿・ジャングル地帯から極度に乾燥した砂漠・高山、灌木が点々と散在する草原、ステップ・サバンナ地帯と、その気候は様々で、そこは当然日本の気候に合う・合わないがあるのは致し方あるまい。


ただ云えるのは、サボテンという植物は「進化の途上にある」ということ。

ジャングルの気候に順化した杢キリンなどの木の葉サボテンや、まるでランのように腐葉土や樹上の梢に着生する孔雀サボテン類や葦サボテン。

乾季・雨季の分かれる草原に適応した柱状サボテン・ウチワサボテン・ウニサボテン。

さらに乾燥の進んだ岩石瓦礫に覆われた荒野の岩陰に生えるトゲでびっしり武装した球型サボテン。

恐らくは強烈な紫外線を避ける意味だろう白毛で被われた姿をした高地性サボテン。

このように、暑さ・寒さ、湿気・乾燥、季節風の有無など千差万別のサボテン類を各種取り混ぜて日本の気候の中で栽培しようとするのだ。
完璧な栽培など望むべくも無いだろう。

まぁ、しかし、そう言ってしまえば身もフタもない。
ある種に厳しくある種に過ごしやすい環境になるのはやむを得ぬ、難しいやり繰りの中、最大公約数的な栽培法に帰着するのはアマチュア栽培家の常、いや、プロのサボテン業者は営業的な制約から栽培種の制約が課せられる分、我々より良心の呵責に苛まれるかも知れぬ。


東京都心の今の季節、朝晩の冷え込みが始まる中 もちろん温室・フレームの有る無しに大きく左右されるが、マミラリアなどのいわゆる春秋生育型の大半の種は春〜初夏までの最盛期にゃ及ばぬまでも真夏の半休眠状態から目覚め、初冬までの短い生育期を過ごす。

また、高温多湿を好むロホホラ、エキノプシス、ギムノカリキウム属などは徐々に代謝速度が衰え、冬の休眠へと準備をしてる最中だろう。

もっともこれは、フレーム栽培の小生を標準に記してる事で、日中ベランダ〜夜間室内、あるいは庭に面した棚やプランター栽培の諸君の場合、昼間の高温を確保しづらい環境だから、すでに成長が停止してるお宅も多いかもしれない。

夜間の低温はサボテンにゃ申し分ないのだが、問題は光合成の本番の時間帯にどれだけ高温を得られるかだ。
もちろん自ずと限度はあるのだが。



.
2 2018/11/09
湯島臥牛

🌒 黒衣のハオルチア

「 黒姫」 径4cm 【写真①】

ネットオークションで落札。

割とすんなり落札出来た。


入札数が少ないのでのぞいて見たら、なんだかこの親株の黒い光沢が妙に気に入った。【写真③】

「日焼けさせると こんな色になるのか」

ギョッとするような黒。

銘も「黒姫」

しかしミステリアスでいいじゃねぇの。

命名が「そのままじゃねぇか」って気もするが、凄味ある写真③にマッチしてる。


終了時間ギリギリで入札すると、何回値段を上乗せしても「自動入札」の表示。

この「自動入札」という表示が出るってことは、こちとらの入札額が最高金額に届いてないという事。

どうやらおいらみたくこの株が気に入ったマイノリティ(趣味的少数派 : マニアックともいう)が かなりの高値を付けてるようだ。


ムキになって10回以上入札を繰り返す。
こうなりゃヤケだっ。

すると、やっと「あなたが最高値」という表示が出た。


終了時間が近づいても新たな入札があれば時間が延長されるシステム。

タイムリミット30秒以内に最新の入札が為されると入札期限が五分間延びる。

カッタりぃんだ、これが。
五分間ってのは長げぇのよ、こういう時の。

引き出しに隠してたタバコをふかしたり、テレビを点けたりと、ジリジリして終了時間を待つ。


カウントダウンが10秒を切った。

5、4、3・・・


そのまま「あなたが落札しました」の表示。

結局「競売(せり)」にゃならなかった。

上乗せ入札は一切なし。

どうやら前の最高値入札者は「捨て入札」をして行ったらしい。

「捨て入札」とは、最初にある程度の金額を入札し、そのまま落札されれば良し、たとえ上回る金額の入札があってもそのまま放っておく事。


なんだよぉ、競(せ)って来るだろうと身構えて損したぜ。







【写真③】を見てくれ。

親株。

ものスゲぇ色だろ。

思わず息を飲む色合い。

黒光りと云うもおろか、黒い黄金虫(コガネムシ)の体色の如く虹色の光沢を帯びた漆黒。

「赤色が入り混じる”カラスの濡れ羽色”」とでも表現すりゃいいのか。

あるいは、薄闇の中で見た「フルボディの赤ワインの深い色」とでも。(ソムリエかっ)

この色に魅入られて入札する気になったのさ。


意図的に日焼けさせてるらしい。

一般にハオルチア・ガステリア類をここまで真っ黒に日焼けさせると成長は停止する。

いや、ここへ行く前の赤茶けた段階で枯れちまう、ふつうは。

ところが、性質の剛健なレツーサ・ピクタ類の中には黒く日焼けしながらも生育を続ける種がある。

最近じゃそのしぶとい性質を利用してわざと赤黒く焼いて芸術的色彩を創り出す業者が増えた。

人の事は言えねぇが、この「漆黒」にヤラれちまうマニアも多い。



調べてみると「黒姫」という品種は「スプリング系 × ピクタ系交配」とある。

ピクタは判るとしても問題は「スプリング」

これは「春」とか「温泉」という意味じゃなく、ハオルチアの原種に「スプリングボクブラケンシス」という覚えたくもねぇ名の種、それの略称。

南アの「スプリングボク産」のハオルチアっていう意味。
(よくは知らねぇが、南アフリカにゃガゼル、インパラなどのカモシカの一種の「スプリングボック」っていう動物がいる。
名前からこれもこの地の固有種らしい)


それはともかく、
その「スプリングボクブラケンシス」
(お年寄りは正確にゃ言えねぇだろな)

原種。
葉先が丸いのが特徴的。
非常に日焼けし易い種として有名。

全ハオルチア中 最も弱光線を好み、6,000ルクス以上の光量の下じゃまともに育たないそうだ。

6,000ルクスと云えば、戸外じゃ暗い方だ。日陰と云っていい。

ウチの庭のいちばん陽当たりの良いポジションじゃ、三月彼岸の頃で9万ルクスあった。

やはりハオルチアは半日陰の植物なのか。

しかし、玉扇・万象は「1万ルクス以上の強光線下の栽培が望ましい」(日本ハオルシア協会)んだそうだ。


そんな強光線に弱いスプリングの血を引くこの「黒姫」、半分はピクタの血を引くという。

一般にピクタ系はかなりの強光線にも耐え、日焼けしながらも成長する種も多く存在する。


【写真①】出品の苗、見事に赤く焼けてる。

やはりスプリングの血がそうさせるのか。

4cmの子苗だが、こんな年齢から日焼けさせても【写真③】のような黒々とした成苗に育つのか。


【写真②】送って来た苗。

緑色に戻ってる。

写真①の苗はいつ頃撮影されたのか。

画像を見る限り、形は送られて来た苗と同じなので、撮影されてからそんなに期間は経ってはいまい。

宅急便は丸一日で届いたので、発送中に箱内の暗さで元の緑色へ戻ったとも考えられねぇ。


果たしてどのくらいの光量で出品時の赤色に変わるのか。

また、再び赤色に日焼けしたとして、そのままの光線下で写真③の親株まで成長するのか。

あるいは写真③の色は、緑色で成長させ親株になった時点で日焼けさせてこの黒光りの色に仕上げたのか。

疑問は次から次へと湧いて来る。


これが対面販売ならいろいろ質問できるのだが、いかんせんネットオークションの悲しさ。
電話で呼び出して質問するのも迷惑だろう。


これからは照度計を片手に手探りの毎日。

まぁそれが「ハオルチア栽培の醍醐味」とも云えるのだが。



くわしくはそだレポ
https://www.shuminoengei.jp/?m=pc&a=page_r_detail&target_...


.
3 2018/11/12
湯島臥牛
会員の皆さん、何でも書き込んでくださいまし。
文責は一切問いません。文句も言いません。
質問でも、けしからん事でも構いません。
トピックを立てて書いて下さい。
お待ちしてます。
4 2018/11/13
shy_Toshi
ネットオークションは数年前に外国産のカブトムシ、クワガタムシでやっていたことありますね。終了間際は入札ありませんように祈っていました。もっとも競って入札し合うことは滅多になかったけど。諦め早いというか、同じ昆虫の別のオークションに参加したりしていました。今は昆虫飼育はやめましたが。
5 2018/11/13
湯島臥牛
カブト、クワガタは愛好者が多いそうですね。
大量に飼育して売ってる人もたくさんいるんでしょうな。

ジャンルこそ違え、サボテン・多肉植物を集めるのも根は同じ。
惚れ込む理由は、珍奇さであったり精悍さであったり、あるいは可愛さであったりするわけで、そこに自然美を見い出して、生き物である彼らを愛でる。

この趣味を深く楽しむには’蘊蓄’というアイテムは便利。
「知識とはモノを楽しむためにある」と心得てます。

もちろん実技が疎かでは落胆の連続。
経験も併せて習得して行きたいものです。
6 2018/11/13
shy_Toshi
外国産は温度管理が僕には難しくてほとんど産卵、孵化、羽化はできませんでしたが、日本のカブトムシは結構安易にできましたね。何も知らずに飼育していて飼育ケースをバラしたら60匹近くの幼虫が出てきた時は焦りました。その数日前に新聞で同様な思いをしていた人の記事を読んで笑っていた自分を責めました。
飼育して産まれた幼虫や成虫は野外に放ってダメで責任もって育てるか里親を探すのがルールです。特に外国産は生態系を壊すから特に厳しく飼育する必要があります。
ネットや飼育本を読んでもそのことは必ず書かれていました。幼虫だと貰ってくれる子供もいないだろうから成虫になるまで覚悟を決めて、小バエと格闘しながら飼育したのが思い出ですね。
7 2018/11/13
湯島臥牛
同じです。
ガステリア属の臥牛とピランシーの脇芽を掻いて栽培してるんですが、毎年増えて困ってます。
誰かもらってくれる人がいればいいんですが。

ガステリア類は、コツさえつかめば栽培は容易なんですが、遮光や用土・水やりが少し他の多肉と違うもんですからどうしても敬遠されちまう。
日焼けと徒長の狭間で栽培するのは、未経験の人にゃなかなか難しいらしい。

ま、ガステリアが好きにならないとどうしても大変なんでしょうね。
もらってくれるなら取り扱い説明書を付けるんですがね。
8 2018/11/13
ひよこの園芸
こんばんは
ガステリア属の臥牛とピランシー凄く素敵ですね
毎年増えるなんて羨ましい限りです
栽培のコツつかみたいものです・・・

>誰かもらってくれる人がいればいいんですが。
里親募集されたら欲しい方は沢山いらしゃると思います
私もその一人ですが、コツ難しそうです
9 2018/11/14
湯島臥牛
ガステリアの中でも日本に古くからある品種で、二種とも原種です。
もはや古典園芸植物と云っても良いでしょう。
共通点は地味なこと。従いキョービの”多肉女子”には人気がありません。

ただ、じっくり栽培してゆくと名伏し難い味わいが湧いて来ます。
その辺の魅力をひよこの園芸さんも感じておられるのだと思います。

カキ子をお送りしますので栽培にトライしてみて下さいまし。

最新20件を表示


会員登録がお済みの方は

会員登録をすると、園芸日記、そだレポ、アルバム、コミュニティ、マイページなどのサービスを無料でご利用いただくことができます。

気軽に部屋をイメージチェンジ

理想の部屋に一歩近づけるコツをスタイリストの石井佳苗さんが指南!
抽選で10名様にプレゼント<PR>

詳しくはこちら
ピックアップ
アンケート

『やさいの時間』アンケート実施中!抽選で5名様に書籍プレゼント

「病害虫対策&農薬」に関して、皆さんのご意見をお聞かせください(11/15まで)

テキストこぼれ話

11月号テキストこぼれ話
柑橘にまつわる話を公開中!(後編)

柑橘栽培が楽しくなるウンチクをインタビュー。後編は三輪さんが今ハマっている養蜂について。

今、熱い植物

今、熱い植物 第17回
“多肉のタネまき事始め…アナカンプセロス”

アナカンプセロスは、多肉植物のタネまき入門にうってつけ!

栽培ナビ オリーブ

「12か月栽培ナビ」シリーズ新刊『オリーブ』発売!

オリーブの毎月の作業と管理を徹底ナビ。必要な作業を初心者にもわかりやすく解説しています。

投稿募集中 from テキスト編集部
「バラの病害虫対策ノート」の使い方

「バラの病害虫対策ノートの」の使い方
みんなの使っている様子を募集中!

「園芸栽培ノート2018」の使い方

「園芸栽培ノート2018」の使い方
みんなの使い方、アイデア募集中!

見て見て!お気に入りの花

見て見て!お気に入りの花
自慢の植物・庭の写真を募集中!

みんなのマルシェ

みんなのマルシェ
自慢の畑・野菜の写真を募集中!

おすすめ特集
「今、熱い植物」アーカイブ

「今、熱い植物」アーカイブ

テキスト人気連載をWEBで毎月お届け。人気の高まる多肉植物や観葉植物に注目し、その魅力を紹介

寄せ植えを楽しむ

寄せ植えを楽しむ

寄せ植え向きの植物選びや、作り方のポイントを紹介。参考になるキレイな作品写真も見られます

病気と害虫の話

病気と害虫の話

あなたの植物の症状は? 大切な植物を病気や害虫から守るための、見て分かる病気と害虫ガイド

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

バラの栽培で多くの人が悩む剪定の仕方を、動画でわかりやすく解説

テキストこぼれ話

みん園限定!テキストこぼれ話

ここだけで読める連載「テキストこぼれ話」。『趣味の園芸』で語りきれなかった話を限定公開

今年の夏は緑のカーテン

今年の夏は緑のカーテン

緑のカーテンの作り方やおすすめ植物、実践事例などを紹介しています

みんなのバラ百科

みんなのバラ百科

バラの歴史や「殿堂のバラ」などのバラにまつわる知識、役立つ情報が盛りだくさん

野菜だけで一品レシピ

野菜だけで一品レシピ

育てた野菜をおいしく食べるための、野菜を使ったレシピ222品を公開中

園芸LOVE 原田が行く

園芸LOVE 原田が行く

「みんなの趣味の園芸」スタッフであり『趣味の園芸』シニアエディター・原田による園芸エッセイ

全国植物園ガイド

全国植物園ガイド

全国の植物園一覧。日本植物園協会に加盟している植物園を中心に紹介。植物園に出かけよう!