【原種シクラメンはこちらで〜す 2019】シクラメンの園 コミュニティ

トピックテーマ

原種シクラメンはこちらで〜す 2019

2019/01/20
  • 134
  • コメント
  • TOKO
年が変わりましたので、新しくトピを立てました。
今年もゆる~く、楽しく
情報交換よろしくお願いします。

画像1 ミラビレ
画像2 観葉植物として
    左 ヘデリフォリウム
    右 コンフューサム
画像3 グラエカム自生(ギリシャ・ペロポネソス半島にて撮影)

コメント

 1   2   3   4   5  次へ>>

最新20件を表示

115 2019/03/16
えびねっ子
原種シクラメン1年生です。
お花が咲いた後は、クルクルと茎が巻くとは皆さんの日記で拝見していたのですが、実際に見ると感激です。
でも全部種を実らせておくと、球根が弱ってしまう気がして・・・
どれくらい残しておけば良いでしょう。
勿論種になれば、播きます!

昨年購入したガーデンシクラメン、夏越し出来ずに枯れたのですが、種を採っていたので播いてみると、沢山芽が出ました。
冬を無事越し、先日植替えてみました。
明け方の冷え込みが心配で、毎日夜には室内に取り込んでいます。
咲くところまで無事大きくなって欲しいです。
117 2019/03/18
まつ虫
みなさん、こんばんは。

@SATOさん>
 バレアリカムが吹き流しみたい、うちのはまだ蕾です、咲いてくれるかな。

はいでぃさん>
 スーダはロゼウムなのでしょうか、淡いピンクもいいですね。

鹿せんべいさん>
 ペルシカムが凄いですね、うちのリバノチカムは香りがあったかな?、確認してみます。

えびねっ子さん>
 はじめまして、よろしくおねがいします。
まだ株が小さそうなので、クルクルは1個を残してそれ以外は切り取ったほうが良いと思います、鞘数が増えると次の年に影響が出るかもしれません、鞘の種数が少なくなるとか、ある程度は植物のほうで調整はしてくれますが。
種蒔きは楽しいですよ、子供たちは株ごとに葉模様に花にとそれぞれ違った個性を見せてくれます。

①リバノチカムが満開になりました。
②開花が始まったレパンダム、種蒔きポットのままです。
③種蒔きポットのスーダベリカム、親が若干薄色なので、子供たちもやっぱり色が薄いです。
118 2019/03/21
ayu*
皆さん こんばんは

生ぬる~い強風が吹いて、ふと見ると 101 のエレガンスの種がはじけていました。
ほかの種さやもそろそろかな~?

写真…C.エレガンス
手前右のヤマイモ(仮)もジワジワ大きくなり、シクラメンの1/3程になってます…が、まだツルは出てないな~
(テンナンショウ系でも嬉しいんだけど~♪)
119 2019/03/23
まつ虫
みなさん、こんにちは。

ayu*さん>
 もう鞘がはじけちゃったんですか、さすがに全てが早いですね、うちのはクルクルが巻き上がったばかりです。
オマケはヤマイモかな?大きくなるのが楽しみです。

①ロディウム ペロポネシアカム(右)が咲きました、もう一鉢咲いたのですが、そちらは寸足らずで…。
既に開花していたレパンダム(左)と比較してみました。
②バレアリカムも一輪のみですが開花しました、こちらも花は寸足らずでコロッとしています(泣)。
③ロディウム ペロポネシアカムのもう1鉢のほう、寸足らずのコロッとした花ばかり…(泣)
120 2019/03/24
kibunnya
みなさん、こんにちは。

地植えにしているコウムのことでお伺いします。

2株のうちひとつを葉と花茎の出ているところで腐らせてしまいました。しおれた部分を引っ張ったところとれました。

写真が痛々しくてごめんなさい。

塊茎は固さがありまして、根も痛んでいないようでした。
先ほどこれを一応鉢上げして腐らせないように面倒を見てみることにしました。

前置きが長くなりましたが、お伺いしたいことは、このコウムは塊茎の表面から根が出ていないのです。コウムにこのようなことは良く在りますか?

ネットなどでは塊茎肩からも根がでるので、塊茎を土に埋めて植えるということが書いてあったのでそのように植えたはずなのに、気が付くと(まるで自分で塊茎を土の上に出すように)写真のように塊茎の下の部分からだけ根がでてグラグラしていました。

同じ日に買ったもうひと株のコウムと比較するとこちらは塊茎が土の中に落ち着いていて、グラグラしていません。まだ、地植えで育てています。

スミマセン、かなり、おかしなお尋ねをしていると思いますが、教えていただけると助かります(^_^)/
121 2019/03/24
鹿せんべい
こんにちは。
kibunnyaさん
1枚目の写真で根を見るかぎり健康な根です。
原種シクラメンはいろんな種類があることはご存知だと思います。
そのいくつかある種類の中で、肩から根が出るのは一般的なものだとヘデリフォリウム、アフリカナム、プルプラセンスなど。
ミラビレもヘデリフォリウムほどではないけど、塊茎の横から出ます。
コウムは塊茎の底からしか根は出ないので全く正常です。
新しい根もたくさん見受けられるので気にすることはないと思いますよ。
ただ、2枚目の写真では、塊茎の上部が傷んでいるように見えます。
葉が出ていた場所の周り、色が変ってる部分ですが、そこを軽く押しながら掻いてみて表皮がズルッと剥けるようなら腐ってるということです。
健康な表皮を傷つけない程度の強さと言ってもわかりにくいとは思いますが、あまり強くやって、健康な場合の表皮を傷つけないことが肝心です。
このあたりは、経験を積んでいただくしか仕方ないですですけど。

2枚目の写真を見ると、塊茎は確実に傷んでいます。
ただ、傷んだけど、塊茎全体が腐ることなく回復して傷跡が残った状態なのか、現在進行形で、塊茎全体に菌がまわろうとしているところなのかによって対処が変りますので、前述した方法で確認する必要があります。

傷んだほうを鉢上げして塊茎を埋めたけど露出してしまったとのこと。
なぜ露出したのかはわかりませんが、原種シクラメンの塊茎は、短期間で自分で土から出てくることはありません。
鉢上げしたほうは、根が用土の中で馴染んでないのでぐらつきます。
もう一株は、土に根を張って馴染んでるのでぐらつきはないはずです。

もし、ズルッと皮が剥けて、中がただれているようなら、成長点から菌が入って塊茎が腐りかけているということですので、治療をすることになります。
まず、ただれた部分をスプーンのようなもので擦って綺麗に取り去ります。
その後、べンレートやトップジンなどの殺菌剤を溶かした溶液に30分ほど浸けて殺菌して傷口を埋めないように土に戻します。
新たに菌を付けないのと、傷口を早く乾かせるためです。
うちでは、しないですけど人によっては、傷口に草木灰をまぶす方もおられます。
こういう傷の治療に慣れないうちは有効な方法だと思いますので、入手できるようならお勧めします。

ただれていなくて表面に新たな皮が出来ているようなら、以前傷んだ時に葉が取れたけど回復した状態です。
普通に土に埋めても大丈夫です。

成長点周りが過湿になると、今回のように塊茎の上部から腐ることがよくあります。
水のやりすぎ、雨がかかったなど塊茎が濡れるとよく発生します。

コウムの成長点は強い日差しに弱いです。
健全なコウムの塊茎でも、成長点を露出して陽に当てると芽の成長が悪くなります。
なので、成長点が隠れる程度に用土をかけて育てるのが良いと思いますよ。
122 2019/03/25
マンダル
皆さん こんばんは

kibunnyaさん
コウム心配ですね。
うちでも地植えしていますが、鉢植えに比べると
雨ざらしになるのと害虫被害にあったりして
なかかなうまく育ってくれません。
写真のコウムは鹿せんべいさんも仰っているように
まだ回復すると思いますよ!
処置の仕方は鹿せんべいさんが詳しく説明されている
方法で大丈夫だと思います!

何年か前に鹿せんべいさんから幼苗を頂いた
リバノチカムがやっと咲きました!
123 2019/03/25
kibunnya
みなさん、おはようございます。

鹿せんべいさん、マンダルさん、コメントありがとうございます。
これから、熟読させていただきまして、治るようにやってみます。

取り急ぎお礼を申し上げます。
124 2019/03/26
kibunnya
みなさん、こんにちは。

鹿せんべいさんからいただいたアドバイスにそって、やってみました。

一晩で変色した部分が広がっていました。それに加えて、根が弱ったようにみえました。

割りばしを折って薄くしたものでこそげとったところ、肩のところは薄く表面だけが取れて薄緑色がでました。

中心の部分も、柔らかくて取れてしまうところは取りました。真ん中が深く痛んでいるような感じがしました。

ベンレートの500倍に30分漬けました。

そして、用土を多肉植物用にぜオライトを足したものにして、鉢に戻しました。

初心者の私にも、少しできることがあると教えていただいて分かりました。ありがとうございます。

何とか治ってほしいです。
125 2019/03/29
はいでぃ
>kibunnyaさん

鹿せんべいさんが書いているのと方法が違うようです。

①変色している部分がなくなるまで、スプーンのようなもので「痛んでいるところ」をこそげ落とす。ナイフでも良いのですが、健康なところまで切ってしまうので、病変部分をこそげ落とす方が良いかと思います。

②健康な部分に菌が残るのを防ぐために、ベンレートなどの溶液に漬けこみます。中まで浸透はしないので、病変部分をつけたままでは効果ありません。

③イモ部分が湿っていると痛むので、乾燥させるために土には埋め込まず、傷口を出したまま植え直す。

だと思います。大事にしている株だとは思いますが、外科手術が必要な時もあります。

ヘデリフォリウム のような丈夫な種類なら、乾燥するまで植えないというてもありそうですね。
126 2019/03/29
鹿せんべい
こんにちは。

はいでぃさん
フォローありがとうございます。
そうなんですよ。
ちょっと違うんです。
コメントしたかったのですが本職が大変なことになっていてコメントできませんでした。
明日の朝方までドタバタが続いてると思うので、落ち着いたらフォローのコメントしようと思います。

kibunnyaさん
肝心なところができてなくて、その後のコウムがどうなってるか気になっていたのですが・・・
明日、土曜日の午前中にはコメントできると思います。
現在本職がラストスパートの状態で、投稿できる状況じゃありません。
ゴールして落ち着いたら投稿しますね。
127 2019/03/30
ayu*
kibunnyaさん

がんばれ~!

はいでぃさんフォローや、後ほど 鹿せんべいさんの懇切丁寧フォローで治療の輪郭がつかめる事と思いますが、
『もっとシクラメン』(NHK出版)https://www.shuminoengei.jp/?m=pc&a=page_tn_detail&target...
を、教科書として持っていた方が良いと思います~(私も愛読してま~す♪)
128 2019/03/30
鹿せんべい
こんばんは。

kibunnyaさん
病変した写真を投稿された3/24からかなり日が経ってるのでどうなってるんでしょうね。
良い方向に向かってるのであればいいのですが。
悪い方向に向かってる場合はすでに手遅れかも。
あまり病状が進行していないものとして説明しますね。

3/24の写真では、塊茎上部が変色していて菌が入って傷んだのは明白です。
一度は腐りかけたけど、持ち直してかさぶた状になっているのなら良いのですが、中まで腐敗が進行していると一大事。
そこのところが知りたいわけです。
3/26の3枚目の写真を見ると、中心部分が明らかに腐っています。
中心部分の柔らかくて取れるところは取ったとのことですが、腐っている部分が取りきれていないようです。
この塊茎が食べる芋だったとしたらどうでしょう?
調理する前に腐ったところは全部取り去ってから調理すると思います。
なぜそうするかというと汚いから。
汚い部分が残っていたら、そこにいる菌が塊茎の深部に入る可能性が高くなります。
中央部分の窪んだ所を硬いヘラ状の物で擦れば取れると思います。
スプーンの柄のような細いヘラ状のものを使えば深くまで傷んでいた時使いやすいです。
汚い部分を全部取り去ってしまえば、傷口は白くなるはずです。
この時、なるべく多くの健康な部分を残したいので、切り取るのではなく、スプーンとかヘラのようなもので、傷んだところだけ穴を掘るように擦り取ります。
痛んだ部分を取り去ったとはいえ菌が残っていることもあるので殺菌剤で処理するわけです。
3/24の写真では、新しい白い根がたくさん見えます。
ところが3/26の写真では白い根が消えて傷んできているように見えます。
この場合、根に付いた土を洗い流して死んだ根を取り去って全部殺菌剤に浸け込んで株全体を殺菌してから清浄な用土に植えたほうが良い結果になるように思います。
清浄な用土に植えたら、水の代わりに殺菌剤を溶かした溶液をやって作業終了です。
シクラメンの塊茎が部分的に腐っても勝手に治る時が結構あります。
なので、3/26のままにしても治る可能性は0ではありません。
しかし、勝手に治りそうになくて治療する時は人間の癌と一緒で徹底的に菌を排除しなければ菌が全体に広がることが多いですよ。
129 2019/03/30
kibunnya
みなさん、おはようございます。ほんとにありがとうございます。

そして、はやとちりをUPしちゃってごめんなさい。他の方にも多大な迷惑をおかけしちゃいます。
テキスト、取り寄せます。

鹿せんべいさん、ありがとうございます。もう一度やり直してみます。
今、鉢から取り出してみました。塊茎の変色がもとに戻ってしまっています。根も黒くなってしまっています。ただ、良く見ると塊茎から直接1本、新しいような、白い根がみえます。

みなさん、今朝も取り急ぎですみません、こころから感謝してます!
130 2019/03/30
鹿せんべい
おはようございます。

kibunnyaさん
塊茎の腐敗が進んでいなければ助かる可能性はまだありますよ。
似たような状態になって復活したのがうちにありますので参考まで。
kibunnyaさんのコウムが復活すること願ってます。

写真1
このシクラメンがkibunnyaさんのコウムとよく似た状態になりました。
園芸種のメデューサと原種のペルシカムをうちで交配して実生したものです。
去年の今頃だったか、成長点付近から腐り始めて先日投稿したような処置をして蘇りました。
今では復活して写真の通りです。
今年、蕾が上がってきたのですが、まだ塊茎の傷部分から樹液のような汁が少し出るので、無理しないで蕾の時に全部取り去りました。

写真2
葉を除けて塊茎を見たところです。
中央部分が大きく凹んでいます。
この部分が腐ったのでスプーンで傷んだ部分をかき出しました。
水をやる時に、水がここに入るといつまでも乾かないのでまた腐ります。
休眠したら切り込みを入れて、中に入った水が排水できる溝を作る予定です。

写真3
うちの春咲き種のうち、レパンダムグループのシクラメンが咲きだしました。
左がバレアリカム、右がロディウムです。
もう少しで、レパンダムも咲きそうです。
131 2019/03/31
kibunnya
みなさん、こんにちは。
アドバイス、ありがとうございました。

作業をし直して、植えました。
塊茎の中心はこのくらいの深さで白い部分が見えてきました。

しばらく雨に当てないように玄関内に置いておきます。
用土を鹿沼土を多くしました。
鉢を素焼き鉢にかえました。

鹿せんべいさん

お写真、大変参考になりました。ありがとうございました。
132 2019/04/03
kibunnya
みなさん、こんにちは。
今日から、教えていただいたテキストを見ています。
このテキストの内容、美しい写真が満載ですし、とても親切でわかりやすいです!塊茎の治療の方法もおさらいのつもりで読みました。そして、私は、075ページの「塊茎の分割」には、驚くやら引き付けられるやらです。

深奥~~これぞ沼~(~_~;)

コウムですが、黒くなるのは止まっています。これから、もっと大事にして再生に頑張ります。
(どうか葉っぱが出た写真をUPできますように・・・)

みなさま、今回は本当に有難うございました。
133 2019/05/06
ayu*
皆さん こんばんは~
GWをいかがお過ごしでしょうか!?

kibunnyaさんの大手術、その後の経過はいかがですか!?

コチラは例年だとそろそろ梅雨入りか!?という頃なのですが、今年は何だか様子が違います。
とはいえ、もうじき夏本番なのは間違いなく、わが家の原シク達も葉を黄色くさせて、店じまい間近の様です。

写真①…ペルシカム
    今年最後の花の姿
写真②…プルプラセンス
    写真を撮るときに花の色が違う事に改めて気づく(>▽<)
    どれも個性的で美しく、良い香りです。
写真③…ヘデリフォリウム
    なんとビックリな事に、今頃いくつも花が上がってきました
    沖縄に来て、気候の違いに驚いているのかな!?
134 2019/05/19
kibunnya
ayu*さん、みなさんこんにちは。

経過報告をせずにいて、ごめんなさい。

術後の経過ですが・・・

根塊が乾燥して画像の通りに平たく固くなってしまいました。

アドバイスを頂いておきながらすみません、枯らしてしまいました。

ただ・・・これって・・・乾燥根塊・・・ではないですよね。
135 2019/05/19
kibunnya
連続で失礼します。

もうひつのコウムの株には種ができました(^^)v
しっかり根を張っています。
このまま夏越しに挑戦してみます。

最新20件を表示

 1   2   3   4   5  次へ>>

会員登録がお済みの方は

会員登録をすると、園芸日記、そだレポ、アルバム、コミュニティ、マイページなどのサービスを無料でご利用いただくことができます。

●5月24日 利用規約一部改定のお知らせ >
投稿募集中 from テキスト編集部
見て見て!お気に入りの花

見て見て!お気に入りの花
自慢の植物・庭の写真を募集中!

みんなのマルシェ

みんなのマルシェ
自慢の畑・野菜の写真を募集中!

おすすめ特集
「今、熱い植物」アーカイブ

「今、熱い植物」アーカイブ

テキスト人気連載をWEBで毎月お届け。人気の高まる多肉植物や観葉植物に注目し、その魅力を紹介

寄せ植えを楽しむ

寄せ植えを楽しむ

寄せ植え向きの植物選びや、作り方のポイントを紹介。参考になるキレイな作品写真も見られます

病気と害虫の話

病気と害虫の話

あなたの植物の症状は? 大切な植物を病気や害虫から守るための、見て分かる病気と害虫ガイド

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

バラの栽培で多くの人が悩む剪定の仕方を、動画でわかりやすく解説

テキストこぼれ話

みん園限定!テキストこぼれ話

ここだけで読める連載「テキストこぼれ話」。『趣味の園芸』で語りきれなかった話を限定公開

今年の夏は緑のカーテン

今年の夏は緑のカーテン

緑のカーテンの作り方やおすすめ植物、実践事例などを紹介しています

みんなのバラ百科

みんなのバラ百科

バラの歴史や「殿堂のバラ」などのバラにまつわる知識、役立つ情報が盛りだくさん

野菜だけで一品レシピ

野菜だけで一品レシピ

育てた野菜をおいしく食べるための、野菜を使ったレシピ222品を公開中

園芸LOVE 原田が行く

園芸LOVE 原田が行く

「みんなの趣味の園芸」スタッフであり『趣味の園芸』シニアエディター・原田による園芸エッセイ

全国植物園ガイド

全国植物園ガイド

全国の植物園一覧。日本植物園協会に加盟している植物園を中心に紹介。植物園に出かけよう!