【タデの災難】実生(みしょう)研究会 コミュニティ

トピックテーマ

タデの災難

2009/07/14
鮎の塩焼きを「タデ酢」で楽しむためにタデを育てているのですが、先週末2泊で家を空け、帰ってみると一鉢無残に枯れていました(写真①)。タデには申し訳ないことをしてしまいました。梅雨の合間の強い日差しに耐え切れなかったのでしょう。油断大敵です。
しかし、鉢を良くみると、枯れたタデの合間に小さい芽が何本か生えているではありませんか(写真②)。おそらく遅れて芽生えて、これまで先に成長したタデの陰にかくれて見えにくかったものでしょう。いまや、次は任せてくださいという風情。
発芽の時期にもばらつきがある・・・当たり前のことかもしれませんが実生の強みです。
(蛇足ながら写真③はモミジやコナラの葉陰に置かれていたおかげで難を逃れて元気なタデです)

会員登録がお済みの方は

会員登録をすると、園芸日記、そだレポ、アルバム、コミュニティ、マイページなどのサービスを無料でご利用いただくことができます。

ピックアップ
テキストこぼれ話

2月号テキストこぼれ話
多肉植物、サボテンにまつわる話を公開中!

最近の多肉ブーム、靍岡さんも驚きと発見の連続の南アフリカ自生地巡り(前編)

特別対談

テキスト人気連載「今、熱い植物」
WEB掲載スタート!
第1~8回まで公開中

これまでの連載を紹介する、アーカイブ公開がスタートしました!

投稿募集中 from テキスト編集部
見て見て!お気に入りの花

見て見て!お気に入りの花
自慢の植物・庭の写真を募集中!

みんなのマルシェ

みんなのマルシェ
自慢の畑・野菜の写真を募集中!