【栽培や病害虫についてはこちらへ!】【チューリップ倶楽部】 コミュニティ

トピックテーマ

栽培や病害虫についてはこちらへ!

2010/08/17
      アブラムシ(ウイルス病の媒介者)

チューリップの栽培法や保存方法,またウイルス病などの病害虫対策について

ご相談に応じます。
だいたいのことならお答えできると思います。

コメント

 1   2  次へ>>

最新20件を表示

5 2010/08/16
こがね
参加していきなりの質問ですがおねがいします。

毎年プラ鉢で密集気味に植えつけています。
つぼみまではつけることが多いのですが、成長が悪いなと思うと青かびが生えていることが多いです。

だいたいは花も咲かずに終わります。

本などではあまり重要視されていない気がするのですが、予防法などありますか?
また、花が咲かずに終わる原因が他にもあれば教えてください。
6 2010/08/17
花女
【花が咲かない原因と対策】

こがねさんへ
コミュニティ参加ありがとうございます。

青カビについては、植え付け前に青カビをふき取り、「オーソサイド水和剤」で消毒してから排水の良い土壌で植えるようにしてください。
私の経験上、多少の青カビぐらいなら通常は花は咲きます。
他の障害が要因で青カビが生えやすくなることがあります。

花が咲かない場合の主な原因を紹介します。それぞれの対策を取ってみてください。

①【葉っぱは丈夫に育っている。つぼみは全くなく、黒く枯れこんだようなあとがある。】


球根貯蔵に問題があります。
購入前の流通段階でエチレン障害や高温障害にあうとこのようになります。
最近は8月末頃からホームセンターで秋植え球根が並んでいますが直射日光など陳列環境の悪い球根は選ばず、信頼のおける種苗店や球根産地の球根を選ぶことが大切です。またできるだけ早く購入することも大切です。
購入後は涼しい風通しの良いところで保管するようにします。


②【つぼみは途中まで大きくなったが、色がほとんどつかず咲かなかった。】


【丈夫な根になっているかを確認】
鉢植えの場合、鉢底までチューリップの根が伸びているか確認します。また伸びている場合でも茶色くなっていないかを確認します。
露地植えの場合は地上部を軽く動かし、不安定なら丈夫な根になっていないと考えられます。


【根の発育障害の原因と対策】

・球根植え付け時期が早すぎた!
→地温が20℃以上だと根がのびない。→九州なら12月が植え付け適期(気温が10~15℃が適期)

・植え付け直後、充分な水を与えなかった!
→根がある程度はるまではたっぷり与える。→目安は2~3週間、鉢底に根の先端が見える

・冬の期間も定期的に水遣りを!
→鉢植えや冬場少雨の乾燥する地域は特に気をつける、密植の場合も→ビオラなどの草花を混植すると忘れない!

【チューリップの根は一度枯れると、新しく生えてこない】
7 2010/08/18
花女
ナルオさんへ

コミュニティ参加ありがとうございます。
チューリップの共生菌の話し、とても興味があります。

6月の収穫期に球根の外皮が着色するときにりん片が作り出す「チューリッポシド」という抗菌性物質が土壌菌と関係があのではと以前から思っていたりしました。

また土壌伝染性ウイルスを媒介するオルピデューム菌と競合するような土壌菌でウイルスを減らすことができるのではと思っていたりします。

ナルオさんの知識と経験で提案いただければありがたいのですが・・・・
8 2010/08/19
こがね
博士、すばらしいお答えありがとうございます!
本を読んでもここまで詳しい説明に出会ったことはありません。

私の場合は、②【つぼみは途中まで大きくなったが、色がほとんどつかず咲かなかった。】にあてはまりそうです。

去年は12月に植え、ビオラも一緒に植えていました。私の感覚ではビオラって水枯れには強いような…。
ビオラがしおれたことは一度もなかったですが、水枯れでしょうか。植えた後はがんがん水やった方がいいんですかねぇ。
水枯れも心配だけど、排水性も心配だったんで一部スリット鉢も使ってたんですが。
プラ鉢が少し小さい気もしていたので根がきゅうくつだったのかもしれません。

暑いのも関連しているんでしょうか。
暑いのは、どうしようもないですよね。
植え付けが遅いと逆に花が咲く頃また暑くてすぐ散っちゃう気がして心配ですし。

ベンレートで球根を消毒して植えていたんですが、オーソサイドに変えた方がいいですか?
茶色の外皮をむいて植えているので、外側に青かびが生えているものは全て捨ててはいるのです。
でも後からかびちゃうんですよね。土をほじったら青いのが見えてがっかりすること多いんです。
後から土壌散布でも大丈夫でしょうか。
共生菌の話を聞くと消毒の話も考えさせられますね。

球根が到着するまでの期間いろいろ考えたいと思います。
9 2010/08/19
花女
こがねさんへ

不安を解消するような回答になっていないようですいません。

こちらから質問です。

1.「球根が到着するまで~」と書いてありますが、通販で購入でしょうか、差支えがなければどういったところで注文しているのでしょうか?

2.鉢の大きさ(深さと容量)、入れる球根数や他の草花の量も教えてください。

3.冬場はどういったところに置いてありますか?雨のかかるところ、寒さの当たるところですか?

カビに関してですが、球根の外皮が白っぽいものはカビが生えやすくなります。これは収穫のタイミングや細かな傷、乾燥の具合などが関係しており球根の品質による要因が大きいといえます。

また外皮についてですが、すべてを剥くのでなく根が出るところだけ剥いたほうがいいと思います。外皮にはある程度抗菌効果があります。また消毒するならオーソサイドを通常よりも長く浸漬し、球根の内部まで消毒したほうが良いと思います。
10 2010/08/20
こがね
博士、こんばんは!
とんでもないです。不安解消というか、今年も頑張るぞ!って気合満々です。

質問への回答ですが
1.だいたいは安さ第一の通販で購入してます。
高い球根は咲かないと悲しいのでですが、今年は気合を入れて富山の農協HPでも土と一緒に注文してみました。

2.プラ鉢ですが、5号深鉢に普通球5球程度、6号深鉢に普通球なら6~7球、大球なら5球ほど。8号鉢には10~15球くらいだったかと思います。
同じ種類のみを植えるので、余らない様ぎゅうぎゅうに植えちゃうことも。
根のことを考え球根が隠れる程度の浅植えにしてます。
一緒に植えるのはビオラで、1株を真ん中にが多いです。

3.置き場はベランダです。冬は寒いと思いますが、雪の積もる地域と比べるとどうなんでしょうね。春でも夏日が多いのでせっかく咲いても花の持ちが悪いです。
実は半数以上を冷蔵保存して自己流冬咲きチューリップにしています。
これは部屋とベランダを行き来させ気持ち暖かめで育てていますが、普通植えより成績がいいような。
雨はほとんど当たらないと思います。

外皮の色は白っぽくはないようですが、きれいに剥いていました。病気っぽいのも良くわかるので。
根が出るとこだけって難しそうですが、ことしは頑張ってみます。
剥けても包みなおすように努力してみます。

以上ですがいかがでしょう。
ご指導よろしくお願いします。
11 2010/08/20
花女
こがねさんへ

質問返答について

1.今回は国産球を使用ということでカビの心配はなくなると思います。
「安さ第一~」の場合、輸入球だと推測されます。

2.鉢については原因ではないようです。

3.ベランダでの管理に問題があるのではないでしょうか。

・冬咲きチューリップのほうが成績がいいとのことからも推測されます。
・冬咲きのほうが気温が比較的低温で乾燥しづらいのでうまく咲く、季咲きの場合まだ蕾が見えない段階で春先の天気がいい日が続いくと乾燥と高温で花が飛んでしまう(ブラインドといって蕾の状態で終わってしまう)のが原因だと思います。

・蕾が伸びて大きくなったら多少の乾燥や高温にも耐えれますが、蕾の小さい段階は乾燥や高温に弱い場合があります。

・球根がかびている場合は発根量も少なく、球根も消耗しており上記のような高温乾燥にも抵抗性がなくなります。

【対策の提案】
・カビの生えない品質の良い球根を植える
・鉢当りの球数を減らし1球当りの土の量(水の供給量)を増やす
・大き目の鉢皿に水をため、底面給水させる
・こまめに水遣りを行なう
・できれば露地植にする。そのほうが多少のストレスには強くなる。
12 2010/08/21
こがね
博士、毎回的確な回答ありがとうございます。

>3.ベランダでの管理に問題があるのではないでしょうか。

その通りかもしれません。植えた当初は水やりもこまめに頑張ってますが、カビが生えるから過失が気になって、土の表面が乾くまで待って水やりしなきゃだと思っていました。
土の表面だけじゃなかったかもですね、乾いてたの。ビオラが元気だからと安心してはいけないということですね。

遅いつぼみの方が咲きにくいのは成長が遅くて発根量が少ないとか、カビて消耗しているからなのかな?
と、ちょっと考えてしまいました。

マンションなので露地植えは無理だし、こまめな水やりも自信ないです。
そこで、気持ち鉢を大きめに変えてみようと思います。置く場所の確保を今から考えなくては!

底面給水はいつもしていたら加湿になりますよね?
留守時の対応と考えればいいでしょうか?

今年は冬咲きの比率を増やしてみます。もっとも冷蔵していても早く咲いたり普通に咲いたりいろいろですが、長く楽しめるのでいいですよね。

そうそう、植え付けまでに球根がスカスカになってしまう場合があるのですが、暑さに原因があるのでしょうか?
10月になっても毎日暑い日が続くので、マンション内は30度越えることもしょっちゅうです。
涼しくて風通しの良いところって難しいんですよね。
それでは~。
13 2010/08/22
花女
こがねさん

底面給水は常時やられていいと思います。
深めの鉢でスリット鉢を使われているとのことでしたのでご提案したところです。

また球根が植付前にスカスカになるとのことについて
秋に向かって涼しくなるにしたがって、球根の内部では、ノーズ(葉と花芽)が大きくなるに従いリン片の栄養が使われますが、スカスカにまではなりません。おそらく購入前の球根の保管に問題があると思います。
対策としては信頼のおける通販メーカーから購入するか、店頭で買う場合は早めに購入し、自宅の冷暗所で保管するので防げます。

なお前回外皮について相談いただきましたが、外皮は植付直前まで剥きません。また発根部は植付時期(涼しく)になると膨らんできて自然と皮が裂け剥きやすくなるはずです。

それでは、頑張って育ててみてください!
14 2010/08/23
メリーベル
今日は、メリーベルです。

博士とこがねさんのやりとりを拝見するだけで、勉強になります。
素晴らしい!
栽培・育種のプロの方からこんなに詳しく回答を頂けるなんて!
素人ですが、どうぞよろしく御願いいたします。

さて、今季もチューリップの注文数は250球を超えました・・・

買っているのは「国○園」の通販と、有名種苗会社(タ○イ)と球根を多く扱っている園芸店(店の名前に『球根』が入っている)のネット通販です。

鉢数を少なくするため、数年前より「ダブルデッカー」「トリプルデッカー」を取り入れています。
球根をずらして植えてはいますが、それでも球根上部に障害物があるのはチューリップにとっては迷惑な話なのでしょう。
ダブル、トリプルの鉢では全ての球根が咲くことはありません。そのリスク覚悟での植え付けなのですが・・・
ただ、開花時はまことに豪華です。

そして、時間的・空間的制約があるために、皆様がこまめになさっているような「球根を堀りあげて乾燥させて貯蔵」という
ことが出来ません。ですから、原種以外は一年草扱いです。
250球のチューリップを咲き終わったら捨ててしまうと言うのは、大変な浪費のような気もしますが、私はチューリップが大好きで、また我が家の庭を散歩コースに入れている方も増えてきたので、春の美しい景色を大勢の方々と一緒に楽しみたいと思っているのです。


こんな感じでチューリップとおつき合いしています。
どうぞ宜しくご指導の程、お願いいたします。
15 2010/08/23
花女
メリーベルさん

チューリップの色んな楽しみ方があるのを聞かせていただくのは大変楽しいです。

ダブル・トリプルデッカー植えで咲かない球根があるというのは気になりますが・・・・

根の生育容積がある程度あれば、多少真上にあっても咲くはずなのですが・・・

また色々お話しをお聞かせ下さい。
16 2010/08/23
こがね
博士、毎回ありがとうございます。
先ほどいろいろ書きこまさせていただいてたのですが、間違って消してしまいました。
とほほ、また新たにカキコしにお邪魔したいと思います。


メリ-ベルさん、こんばんは!
いろいろ書きこまさせていただいてたのですが…以下略

博士の回答って本に書かれているような通り一遍の回答じゃないのがすごいと思います。
本当にいろいろな経験をつまれてるんでしょうね。

メリーベルさんも一緒に指導を受けてもっと豪華な鉢植え作ってください!
豪華絢爛なチューリップの鉢植え、ぜひお写真でも拝見できればと思います。

またいろいろカキコさせていただく予定です。
害虫のこととか聞きたいことがいっぱいありますので。
それでは。
17 2010/08/24
メリーベル
博士、こがねさん、お返事を頂き有り難うございます。

>博士
ダブル・トリプルで咲かないというのは、全く芽が出ないのではなく、いかにも「折角地中で芽を出したのに障害物に頭をぶつけた、そのせいで地上に出てもなんだか天辺がゆがんでしまった」という感じです。うまく伸びてくれず、すぐに黄色くなってしまったりもします・・・・
大体、ダブル・トリプルの鉢ひとつに1個くらい、そういう球根が出ててしまいます。

ダブル・トリプルの際にも、球根の上下の間は、「シングルを植える時の地表と球根上部」と同じ深さが必要なのでしょうか?
それですと、かなりの深鉢が必要になってきます。私が使用しているのは10号深鉢くらいなので、ちょっと上下は詰まっています。

種苗会社のカタログなどでは、おそらくトリプルくらいで栽培されたらしい豪華な鉢が見本で出ていますが、あんな雰囲気が自宅でも味わえたら良いなあ、と思っているのですが・・・

>こがねさん
こがねさんこそ、お写真を見せてください!
私のチューリップは、写そうと思った時には、パッカーーーーンと開いてしまった・・・ということばかりなんです・・・

博士のご指導をいただきながら、これからの植え付け時期、来春を夢見て頑張りたいと思います!!!
18 2010/08/25
花女
メリーベルさん

もっと早めにお聞きすればよかったのすが

ダブル植えではチューリップ以外の球根類や草花を植えているのでしょうか?

また10号鉢では1段目、2段目、3段目にはそれぞれどの程度(球数)植えているのでしょうか?

上下層の間隔はあまり関係がなく、各球根や草花の根域が適当量あれば問題はないと思います。

チューリップのノーズ(芽)が黄化している(?)のは、上層の球根の真下に下層の球根があったからではないでしょうか!
そういった場合は芽が地表に出られず黄化した状態で土中でうねっていることはあるでしょうね。
19 2010/08/28
メリーベル
博士、お返事を有り難うございます。
PCが繋がらなくなって、困っていました。今はなんとか回復しました・・・

チューリップとパンジー、ビオラ等を寄せ植えにする場合が多いですが、ダブル・トリプルの場合は単植です。

また、10号鉢ダブルでは、全部で15~20球くらい咲いて欲しいので、各段の球根をずらしながら植え付けています。
トリプルにする場合は、各段の数を減らしますが、10号でトリプルは最上段の球根が淺植えになってしまうので、もっと大きな鉢を使います。

やはり、芽が黄色くなってしまうのは、頭がつかえているのですね。無理もない話です・・・・・ダブルくらいにしておきます。

専門的なコミュニティなのに、初歩的な質問攻めで申しわけありません。
丁寧なお答えを頂き、植え付けるのがとても楽しみです!
20 2010/10/05
花女
「趣味の園芸」TV見ました?渡部さんも言っていましたが・・・私が昨年書いた記事をご紹介します。

色んな園芸雑誌や書籍に植え付けの深さや間隔、水やりの仕方が書いてありますが、一番大事なのは植付時期を間違えないことです。(途中省略)そこで私が考えたのはモミジやカエデの『紅葉が見ごろの時期』からと覚えておけばわかりやすいのではないでしょうか。
紅葉は10月中旬に北海道から始まり、1ヶ月以上かかって本州の南まで下りてきます。
また同じ地域でも標高に応じて紅葉の時期は違うため、球根植付の目安として最適ではないでしょうか。
逆にいつまで球根を植えたら良いかという質問には、チューリップは寒さには強いため、雪が積もるまでもしくは霜が降りるまで大丈夫です。しかしより立派な花を咲かせるためには紅葉が終わる頃まで(紅葉の見ごろから約1ヶ月)が一番良いでしょう。

【ポイント1】 植付時期は紅葉の見ごろから終わる頃までに!全国紅葉最前線 → http://kouyou.nihon-kankou.or.jp/
21 2011/02/08
Tossy
昨日から一枚だけ葉が黄色くなってきたものがあります。
写真のような状況ですが、どのように対処したらよいかアドバイスいただけませんでしょうか。
よろしくお願いします。
22 2011/02/11
花女
Tossyさんへ
コミュニティ参加ありがとうございます。

ご質問の件について、写真だけでは断定できませんが、おそらく球根の発根部あたりが腐敗菌などの影響で傷んでいると思われます。
腐敗の原因としては、栽培温度、培養土、球根からの持ち込みなどが考えられます。

ただ開花には問題はないと感じます。
まだ開花していないのなら、涼しい場所(5~10℃くらい)に移動することをお勧めします。
23 2011/02/11
Tossy
博士さん

アドバイス有難うございます。
現在花は満開状況です。すでに開花から2週間ほどになります。

日中は日当たりのよい窓辺において、夜は窓から離れた寒さの影響の少ない場所に移して楽しんでいます。

参加してすぐにたびたび質問して申し訳ありませんが、花が終わった後はどのように手入れすればよいのでしょうか。

よろしくお願いいたします。
24 2011/02/13
花女
Tossyさんへ

花後管理についてすが、以下の点に気を付けてみてください。
1.花粉が葉っぱに落ちないようにする(葉が枯れやすくなる)
2.花びらが落ちる前に花下あたりで茎を折る
3.葉ができるだけ枯れないようにする
4.あまり暖かくしない(10~15℃程度)
5.水、光が必要、花後の肥料は与えない
6.葉が黄色く枯れ始めたら、水を与えないようにする

それでも鉢植えでは新しい球根はあまり大きくなりません。

最新20件を表示

 1   2  次へ>>

会員登録がお済みの方は

会員登録をすると、園芸日記、そだレポ、アルバム、コミュニティ、マイページなどのサービスを無料でご利用いただくことができます。

気軽に部屋をイメージチェンジ

理想の部屋に一歩近づけるコツをスタイリストの石井佳苗さんが指南!
抽選で10名様にプレゼント<PR>

詳しくはこちら
ピックアップ
アンケート

『やさいの時間』アンケート実施中!抽選で5名様に書籍プレゼント

「病害虫対策&農薬」に関して、皆さんのご意見をお聞かせください(11/15まで)

テキストこぼれ話

11月号テキストこぼれ話
柑橘にまつわる話を公開中!(後編)

柑橘栽培が楽しくなるウンチクをインタビュー。後編は三輪さんが今ハマっている養蜂について。

今、熱い植物

今、熱い植物 第17回
“多肉のタネまき事始め…アナカンプセロス”

アナカンプセロスは、多肉植物のタネまき入門にうってつけ!

栽培ナビ オリーブ

「12か月栽培ナビ」シリーズ新刊『オリーブ』発売!

オリーブの毎月の作業と管理を徹底ナビ。必要な作業を初心者にもわかりやすく解説しています。

投稿募集中 from テキスト編集部
「バラの病害虫対策ノート」の使い方

「バラの病害虫対策ノートの」の使い方
みんなの使っている様子を募集中!

「園芸栽培ノート2018」の使い方

「園芸栽培ノート2018」の使い方
みんなの使い方、アイデア募集中!

見て見て!お気に入りの花

見て見て!お気に入りの花
自慢の植物・庭の写真を募集中!

みんなのマルシェ

みんなのマルシェ
自慢の畑・野菜の写真を募集中!

おすすめ特集
「今、熱い植物」アーカイブ

「今、熱い植物」アーカイブ

テキスト人気連載をWEBで毎月お届け。人気の高まる多肉植物や観葉植物に注目し、その魅力を紹介

寄せ植えを楽しむ

寄せ植えを楽しむ

寄せ植え向きの植物選びや、作り方のポイントを紹介。参考になるキレイな作品写真も見られます

病気と害虫の話

病気と害虫の話

あなたの植物の症状は? 大切な植物を病気や害虫から守るための、見て分かる病気と害虫ガイド

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

バラの栽培で多くの人が悩む剪定の仕方を、動画でわかりやすく解説

テキストこぼれ話

みん園限定!テキストこぼれ話

ここだけで読める連載「テキストこぼれ話」。『趣味の園芸』で語りきれなかった話を限定公開

今年の夏は緑のカーテン

今年の夏は緑のカーテン

緑のカーテンの作り方やおすすめ植物、実践事例などを紹介しています

みんなのバラ百科

みんなのバラ百科

バラの歴史や「殿堂のバラ」などのバラにまつわる知識、役立つ情報が盛りだくさん

野菜だけで一品レシピ

野菜だけで一品レシピ

育てた野菜をおいしく食べるための、野菜を使ったレシピ222品を公開中

園芸LOVE 原田が行く

園芸LOVE 原田が行く

「みんなの趣味の園芸」スタッフであり『趣味の園芸』シニアエディター・原田による園芸エッセイ

全国植物園ガイド

全国植物園ガイド

全国の植物園一覧。日本植物園協会に加盟している植物園を中心に紹介。植物園に出かけよう!