【ネット通販のばらに病気が。】バラ コミュニティ

トピックテーマ

ネット通販のばらに病気が。

2011/02/05
2月3日に宅配便で届いた某大手バラ専門会社の苗(裸苗)3本を今日(土)、鉢に植えようとしてよく見たら、そのうちの1本が接木部分にグロテスクなこぶができていました。一目で根頭がん腫病と分かりました。
 バラ苗は店頭で確かめて買うのが一番とは思うのですが、気に入った品種はなかなか見つかりません。そこでネット通販を良く利用するのですが、これほどはっきりわかる不良品は初めてでした。会社のHPには「良い苗を掘りあげてお送りします」と謳ってあるのですが、根を洗ったり、梱包するときにまったく確認をしていないのではないかと疑ってしまいます。
 さっそく電話をしたのですが、土日は休業で連絡がとれません。土壌が汚染されていれば病気苗は相当蔓延している可能性もあります。鳥や牛の伝染病では厳しい防疫態勢が求められていますが、園芸会社の防疫管理はどうなっているのでしょうかね。

コメント

最新20件を表示

2 2011/02/06
ブラウンサム
おはようございます。
酷いですね。自分は、コチラの通販は使った事ありませんが、一番最初に買った薔薇は通販の裸苗でした。
理由は、株の良悪しを「判別する目が無い」という自信があったので(笑)プロが選ぶなら大丈夫だろう、大手なら大丈夫だろう、という信頼感を持って利用しました。
信頼感を裏切られるとshockですよね。
人間ですから、まぁ、失敗が有ったとしても(某大手家電メーカーの迅速&適切な事後処理に見受けられる様に)トラブル処理の対応にその会社の誠意や本質が現われます。誠実な対応で迅速に交換して頂きたいものです。
3 2011/02/06
鳥エルフ
いろんな角度で矯めつ眇めつ出来るわけではないので
はっきりとは言えないのですが、
私はこれは癌腫には見えないです。

誘引のための紐が食い込んでしまったところですとか、継ぎ口のところですとか、ちょっと栄養が滞るところにできるカルスのような質感に見えます。確かに写真のは大きいですけれど(>_<

地上部に出来た癌腫の表面ってもっとざらざらっとした感じなんです。これはどちらかというとつるつるですよね。根に出来た癌腫はつるつるしていますが、もっともっと白いです。

どちらにしてもハナノカオリンさんは気になって仕方ないでしょうから、写真を添付して問い合わせることをお勧めいたします。
4 2011/02/06
どんぐりっき~
ブタ
こんばんは。
ハナノカオリンさん。

日記に出たときから気になってました。
これがもし癌腫だったら、この色ではなく、もう少し樹に近いと思います。
この茶色い部分を少し爪でこすり取れないでしょうか。
粘度のある液体質であれば鳥エルフ@アルセイデスのご意見のカルスっぽい気がします。

業界最大手のナーセリーがとてもじゃないですが、こんな大きな癌腫だと、見間違うとは思えません。
本当に、疑う前に一度お問い合わせください。
最良の回答がもらえると思います。
5 2011/02/07
rav
私も鳥エルフさんやどんぐりっきーさんと同じく、
一目で、コレってがん腫?って思いました。
根の方がとても健康そうなのが特にそう思わせます。
もしこれがうちに届いたとしたら、たぶんカルスだと思って
普通に植えて育ててたと思います。

販売元がはっきり写真で公表されてしまってますので、
問い合わせの返答を教えてくださいね。

でもこういうのって参考になりますね。(~.~)
6 2011/02/07
ブラウンサム
再びの投稿です。
販売元の対応はどうだったのでしょうか。
当方の様な素人は、癌腫かそうでないかも見極めが付かないので、「おでき」があると、不安から問合せをしてるだろうな、と己に置き換えて考えてます。
皆さんの言う様にカルスならカルスで親切丁重な説明、誠実な対応をして頂けると安心して、利用出来ますよね。
どんな説明or対応をして頂いたか、教えて頂ければ幸いです。
7 2011/02/07
ハナノカオリン
皆さんコメントありがとうございます。
 5日に某社のホームーページから事実を通知し、誠意ある回答と苗の交換を求めました。写真を添付することはできませんでした。
 本日(7日)、同社から「ご迷惑をおかけしました。(略)写真を返信していただきたい。専門の担当者に確認をとってあらためてご連絡させていただきます」とのメールがありました。
 写真を送信して、連絡を待つことにしました。
結果はまた報告いたします。
8 2011/02/08
ハナノカオリン
 2月8日、K社から返事があり「病気ではなく、カルス(かさぶたのようなもの)で問題ない」とのことでした。何人かの方のご指摘のとおりでした。
 しかしこの対応はあまりに事務的でK社を信頼し、よい苗を期待した私の気持ちを全く理解していないと感じました。メールのやりとりを転載いたします。
 
(K社の回答)
添付して頂いたバラの写真を拝見いたしました。
今回拝見した限りでは、接ぎ口にできたカルスのようです。
品種、接ぎ方でカルスのでき方に違いがあります。
カルスは人でいうと、かさぶたみたいなもので、接ぎ口を保護する為にバラが作った細胞です。
ご心配されたと思いますが、安心して植え付けしていただければと思います。

(私の返事)
 どうやら根頭ガンシュ病ではなく、カルスのようだとのことですが、
「安心して植え付けしていただければと思います」との返事には納得しかねます。
 貴社の販売している商品はこのような状態のものが一般的でなんら問題はないと
お考えなのでしょうか。(そういうことであれば、ホームページにこの写真を掲載して、こんな苗もあることを明らかにすべきではないでしょうか)病気でなければ見てくれが悪くても少々傷物でも、健康な商品として販売してもなんら恥じることがないとおっしゃるのでしょうか。
 メールでも述べましたが、これまでいろんな店の通販でバラを買い求めましたがこれほどヒドイ(醜い)苗は見たことがありません。もしこの苗が店頭に並べてあればほとんどの人が買わないでしょう。(格安販売でカルスであると分かった人が買うかもしれませんが…)通販では現物を確認することができないだけに、購入者は販売者を信頼し、店頭販売以上に品質管理を徹底しているものと期待しているわけです。たとえて言えば、皮の真っ黒になったバナナを中味は腐っていないから大丈夫といって他の綺麗なバナナと一緒に販売しているようなものではないでしょうか。
 貴社の姿勢には大きく失望いたしました。この「気味の悪い」苗は返品しますので、代わりに健康な苗をお送りください。(もちろん返品に伴う送料は貴社で負担願います) 会社としてご検討のうえ、ご返事をお願いいたします。
9 2011/02/09
ブラウンサム
メールでのやり取り、興味深く拝読致しました。
自分に置き換えれば、丁重な説明だと充分納得&安心して植付けてたでしょうね(笑)問題解決。

でも...ハナノカオリンさんにとっては、癌腫かそうでないか、って単純な問題では既に無いのですね。
なるほど...。
10 2011/02/09
ハナノカオリンさん、はじめまして。

興味深くこのトピックを読ませていただきました。お気に障られたら謝りますが、個人的にはK社の対応は特に問題がなかったように思いました。

一応K社もカルスなので大丈夫、と太鼓判を押しているようなので、再送&連絡等の手間ひまを考えたらそのまま植え付けても良いんじゃないですかね?
11 2011/02/09
ハナノカオリン
 問題の受け止め方は当事者であるか否かで相当違ってくると思います。ガンシュ病を疑った私の知識がお粗末といってしまえばそれまでですが、こんな苗が店頭にあれば多くの人が買わないのではないでしょうか。自分で接木をした苗にこんなこぶができてもカルスと分かればなんら支障はありません。しかし商品としてはたして「良品」といえるでしょうか。
 販売会社はもっと誠意を持って疑問に丁寧に答えるべきだと思います。たとえばこの程度のこぶは一般的には流通しているのかどうか(私ははじめて見ましたが)、切除しても問題がないのかどうか、など。
 本日、K社から「交換してもよい」との返事がありました。交換してもらうことにしましたが、やはり文面からは誠意を感じることができませんでした。やり取りを転載します。

(K社の回答)
私の説明が不十分だったようで申し訳ありません。
今回のあゆみの苗がガンシュ病か、そうでないかを心配されていると思ったものですから、その点について説明をさせて頂きました。
健康な苗でも見た目が気持ち悪いという事で交換をご希望されるのでしたら、今回に限り、対応させて頂きます。
代わりのあゆみの苗をご都合に合わせて発送させて頂きますのでご連絡いただけますでしょうか。
尚、お手元のあゆみについては代わりの苗が到着した際に、運送会社のドライバーに当社着払いと伝えていただきご返送ください。
よろしくお願い致します。

(私の返事)
 御回答を拝見しました。結論を先に申し上げます。
代わりの「健康なあゆみ」を早急にお送りください。なお運送会社に返品のこともありますので配達時間を私の在宅する午後7時以降にお願いします。
 ところで、あえて申し上げますが貴社は私の訴えに対して誠意を持って応えているとは思えません。まるで私がごねるので仕方なく交換してやろうといった驕りのような姿勢ではないでしょうか。
 今後のこともありますのであらためてお尋ねしますのが、私は多くの会社の通販を利用しましたがこのような苗は見たことがないのでガンシュ病を疑ったわけです。
今回のような苗は貴社ではごく一般的に存在し、販売しているものでしょうか。その場合、購入者からの苦情はまったくなかったのでしょうか。それとも「検査」をすり抜けてたまたま今回の苗が送られてきたのでしょうか。必ずご返事をお願いします。
12 2011/02/10
ブラウンサム
ハナノカオリン様
引続きメール文面の転載有り難うございます。
販売会社の名誉の為にも、このように
やり取りをopenにされる事は良い事だと思います。
13 2011/02/11
ハナノカオリン
2月10日、あらためてK社から回答がありました。概ね了解するとともに、同じようなトラブル防止のためにいくつかの提案をいたしました。いろいろとご心配していただき、コメントしていただいた皆さんありがとうございました。やりとりを転載いたします。

(K社の回答)
私の対応に誠意が感じられないとの事、大変申し訳ありませんでした。
改めてカルスについて説明させて頂きます。
台木に接木専用のナイフで切り口を入れてそこにあゆみの枝を接木します。そして台木とあゆみの接ぎ口を合わせて活着させるのですが、カルスはその接ぎ口を保護し、活着を手助けしてくれるものです。もちろんバラ自身の細胞です。
ですのでカルスの大きさの大小を問わず、カルスの着いた苗を不健康な苗として扱っておりません。
くり返しになりますが、品種、接ぎ方でカルスの大きさは違ってきます。今回のあゆみの苗は大きなカルスが着いていましたし、私の説明が不十分でご納得頂けませんでしたので、返品交換の話をさせて頂きました。
決して驕りがあったわけではありません事ご理解頂きたいと思います。
あゆみの苗の発送の件ですが、土、日、祝祭日の発送業務は止まっております。申し訳ありませんが、あゆみの苗は来週月曜日(2/14)に発送させて頂きます。20時~21時の時間帯お届けの指定を着けさせて頂きます。
以上よろしくお願い申し上げます。

(私の返事)
 ご説明、概ね納得いたしました。
貴社としても答えにくい点もあろうかと思いますし、私も争いを望んでいるわけではありません。しかし留意していただきたいのは、苦情を受けた場合には、個々の問題に事務的形式的に答えて済ませるのではなく、相手の感情(特に被害感情)を理解するよう努めていただきたいということです。
 そこで今回のようなトラブル再発防止のためにいくつか質問と提案をさせていただきます。
 ①今回ネットでガンシュ病とカルスのことをいろいろと調べてみましたが、判別が難しいケースもあるとのことです。ホームページや商品添付チラシなどでこのことを分かりやすく説明していただきたい。
 ②いろんな園芸店の鉢苗を見てみましたが、今回のような大きなカルスをつけているものは見当たりませんでした(接木テープをしっかりとまいているものは判別できませんでしたが)。植え付け時にはテープをはがすのが原則ですが、今回のような誤解を防ぐためには出荷時にテープをはがして確認し、悪い印象を与える苗は除外すべきではないでしょうか。
 ③今回のような大きなカルスは切除しても問題はないのでしょうか。放置した場合には目立たなくなるのでしょうか、それともどんどん大きくなるのでしょうか。わが家の鉢バラもこれまでいくつかガンシュ病にかかったことがあり、植替えの際にこぶを切除しましたが、翌年には再発を繰り返し、処分したことがあります。
 改めてお送りいただく「あゆみ」の苗は貴社50周年の記念作品と聞き一番期待して注文した苗です。到着し次第植えつけて立派に開花してくれることを望んでいます。
14 2011/02/17
ハナノカオリン
15日の夜に交換の苗が届き、翌日鉢に植え替えました。目立ったこぶはなく、良好な苗でした。このたびのトラブルを教訓(会社・ユーザー双方)として、3点提案と質問をいたしました。これについても一応納得できる回答が得られました。今後のK社の品質管理・サービスの向上に向けた取り組みを注視していきたいと思います。
 皆さんいろいろとお気を使っていただき本当にありがとうございました。これで一応の締めくくりとさせていただきます。以下にメールのやりとりを転載いたします。

(私の意見)
 昨日(15日)新しい苗「あゆみ」が配達されました。
返品の苗を業者(ヤマト運輸)に持って帰るように言ったところ、
「聞いていない」とのことでしたが、貴社から「業者に預けて返送
してください」と言われていると言って持って帰ってもらいました。
今回、一言業者に「配達の際に持ち帰り品あり」という指示を出されて
おいていただければよかったのですが…。
 さて、新しい苗は返品した苗のようなこぶはなく、安心して本日鉢に
植え付けいたしました。開花を楽しみにしております。
 また、返品した苗のこぶのごく一部を切除しカルスの断面を見ましたが
よく分かりません。切除した部分も箱に同梱しています。悪しからずご了承
ください。貴社は写真では「ガンシュ病でなくカルスと思われる」と判断され
ましたが、念のために実物で診断された結果をお知らせいただきたく存じます。
 加えて、11日付けで、トラブル再発防止のために3点の提案と質問をさせて
いただきましたが、まだご返事をいただいておりません。私としても貴重な
経験をさせていただいたわけですし、今後も貴社をご利用させていただく
機会もあるかと思いますので、ぜひよろしくお願いいたします。

(会社の回答)
あゆみの苗の返送時お手数を掛けてしまいまして申し訳ありませんでした。
また、お返事が遅れました事、重ねて失礼致しました。
ご返送頂いたあゆみの苗は確認いたしました。ご心配しておられた部分はやはりカルスでした。全体が接ぎ口に密着していて、容易にとれない所などカルスの特徴が出ていました。
ご提案頂いた①②については当社でも色々と思案中です。①②の周知を通してカルスについてご理解を得られるようにしていきたいと思っております。
③についてのお返事ですが、基本的にはそのまま植え付けて、育てて頂きたいと思います。
削ったり、無理に剥がしたりすると、その部分が新しい傷口になり、ばい菌が侵入する可能性が高くなってしまうからです。
カルスはバラの株が大きく育つと相対的に目立たなくなります。バラの成長と一緒にカルスも大きくなる品種(例:緋扇)もありますが、バラの生育には問題ないです。
以上よろしくお願いいたします。

(私の返事)
 ご返事拝見いたしました。
いろいろとありましたが、貴社の誠意を理解いたしました。
今後、より一層バラ愛好家の期待に応えるために品質管理
の徹底をお願いいたします。

最新20件を表示


会員登録がお済みの方は

会員登録をすると、園芸日記、そだレポ、アルバム、コミュニティ、マイページなどのサービスを無料でご利用いただくことができます。

ピックアップ
テキストこぼれ話

3月号テキストこぼれ話
山野草にまつわる話を公開中!

ギリシャで乾燥に耐えて生きる植物の生態は?(前編)

今、熱い植物

「今、熱い植物」第9回
"原種ベゴニア、百葉繚乱"

ベゴニアは新しい種類がまだまだ見つかるという発展途上の魅力がある

投稿募集中 from テキスト編集部
見て見て!お気に入りの花

見て見て!お気に入りの花
自慢の植物・庭の写真を募集中!

みんなのマルシェ

みんなのマルシェ
自慢の畑・野菜の写真を募集中!