植物の総合病院 トピック一覧

トピックの内容

新しい書き込みのある順番で上から表示します。

1~18件を表示

ペチュニアの花が咲きません2018/05/11
趣味の園芸4月号に触発されて(笑)、さっそくペチュニアを購入。プランターに二株植え、切り戻し行いました。約一か月が経ちましたが、一株は全く咲きません。さらに、葉先が変色してきました。どなたかアドバイスをいただければ幸いです。私、園芸初心者です。。。
番外編(何でもありのトピック)2018/01/01
病気や害虫とはちょっと違う事でも気になったら書き込むトピック。
薬剤編2017/11/18
久々に新しいトピックを立てようと思います。薬です。
園芸には付き物の薬たち。殺虫剤や殺菌剤、除草剤は園芸には不可欠です。でも、どれを使ったらいいのかな?この植物や害虫、病気にはどんな薬が一番効くんだろう。

私なりに体験した事を書き綴ろうと思います。
皆様のご意見、ビシバシお願いしますね。
蛾、蝶、甲虫類、イモムシ、毛虫2017/03/18
毛虫は蛾になり、イモムシは蝶になる。

・・・そんな誤った知識を持った人が、まだまだ多いようです。毛虫はやっつけるけど、イモムシは見逃す・・・それでは花や野菜を守ることはできません。

駆除するか、見逃すかは、各自の自由ですけど。

じつは、蛾と蝶との、決定的な違いはありません。研究者のみ知る、でしょうか。

このトピは、時間は前後しますが、「野菜を作って食べよう」コミュの「虫の話」トピと連動しています。
ナメクジ2017/03/04
また、やられました。

右の画像:胡蝶蘭の花芽、かじられてポッキリと。

中の画像:胡蝶蘭、ビオラセアの花をペロリと食べられました。

温室は冬でも15℃の設定なので、ナメクジが活躍します。なぜか、夜の8時以降に急に現れます。多くの植物が被害に遭いますが、とくに胡蝶蘭の被害が多いです。毎晩、ナメクジ退治です。

ナメクジ専用殺虫剤やナメクジホイホイ、でもやっぱり塩がいちばん効果があるかも。
……蚊……2016/10/14
園芸にとって最悪の害虫は「蚊」だと断言します。

花の世話をしている時、草取りをしている時、奴らは何の遠慮もなしに血を吸いに襲ってきます。ちっとも園芸に集中できずに日夜やつらとの戦いに明け暮れる毎日です。どうにかしてこの「吸血鬼」をやっつける方法はないものか、庭でバーベキューやハンモックで昼寝なんて夢なのか。

そこで、蚊退治にいろいろな機械を導入してみることにしました。以下、その結果報告です。これが何かの参考になれば幸いですが……(無理かな)
バラの虫退治の効果的な方法2016/07/12
初めまして!バラが大好きで、一年中バラばかりかまっているのですが、実は、毎年夏になると、サルスベリの木に蛍光緑色した電気虫(イラガ)がたくさん発生して困っています。繭の段階で見つけて除去しても、どこからか湧いてきてしまいます。
それをどうするか・・・今の課題ですが、それは置いておいて、バラを2006年から育てはじめてまして、いまは40種ほどが庭を明るくしてくれてます。周囲は住宅街ですから森や林も減り、庭といえば・・・、想像するにたやすいかとおもいますが、虫さん大好き!な場所になってます。我が家の場合はバラですから、ものすごい数のハスモン夜盗虫やチュウレンジハバチに悩まされ、3年前までは毎週、消毒と殺菌、さらには雨の降る直前と直後にも撒布していました。しかし、3年前から、低農薬にするいい方法を試行錯誤し、昨年は月齢カレンダーに従って新月と満月の直前に撒布するようにしたのです。すると、だいぶ虫の数が減りました。ただ、貝殻虫やバラゾウムシ(チョッキリ虫)は、無理で、これが発生する時期の前には月齢に関わらず手当しておかないと蕾を食い荒らされます。月齢に従ってからは、撒布回数もぐんと減りましたし、虫も捕殺できるまでの数に減ったので、バラも私も喜ぶ!嬉しい日々です。是非、試して、実感してみてほしいと思います。
直径10cmの木が枯れました2015/06/18
木の種類がわからないのですが、葉は肉厚で、長楕円形です。
直径約10センチの木が枯れました。
木の断面を見ると、赤く染まっていました。
これは病気でしょうか。枯れた原因なのでしょうか。
ジンチョウゲウィルス病発症後の庭には,何を植えたら良いでしょうか?2015/05/23
初めまして.初心者ですがよろしくお願い致します.

一昨年の5月,庭にジンチョウゲを植えたところ,
ウイルス病を発症してしまい秋口には枯れてしまいました.
その後,何も植えずにいたのですが,
今年の4月に同じ場所を掘り返して,
土を入れ替えるとともに再度ジンチョウゲを植え付けたところ,
またウイルス病を発症してしまいました.
現在,葉が落ち始めている状態なので,
引き抜いて処分しようと思っているのですが,
その後に何を植えたら良いか迷っています.

ウイルス病について少し調べてみたところ,
非常に多くの種類があり,また,多くの花木が罹患するとありました.
可能なら,ハナウメを植えたいなと思っているのですが,
何なら植えても大丈夫なのか,どなたかお教え頂けないでしょうか.

ちなみに,北向きで西日が当たる場所で,
土は粘土質が多く,水はけは良くありません.

よろしくお願いします.
すみません。教えてください。2015/04/18
家の庭のモッコウバラ(白)に毛の固まりみたいなのが見えたので、写真を撮りました。
全く見たことがないのですが、手が届かないんです。

ほうっておいても大丈夫でしょうか?

※かなりグロテスクです。
コガネムシ対策2014/09/06
コガネムシは親虫と幼虫、どちらにも泣かされる人が多いので(私もその中の一人)、真剣に対策を考えました。

成虫には花や葉を食べられ、幼虫には根を食べつくされて植物を枯らされる被害にあってます。地植えの場合は被害は少ないですが、鉢植えの場合は悲惨な結果を招きます。

この対策案は数種類ありますので、コガネムシが発生するGWくらいまでに順次発表しますね。
金柑の実と葉が白くなりだし、幹に白い丸い斑点が出てしまっています2014/03/12
皆さん、初めて投稿させていただきます。宜しくお願い致します。
金柑の木に3年ほど前から異変が生じました。
今では、多くの実が白い実となり、葉も白い葉が増え、
幹には、白い丸い黴のような斑点が出ています。
これは、病気でしょうか?
回復の見込みはありますか?
他の植物に被害が及びますか?
対策方法がわかる方がおりましたら、教えて下さい。
茨城県南部で育てております。
ハダニ2014/02/22
今年の夏はさらに暑く、しかも雨が少ないですね。
雨が少ないとハダニの発生が多発するんですよ。
ウイークエンドガーデナーとでも言うんでしょうか、週末しかしっかりと植物を観察できないと、すべてが後手後手に回ってしまいます。
コガネムシの幼虫対策を教えてください。2013/10/26
 何か良い方法知っている方・・
教えてください。

 オルトランを撒き散らしても、
気が付けば・・花が枯れ、掘り起こしたり、
植木鉢やプランターの土を空ければ
ゴロゴロ出現!
 手が届かないところに関しては、
てきめんに、
コガネムシの幼虫が・・・・。

どう対策すれば良いのでしょう。。。 
みなさんは
どのように、しているのでしょう?

 宜しくお願い致します。
ナメクジの退治方法&ムカデのこども?2013/10/23
うちは一階のベランダで植物を育てていますので、
虫君のオンパレードです。
チョウチョも飛んできますが、一番厄介なのはナメクジ。
最近植えたナスタチウムがやられます。
毎朝鉢の底から割り箸でとって塩で殺してますが、
全然減りません。
ビールはゴキブリも来そうなのでこの方法は除外します。
何かいい方法あったら教えてください。

また、プランターの土の中に小さいムカデらしきものがたくさんいます。
このプランターはカナブンの幼虫だらけだったものをほっといたままにしています。
最強アブラムシ軍団2013/09/14
園芸にとって最も手強い敵は「アブラムシ」だと思います。
その繁殖力は群を抜きます。
1〜2匹では植物には影響が少ないので、見逃していると3〜4日で枝がアブラムシの固まりになってる。

この難敵を如何にやっつけるか、調べました。
ご参考になるか分かりませんが、お役に立てば幸いです。

まず、防御力。
一般的な昆虫は外骨格です。体の外側を固い殻に覆われて、敵の攻撃に耐えます。しかし、アブラムシはそれがありません。ふにゃふにゃのぷよぷよです。
敵のキバや爪には全くの無防備。

次に攻撃力。
昆虫の攻撃力はキバ、爪、針ですが、アブラムシには何もありません。
やられっぱなし。
しかも動作が遅く、逃げる事もできません。

繁殖力。
これがアブラムシの最大の武器。
雌雄の交尾は勿論、1匹だけでも子供が産めます。
そして、卵で生む卵生ではなく、親と同じ形の子供で生む胎生なので、死ぬ確率は極端に低い。
だから、ドンドン増える。特に雌一匹から生まれる子供は親のクローンなので、親の耐性をそのまま受け継ぎます。
ここが人間にとって最も厄介なところ。つまり、ひとつの薬剤で死にかけた親から生まれた子供はこの薬剤の耐性を持ってしまう。だから、同じ薬は効果が無くなる。この連鎖が続くと殺虫剤が効かないアブラムシが出来てしまう。

そして、繁殖力が強いので、てんとう虫などの天敵に襲われても、食べられるより増える方が多いから、さらに増える。
防御も攻撃も捨てて、繁殖にのみ特化している昆虫。そして、枝がアブラムシでいっぱいになるとストレスが発生して、羽根が生えた子供が生まれ、他の植物に飛び移り、また増える。

アリの存在。
アブラムシの排泄物は甘いので、賢いアリはアブラムシを家畜化して、利用しています。だから、大切なアブラムシを外敵からアリは守る役目もしていますし、別の植物へのアブラムシの移動も手伝っている。

アブラムシの種類もいくつかあって、どんな植物でもいいと言うわけではないようです。写真のアブラムシはキョウチクトウアブラムシといって、我が家ではオキシペタラム、夾竹桃、風船唐綿の3種にしか付きません。
他の植物には、一般的な緑色のアブラムシが付きます。

退治法
おそらく、完全な退治法は無いかも知れません。
一匹残らず、指で潰せれば可能ですけどね。
だから、私は耐性が付かないように3種類の殺虫剤のローテーションで対処しています。そして、最後にデンプンが主体の「粘着くん」を挟み、薬剤連鎖を止める。
でも、他の植物から飛んできたり、アリが運んでくるので、完璧とはいきませんが。

結論。
「早期発見と素早い対応」が一番ですね。
それには日々の細かいチェックが大切ですが、それが出来れば、こんなに苦労はしませんね。

以上、私なりの考えです。間違い等、訂正がございましたら、お知らせ下さい。
葉っぱが赤い2012/01/30
最近 葉っぱが赤く(赤黒く)変色しているのを よく見かけます。
私の住んでいる地域全体で見かけます。(宮崎市)

アジサイ、ヘデラ、ツツジ など 多種です。

こんなに強い変色ははじめてみましたので、驚いています。

軒下の葉は変色がみられません。

一体 どうしてでしょう?
ロウバイの病気について2011/04/22
日記の方にも書いたのですが、地植えしたロウバイが病気のようです。
茎が黒くなって葉が枯れてます。植え替える前までは元気だったのですが、、。
なにか対処法がありましたらよろしくお願いいたします。

1~18件を表示

会員登録がお済みの方は

会員登録をすると、園芸日記、そだレポ、アルバム、コミュニティ、マイページなどのサービスを無料でご利用いただくことができます。

期間限定特集 <プレゼント当たる!>

ピックアップ
テキストこぼれ話

6月号テキストこぼれ話
アジサイにまつわる話を公開中!(後編)

川原田さんが考えるアジサイの未来について伺いました。

今、熱い植物

今、熱い植物 第12回
“棘と葉を強光で鍛える…アガベ”

2つめの多肉植物として、アガベを選ぶ人がふえている

「朝顔チャレンジ」

「朝顔チャレンジ」
みんなでアサガオ観察をしよう!

みんなでアサガオの成長から開花までを見守る応援企画。あなたのアサガオを紹介してください♪

新着日記写真
スイカ
2018/06/20
アボカド種発芽
2018/06/20
メロン栽培中
2018/06/20
新入りです
2018/06/20
ランタナ畑
2018/06/20
ベゴニア大好き
2018/06/20
定期購読2018
投稿募集中 from テキスト編集部
「バラの病害虫対策ノート」の使い方

「バラの病害虫対策ノートの」の使い方
みんなの使っている様子を募集中!

「園芸栽培ノート2018」の使い方

「園芸栽培ノート2018」の使い方
みんなの使い方、アイデア募集中!

見て見て!お気に入りの花

見て見て!お気に入りの花
自慢の植物・庭の写真を募集中!

みんなのマルシェ

みんなのマルシェ
自慢の畑・野菜の写真を募集中!

おすすめ特集
「今、熱い植物」アーカイブ

「今、熱い植物」アーカイブ

テキスト人気連載をWEBで毎月お届け。人気の高まる多肉植物や観葉植物に注目し、その魅力を紹介

寄せ植えを楽しむ

寄せ植えを楽しむ

寄せ植え向きの植物選びや、作り方のポイントを紹介。参考になるキレイな作品写真も見られます

病気と害虫の話

病気と害虫の話

あなたの植物の症状は? 大切な植物を病気や害虫から守るための、見て分かる病気と害虫ガイド

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

バラの栽培で多くの人が悩む剪定の仕方を、動画でわかりやすく解説

テキストこぼれ話

みん園限定!テキストこぼれ話

ここだけで読める連載「テキストこぼれ話」。『趣味の園芸』で語りきれなかった話を限定公開

今年の夏は緑のカーテン

今年の夏は緑のカーテン

緑のカーテンの作り方やおすすめ植物、実践事例などを紹介しています

みんなのバラ百科

みんなのバラ百科

バラの歴史や「殿堂のバラ」などのバラにまつわる知識、役立つ情報が盛りだくさん

野菜だけで一品レシピ

野菜だけで一品レシピ

育てた野菜をおいしく食べるための、野菜を使ったレシピ222品を公開中

園芸LOVE 原田が行く

園芸LOVE 原田が行く

「みんなの趣味の園芸」スタッフであり『趣味の園芸』シニアエディター・原田による園芸エッセイ

全国植物園ガイド

全国植物園ガイド

全国の植物園一覧。日本植物園協会に加盟している植物園を中心に紹介。植物園に出かけよう!