ネコママさんの園芸日記
写真

他のプロフィール画像を見る

ネコママさん  三重県
お気に入りメンバーに登録
2014年02月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28
カテゴリ
12

ポインセチアが終わったかもしれない

2014/02/09

長く綺麗にいてくれたポインセチアですが、雪の前日からまたハラハラと緑の葉を巻いて落としており、寒くて水をあげていなかったからかと水と液肥をあげましたが、今日はもう赤い葉を残すのみになりました。
終わったのかな~

調べてみると、「花が咲いたあとの株の冬越しに成功したら、4月の中頃(下葉が落ちて鑑賞価値がなくなったら、1~3月でも可)に下から2~3節を残して切り戻しをおこないます。そうすることで、新芽が元気に伸びてきて、バランスのよい草姿になります。そのまま切り戻しをせずに放っておくと上の方の枝から芽が出てきてバランスの悪いものになります。」と記載されているサイトがありました。

趣味の園芸の12月号でも、詳しい育て方はあったのですが、冬の温度管理に失敗したらどうしたらいいのかなどの、困った時の情報がなくて、春の剪定まで話が進んでしまったため、捨てるしかないのかなと思っていました。

このサイトの植物図鑑の育て方で、水やりの項目でも、「2月から5月に新芽が出始めるまでは生育を休止して水を吸わなくなりますので、特に乾かし気味にします。」と書かれているから、もうあげない方がよかったのかもです。

バッサリ株元から切ってもよいようなので、肥料を上げずに切り戻して、3月になったら植え替えをして様子を見ようかな…

1枚目は、今日のポインセチア
2枚目は、ずいぶん花が開いてきたヘレボルス・ニゲル「クリスマススター」
3枚目は、プリムラ・マラコイデス「古都さくら」が満開

「ポインセチアが終わったかもしれない」関連カテゴリ

みんなのコメント(9)

初めまして。

ポインセチアは、葉が落ちても暖かい場所で水も与えていると春頃新しい葉が出てくると思いますよ!そしたら、切り戻しですね♪

我が家では一昨年冬を越して、葉は落ちたんですが春にはフサフサと葉が出てきました♪そこから切り戻しして8月末から短日処理を開始して10月には見事に色がつきましたよ♪

返信する

ラスカルさん、初めまして。

切り戻しは、春になって葉が出てからなのですね?
ありがとうございます。
じゃあ、もう少し切るのを待ってみます。

我が家は基本的に、ポインセチアが要求するほど暖かい場所というものが存在しないので、(寝る前に暖房を切って寝るので、家の中でも明け方には5℃位まで下がっています)終わっても仕方がないとは思っていましたが…

返信する

今やってもいいんでしょうけど、私は葉が出てきて、この子まだ生きてたんだってわかってから切りました(笑)

我が家ではポインセチアが寒さに弱いと知らなかったので、ずっと窓際だったんです。それでも大丈夫だったんですけど、車で5分くらいの実家では、窓際でダメになっちゃいました。

ちなみに福島ですが、窓際は夜間は5℃くらい、日中は23℃位だったと思います。


ただ、ポインセチアは短日処理がかなり大変でした。

返信する

ラスカルさん、福島なのですね。

それでも、ポインセチアを翌年また、そのまま育てられたなんて凄いですね~指でOK

三重県はもう少し暖かいはずなので、頑張らなくては…

ところで、このところの冷え込みは大丈夫ですか?
そちらは、雪も多いんでしょう?

返信する

切り戻ししたものは、挿し木にもできますよ。うちは5本挿し木にして5本成功したので、簡単なんだと思いますウィンク

その子供たちもちゃんと短日処理をして、お嫁に行きました♪

こちらは福島でも雪はあまり降らない浜の方なんです。だけど、今回は積もりましたね~。20センチくらいかなぁ。人生初の雪かきというものを体験しましたexclamation すでに、筋肉痛です(笑)

返信する

切り戻ししたものは、挿し木にもできますよ。うちは5本挿し木にして5本成功したので、簡単なんだと思いますウィンク

その子供たちもちゃんと短日処理をして、お嫁に行きました♪

こちらは福島でも雪はあまり降らない浜の方なんです。だけど、今回は積もりましたね~。20センチくらいかなぁ。人生初の雪かきというものを体験しましたexclamation すでに、筋肉痛です(笑)

返信する

ネコママさん、こんばんわ!
・・・・・“きよ”です。

ポインセチア、しばし休憩ですね!
葉を落としても、茎が緑色なら生きているので、
そのまま乾燥気味にして暖かくなるまで
待ちましょう。

葉を落としているので、水やりには
細心の注意をしてください。
表面が乾いてから、2~3日経ってから
やるようにすると良いです。

なぜなら、葉からの水分蒸散が全く
ありませんので、根からほとんど水を
吸いません。
そこ(用土)に水分がたくさんあると、
根腐れします。

まだ、頂芽の所には少し葉が残っている
ようなので、全部落ちるまで
そのままの管理でOKです。

切り戻しもしなくて良いです。
暖かくなってから切り戻ししましょう。

それから、液肥なんてあげては駄目ですよ。
水だけで良いです。

いずれにしても、寒さで休憩しているだけです。
できるだけ、温度が確保できるようなところに
置いておけば、大丈夫です。

プリムラ・マラコ満開でいいですね~
花色もホワイトで、素敵です。

クリロ・ニゲル、花が大きく見えるのですが、
気のせいかなーーー

返信する

ラスカルさん、こんばんは。

雪かきは、昔、愛知県にいた頃と、東京にいた頃に少し軽いのを経験していますが、一番降った時でも、膝まで行かなかったように思います。

雪下ろしをしなくてはいけない地方の人たちは大変ですよね。筋肉痛・・早く良くなりますように。

時期が来たら、切り戻しと挿し木をやってみますね。
ありがとうございました。

返信する

きよさん、こんばんは。

いつもありがとうございます。
休憩しているのですね。
少し、気が楽になりました。

茎はしっかりしていて緑色なので、このままの状態で置いておきます。

液肥は抜いて、別の鉢に挿してあります。

このニゲルは、「クリスマス・スター」という種類ですが、ラベルの写真よりも大きい花が咲いています。その代わり、ラベルでは、わんさかついている形でしたが、まるで「マリア」の時のように、花数は少ないです。
真っ白な花なので、数は少しでもいいやと思って喜んでいます。今のところ、蕾を入れて3輪咲く予定です。

「マリア」は、全部の花に種ができているというのに、また蕾がついて咲いていて、鉢が小さく感じます。こんな時期に植え替えするのもと思って、もう少し暖かくなるのを待っているのですが、成長が早いみたいで、根詰まりしないか心配です。

プリムラ・マラコイデスは、ずっと表にいますが、元気ですね~「古都さくら」という品種で、次々咲いてきていますが、もうこれが全部咲いたら、終わりなんでしょうね。
かなり早咲きでした。

返信する
みんなの趣味の園芸にログイン/登録する

※コメントの書き込みには会員登録が必要です。

会員登録がお済みの方は

会員登録をすると、園芸日記、そだレポ、アルバム、コミュニティ、マイページなどのサービスを無料でご利用いただくことができます。

新着日記写真
上野のゴッホ展
2021/09/23
秋分の日
2021/09/23
今朝の庭
2021/09/23
種できないなら...
2021/09/23
敬老の日のプレ...
2021/09/23
蝶の里帰り✨
2021/09/23
趣味の園芸バックナンバー
投稿募集中 from テキスト編集部
見て見て!お気に入りの花

見て見て!お気に入りの花
自慢の植物・庭の写真を募集中!

みんなのマルシェ

みんなのマルシェ
自慢の畑・野菜の写真を募集中!

おすすめ特集
植物図鑑まとめ

植物図鑑まとめ

たくさんある植物の中から、テーマ別や特徴別に紹介します。植物選びの参考にしてください

病気と害虫の話

病気と害虫の話

あなたの植物の症状は? 大切な植物を病気や害虫から守るための、見て分かる病気と害虫ガイド

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

バラの栽培で多くの人が悩む剪定の仕方を、動画でわかりやすく解説

寄せ植えを楽しむ

寄せ植えを楽しむ

寄せ植え向きの植物選びや、作り方のポイントを紹介。参考になるキレイな作品写真も見られます

「今、熱い植物」アーカイブ

「今、熱い植物」アーカイブ

人気の高まる多肉植物や観葉植物。業界の最前線で活躍する専門家がその魅力を紹介

テキストこぼれ話

みん園限定!テキストこぼれ話

ここだけで読める連載「テキストこぼれ話」。『趣味の園芸』で語りきれなかった話を限定公開

園芸用語集

園芸用語集

園芸でよく使われる主な専門用語を400語以上を掲載。50音順の索引から調べられます

今年の夏は緑のカーテン

今年の夏は緑のカーテン

緑のカーテンの作り方やおすすめ植物、実践事例などを紹介しています

みんなのバラ百科

みんなのバラ百科

バラの歴史や「殿堂のバラ」などのバラにまつわる知識、役立つ情報が盛りだくさん

野菜だけで一品レシピ

野菜だけで一品レシピ

育てた野菜をおいしく食べるための、野菜を使ったレシピ222品を公開中

全国植物園ガイド

全国植物園ガイド

全国の植物園一覧。日本植物園協会に加盟している植物園を中心に紹介。植物園に出かけよう!