みなみさんの園芸日記
写真

他のプロフィール画像を見る

みなみさん  東京都
お気に入りメンバーに登録
2014年11月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

秋バラ 6

2014/11/01

本日は小雨が降っています。一日こんな調子だと鉢バラに水をあげなくて済みそう。
花が衰えてきたものをかなりカットした。この時期のカットは花首だけするが、ザダークレディーなどこれからも芽が動き蕾が付き花咲くものは、もう少し深い所でカット。

1.ホット・ココア
樹形:フロリバンダ 作:ウィークス
2003年のAARS受賞のバラ。カナダの知り合いから、とてもいいバラが売り出されていると聞いていたが、その翌年日本に輸入されたので、それを買った。
輸入苗のため、台木の種類が分からないが、後に輸入を手がけていた人から、この台木はシュートが出ずらいと聞いた(私のものは途中シュートはよく出ている)。
接ぎ木はノイバラにも簡単に付いたが、差し上げてしまったので自分用のノイバラ接ぎを作りたい。

2.レ・トワール
右のピンクがレ・トワール 樹形:パティオローズ ブランド:ジャパンローズ 作:小川宏
写真は、朝の7時に撮ったが、日が出ていないので少し青みが入っている。大部分はレ・トワールが写っている。いずれも普通の仕立。
左のオレンジはかおりかざり。

3.バラ庭
この部分のバラは、全て鉢に仕立てている。9号鉢が多い。
手前の前ボケ みやこ、中央の赤 エルトウールル2、その奥が、かおりかざりとレ・トワール

「秋バラ 6」関連カテゴリ

みんなのコメント(10)

おはようございます
秋のバラ庭、溜息がでます。昨日の日記のばらも拝見しました。

朝は良い匂いでいっぱいでしょうね。個人のお宅でこんなに咲き誇っている様は、実際に見たことないのです。
赤のばらもいいけど、やっぱりピンクのル、リースに目がいってしまいます。こういう色の濃淡が出るピンク大好きです。

返信する

モモパチョコさん

ありがとうございます。秋バラシリーズは、あと2回ほど予定しています。なかなかいい写真が撮れなくて苦労しています。
花がいいと日が悪く、日のいい時は花が間に合っていない・・・。こんなことで、咲き進んでから撮ることも多く、残念なことです。

香りはなかなか難しく。9月終わりから10月初めごろの方がよく香っていたような気がします。たぶん鼻が馬鹿になっているのだと思います。今までも、ゲストの方に、よく香っていると言われ、えぇぇッとなっていると、よく嗅いでみなよ、なんて教えられています。

写真のル・リース、あまりいい写真ではないというか、花数がとても少なく写っています。花持ちがよくて、とても気に入っています。

返信する

こんにちは
いつもながら、ぴかぴか(新しい)素晴らしいぴかぴか(新しい)🌹庭ですね細やかな手入れに 敬服、感服 感嘆。
鉢9号って・・・大変な水管理 自分には無理。
今年は鉢栽培を目論み、40ℓ用土の鉢で10株程 9号も10株程、もっと小さいサイズの鉢で、20株程管理しましたが、持続不可能なので金輪際、止めますげっそりげっそり
みなみさんの様に鉢栽培は出来ないと実感しました冷や汗2冷や汗2
鉢栽培でこれほどの花園を作るなんて、本当に素晴らしいです目がハート目がハート

返信する

美しい〜〜バラ庭園目がハート
ル・リースの中心がオレンジがかってかおりかざりとナイスなカップリングショットっすねるんるん

わたし自分の勉強の為に、鉢バラで管理されてるバラ園ってないかなぁ〜って思ってたんすが、ありましたね、みなみさんとこだ!ウィンク

この時期花首だけのカットのほうが、新芽が動かなくて余計な体力使わせなくていいってことなんすかね?
どーせ冬にカットしてしまうのだし。。
花首だけカットした鉢もあるんすが、脇芽出してる。。
体力温存して欲しい〜〜〜あせあせ(飛び散る汗)

返信する

ブラウンサムさん

鉢のことよくご存知ですね。3年ほど前までは、普通の木バラは原則8号鉢で管理していました。大きな鉢だと、毎年の鉢替えで捨てるべき残土の量が増えるので、少しでも少なくということでした。鉢が小さいと、木も小さめになるのでたくさん置ける。本や日ばらのページを見ると6号鉢なんて書いてあって、それでもいいのかと・・・。
所が、デビッドオースチン社のカタログなどを見ると、鉢は12~16号ほどのことが書いてあります。ERだからそんなものでしょうけど。最近の本は6号なんては書いてありません。
それにしても、40リットルとは大きい。鉢替えが3・4年に一回で済みますね。

そんなことで、8号は新苗の育成やパティオ以下のバラにし、普通のものは9・10号鉢に切り替えています。昨年の秋というか今年の1月には切り替えが終わったので、今年はたくさんの花が咲いています。

「鉢栽培は出来ないと実感しました」
本当にそうですよ。毎日の水やりがありますから、ここ5年ほど泊りの旅行には行ったことがありません。
本当は、バラだけなら一泊ぐらいは可能ですが、猫メロンんがいますし・・。可愛くて。一晩おいては行けません。

返信する

リス吉さん

写真部分は全体の1/3強で、鉢バラが50個ほどあります。この左はコンクリをはっつてあり、ハイブリッドティーが15本ほど植わっています。さらにその左は少し高くなっていて、いろいろなバラが12本ほど地植えになっています。
2・3日うちには残りの7・8も公開しますので、見ていただければありがたいです。

花首だけカットするのは、葉を残すためです。11月いっぱいというか放っておけば12月も緑の葉を維持します。鉢の中の白根を育てるためです。また今の時期にあまり深いカットを」すると、かえってそこから芽が動ぎだしやすくなりますから、芽を出しても大した影響のない細い部分でカットします。で、ここからが本題になります。前置きが長いって・・・。まあまあ。

鉢バラの鉢替え、目標として11月20ごろまでの間に済ませたいです。その分けは、早めに鉢替えして、新しい鉢で少しでも白根を動かしたいからです。葉も12月末までは付けたままです。葉を落とすと休眠に入ってしまいます。
私も以前は12月にこの作業行っていました。しかし、日本ばら会の講習会が三越のチェルシーであり、その講師が産経メディックの玉置さん、ローズスタイリストの大野さんそしてチェルシーの有島さんでした。これらの諸先生から以上を学び実践させていただいています。
研修時期は12月でしたが、すでに植え替えた鉢を抜いて見せてくださいました。白根がびっしりと回っていました。

お三方とも素晴らしい先生で、講習会の後でお茶をご一緒させていただきました。私の右に玉置さん、向かいに有島さんと夢のような時間でした。大野さんお若くて見るから女性にもてそうでしたが、とても気づかいの方です。私、男だけど熱烈なファンになるほどです。

返信する

こんにちは。

昨日お邪魔して、見とれていたら、仕事が忙しくなり、コメントできませんでした。冷や汗

ホットココア、鮮やかな色合いですが、花型が丸みがあって、優しい感じですね。

鉢バラだけで、この素敵なバラ庭。
本当に水やりだけでも大変ですね。

返信する

タータンさん

いつも見ていただいてありがとうございます。

ホットココアって、名前よりは赤みがさすので、言われなければココアだとは思いません。本当に「鮮やかな色合、花型が丸みがあって、優しい感じ」という表現がピッタリなバラです。これと一緒に求めたアバウトフェイスと茨もありましたが、こちらは2年ほどで手放しました。

水遣りはホースで行うしそのホースも片づけはしません。その辺にころがしておきます。そんなだから庭の掃除の時に邪魔になるし・・・。
足に引っ掛けないよう注意しているから、それだけはないので、まあいいか。

返信する

ホットココア持ってます~ 持ってて良かった~(笑)
家のは まだ若い株なので 色がこんなにいいのが
出てないみたいだけど みなみさんとこのは
いい色ですね~
2枚目も レ・トワールの花姿もいいし
かおりかざりが 見えて これも又良いですね~

返信する

ボタンちゃん

ホットココアは、やはりノイバラに接いだ方が、房咲き性が増すような気がしています。私のものは、房咲き性がほとんどありません。もっとも、この認識が真かどうかは、厳密に確かめないとダメです。
バラは日当たりが悪いと房咲きしませんので、軽々に結論出ません。

レ・トワール、とてもいい花なんですが、置き場所が悪く、少し花を偏って咲かせてしまいました。なので、写真すると、どうも形がとれません。春にいい花が咲いたので、少し後ろに下げたのがまずかったです。
というより、鉢を減らさないとダメなようです。

返信する
みんなの趣味の園芸にログイン/登録する

※コメントの書き込みには会員登録が必要です。

会員登録がお済みの方は

会員登録をすると、園芸日記、そだレポ、アルバム、コミュニティ、マイページなどのサービスを無料でご利用いただくことができます。

趣味の園芸バックナンバー
投稿募集中 from テキスト編集部
見て見て!お気に入りの花

見て見て!お気に入りの花
自慢の植物・庭の写真を募集中!

みんなのマルシェ

みんなのマルシェ
自慢の畑・野菜の写真を募集中!

おすすめ特集
植物図鑑まとめ

植物図鑑まとめ

たくさんある植物の中から、テーマ別や特徴別に紹介します。植物選びの参考にしてください

病気と害虫の話

病気と害虫の話

あなたの植物の症状は? 大切な植物を病気や害虫から守るための、見て分かる病気と害虫ガイド

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

バラの栽培で多くの人が悩む剪定の仕方を、動画でわかりやすく解説

寄せ植えを楽しむ

寄せ植えを楽しむ

寄せ植え向きの植物選びや、作り方のポイントを紹介。参考になるキレイな作品写真も見られます

「今、熱い植物」アーカイブ

「今、熱い植物」アーカイブ

人気の高まる多肉植物や観葉植物。業界の最前線で活躍する専門家がその魅力を紹介

テキストこぼれ話

みん園限定!テキストこぼれ話

ここだけで読める連載「テキストこぼれ話」。『趣味の園芸』で語りきれなかった話を限定公開

園芸用語集

園芸用語集

園芸でよく使われる主な専門用語を400語以上を掲載。50音順の索引から調べられます

今年の夏は緑のカーテン

今年の夏は緑のカーテン

緑のカーテンの作り方やおすすめ植物、実践事例などを紹介しています

みんなのバラ百科

みんなのバラ百科

バラの歴史や「殿堂のバラ」などのバラにまつわる知識、役立つ情報が盛りだくさん

野菜だけで一品レシピ

野菜だけで一品レシピ

育てた野菜をおいしく食べるための、野菜を使ったレシピ222品を公開中

全国植物園ガイド

全国植物園ガイド

全国の植物園一覧。日本植物園協会に加盟している植物園を中心に紹介。植物園に出かけよう!