ネコママさんの園芸日記
写真

他のプロフィール画像を見る

ネコママさん  三重県
お気に入りメンバーに登録
2016年05月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
22

咲き分けツツジ咲きだしました

2016/05/12

今年もまた、玄関に通じるスロープ脇の咲き分けツツジ(サツキツツジ)が咲いてきました。
もともとこのサツキは、盆栽だったおかげで、空襲の時にも蔵の中で無事に過ごし、その後も長い年月を経て、引っ越した後庭に地植えにされてからも40年以上たったために大きくなり、元の枝ぶりとは全く違ってしまいましたが、江戸時代からずっとこんな咲き方だったのかどうか、でも、自分が幼かったころからすでに様々な花芸を見せてくれた花。
何とか自己流で透かし剪定を重ねて、今もこうして咲いてくれるのを見ると感謝の気持ちでいっぱいになります。

様々な花をつけていますが、3枚とも同じ1株の咲き分けツツジの花です。
(5月12日撮影)

「咲き分けツツジ咲きだしました」関連カテゴリ

みんなのコメント(2)

おはようございます!

咲き分けツツジ(サツキツツジ)が咲いているんですね。
しかも、40年もの・・・素晴らしい~~

いいな~、私もツツジを1つだけ持ちたいのですが、
(ベランダのスペースを考えて)
咲き分けも候補の一つにしよう!!!

返信する

きよさん、こんにちは^^

正確には40年物ではなくて、こちらに引っ越して庭に下ろしてからが40年で、前の家にいたころは既に盆栽の状態で存在してました。

戦時中はその盆栽の状態で、空襲でそのあたり一帯が火の海になった時にも、どうしても守らなくてはいけない盆栽を入れてあった蔵は焼け残ったのだそうです。この皐月は「五葉の松」や「天神さんの梅」や「五色椿」などの盆栽と同じように戦争を生き抜いた鉢の一つです。

あたり一面焼け野原になった時に、周りの人たちに見ていただけるようにと、松や梅や椿は庭に下ろしたそうで、幼いころからすでに大きな状態だったのを見ていますが、サツキの類はみな盆栽の状態のままでした。

これらの中には拝領物の江戸時代からのものがあると聞いています。幼い頃は、庭師さんが毎月来てくださって、手を入れていたのをくっついて眺めていたので、何とか見様見真似で、当時庭師さんからお話していただいたことも思い出しながら、自分で手入れしているのですが、やはり、素人ですので、限界を感じる毎日です。

返信する
みんなの趣味の園芸にログイン/登録する

※コメントの書き込みには会員登録が必要です。

会員登録がお済みの方は

会員登録をすると、園芸日記、そだレポ、アルバム、コミュニティ、マイページなどのサービスを無料でご利用いただくことができます。

定期購読
投稿募集中 from テキスト編集部
見て見て!お気に入りの花

見て見て!お気に入りの花
自慢の植物・庭の写真を募集中!

みんなのマルシェ

みんなのマルシェ
自慢の畑・野菜の写真を募集中!

おすすめ特集
植物図鑑まとめ

植物図鑑まとめ

たくさんある植物の中から、テーマ別や特徴別に紹介します。植物選びの参考にしてください

病気と害虫の話

病気と害虫の話

あなたの植物の症状は? 大切な植物を病気や害虫から守るための、見て分かる病気と害虫ガイド

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

バラの栽培で多くの人が悩む剪定の仕方を、動画でわかりやすく解説

進化系園芸店

ふらりと足が向く進化系園芸店

趣味の園芸テキストの連載で紹介した、今訪れたい進化系園芸店

寄せ植えを楽しむ

寄せ植えを楽しむ

寄せ植え向きの植物選びや、作り方のポイントを紹介。参考になるキレイな作品写真も見られます

「今、熱い植物」アーカイブ

「今、熱い植物」アーカイブ

人気の高まる多肉植物や観葉植物。業界の最前線で活躍する専門家がその魅力を紹介

テキストこぼれ話

みん園限定!テキストこぼれ話

ここだけで読める連載「テキストこぼれ話」。『趣味の園芸』で語りきれなかった話を限定公開

園芸用語集

園芸用語集

園芸でよく使われる主な専門用語を400語以上を掲載。50音順の索引から調べられます

みんなのバラ百科

みんなのバラ百科

バラの歴史や「殿堂のバラ」などのバラにまつわる知識、役立つ情報が盛りだくさん

野菜だけで一品レシピ

野菜だけで一品レシピ

育てた野菜をおいしく食べるための、野菜を使ったレシピ222品を公開中

全国植物園ガイド

全国植物園ガイド

全国の植物園一覧。日本植物園協会に加盟している植物園を中心に紹介。植物園に出かけよう!

NHKテキスト定期購読