泣き顔ぷっくっくな顔 コンポスター受難 | みんなの趣味の園芸 - 小春さんの園芸日記 " />
小春さんの園芸日記
2016年05月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ

おのれ~げっそり泣き顔ぷっくっくな顔 コンポスター受難

2016/05/13

庭の隅で堆肥作りをしています。蓋付きのコンポスターを使って、生ごみ、シュレッダーにかけた枝、刈った芝や古い鉢土を層にして入れます。ネズミが寄り付かないように、玉子の殻や食べ残し(残ることはまずありませんが)は絶対に入れないようにしていたのですが、この冬、遂に容器を喰い破って侵入しました泣き顔 

入り込んだが最後、土中深くまでトンネルを掘って営巣するので、先週中身を全部出し、コンポスターを修復しました。継ぎ目部分が外れかかっているので、電気ドリルで穴を開け、針金で修繕。ネズミが開けた穴も針金を何重にも渡して繕いました。これまでは地面にじかに置いていましたが、コンクリート板を敷いた上にコンポスターを載せて、トンネルが掘れないようにしました。もう一度中身を入れ直し、これでひと夏、気持ちよく使えます…と思いきや…甘かったふらふら 

完成三日後、蓋を開けたら中が荒らされていますげっそり 修復した穴の隣にさらに大きな穴を開けて、また入り込んでしまいましたぷっくっくな顔 コンクリートの壁を齧るくらいですから、プラスチックのコンポスターなんて、おせんべいほどの固さも無いのでしょう湯のみ 

早速コンポスターの中に毒入りの餌を置き、再訪。『コンコン、入ってますか?』ノックしてからでないと蓋が開けられません冷や汗2 いました、まん丸のドブネズミ!クマネズミのように、屋根裏などに上がって来ないだけマシですが、地下鉄の線路や下水道を走り回ったり、運河で泳いだりしているヤツです。

使った毒は、数日するうちに臓器出血を起こすというモノです。『その場でこと切れずに、巣の奥深くに籠って二度と出てこないので、死骸を目にすることも無く、女性でも安心して使えます猫2』というのが売りです。・・・と言うことは、コンポスターの奥底深くに潜んで内出血?!げっそり

昨日は朝からもう一度コンポスターを持ち上げ、いつでも逃げ出せる態勢で少しずつ山を崩しましたがまん顔 恐る恐るなので、丸く固まったものが出て来るたびに飛び上がりそうになり、大きなミミズを尻尾と見間違い、散々な目に遭いました泣き顔 

ところが不思議なことに中はもぬけの殻。毒を喰らってすぐ、コンポスターの穴から抜け出したのでしょう。無駄骨でホッとしたような、腹が立つような、複雑な気分。再度穴を修繕し、設置し直し、中身を積み直しました。駆逐業者のホームページに、テレピン油をたっぷり含ませたボロ布を入れておくと良い、と書いてあったので、四隅に入れておきました。ホームセンターで、かくかくしかじかでテレピン油が欲しいと言ったら、若いお兄さんが急に目を輝かせて、『ボクだったらシンナーにするな~』シンナー中毒のドブネズミにうろうろされた日には、庭に出られませんうれしい顔爆弾 

コンポスターはごみの削減になり、とても良い堆肥が出来ますが、ネズミが入り込んで苦労する人が多いようです。皆さんどんな対策をしているのか検索したところ『コンポスターの中にヤマカガシ(蛇)が棲みついてからはネズミが寄り付かなくなりましたわーい(嬉しい顔)』というのがありました冷や汗 奥さまも寄り付かなくなってしまったそうですウッシッシ

ドブネズミの巣穴画像を載せるわけには行かないので、今咲いている花、セントーレア モンタナとヒアシンソイデス ヒスパニカです。どちらも気まぐれに堆肥を与えるだけでモリモリに咲いてくれます。セントーレアの蕾は実に綺麗な群青色をしています目がハート

「おのれ~げっそり泣き顔ぷっくっくな顔 コンポスター受難」関連カテゴリ

みんなのコメント(20)

おはようございます。

 鼠との戦いですか。
 自然が豊かなので、お庭にはいろんな動物達が来るんですね。
 鼠がコンポスターを食い破るなんて考えてもいませんでした。
 ヤマカガシはいかんでしょう。
 奥様も寄り付かない、小春さんも寄り付かないですね。寄りつく、まさか。

返信する

ご愁傷様です。
昨日は葉月よしこさん(シャンソン歌手)と言う方の歌を聴かせていただきました。
パリでルイ・ビトンさんと食事をしたと喜んでいました。
ネズミ嫌ですねえ。蛇はもっと嫌だけど。
我が家はプラスチック製なので現れないようです。
パン屑を入れると発酵が早くなるのは知ってたけど皆さんいろいろ苦労なさってるんですねえ。

返信する

こんにちは

苦労お察しします

鼠もヘビもいやですね ハムスターなら可愛いですむんだけど

どの花も綺麗に咲いてますね

返信する
  • 写真
  • 2016/05/13

すごいね。そういうネズミをたくさん集めてなんか出来るといいのに、破壊はするけど建築は出来ないのか。
それより一つ気になったのが、「しかじかかくかく」
あれ「かくかくしかじか」だと思ってたけど、反対でもいいのか・・それともドイツに行ったら反対になっちゃった?

返信する

おはようございます。
セントーレア お花の感じが私が先日、ポチっとしたエリンジウム ビッグスターというのに似ている気がしました。まだ、現物は到着はしていないのですけれど冷や汗
セントーレア 綺麗なお花ですね。丈もそんなに大きくなさそう。耐寒性、もちろんありますよね?
ヒアシンソイデス ヒスパニカ
以前、日記に訪問頂いた時のブルーベルとは違うんですよね?でも、よく似ていますね。
ネズミ 騒動記 私にはとても小春さんのように覗いたりは無理ですー(長音記号2)げっそり小春さん、逞しいです。お疲れ様です。
ネズミ あの尻尾がダメです。ハムスターもネズミを想像してしまうので無理です冷や汗2

返信する

こんにちは。

ブルーのお花が綺麗に咲いてるのにお花の説明無し。

堆肥作りをされているのですね。
いいことですが、ネズミの被害が大変なようですね。
野ネズミでしょうか。
苦戦されていますね。

返信する
  • 写真
  • ann 2016/05/13

こんにちは

ねずみ騒ぎ大変でしたね
一度ここに餌があると覚えると毎日やって来るんでしょうね
小さなかやねずみでも、作物を荒らされると頭来ますから、どぶねずみだと「コノヤロー」ってなりますね
かわいいお花と記事のギャップがおもしろいな~

返信する

ねむりねこさん

今日は

強化プラスチックで、見た目は頑丈そうですが、通気口の部分が齧られます。ドブネズミは湿った所が好きで、しかもコンポスターの中は冬場でも暖かいですから、ご機嫌だったと思います。

寄り付ききます冷や汗 ヨーロッパヤマカガシは毒は無いそうですから、開ける時はノックです。でも中でじっとしていてくれるわけではないので、お隣の奥さまが何と言われるか・・・

返信する

はとさん

今晩は

このコンポスターもプラスチックで、見た目は頑丈ですが、通気口の穴周辺から喰い破られます。

蛇の方がもっと嫌ですか?ヨーロッパヤマカガシというのは毒性は無いそうなので、棲みつかれてもお互いに慣れれば大丈夫かなと思います。小さな野ネズミやかやネズミは以前からいて、こちらは球根や種を食べます。

返信する

なおさん

今日は

びくびくしながらの肉体労働で、全身筋肉痛ですがまん顔 

野ネズミや、かやネズミなど、マウス系は小さくて可愛いのですが、花壇や鉢から急に飛び出してくることがあります。

どうしてでしょうね、同じ四足なのに犬や猫は愛され、マウス系は絵本でも主役、ラット系は忌み嫌われて悪役です。

返信する

ひかるりさん

今晩は

ありがとう、直しておきました。ドイツへ来る前から逆転していたと思いますうれしい顔 「かくかくしかじか」って、初めて聞きました冷や汗 私はとんでもない言葉の間違いとか思い込みがしょっちゅうです。紋甲いかは蒙古いかと思い込んでいました。高校の同級生たちに『モンゴルの大地でイカが獲れるか』と爆笑されました。

ベルギーの Apopo という団体が、ラットを使った結核の探知と、地雷探知で成果を上げています。犬の1,5倍の嗅覚があり、体重が軽いので地雷が作動してしまうことも無く、安全。ヒーローラットと呼ばれています。
http://feely.jp/22241/

返信する

miyu さん

今晩は

エリンジウムはアザミの仲間で、トゲトゲしています。セントーレア モンタナは宿根矢車菊です。律儀で良く咲きますが、25℃でも直射日光ではぐったりして、下葉が枯れてきます。涼しい日が続けば切り戻してもすぐに蕾を付けます。モンタナ=山岳地方ですから、miyu さんの所にはピッタリの花です。

イングリッシュブルーベル(ヒアシンソイデス ノンスクリプタ)と同じ仲間ですが、ヒスパニカの方が大株になります。

農婦だった義母はネズミの死骸など平気でつかんで捨てます。自分であれこれするようになって、少しは逞しくなりましたが、まだまだ修行が足りません。

返信する

かんちゃん

今晩は

ブルーの花、セントーレア モンタナは宿根性のヤグルマギクです。何もしなくても綺麗に咲いてくれますが、暑がりですね。直射日光が当たるとぐったりします。

ヒアシンソイデスはこのヒスパニカ種と、イングリッシュブルーベルと呼ばれるノンスクリプタ種がありますが、ヒスパニカは大株になり、一つ一つの花も大きいので見ごたえがあります。

野ネズミは堆肥には入って来ません。とても小さいので、鉢穴から潜り込んで球根を齧ったり、種が出来た花を摘んで集めたりしています。黄色い花を咥えて、チョロチョロ芝生を横切って行く姿が可愛いです。

ドブネズミはジメジメしたところが好きで、コンポスターの中は、ゴミが分解されるときに熱が出て温かくなりますから、冬越しにはうってつけなのでしょうね。厄介です。

返信する

ann さん

今晩は

ann さんもモグラやアライグマと闘っておられましたね。先ずは闘うそぶりを見せないと、なめられたら完全に居ついてしまいます。

野ネズミやかやネズミは、悪さをするようになるとネズミ捕りで生け捕りにして、森や空き地に離しています。当面困らないように、ひまわりの種などを持たせています。空き地にひまわりが生えていたら、小春さんの仕業ですあっかんべー パンにチョコレートクリームを塗って仕掛けておくと、面白いくらい捕れます。甘党ですねわーい(嬉しい顔)

返信する

小春さんの日記を、楽しく拝読しながらも、ネズミを追って蛇は来ないのかなぁと、蛇が(毒がなくても)怖い私は思っておりました。

やっぱり!出てきたー!げっそり

↑ドブネズミは毒殺してもいいけど、野ネズミやかやネズミは、やってはいけないのですか?

まぁ~っ目なんてお優しい小春さん、それじゃあ、味を占めて再訪ということにはならないのでしょうか?

私はただ、その森がひまわりの群生地にならないことを、祈るばかりです。うれしい顔あっかんべー

あぁ、このセントーレア、ジョージアのウシュグリ村の山で見ましたよ。目がハート

返信する

雪媛さん

お早うございます。

雪媛さんのお宅は蛇が来る可能性があるのですね。この辺りでは見かけません。東京23区内ギリギリの実家には、青大将やシマヘビがいました。武蔵野の面影を残していた時代です。

いえいえ、小さなマウス類にも専用の毒があります。お目々がパッチリして可愛いというだけで、ただの依怙贔屓です。いずれにしても毒は専用の容器に入れるか、他の動物が来ない場所に仕掛けなければなりません。

いつだったか、地下室で電気ドリルを使っていた時、しゃがんだ私の脚の間を後ろから潜り抜けて行ったハタネズミがいましたげっそり 電気ドリルが回っているにもかかわらず、急ぐでも、悪びれるでもなく通り抜け、こちらは腰が抜けそうでした冷や汗 そのまま閉まったドアの隙間から消えましたうれしい顔 ハタネズミも厄介ですが、あんまり可笑しくて、戦う気力が失せてしまいました。

フンボルト大学農学部の実験農場が近所にあるのですが、財政難で一部を切り売りし、空き地になっていました。見事なヒマワリが並んでいましたがあっかんべー 今は低層住宅が並んでいます。

ウシュグリ村、検索してみました。ヨーロッパ最後の秘境だそうですね。やはり山でしたか。暑がりなわけです。

返信する

ドブネズミですか~嫌ですね~
昔 古い家に住んでた時 庭にネズミが出たので
ねずみホイホイ?知ってるかな~
ゴキブリホイホイみたいなの~ 粘着テープに体がくっついてました~ それをゴミ袋に入れて捨てたのを思い出した~げっそり
そういうのを処理するのは嫌ですね~
もう40年くらい前のことです~

返信する

ボタンちゃん

お早うございます。

クマネズミは乾いた場所が好きで、壁を登れるので、屋根裏に入り込みますが、ドブネズミは名前にふさわしく、下水管や、庭だったらコンポスターのようなジメジメしたところが好きなようです。下水管にネズミ返しが付いていない古い家では、トイレの蓋を持ち上げて屋内に入って来ることもありますげっそり 朝起きて、ドブネズミにお早うさんはたまらないので、下水管を全部新しくして、ネズミ返しを付けました。

ネズミホイホイ、以前友人が日本から持ってきてくれて、使ってみました。早速猫が潜り込んで、毛を切ったり、テレピン油で拭いたりの大騒ぎになりましたうれしい顔 猫 は狭い所が大好きですね冷や汗

返信する
  • 写真
  • 2016/05/18

こんばんは

凄い凶暴なネズミがいるんですね。
家の中で鉢合わせなんて絶対にしたくないですね。
ネズミって卵の殻好きなんですか?

そちらにもセントーレアのお花あるのですね、私も数年前に知ってとても素敵なお色だなと思っていたところです。
ヒアシンソイデスの群生もとてもきれいですね。

返信する

華さん

今晩は

野ネズミ、かやネズミは鉢穴からでも入れるサイズですが、ドブネズミとなると迫力がありますうれしい顔 調理したものや卵の殻は入れるなと言いますが、野菜果物の屑だけでも入って来ましたから、中身に関係なく、温度湿度が心地良いのだと思います。

セントーレア、良い色ですよね。蕾の群青色もとても綺麗です。ただ葉が薄い分、暑がりです。

ヒアシンソイデス、ブリュッセル近郊の『ハルの森』という所の群生を見に行く予定だったのですが、テロで止めにしました。森一面のイングリッシュブルーベルに靄がかかるところなど、一度はこの目で見てみたいものです。

返信する
みんなの趣味の園芸にログイン/登録する

※コメントの書き込みには会員登録が必要です。

会員登録がお済みの方は

会員登録をすると、園芸日記、そだレポ、アルバム、コミュニティ、マイページなどのサービスを無料でご利用いただくことができます。

定期購読
投稿募集中 from テキスト編集部
見て見て!お気に入りの花

見て見て!お気に入りの花
自慢の植物・庭の写真を募集中!

みんなのマルシェ

みんなのマルシェ
自慢の畑・野菜の写真を募集中!

おすすめ特集
植物図鑑まとめ

植物図鑑まとめ

たくさんある植物の中から、テーマ別や特徴別に紹介します。植物選びの参考にしてください

病気と害虫の話

病気と害虫の話

あなたの植物の症状は? 大切な植物を病気や害虫から守るための、見て分かる病気と害虫ガイド

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

バラの栽培で多くの人が悩む剪定の仕方を、動画でわかりやすく解説

進化系園芸店

ふらりと足が向く進化系園芸店

趣味の園芸テキストの連載で紹介した、今訪れたい進化系園芸店

寄せ植えを楽しむ

寄せ植えを楽しむ

寄せ植え向きの植物選びや、作り方のポイントを紹介。参考になるキレイな作品写真も見られます

「今、熱い植物」アーカイブ

「今、熱い植物」アーカイブ

人気の高まる多肉植物や観葉植物。業界の最前線で活躍する専門家がその魅力を紹介

テキストこぼれ話

みん園限定!テキストこぼれ話

ここだけで読める連載「テキストこぼれ話」。『趣味の園芸』で語りきれなかった話を限定公開

園芸用語集

園芸用語集

園芸でよく使われる主な専門用語を400語以上を掲載。50音順の索引から調べられます

みんなのバラ百科

みんなのバラ百科

バラの歴史や「殿堂のバラ」などのバラにまつわる知識、役立つ情報が盛りだくさん

野菜だけで一品レシピ

野菜だけで一品レシピ

育てた野菜をおいしく食べるための、野菜を使ったレシピ222品を公開中

全国植物園ガイド

全国植物園ガイド

全国の植物園一覧。日本植物園協会に加盟している植物園を中心に紹介。植物園に出かけよう!

NHKテキスト定期購読