Sakurasouさんの園芸日記
  • トップ
  • そだレポ
  • 写真
  • 園芸日記
  • 参加コミュニティ
  • お気に入り植物
2016年08月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
10

いいね!した人

※ゲストでいいね!した人は表示されません。

目黒雅叙園 建具組子。

2016/08/20

📷 百段階段の「清水の間」

📷 同じく部屋の建具組子

📷 「影向の松」山川英夫作。これは階段の途中に展示してありました。

オリンピックマークにも使われている、組子。
他にも欄干絵や床柱。等々限りなく日本の伝統文化がありました。

私が生まれ育った家も、昭和の初期に建てられたお屋敷でした。
祖父が残した唯一の家でした。
戦争を潜り抜けて、神戸の震災で全壊しましたが、
きっと私の中には今もこの家が拠り所になっているのかもです。

そんな訳で、この雅叙園は絢爛豪華でしたが、
どこかに懐かしさがありました(^O^☆♪

この雅叙園は昭和6年から昭和18年まで建物の拡張と庭園工事が続けられていたそうです。

そして、世界中の銘木や珍木を集めて作られているそうです。
きっと、昔からプラントハンターの清順さんのような人が、
活躍されたのでしょうね〜(*^_^*)

「目黒雅叙園 建具組子。」関連カテゴリ

みんなのコメント(14)

う~ん・・・Sakurasouさんの原点を見たかも。
お屋敷に住んでたんだ。
やっぱ庶民じゃなかったんだ。
雲の上の人だったのか~。
ま・・私もいつか雲の上に行くけど?うれしい顔

返信する

こんにちは。

影向の松!
私も「和のあかり展」を観に行った時、見事な組子細工が
目に留まって思わず写真に撮りました。
調べてみたら、あちこちにそういう名前が付いた松の木が
あるみたいですね。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BD%B1%E5%90%91%E3%81%AE...

目黒雅叙園の松のモデルはやっぱり小岩のものでしょうね。
何たって都内ですから。

Sakurasouさん…お屋敷住まいだったとは、良家のお嬢様でしたか!
気安く「さん付け」ではなく、私のような下の物は
「様」を付けてお呼びしなければ…。オヨヨ。

…それはともかく。
あのイベントを観に来ている人たちで、こういう館内の
見事な装飾の美しさに気付いている人、どれくらいいるのでしょうか。
展示ばっかりでなくて、そういう所も観てほしいですね。
お屋敷に住んだことのない私でさえ、どこか安らぎや
懐かしさのような物を感じました。

返信する

ひかるりさん、こんにちは~。

またぁ~~誤解ですって。(^_^;)

私の母の時代です。(笑)
貿易商だった祖父は戦争で落ちぶれて、家の証文を飲み代のかたにしてしまって。

そのお蔭で家が売れなくて戦後のどさくさでうやむやになって。。。

って?ホントの様でウソみたいなお話なんです。

私の幼い頃は、お屋敷はぼろぼろ(笑)
雨漏りまでしていました。
父が日曜大工が趣味でしたので、最後は塀まで作ったのです。へ~~~って?(笑)

今では、みんな雲の上ですわ。(*^^)v

返信する

ゆうきさん、こんにちは。

組子はあかりのも綺麗でしたね。
この「影向の松」は説明のガイドさんからも東京の方から
そんな話がありました。
って聞きました。

ゆうきさ~ん、オヨヨて?(笑)
書き間違えました。正確には「ボロお屋敷」に住んでいたんです。(^_^;)

戦争で神戸も空襲で焼けた家が多くて、我が家には親戚まで一緒に住んでいました。
ボロでもお屋敷。部屋数はありましたから。。。

さすが、ゆうきさん渋いです。るんるん
お部屋だけの展示も見たかったですね。

次回は假屋崎さんの生け花展ですね。
両方見れるので、楽しみです。(*^^)v

返信する

sakurasouお嬢様
こんにちは🌻
ご機嫌麗しゅうございますでしょうか?

面を上げてもよろしいでしょうか?

はっ!失礼しました。
下がらせて頂きます
三⊂( ⊂ ゚ω゚)⊃

返信する

dokokanototoroさん、こんばんは。

はい、よろしくってよ(*^^)

って?”なんでやね~ん”
の方がしっくりしますのよ。ほほほ。

そう言えば、私の幼少の頃には「離れ」に行くのに
外の渡り廊下を歩いて行くのですが、冬は寒く雨の時は濡れるし。。。
廊下は当然朽ちかけていて、何度か転げ落ちました。。。

ボロいお屋敷だったのを知らなかったのです。(笑)
あ、ほほほ・・・

ごきげんよ~~^^。

返信する

 ↑ のコメの続きですけど・・・

その「離れ」とやらに行くのに、夜は怖かったですか??

「外の渡り廊下」って~~暗そう&怖そう=夏ですからして~

もちろん、おトイレも、お外でしょ~~~

冬は、寒いし・・・う~~~~げっそり想像できないあせあせ(飛び散る汗)

返信する

メイプルさーん、こんばんは〜(*^_^*)

離れに行くのに、廊下はほんの3メートル程です。笑。
私が生まれる前に、動かしたそうです。
そこには、パン屋さんが建ってました。
南側の庭にも大きな飛び石が椿の根元に積み上がっていて、
それも、前に道を作るために寄せたそうです。

で、🚻はどうしたかって?
寝る前に行って朝までガマン。(*^_^*)V

若かったのね〜。

この離れには、母の妹さん2人居て、その後は叔母さんが。
その後に
姉と私が住んでました。2部屋ありましたので。
なので怖くはなかったのと、。若かったのね〜。

それと、生まれた時からそんな家に住んでいると、
あまり不思議な感じはしなくて、今から考えると、
ボロお屋敷なんでした。(*^◯^*)

さあー、今日は又来客でしてもうエネルギー切れです。
こちらは台風が来そうです。
いつも他人事だと思わないで、準備しておかないと。
って言っても雨戸を閉めるぐらいです。

植物は、一応避難しました。(^O^☆♪

返信する

ようやく 落ち着きまひたー

遊び疲れか はたまた 飲み過ぎ食べ過ぎで
瞼が ボクサーみたいに 腫れて
赤い発疹が でちょりまして
こんな ものが お屋敷に 上がり込んで
あい、 しゅみまへん

あの オリンピックの
ロゴは ここから ですか
日本的な いい ロゴだなあと 思ってました。
雨降って ロゴ固まるとは よく言ったもんです。

お屋敷と 離れ なにやら 道ならぬ 恋の話で
よくありそう
離れに 住むじいや と お嬢様 の お付き合いを知った
家政婦 タコ子は 伝書鳩の
フリをして 実は お金目当てで お父様に 内通して
おったのじゃーーー

返信する

みんみんさん、こんにちは~。

あらまあ大変どす。さすがの強健なみんさんでも夏バテ?

いいよ~^来てくれてありがと~~。揺れるハート
”めばちこ”ではないよね。

そうそう、初めのよりイイよね。
なかなか良い事言うね~~ロゴ固まるって~~。

離れのお話って~?
妄想が暴走?どころか~ばく進しそうでアブナイ?(笑)

離れに行く入口は分からない様になっていました。
今から思えばです。

北側のお部屋の押し入れの襖の一番端が出入り口につながっていました。

離れには、古い箪笥がありました。
中には~~?
色々な物が・・・・。
今となっては、確かめるすべがないのです、
ちょっと、残念です。ウィンク

なので、90年以上前のお話にみんさんの妄想も
当たっていたりしそうです。(*^^)v

返信する
  • 写真
  • 2016/08/23

こんばんは♪

三つ子の魂百まで ですね🏠
きっと欄間とかも立派なのがあったんだろうな~
自分の幼なじみクンのお父さんが欄間職人さんでね、その子のうちに遊びに初めてあがった時に見た欄間の立派さは今でも忘れず僕のアルバムに焼き付いています。

格子だったり障子だったり、落ち着きます。

>オリンピックマークにも使われている、組子。
これ、いいですね。
最近TVCMでもスポンサーCMの時に見ますが、エンブレムを一瞬みただけでも落ち着きます。

返信する

おにぎりさん、おはようございます〜(*^^*)

はい、欄干の彫り物は。
松と砂浜から海に船。と続いていました。

幼い頃からそれを眺めるのが好きでした。

床の間の横の襖絵とかは、やはりこんな感じだった様ですが、
残念ながら思い出さなくて。

今は建売りだと和室がない家も多くなりましたが、
こうして、日本の文化は残して欲しいです。

オリンピックは、そんな意味でもいい機会かもですね〜。

あらー?なんだか普通のお話ししてますね〜。湯のみ

返信する

こんにちは。

いいものを見せていただきありがとうございました。

実家にも祖父が作った建具の写真が数点残っていますが、今でも通用するようなモダンなものもあります。

機械で作る時代ではないのに すごいです。

2番目の写真ととてもよく似たものをもらってきました。

祖父は東京にいたことがあると聞いたことがあります。
修行してたのかな?

返信する

みちよさん、こんにちは。

日本の伝統文化は世界に誇れるものですね〜(*^^*)
そこにたずさわっていらしたお祖父様は素晴らしいですね。

もしかしたら、この雅叙園でも建具を作ってらしたかもですね。

戦争がいよいよ激しくなる直前まで、雅叙園の内装や建増しとかが
進んでいたそうです。

買ってきた本に書いてありました。笑。

また、見せて下さいね。(^O^☆♪

返信する
みんなの趣味の園芸にログイン/登録する

※コメントの書き込みには会員登録が必要です。

会員登録がお済みの方は

会員登録をすると、園芸日記、そだレポ、アルバム、コミュニティ、マイページなどのサービスを無料でご利用いただくことができます。

期間限定特集 <プレゼント当たる!>

ピックアップ
テキストこぼれ話

7月号テキストこぼれ話
ベリーにまつわる話を公開中!(後編)

「完熟」のタイミングや、家庭栽培ならではの楽しみについて伺いました。

今、熱い植物

今、熱い植物 第13回
“潜入! 100円多肉農場!!”

手抜きのない管理で生産されている「100円多肉」

「朝顔チャレンジ」

「朝顔チャレンジ」
みんなでアサガオ観察をしよう!

みんなでアサガオの成長から開花までを見守る応援企画。あなたのアサガオを紹介してください♪

定期購読2018
投稿募集中 from テキスト編集部
「バラの病害虫対策ノート」の使い方

「バラの病害虫対策ノートの」の使い方
みんなの使っている様子を募集中!

「園芸栽培ノート2018」の使い方

「園芸栽培ノート2018」の使い方
みんなの使い方、アイデア募集中!

見て見て!お気に入りの花

見て見て!お気に入りの花
自慢の植物・庭の写真を募集中!

みんなのマルシェ

みんなのマルシェ
自慢の畑・野菜の写真を募集中!

おすすめ特集
「今、熱い植物」アーカイブ

「今、熱い植物」アーカイブ

テキスト人気連載をWEBで毎月お届け。人気の高まる多肉植物や観葉植物に注目し、その魅力を紹介

寄せ植えを楽しむ

寄せ植えを楽しむ

寄せ植え向きの植物選びや、作り方のポイントを紹介。参考になるキレイな作品写真も見られます

病気と害虫の話

病気と害虫の話

あなたの植物の症状は? 大切な植物を病気や害虫から守るための、見て分かる病気と害虫ガイド

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

バラの栽培で多くの人が悩む剪定の仕方を、動画でわかりやすく解説

テキストこぼれ話

みん園限定!テキストこぼれ話

ここだけで読める連載「テキストこぼれ話」。『趣味の園芸』で語りきれなかった話を限定公開

今年の夏は緑のカーテン

今年の夏は緑のカーテン

緑のカーテンの作り方やおすすめ植物、実践事例などを紹介しています

みんなのバラ百科

みんなのバラ百科

バラの歴史や「殿堂のバラ」などのバラにまつわる知識、役立つ情報が盛りだくさん

野菜だけで一品レシピ

野菜だけで一品レシピ

育てた野菜をおいしく食べるための、野菜を使ったレシピ222品を公開中

園芸LOVE 原田が行く

園芸LOVE 原田が行く

「みんなの趣味の園芸」スタッフであり『趣味の園芸』シニアエディター・原田による園芸エッセイ

全国植物園ガイド

全国植物園ガイド

全国の植物園一覧。日本植物園協会に加盟している植物園を中心に紹介。植物園に出かけよう!