芋焼酎さんの園芸日記
  • トップ
  • そだレポ
  • 写真
  • 園芸日記
  • 参加コミュニティ
  • お気に入り植物
16

いいね!した人

※ゲストでいいね!した人は表示されません。

種の鞘に成長する?アデニウム

2016/08/20

種蒔き病人さんの育レポみて人口受粉を試みたアデニウムのその後


花芽と違う気がします。
違っていてください。


一番左の大きな株の花Aの花粉を花Bの雌しべに付けたつもりでした。


これは先日に不幸な目に見舞われたアデニウム2株
乾燥後に植え替えました。
このまま後2日か3日、比較的涼しい場所で管理した後水遣りするつもりです。(気持ち的にはすぐ水やりしたい)

親切な方教えてください。
植替え後1週間ぐらいは水やりは駄目という見方ありますが、理由って植替えで根にキズ負うと水分で根腐りするからということなんでしょうか?
傷負ってない自信があれば即水遣りもOKということなんでしょうか?
え!自分で調べろって。
まあ、根の細部まで完璧に把握できませんから安全にしばらく養生が基本なんでしょうが、理屈だけでも知っておきたくて。

「種の鞘に成長する?アデニウム」関連カテゴリ

みんなのコメント(17)

こんにちは

やっタネ指でOK

家は受粉させてないですが、中に赤い小さなものが見えて花柄取らずに見ています。

水遣りについては分からないですが腐れ防止だとは思います。

昔~乾燥させて挿し木した時も腐ってしまいましたからボケーっとした顔

返信する

こんにちは。

種なんでしょうね。
まだ、花も見た事がないので、私には判別不可能です。

多肉類全般、植え替え後は1週間は水遣りを控えるって言われますよね。
傷んだ根っこが水を吸いきれずに腐るからでしょ?
植え替えって、植物には凄く負担になるって言いますよね。
根っこを触られるだけでも、ストレスを感じて枯れる植物だってありますからね。
ここは、セオリー通りがいいかと、、、

返信する

こんばんは🌻
わからないですが、どんなに丁寧に抜いても根は傷ついていると考えるのが一般的なのではないでしょうか?細根は千切れますからね。

私なら茎を触って柔らなくなるまでは水遣り控えて、もし一週間以内に茎がプニプニになってしまうようなら霧吹きで葉と幹から吸水させようとするかなぁ。それでもプニプニ改善されなければ水遣りへGOー

かな💦

返信する

あっ!忘れてた💦
多分種鞘でしょうね(*^_^*)
オメデト( ^-^)ノ∠※。.:*:・'°☆ゴザイマス

返信する

さらにm(__)mシツレイ
真ん中の画像の右端の見慣れない植物何ですか?💫

返信する

るんるんか~ぜもないのにブ~ラブラ~~~うれしい顔走る人

返信する

種だといいですね。レポート待ってます!

根は傷んでるところが腐ると思っているんだけどどうなのかな?
うちでの実験では3週間は水をあげなくても問題はないことがわかっているので、痛んだときには水をあげないだろうな。
植え替えの時には1週間未満であげちゃうけどね。

ちいさな経験値からの勝手なアドバイスでした。

返信する

よっこらさん

こんばんは
種の確率上昇中です!
ここから暫くは特にやることもなく、せいぜい安産祈願ぐらいですかね。

あ!シャレなんだと気づきました。
解説するのも野暮ですが、やっタネのタネと種ですね。
さらっと流せなくてゴメンナサイ。

今回は慎重にいきますが、植替え後に調子悪くなるケースあるのに冒険したくなる時あります。

返信する

パルマスさん

こんばんは
最近はそうでもないんですが、植替え後の水遣りを1週間ひかえる事がけっこう苦痛だった時代がありました。
多肉は乾燥に強いこと知識としてあるのに、なぜか水欲しがっているように映るんです。変ですね。ケガしてできたかさぶたを取らない方がいいのに気になって結局とってしまう事象に似ています。
アレ?私だけ?

返信する

今詳しく読んだけど、
私、植え替え後に水やりしてること多い。
だって植え変えたらぐらぐらするんだもん。
水やると土が湿ってしっかり立っててくれるから。
あ~~ダメなのか~~~
でもうちは菌ないのか?植え替えでダメになることはないよ。ベランダだから?

返信する

dokokanototoroさん

こんばんは
なるほど、葉水との併用で乗り切るわけですね。
勉強になりました。

普段の水遣りでその日かもう1日後にするかで迷う場合に葉水で手を打つ場合あります。小腹すいた時のおやつみたいな感覚ですね。そういう葉水は精神的にも落ち着きます。やりすぎにもならないし足りなくもないだろうという安心感で。

右端の植物はディッキア・エステベシーです。
ジャカランダさんからカキ仔を譲ってもらって育てています。なかなかカッコイイですよ。
ジャカランダさんの育レポを貼っておきます。

https://www.shuminoengei.jp/?m=pc&a=page_r_detail&target_...

返信する

まぁちゃんさん

こんばんは
3週間大丈夫という情報ありがとうございます。
今後なんかあった時に生かします。

経験値低い私ですが、それでも植替えは比較的数こなしています。で、結構すぐに水遣りして問題なかったケースが多くいけるのでは、と思っていたものです。
ただ、幾つかは植替え後に調子崩しましたし、やはり大事に行くなら1週間ぐらい控えるのが良いんでしょうね。

今回は特に慎重に行きます。
2,3日じゃなくてしっかり1週間待とうかな。

返信する

ひかるりさん

こんばんは
そういう情報もありがたいです。
そうなのか~。
菌という要素からすると用土が無機質だと多少は危険度減るのかも。
バリバリの腐葉土でも平気なんでしょうか。
根鉢をあまり崩さないのもプラスに働きそうですね。

ん?ひかるりさんのゴッドハンドが菌を寄せ付けないって?

返信する

芋焼酎さん、こんばんは。

種鞘ですね~。これがサヤエンドウのように伸びて、パカっと開くと綿毛の付いた種が風と共に去りぬ・・・という流れです。


多肉の場合、植えた後に水を暫くやらないのは、小さい傷口が乾いて水が浸入しなくなるまでの目安というのもあると思いますが、しばらく根の周囲の水分を断つ事で、いつ水分が戻ってきてもすぐに微細根を出して吸水ができる準備をさせる事が目的だと思います。

どんなに注意しても、いったん根がむき出しになる程度に土を払うと微細根は切れていますので、これが復活できるようになるまで一週間程度要します。

その間に水が来ると、吸水できないまま長時間高湿度になってしまい、蒸れを呼んでしまいます。逆に準備が整っている時に水が来れば、一気に微細根を伸ばして吸水を始めるので、活着率も良くなりますよ。

返信する

フォルさん

こんばんは
いつも丁寧な説明、ありがとうございます。

鞘が開きかけたところを見逃さないように観察して種の収穫をもくろみます。

微細根の修復ですね。
鉢から抜く時と植える時の2回、根を傷つける機会があると考えると、抜き苗があらかた乾燥が済んだ時点で乾燥した用土に植え、そこから1週間程度養生させてから水遣り開始が安全と理解しました。

目に映らない微細根に比べ、枯れかけた感じの地上部が視覚的に迫るので気持ち的に早く水を与えたくなりました。
それは根腐りのリスクを負うと漠然と知っていましたが、蒸れという悪さと微細根の修復をイメージして待つことができそうです。

返信する

芋焼酎さんのハプニングで勉強になることたくさん。
ありがとう!

種が大きくなったらりんごみたいに袋がけですね。
楽しみ。

返信する

まぁちゃんさん

こんばんは
そう言ってもらえると報われます。

塊根多肉の師匠が身近にいないこともあり、必然的にネットを通じて教えてもらうことが多いです。
知識と感覚とのズレを補ってもらって助かります。

あ!そうだったのか、袋がけ。
チラッとどこかでそんな技を見たような気がします。
忘れてました。というか忘れる前のレベルでした(笑)。
人工授粉という高度なスキルこなした割りにスキだらけです。
まだ暫く時間あるのでセーフ!
さっそく調べてみますね。
気づかせてもらって、こちらこそありがとう!

返信する
みんなの趣味の園芸にログイン/登録する

※コメントの書き込みには会員登録が必要です。

会員登録がお済みの方は

会員登録をすると、園芸日記、そだレポ、アルバム、コミュニティ、マイページなどのサービスを無料でご利用いただくことができます。

長寿県・長野に学ぶ食卓

第4回こうや豆腐で考える「食」と「健康」フォーラムをレポート!
こうや豆腐を使ったレシピも<PR>

詳しくはこちら

気軽に部屋をイメージチェンジ

理想の部屋に一歩近づけるコツをスタイリストの石井佳苗さんが指南!
抽選で10名様にプレゼント<PR>

詳しくはこちら
ピックアップ
テキストこぼれ話

11月号テキストこぼれ話
柑橘にまつわる話を公開中!(前編)

柑橘栽培が楽しくなるウンチクをインタビュー。前編は柑橘のタネまきと品種改良についてです。

今、熱い植物

今、熱い植物 第17回
“多肉のタネまき事始め…アナカンプセロス”

アナカンプセロスは、多肉植物のタネまき入門にうってつけ!

栽培ナビ オリーブ

「12か月栽培ナビ」シリーズ新刊『オリーブ』発売!

オリーブの毎月の作業と管理を徹底ナビ。必要な作業を初心者にもわかりやすく解説しています。

投稿募集中 from テキスト編集部
「バラの病害虫対策ノート」の使い方

「バラの病害虫対策ノートの」の使い方
みんなの使っている様子を募集中!

「園芸栽培ノート2018」の使い方

「園芸栽培ノート2018」の使い方
みんなの使い方、アイデア募集中!

見て見て!お気に入りの花

見て見て!お気に入りの花
自慢の植物・庭の写真を募集中!

みんなのマルシェ

みんなのマルシェ
自慢の畑・野菜の写真を募集中!

おすすめ特集
「今、熱い植物」アーカイブ

「今、熱い植物」アーカイブ

テキスト人気連載をWEBで毎月お届け。人気の高まる多肉植物や観葉植物に注目し、その魅力を紹介

寄せ植えを楽しむ

寄せ植えを楽しむ

寄せ植え向きの植物選びや、作り方のポイントを紹介。参考になるキレイな作品写真も見られます

病気と害虫の話

病気と害虫の話

あなたの植物の症状は? 大切な植物を病気や害虫から守るための、見て分かる病気と害虫ガイド

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

バラの栽培で多くの人が悩む剪定の仕方を、動画でわかりやすく解説

テキストこぼれ話

みん園限定!テキストこぼれ話

ここだけで読める連載「テキストこぼれ話」。『趣味の園芸』で語りきれなかった話を限定公開

今年の夏は緑のカーテン

今年の夏は緑のカーテン

緑のカーテンの作り方やおすすめ植物、実践事例などを紹介しています

みんなのバラ百科

みんなのバラ百科

バラの歴史や「殿堂のバラ」などのバラにまつわる知識、役立つ情報が盛りだくさん

野菜だけで一品レシピ

野菜だけで一品レシピ

育てた野菜をおいしく食べるための、野菜を使ったレシピ222品を公開中

園芸LOVE 原田が行く

園芸LOVE 原田が行く

「みんなの趣味の園芸」スタッフであり『趣味の園芸』シニアエディター・原田による園芸エッセイ

全国植物園ガイド

全国植物園ガイド

全国の植物園一覧。日本植物園協会に加盟している植物園を中心に紹介。植物園に出かけよう!