おぐさんの園芸日記
14

初物はとりあえず・・・

2011/12/20

初物のヘレニウム・ダコタゴールドは、とりあえず窓際で冬越しをさせます。
ヘレニウム自体は耐寒性があるようなんだけど、このヘレニウム・ダコタゴールドは農園の奥さん曰く「(お客さんが)冬越しは駄目だったと」言っていたので、保険をかけての窓際移動です。
初物は、とりあえず慎重に、が私のモットー。
って・・・何のことはない、ただ貧乏性なだけなんですが(^^ゞ
去年の その手の冬越しはヒメノキシス
用心し過ぎて年がら年中花を咲かせていました。
調べたら−5℃までいけるらしく、今年は お外での冬越し組となりました。
そのヒメノキシス、挿し芽が どうやら上手くいったようです\(^O^)/

左)ヘレニウム・ダコタゴールド
中)挿し芽成功か?♪ヒメノキシス
右)6月のヒメノキシス。     
  焦げ茶のラインが何とも魅力的です(^^)

「初物はとりあえず・・・」関連カテゴリ

みんなのコメント(6)

こんにちは おぐさん

ヒメノキシスって、初めて見ました。
大きな花なのかな?と思ったけれど
おぐさんの好みから察するに・・・
そうではなさそうです(笑)

自然は花弁の裏に粋な細工をほどこしたものですね〜
葉っぱ、ポワポワしててうさぎの耳みたいですわーい(嬉しい顔)

返信する

こんにちは

 ヒメノキシスの花はおもしろいですね。葉裏の茶色のラインが個性的です。このラインは表には出ないのですか。
 寒さに強い花なのですね。

返信する

冬将軍さん。

ヒメノキシス、小花ではありませんが花径3?4?cmくらいでしょうか?
(今は花が咲いていないのでm(__)m)
私の好きな花ベスト10に入りますね。
好きな花は、見た目の可愛らしさ美しさもありますが、育てやすさも条件に入りますよ(^^)

返信する

ねむりねこさん。

ヒメノキシス、花びらの美しさと焦げ茶色のラインが特徴ですね。
今は花が咲いていないので記憶が曖昧ですが・・・。
ライン、裏だけにあったような・・・気がします(^^ゞ
花期も長く育てやすいお花ですよ(^^)

返信する

(*゚▽゚)ノこんにちは~

ヒメノキシス 花びらの線が印象的ですね。
園芸店で 見かけたら 買ってしまそうです ウィンク

挿し芽もできる!
う~~ん 来春?探してみようかな(笑)

返信する

りぼんさん。

ヒメノキシスは とても魅力的なお花です。
花期も長いし、育てやすいし、お勧めですよ。
是非、家花の仲間に加えてあげて下さいな(^^)

返信する
みんなの趣味の園芸にログイン/登録する

※コメントの書き込みには会員登録が必要です。

会員登録がお済みの方は

会員登録をすると、園芸日記、そだレポ、アルバム、コミュニティ、マイページなどのサービスを無料でご利用いただくことができます。

沢井製薬
ヤクルト
趣味の園芸バックナンバー
定期購読
投稿募集中 from テキスト編集部
見て見て!お気に入りの花

見て見て!お気に入りの花
自慢の植物・庭の写真を募集中!

みんなのマルシェ

みんなのマルシェ
自慢の畑・野菜の写真を募集中!

おすすめ特集
植物図鑑まとめ

植物図鑑まとめ

たくさんある植物の中から、テーマ別や特徴別に紹介します。植物選びの参考にしてください

病気と害虫の話

病気と害虫の話

あなたの植物の症状は? 大切な植物を病気や害虫から守るための、見て分かる病気と害虫ガイド

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

バラの栽培で多くの人が悩む剪定の仕方を、動画でわかりやすく解説

寄せ植えを楽しむ

寄せ植えを楽しむ

寄せ植え向きの植物選びや、作り方のポイントを紹介。参考になるキレイな作品写真も見られます

「今、熱い植物」アーカイブ

「今、熱い植物」アーカイブ

人気の高まる多肉植物や観葉植物。業界の最前線で活躍する専門家がその魅力を紹介

テキストこぼれ話

みん園限定!テキストこぼれ話

ここだけで読める連載「テキストこぼれ話」。『趣味の園芸』で語りきれなかった話を限定公開

園芸用語集

園芸用語集

園芸でよく使われる主な専門用語を400語以上を掲載。50音順の索引から調べられます

今年の夏は緑のカーテン

今年の夏は緑のカーテン

緑のカーテンの作り方やおすすめ植物、実践事例などを紹介しています

みんなのバラ百科

みんなのバラ百科

バラの歴史や「殿堂のバラ」などのバラにまつわる知識、役立つ情報が盛りだくさん

野菜だけで一品レシピ

野菜だけで一品レシピ

育てた野菜をおいしく食べるための、野菜を使ったレシピ222品を公開中

全国植物園ガイド

全国植物園ガイド

全国の植物園一覧。日本植物園協会に加盟している植物園を中心に紹介。植物園に出かけよう!

バックナンバー