せいざえもんさんの園芸日記
写真

他のプロフィール画像を見る

せいざえもんさん  北海道
お気に入りメンバーに登録
2012年03月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
29

種を保管する・クリスマスローズ

2012/03/22

今季採種が始まったクリスマスローズの種を室内保管している。

その保管グッズの紹介。
左・スチロール箱(カニ1匹用の大きさ)に湿らせたパーライトを半分くらい入れてある。

中・茶こし袋に交配名・採種した日付・種子の数をマジックで書いておく。
大きめのラベルはスコップ代わりに使っている。
湿ったパ-ライトは指にくっついて面倒なのでこれでほじっている。ラベルは中に入れっぱなし。

温度計(熱帯魚水槽用)…今の時期は23度をさしている。これはいつもはふたに開けた穴から常に差し込んであり時々チェック。

これから採種する種も同様にこの中に埋めていく。

ときどき中を確認、臭いも嗅いでカビてないか確かめる。怪しいときはベンレートスプレーの予定(まだカビは発生していない)

ふたをしたら、怪しい箱に見える。ふたの真ん中に親指大の穴をあけてある。そこに熱帯魚水槽用の水温計を差し込んでいる。水温計にマジックタイをつけてあるので中に落ちない。

この箱は日の当たらない場所に置いてある。
今の時期は熱帯魚の水槽の上が一番温度が安定している。

**高温処理は温度積算で2000時間が目安とか。
ただし低温処理の期間終了時が残暑だと播種には向かないので高温処理の期間で調整。

冷蔵処理の時はこの箱のまま冷蔵庫にしまっておく。
**低温処理は45日間が目安。
期間については諸説ありです。
実際には早めに発根・発芽してしまうこともあるので1か月あたりからまめな観察が欠かせないらしい。

「種を保管する・クリスマスローズ」関連カテゴリ

みんなのコメント(26)

こんばんは
マメなことをされているのですね。
クリローの種はネットに入れて秋まで土に埋めておくと何かで読んだことがあるような気がしますが・・・・。

高温と低温両方に当てなければ発芽しないんでしたよね?
高温は23度くらいでOKなのですか?

あとベンレートスプレーとは?
病気予防に薬を使いたいと思っているのですが なかなか怖くて使えません。
使い残しの薬とかはどうされるのですか?
以前 園芸店で聞いたら「下水に流せば良い」って言われましたが それって良くないことなのでは・・・と思って使いませんでした。
今のところ使うのはスプレー式の薬だけなのです。
教えていただけるとありがたいです。

返信する

メギツネさん、こんにちは。

高温処理といっても高すぎると種子が死滅するので
熱帯魚の温度計の範囲でちょうど良いかと。
20~35度の範囲、それ以上の温度は人も大変。

一般的な採り播き方は土に埋めておくのが一番です。その代り北海道での一般家庭向けの栽培では発芽が雪融け後になるので成長期間が限られてしまうデメリットがあります。
生産者は採り播き方も使いますが、秋に播種して今頃は今頃は双葉から本葉を出すようにして発育を促しています。

ベンレートスプレーとは・・・・・そんな名称ではないのですが、ベンレートとトップジンMとかのハンドスプレータイプです。
いちいち希釈しなくて便利ですが、使い過ぎると効かなくなります。
あと白い粉剤が乾くと残るのですが薬効が切れた後も粉が残って新たなカビ菌の温床になるので使い方は注意です。

というわけで最近はハンドスプレータイプのみなので使い残しがない???容量的には割高ですけど。

返信する

こんにちは

やはりパープラータさんマメですね。
どうしようかな…
雨をしのぐ軒が無いので花部屋で鉢管理かなぁ。
日が当たらずなるべく涼しい場所で保管…
という場所を探さなくては。

ハサミの消毒って何でしてますか?
第3リン酸ナトリウムを通販で買うのがいささか
面倒でアルコールスプレーでしているんですけど(汗)

返信する

さっちさん、こんばんは。

ハサミの消毒は株分けの時くらいしかしてないです。
マメじゃないでしょう。
ウィルスでやられるなら近々ダメになるだろうという感覚ですね。
大きく傷がつく株分けの時はハサミをライターであぶってますが、切り分けた跡がしばらく残るわけでそっちの方が重大なことのように思えるのですが・・・・。

結論、ハサミの消毒あは怪しいとき以外はしていないでした。
こんなこと書くと、その道の権威の方に叱られそうですね。

返信する

こんばんは

 種の保管方法は大いに参考になりますが、なにぶん私はおおざっぱな方で。クリロは種をとったら直ぐにまいてしまいます。乾燥にさえ注意すればOKなので。

返信する

ねむりねこさん、こんばんは。

早期発芽しようなんて思わなければ必要ないことですね。
来季は早期発芽で促成栽培期間延長を狙ってるんで、実験兼ねてデータ収集です。

返信する

こんばんは~

高温、低温処理の方法、細かく教えて頂いてとても参考になります。
写真つきですので解りやすいですね。
蓋に穴開けて温度計を差し込む、、、いいアイデアです。
真似しますよ。一定の温度を保つためにも、日が射さないないとこがいいのですね。

カビ要注意ですね。
今年、菊咲アネモネを半分腐らせました。
薬のこと知ってたら、助かったかもしれないですね。

温度差によって発芽も異るのですね。
発芽しそうになったら蒔き床に播種ですね。
又何かあった時は教えてください。

今のブラックWをUPしました。よろしかったら覗いてくださいませんか。

返信する

種まきは 今年初めてしたのですが、こういうやり方があるのですね。
んーっと凄く参考になります
クリスマスローズの成長を加速させる意味でも、できたら、早く芽が出て欲しいな〜と思います
発砲スチロールの箱探しにいかなくちゃ(=´∀`)人(´∀`=)

返信する

hayachanさん、こんばんは。

実はとり播き方法で庭とかに種を埋めておくのが一番簡単で確実なのですよ。

この保管方法は早期発芽用で、ちょっと特殊ですから。
でもこの方法をしなかったらきっと葉芸品はつくれなかったでしょうね。

自然環境下で凍結する状態だと、発根種子が傷むので発芽数が減ってしまいます。

斑入りの種から葉芸品を得るなら、普通の採り播きして
秋以降の寒波、特に霜柱に気をつければ斑入り葉も発芽できますよ。

返信する

おりゅうさん、こんばんは。

住んでいる地域性もあるのですが、2~3月に発芽する地域でしたら特に早期発芽方は必要ないかとは思ってます。

やはり管理は大変ですし、たくさんは播けませんしね。
奈良県でも積雪のない地域では霜や風による乾燥に気をつければ梅や桃が咲くころに自然発芽しますよ。

札幌は梅も桃、桜も同時に咲いてしまう土地なんでこんなことをやってます。

返信する

こんばんは

ずいぶん大がかりふらふら
早期発芽目指して試行錯誤されているのですね。
交配記録もきちんとしていてりっぱです。
私はずぼらなので、交配はパスウッシッシ
種まきも限られたものだけ5種類くらいを5~10粒と決めてそれも手のかからないとり播き、発芽も成り行き任せです。
消毒は、大事な株のみ気やすめで…
数本の鋏をガスレンジで焼いて使っています。
庭のものなどは自己責任ということで適当です冷や汗
今季は、第三リン酸ナトリウムの希薄してあるものを園芸店で買いました。
ビンに入れておいて漬けた鋏を使いまわそうと思っています。
ウィルスに関しては出た時には、その株は寿命と思って処分。増やし過ぎの警告だと思っています。

返信する

こんばんは♪

ウチでも今年は早期発芽処理してみようと思ってます。
何事もチャレンジしてみないと♪
でもまだ交配も全然していませんが・・・(^^;

熱帯魚の水槽の上が高温処理に便利なんですね?
ウチでも空の水槽は沢山あります。
また熱帯魚を・・・危険かな?

返信する

TOKOさん、こんばんは。

ハウスがあればね、こんなにチマチマしたことはしないのですけど、生産者ではない雪国の一般家庭でどこまでできるかなっていうのがテーマです。

試行錯誤でやってみるしかないですね。
普通にやったら普通の結果が出ます。
でも普通にやってたら暁光や彩雲は出なかった。
そういう気持ちからいろいろ挑戦してみたいと思ってます。

返信する

ほのかさん、こんばんは。

今の時期に開花した花の種を高温処理するには室内でも気温が低めですね。
熱帯魚の水槽の上は温度が安定していて管理が楽です。

冷蔵庫で低温処理することを前提に処理期間を逆算して高温処理2000時間を早めにしてしまうのも一案です。

秋が早い北日本の特色を生かして冬期間の促成栽培を視野に入れるなら室内で作れる数を考えてチャレンジしてみるのも面白いですね。

くれぐれも種の播きすぎにはご用心を。

返信する

初めての交配で、種が出来るかどうかも分からない状態ですが、高温だとか低温だとか、交配初心者の私には分からない事だらけですが、茶こし袋に入れて土に埋めるだけではだめなのでしょうか・・・?

返信する

こんばんは。

私が種の高温処理を施した時のことを思い出します…。
時間で計算すると83日くらいですね。
私の時は、100円ショップで売っているパスタ用の細長いタッパーにダコニール等の殺菌剤を少し薄めた水を1センチくらい入れる。
茶こし袋に種と袋半分くらい入れたパーライトを入れていました。
そして、水は1週間に一度取り換えです。
殺菌剤が入っているのからそう簡単にはカビないし、は前に丸2カ月高温処理をコタツの中。
パーライトが適度にタッパー下の水を吸ってくれるので適度な湿度が保てます。

今は早期発芽の試みは止めましたが、日記を見て懐かしくなってみました。
来年はまたやってみようかな。

返信する

再度こんばんは~
物わかりの鈍い生徒ですが、やることに決心してますのでよろしくお願いします。

返信する

こんばんは。

クリスマスローズの種、しっかり管理されているのですね。

私が買った種は乾燥していましたから、高温処理低温処理必要だったのに……適当にやっちゃって。
気分なのか? なぜか四つだけ芽は出てくれましたが、出なかった種は今度こそきちんとやらないと……!

って思ってますが、もともといい加減なので上手くいくかなぁ冷や汗

返信する

わかりやすく説明してくれて、ありがとうございます♪
こういう風に工夫すれば良いんですね~
今、蘭を管理してる簡易温室が
同じくらいの温度で、管理出来ると思うので
挑戦してみたいと思います(^-^)/

更にみゆきさんのコメントも参考になりました。
普段はズボラでいい加減な私ですが、
工夫とチャレンジも大好きですから
やってみます‼
また教えて下さいね~(*^^*)

返信する

tyokoさん、こんにちは。

tyokoさんがお住まいの山口県でしたら、普通の採り播き方でいいと思います。

梅から桜の開花時期が発芽時期と重なるのですが、札幌だとGW明けになってしまいますし、凍結で発根種子の根がちぎれてしまうケースがよくあるので・・・・。

地域によって種子の管理は違って当たり前なので。

返信する

みゆきさん、こんにちは。

タッパーをこたつの中に・・・・、それは手間がかかったでしょう。
うちはたまたま熱帯魚がいるのでそれを利用してます。
早期発芽だと冬場の栽培場所確保が課題ですよね。
スペースを考えて種子数を限定しないと…。

パスタ用のタッパーはいいですね。サイズ的に。
冷蔵する時はそのアイデアを使わせていただきます。
経験者の知恵はありがたいです。

返信する

hayachanさん、こんにちは。

私の未熟者で何事も経験の積み重ねと思っていますので、こちらこそよろしくお願いいたします。

返信する

kaketoさん、こんにちは。

採り播きした鉢を環境のあった場所に鉢ごと埋めてしまうのが一番手っ取り早いですね。

霜柱で浮き上がらないように工夫するとたいていそれで発芽してくれます。

先を急がず自然な作りで栽培するなら採り播き方がおすすめですね。

返信する

べるちゃん、こんにちは。

みなさん、いろいろな方法でやってますよね。
住んでいるところの自然環境や早期発芽をさせるかしないかでも違うし、方法は一つではないですね。

いろいろ経験を積んで自分の好みに合った方法を会得するのが一番だと思います。

返信する

C.パープラタ大好きさん、こんばんは。

あ、もちろん、コタツの中に入れている時は、おかずなどを入れる小さいタッパーに入れていました。

パスタ用のタッパーを選んだ理由は…、高温処理を終えた種を2.5cmスリットポットに赤玉土と一緒に播いてそのまま冷蔵庫に入れて低温処理を施して、期間が終わったらそのまま置き場所を変えて発芽を待つことができるからです。

私の場合は、二月から発根・発芽してきましたが、その後の置き場所に困り、結局通常発芽を試みる場所に一緒に置いておいたら…、四月下旬には、通常発芽している方の苗のほうが成長が早かったのです。
私は、発芽した後の置き場所に困り早期発芽の恩恵はあまり受けられないまま終わりました。
…仙台の真冬は暖房付けている部屋以外は本当に寒くて…案外プラス四度の冷蔵庫のほうが暖かったりします。早期発芽、頑張ってくださいね。
眺めています。

返信する

みゆきさん、こんばんは。

そうですよね、早期発芽後の環境づくりも視野に入れて計画しないといけないですね。

いろいろアイデアを練っているところだったので貴重な体験談をうかがえてよかったです。
ありがとうございます。

返信する
みんなの趣味の園芸にログイン/登録する

※コメントの書き込みには会員登録が必要です。

会員登録がお済みの方は

会員登録をすると、園芸日記、そだレポ、アルバム、コミュニティ、マイページなどのサービスを無料でご利用いただくことができます。

沢井製薬
ヤクルト
趣味の園芸バックナンバー
定期購読
投稿募集中 from テキスト編集部
見て見て!お気に入りの花

見て見て!お気に入りの花
自慢の植物・庭の写真を募集中!

みんなのマルシェ

みんなのマルシェ
自慢の畑・野菜の写真を募集中!

おすすめ特集
植物図鑑まとめ

植物図鑑まとめ

たくさんある植物の中から、テーマ別や特徴別に紹介します。植物選びの参考にしてください

病気と害虫の話

病気と害虫の話

あなたの植物の症状は? 大切な植物を病気や害虫から守るための、見て分かる病気と害虫ガイド

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

バラの栽培で多くの人が悩む剪定の仕方を、動画でわかりやすく解説

寄せ植えを楽しむ

寄せ植えを楽しむ

寄せ植え向きの植物選びや、作り方のポイントを紹介。参考になるキレイな作品写真も見られます

「今、熱い植物」アーカイブ

「今、熱い植物」アーカイブ

人気の高まる多肉植物や観葉植物。業界の最前線で活躍する専門家がその魅力を紹介

テキストこぼれ話

みん園限定!テキストこぼれ話

ここだけで読める連載「テキストこぼれ話」。『趣味の園芸』で語りきれなかった話を限定公開

園芸用語集

園芸用語集

園芸でよく使われる主な専門用語を400語以上を掲載。50音順の索引から調べられます

今年の夏は緑のカーテン

今年の夏は緑のカーテン

緑のカーテンの作り方やおすすめ植物、実践事例などを紹介しています

みんなのバラ百科

みんなのバラ百科

バラの歴史や「殿堂のバラ」などのバラにまつわる知識、役立つ情報が盛りだくさん

野菜だけで一品レシピ

野菜だけで一品レシピ

育てた野菜をおいしく食べるための、野菜を使ったレシピ222品を公開中

全国植物園ガイド

全国植物園ガイド

全国の植物園一覧。日本植物園協会に加盟している植物園を中心に紹介。植物園に出かけよう!

バックナンバー