トローウェルさんの園芸日記
写真

他のプロフィール画像を見る

トローウェルさん  兵庫県
お気に入りメンバーに登録
2018年09月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ

ラストシーンは呆気なく

2018/09/01

こぼれだねでピンクプルコが咲いています。これは一昨年、花友さんから分けていただいた苗に混じっていたものです。先日から気になっていましたが、今朝花が咲いてようやく、そうだったんだとわかりました。

最近ずっと見守っていたヒヨドリのヒナ達が昨日無事巣立ちました。
それはあっけないくらい突然やってきて、別れを告げる暇もありませんでした。

昨日の朝一旦巣を離れ、午後に戻っていたヒナたちが夕立ちのせいでびしょ濡れになってしまいました。

寒さで凍えてしまうんじゃないか、一体どうしよう…
また、晩にこっそり忍び込んでタオルで体を拭いた方が良いのかな、
いや、その辺の木で育ってるヒナたちだって濡れてるはずだから大丈夫なんじゃないか…などまたまた色んな思いがグルグル回っていきます。

そして晩、恐る恐る見に行ったら、何と巣はもぬけの殻。
中を確認しましたが何も残っていませんでした。
つまり、最後の1羽も巣を離れていたという事です。

日が落ちる前にヒナたちの鳴き声を聞いたと娘が証言していました。
あんな小さな体でびしょ濡れのまま、一体どこへ行ったのでしょう。
どこか雨宿りできる場所を見つけていたのでしょうか。

今日は朝から雨模様ですが、親鳥が電線に止まっているものの、ヒナたちの影はありません。トロの心配をよそに親鳥たちは悠然と羽根繕いをしているので、多分、ひなの居場所をわかっているのでしょう。

せめて一家揃って無事にいるところを見せてくれたら、ものすごく安心できるのですが、野生相手に無理な相談というもの。

昨夜、念のためにカゴを取り付けた枝をロープで補強しに行きましたが、残されたカゴにはヒナの匂いが残っていました。人間でも鳥でも赤ちゃん独特の匂いがあるのだと知りました。

①サクラプルコ。優しいピンクが雨で冷やされた緑の中で輝いています。

②ウサコッツさんから苗と美味しいおかきを頂きました。
ヒヨドリが去ってフラミンゴがやってきたのです。サルココッカとペチュニアも仲良く飛んできてくれました。

③空になったカゴハウス。何度見てももうヒナたちの姿はありません。
やっぱり、ちょっと寂しいな…

「ラストシーンは呆気なく」関連カテゴリ

みんなのコメント(16)
  • 写真
  • 2018/09/01

うちと同じ色のペチュニアかな~
まだ咲いてないけど~

うちは結構転勤族で、仲良くなった人たちと別れるのは辛かったけど、引っ越していく方が寂しさは小さかったかも。
残ってる方が寂しいのよね~

返信する

ひかるりさん、こんにちは。コメントありがとうございます。

そうですね、残された方が寂しい。
越していった方は新しい暮らしに慣れないといけないから、結構必死で感傷に浸ってる場合じゃない事が多いですね。

ヒヨドリの後にフラミンゴ。
ウサコッツさんの粋な計らいが嬉しいです。

こんにちは

えっ?
ヒナは?
ヒナはどコニカ??
気になりすぎます!
この物語に続きはあるのでしょうか・・・考えてる顔
たぶんこの後、地上での練習が始まるんですよね?

サクラプルコ、可愛い💖

返信する

らぶちさん、こんにちは。コメントありがとうございます。

物語の続きを探して庭に出るのですが、ヒナの姿らしきものは一向に見当たりません。雨の中、いったいどこで雨宿りしているのでしょう。

今日は朝親鳥たちをみた後、鳴き声さえ聞こえません。

本当にどうなってしまったのでしょう。
気になるカラスもうるさく鳴いていましたが、争った声ではないので、多分良い隠れ場所で身を潜めているのだと思います。

せめて小さな姿でも見つけられたら安心できるのですが…

こんにちは。
少し遡って巣立ちまでのトローウエルさんの奮闘の様子を私もハラハラしながら読ませて頂きました。

ミルワームをあげるところなど私には出来ないかも なんて思いながら。

地方にいた時 小学校低学年の娘が 玄関で小鳥の鳴き声がする と言い
見に行きましたが何も見当たらず、
又しばらくすると 絶対小鳥がいると!というのでよ〜く探したら靴箱の下の隙間にスズメの雛が!
開け放した窓から入って暗い所にはいてしまったのですね。

その後インコのカゴに入れて北側のベランダに下げておきました。
するとなんと親鳥が餌をあげにきていました!
どこかから見ていたのでしょうか。
ひなを思う親鳥に大変驚きました。
しばらくは姿を見られなかったであろう雛なのに探していたのでしょう
か。
1、2日たちどうしたものか迷ってフタ開けていたらいつのまにか出て行きました。
親鳥と合流できたのか心配しましたがどうしようもありません。
今でも思い出す出来事です。

返信する

弥生5月さん、こんにちは。コメントありがとうございます。

あっという間の10日間でした。
気がかりはヒナたちのこと。
巣立ちをしてから、正確には昨日の夕方ハウスを出てから一度もその姿を見ていないのが心配です。
あんなにずぶ濡れでなかったらここまで心配しないのですが。

今、雨戸を閉める前に空を見上げていたら、ツバメの子供がたくさん飛んでいました。

ヒヨのヒナ達が飛んでいるところを見たかったな。

弥生さんもヒナを保護したことがあったのですね。
親鳥が来て良かったですね。野生である以上余計な世話をしないのが鉄則ですが、このように関わりを持ってしまうと簡単に割り切れなくて。

未練たらしいですよね(T ^ T)

こんばんはヾ(๑╹◡╹)ノ"

キュートなサクラちゃんですね♬
今日みたいなお天気の日には
サクラちゃんカラーが
ほっこりさせてくれますね〜〜(๑╹ω╹๑ )♡

無事に届いてよかったです。
土、こぼれてませんでしたか?
…でもって、送った品々ですが…
手前…ペチュニア
奥(左)…フラミンゴ
奥(右)…サルココッカ

チャンチンじゃないよ〜〜(*≧∀≦*)!
サルココッカだよ〜〜(*≧∀≦*)!
分けたばかりだから
明るめの日陰の方がいいかも…
私は北東のテラスの外に置いてます。
大雪や台風…など以外は
年中おそとで暮らしていました。
手のかからない強いコですよᕦ(ò_óˇ)ᕤ

ヒヨちゃんズ…
揃って巣立ったのだとしたら
天候の厳しいスタートになりますね。
親鳥と一緒にいますよ( ´ ▽ ` )
きっと大丈夫♬
一人前に飛べるようになったら
恩返しの品が
巣の中に届いているかもしれないね〜・:*+.\(( °ω° ))/.:+

返信する

ウサコッツさん、こんばんは。コメントありがとうございます。

送って頂いた苗は良い感じです。
相変わらず室内です。
サルココッカ、訂正しました。ご指摘ありがとうございます。

こちらも何とか留め子の子供を養子に出せそうです。
2本発根していましたが、残暑が厳しく、途中で枯れてしまいました。残る1本も弱っていたのですが、今日見たら小さな葉っぱが出ていました。
多分大丈夫。約束通りペペロミアと合わせて送ります。
もうしばらくお待ちください。

ヒナたちはどこへ行ったのか、全くわかりません。
心配でご飯も喉を通らない…
なんて事はないですがひと目元気な姿を見たいです。

ヒヨの恩返し

ヒヨドリ紡績(株)
機織りしているところを見てはいけません。
何故ならそれは企業秘密だからです。
長年の研究の末、特許を取得した製品ですから
たとえ、恩人であっても見てはいけないのです。
もしも見てしまったら、産業スパイとして告発します。
訴訟起こします。裁判が長引けばかなり不利になりますから
そうならないためにも、決して見てはいけません。

という事で裁判になったら勝ち目がないので絶対に見ません。

こんばんはヾ(๑╹◡╹)ノ"

ヒヨドリ紡績(株)
資本金はもとより
代表取締役、所在、従業員数までも
全てが謎の集団。
近年では
例に見ない裁判数で、全て圧勝。
だが、なんの訴訟かは明らかではない。
巷では、都市伝説ではないかと噂されている。
2018上半期・検索ランキング1位。

トロさん…
出来心だけには気をつけて。
カメラなんて絶対ダメだからね!(笑)

留め子の子もぺぺも
ゆっくりトロさんに甘えてからおいで〜♬
我が家はスパルタだぞ〜♬

おはようございます。

それは動物界の上場企業年鑑からの抜粋ですな。
リサーチもさることながら巧みな筆致。

さすがはコッツ研究員‼️

ヒナに時間を割いていたら金ちゃんの病状が悪化していて、
ちょっと大変なことになってます。

金太郎自身は元気で泳ぎ回っていますが、目が出て顔全体が腫れた感じになってるんです。先日大枚叩いて専用の薬を買い、現在薬浴治療中。

早く腫れが治って欲しいです。

留め子の子供にはアダムと名付けました。男の子です。
留め子が「うちは最後の子やったけど、子供は最初の子、という自信を持って生きて欲しい、だから創世記にちなんでアダムという名前がええ」
と言うのです。

せやよって、ウエイティングリストには「アダム&ペペス 」というコンビ名で登録お願いいたします。

トローウエルさん
おはようございます。

第三者的な感想を率直に言わせていただくと、巣の中に
皆居なくて正直ほっとしました。

悪い事を想像してしまいもしかしたら一羽が★になってるのではと思ってました。
もう帰ってこないのでしょうか?

ヒヨドリは雑食ですよね?
兵庫県の方が毎日パンやオレンジなど木の枝に挿して
毎朝ヒヨドリがついばんでいる投稿写真、見てました。

返信する

oldnaさん、こんにちは。コメントありがとうございます。

同じですよ、巣に亡骸が残っていたら、手厚く葬ってやろう、その辺の地面や溝にでも落ちて事切れていたら、ちゃんと埋葬してやろう…

ヒナ達を見つけてからずっとその思いで見守っていましたが、
野生に人間の感傷が入っていく隙間はありませんでした。


悲しいことにトロは軽度の難聴で、微妙な音が聞き取れないのです。
ですから、小鳥の小さなさえずりも気づかないことが多く、
娘が在宅していれば、「今、鳴き声がした」と教えてくれるのですが、日中はトロだけなので、よほど近くででも鳴いてくれない限りわからないのです。(カラスはうるさいからすぐわかります)

ヒヨドリは夏場は主に虫など動物性たんぱく質のエサを食べ、冬場になると果物や野菜と言った植物性のエサが中心になるそうです。


餌付けをしてしまうと野生が失われてしまうので、冬場のエサの乏しい時にサポートするのが良いと読んだことがあります。

今年はひまわりの種がたくさん取れたので、保存して冬に与えてやろうと思っています。去年も試みたのですがやり方が悪くて失敗しました。今年は別の方法でやってみるつもりです。

ツバメやキジバトは見るのに、ヒヨドリを見ません。
すれ違いだったら良いのですが、本当に寂しいです。

トロさん
こんばんは

しばらくの間、日記を覗けずにいたら、今日はヒヨチャンたちの巣立ちの日となったようですね。
なんともほぼ自然の巣立ちですし、救済の有り合わせのかごの巣もナイスフォローでしたね。
とろさんはヒヨロスですね。これも違う理由(育児放棄の末弱肉強食の自然の連鎖)よりは100倍嬉しいことなのに寂しいですよね。でも一番良い別れとなり良かったと思います。

トロさんの野鳥餌場にはヒヨちゃんが来てくれたらいいなあー🎵きっと来てくれますよね🎵
餌場にせっせと餌を追加するトロさんが見えるようです🎵
匂いの記憶にに赤ちゃんヒヨの匂いが残るなんてこれも何かの贈り物ですね。
今日はゆっくりお休みください。

返信する

ハッチさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
ヒナたちとの別れはあまりにも突然だったのでまだ実感が湧いていません。

でも、目が見えていない時のレスキューだったから、よかったです。
変に人なつこい鳥になってしまうと野鳥にとっては命取りですから。

やれるだけのことはやったんだと納得させています。

お気遣いありがとうございます。

こんばんは😆

2日ほど忙しく、トローウェルさんの日記も見れなかったのですが😊

とうとう巣立って行ったのですね✨

ずぶ濡れだったのですか💦
でももう羽も生えているから、奥のダウン羽毛が冷えないように機能しているでしょう😊

しばらくは親子一緒に行動するから心配ありませんよ👍

まだトローウェルさんのお庭の近くに居そうですけどね😆

また来年、巣立ったヒナのうちの1羽が巣作りしに来たら感動ですね~💖

返信する

あきべーさん、おはようございます。コメントありがとうございます。

そう、先週金曜日に完全に巣を離れ、以来全然姿を見かけていません。
ネットで見るようなスズメっぽいヒナの姿を見てみたかったな〜。

あの時、ずぶ濡れになってなかったら別の展開があったのかなと
返す返すも残念でなりません。

思い起こせばヒヨの幼鳥は、何度か庭で目撃していたので、
トロが気づかなかっただけで、実はあの巣では何度もヒナたちが孵っていたのかもしれません。見かけた場所も裏庭に近い場所だったので里帰りだったのかも…

また冬場に餌が少ない時サポートしてやろう。

そんなことくらいしかできないけれど
もし、あのヒナたちの1羽でも良いからトロの事をおぼろげながらでも覚えていてくれて、そばに寄ってきてくれたら嬉しいなぁ

みんなの趣味の園芸にログイン/登録する

※コメントの書き込みには会員登録が必要です。

会員登録がお済みの方は

会員登録をすると、園芸日記、そだレポ、アルバム、コミュニティ、マイページなどのサービスを無料でご利用いただくことができます。

京成バラ園芸
ピックアップ
趣味の園芸テキスト

『趣味の園芸』11月号は、至福の「果樹生活」特集

自分で育てたフルーツを食べる、そんな憧れを現実に! 秋植え球根が主役の花壇づくりも。

テキストこぼれ話

イチジクの魅力とおすすめの食べ方~11月号こぼれ話・前編

市販とはひと味もふた味も違う、完熟イチジクが味わえるのは育てた人だけの特権!

pr

庭の芝草管理はロボット芝刈機「オートモア」にお任せ![PR]

園芸作業を楽しく、ラクにしてくれる最新アイテムを紹介します!

ディーププランツこぼれ話

万年青(おもと)の育て方~連載「ディーププランツ入門」11月号のこぼれ話

元祖日本のビザールプランツ(珍奇植物)!オモト栽培の基本を紹介。

投稿募集中 from テキスト編集部
見て見て!お気に入りの花

見て見て!お気に入りの花
自慢の植物・庭の写真を募集中!

みんなのマルシェ

みんなのマルシェ
自慢の畑・野菜の写真を募集中!

おすすめ特集
クリスマスローズのぬり絵

クリスマスローズのぬり絵

【おうち時間を応援】クリスマスローズのぬり絵とお手本を無料公開中!

病気と害虫の話

病気と害虫の話

あなたの植物の症状は? 大切な植物を病気や害虫から守るための、見て分かる病気と害虫ガイド

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

バラの栽培で多くの人が悩む剪定の仕方を、動画でわかりやすく解説

進化系園芸店

ふらりと足が向く進化系園芸店

趣味の園芸テキストの連載で紹介した、今訪れたい進化系園芸店

寄せ植えを楽しむ

寄せ植えを楽しむ

寄せ植え向きの植物選びや、作り方のポイントを紹介。参考になるキレイな作品写真も見られます

「今、熱い植物」アーカイブ

「今、熱い植物」アーカイブ

人気の高まる多肉植物や観葉植物。業界の最前線で活躍する専門家がその魅力を紹介

テキストこぼれ話

みん園限定!テキストこぼれ話

ここだけで読める連載「テキストこぼれ話」。『趣味の園芸』で語りきれなかった話を限定公開

今年の夏は緑のカーテン

今年の夏は緑のカーテン

緑のカーテンの作り方やおすすめ植物、実践事例などを紹介しています

みんなのバラ百科

みんなのバラ百科

バラの歴史や「殿堂のバラ」などのバラにまつわる知識、役立つ情報が盛りだくさん

野菜だけで一品レシピ

野菜だけで一品レシピ

育てた野菜をおいしく食べるための、野菜を使ったレシピ222品を公開中

全国植物園ガイド

全国植物園ガイド

全国の植物園一覧。日本植物園協会に加盟している植物園を中心に紹介。植物園に出かけよう!