ほのかさんの園芸日記
写真

他のプロフィール画像を見る

ほのかさん  宮城県
お気に入りメンバーに登録
2018年11月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

アネモネ。

2018/11/03

先日写真をアップした
アネモネ・絢花さん

https://www.shuminoengei.jp/?m=pc&a=page_mo_diary_detail&...

葉っぱがたくさん出てきたうれしい顔
嬉しい~ぴかぴか(新しい)

でも・・・・でも・・・

去年お花が終わったアネモネ・バブ二ナが
安くなってて・・
ついオトナ買い冷や汗

それも今年100%葉っぱが出てきた冷や汗
嬉しいの。
うん。嬉しい・・・

だけどチューリップの植える場所がない冷や汗2
また来年アネモネに出会いがあっても
お迎え出来ないかも考えてる顔
そう思うと・・・嬉しいのも微妙(笑)

バラのように程よく枯れるのがいいのかな(笑)



写真1・アネモネ・絢花さんの葉っぱ。

写真2・こぼれ種の葉牡丹。
     どこまで大きくなるのかな?冷や汗

写真3・こぼれ種のサルビア・ロックンロール。
     ディープパープル
    室内に入れて冬越しさせようと思ってたら
    ツボミが~冷や汗

「アネモネ。」関連カテゴリ

みんなのコメント(20)

 こんばんは~。


 アネモネが、すごくうまくいっているということね。すごいじゃないですか~指でOK


 バラのように程よく枯れる…思わず、笑っちゃう~。思い当たるフシ、ありすぎ(;´▽`A``


 鉢植えのバラ、早いものは3年、だいたい8年くらい、長いのは13年くらい、です、うちだと。


 ハボタンもこぼれ種で行けちゃうんだ~~。

返信する

らりこさん

こんばんは~
アネモネはうちが気に入ってくれたみたいで
毎年咲いてくれてますうれしい顔
バラも枯れて欲しくはないんだけど・・・
枯れちゃうから新しくお迎えできる楽しみも(笑)

ハボタンこの大きさは無理でしょ~
再来年?冷や汗

贅沢過ぎる悩みですねえ。
私のなんぞはアネモネは、ほぼ一年草なのだから

返信する

撫子さん

こんばんは~
贅沢すぎ?そんなことないよ~冷や汗
ほぼ枯れ専だから(笑)
たまたまアネモネが気候があってるのかもうれしい顔

 アネモネの下にチューリップを植えれば良い。

返信する

花水城さん

こんばんは~
それが正解なんだけどね~
アネモネは根が張ってるしそれにビオラを植えちゃってて
ちょっと根を触りたくないんだよね。
まだ時期的に触っても大丈夫そうだけど・・・

植える場所がない!!って
言い聞かせてお迎えを自粛しようかと(笑)

そう、庭は定番の宿根草で埋めつくされて、新しい花を入れる隙間がない~😅
と言いながら大きな熱帯スイレンの鉢をいれた私😌

3年目のアネモネは良いなぁ💖
⬆️のご意見に賛成です、きっと豪華な寄せ植えになるでしょう💖
やってみる価値あり~💮

返信する

こみちちゃん

こんばんは~
チューリップ・・・今からもう触れない~冷や汗
ビオラももりもりになってきてるし。

腕があればねえ
それもイケそうだけど考えてる顔

植えるところが無い!!って
お迎えを自粛する予定(笑)

お早うございまーす(^o^)

アネモネ 丈夫で奇麗ですよね〜😍
ウチの紫💜のポルト たったの一鉢だったのが5鉢に増えちゃって···ご近所さんにあげました。
さらに先日他の色も見たくて球根植えちゃいました〜
来年はアネモネだらけになりそうです(笑)

こぼれ種で葉牡丹がでるの〜❓
良いですね(^^♪

返信する

ミキティーさん

こんばんは~
ミキティーさんちではそんなに増えたのね~
すごい!うれしい顔
うちでは増えるところまでいってないけど
毎年咲いてくれてますほっとした顔
気候があってるのかもねウィンク

ハボタンこぼれ種なのは初です
これは無理でしょ~冷や汗
再来年まで残ってたら
ちゃんとした大きさになるかな?(笑)

こんにちは。

育てている植物の生育が順調…嬉しいけれど
こういう場合は悩ましいですね。
同じ意見が出ていますが、アネモネとチューリップ、
一緒に植えられるようなら、
それが一番良いと思うのですが…どうでしょうか。

葉牡丹やサルビアも順調そうですね~。

返信する

ゆうきさん

こんばんは~
最初からそういう予定にすればよかったんだよね・・・
今からはちょっと触れない(笑)
一緒に植えたビオラも2倍くらいに育ってるし~
計画しなきゃね~冷や汗

うちではセージも冬越しできないので
サルビアは室内だよ~
ハボタンこぼれ種は初なので
見守ってみます~ウィンク

返信する

 アネモネは芽出しに成功したのを小さなポット植えにしてます。チューリップなど、ネット買い物で、遅く到着するのがあるので。

返信する

花水城さん

おはようございます~
チーリップとアネモネはコラボなんですね~(*^^*)
小さなポット植ですね。
来年はうちもそうしようかな~

 よく、「幻の〜」って ありますが、写真ありきで売ってるじゃん。ググると農園で一面に咲かしてるじゃん。購買意欲をあげて高値で販売するのよね。でも確かに珍しいから買ってしまったりぃ〜。貴金属とかと違って植物は環境と栽培方法がよければ増えますねー。 アネモネ、早いものだと、ヒガンバナが終わる頃に芽が出たりしますね。なので、カラカラに乾いた球根も早めに催芽処理して(冷蔵庫とか)植え付けます。年内に葉数を多く、大株にした方が良いです。暖地だと2〜3月に蕾が上がります。葉っぱの数だけ花が咲くと言われてますので。ぐい呑程度の小さなポットに葉数が4〜5程度で根っこがポット一杯に回りますから11〜12月の球根の植え時(蚊もいない〜)にちょうど良い感じです。  つづく。

返信する

 チューリップやヒヤシンスとか、上部に何か植えてあっても、(雑草でも)平気。こちらは大阪市内で、球根の再生が不可能なので、ぎゅうぎゅう詰め植えです。3月末にはアネモネが咲き始め〜、です。 5月、気温が上がり、枯れ始めたら、秋まで園芸はお休み。暑すぎてムリムリ。

返信する

花水城さん

こんばんは~
幻のアネモネ~出会ったら絶対買おう!って
思ってたんですけど(笑)

ワタシも園芸は秋からですね~(笑)
春に植えたものが頑張って夏も咲いてくれて・・・
夏は水やりだけですほっとした顔


アネモネは気に入ってくれてるみたいで
毎年咲いてくれてますが
増えるところまでにはいかないかな~考えてる顔
増えてくれるといいんですけどねウィンク

 タキイの通販で売ってます。 3球で1750ーとチョイとお高いですが、数年前は開花株が5000ーだったので、ゆるせる、かな?

返信する

花水城さん

こんばんは~
ありがとうございます!
タキイですねウィンク
今年はチューリップも悩ましいので(笑)
来年かな~

  数年前の画像です。マンションのオマケ小庭(つまらない雑木が植わってましたが、枯らして抜き取ってー ヒドイわ〜 だって、間取り図CADに表示があったので。)ひどい土壌だったので、入れ替えて。1メートル四方のが2つ。丁度良いです、、、勝手ですが。 ヒヤシンスと、万重咲きアネモネとチュー。
 
写真アップするので見てね。

返信する
みんなの趣味の園芸にログイン/登録する

※コメントの書き込みには会員登録が必要です。

会員登録がお済みの方は

会員登録をすると、園芸日記、そだレポ、アルバム、コミュニティ、マイページなどのサービスを無料でご利用いただくことができます。

沢井製薬
ヤクルト
趣味の園芸バックナンバー
定期購読
投稿募集中 from テキスト編集部
見て見て!お気に入りの花

見て見て!お気に入りの花
自慢の植物・庭の写真を募集中!

みんなのマルシェ

みんなのマルシェ
自慢の畑・野菜の写真を募集中!

おすすめ特集
植物図鑑まとめ

植物図鑑まとめ

たくさんある植物の中から、テーマ別や特徴別に紹介します。植物選びの参考にしてください

病気と害虫の話

病気と害虫の話

あなたの植物の症状は? 大切な植物を病気や害虫から守るための、見て分かる病気と害虫ガイド

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

バラの栽培で多くの人が悩む剪定の仕方を、動画でわかりやすく解説

寄せ植えを楽しむ

寄せ植えを楽しむ

寄せ植え向きの植物選びや、作り方のポイントを紹介。参考になるキレイな作品写真も見られます

「今、熱い植物」アーカイブ

「今、熱い植物」アーカイブ

人気の高まる多肉植物や観葉植物。業界の最前線で活躍する専門家がその魅力を紹介

テキストこぼれ話

みん園限定!テキストこぼれ話

ここだけで読める連載「テキストこぼれ話」。『趣味の園芸』で語りきれなかった話を限定公開

園芸用語集

園芸用語集

園芸でよく使われる主な専門用語を400語以上を掲載。50音順の索引から調べられます

今年の夏は緑のカーテン

今年の夏は緑のカーテン

緑のカーテンの作り方やおすすめ植物、実践事例などを紹介しています

みんなのバラ百科

みんなのバラ百科

バラの歴史や「殿堂のバラ」などのバラにまつわる知識、役立つ情報が盛りだくさん

野菜だけで一品レシピ

野菜だけで一品レシピ

育てた野菜をおいしく食べるための、野菜を使ったレシピ222品を公開中

全国植物園ガイド

全国植物園ガイド

全国の植物園一覧。日本植物園協会に加盟している植物園を中心に紹介。植物園に出かけよう!

バックナンバー