しろりんさんの園芸日記
写真

他のプロフィール画像を見る

しろりんさん  愛知県
お気に入りメンバーに登録
2012年05月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
10

自家製のお茶ができました

2012/05/04

先日、市内のお茶の生産農家さんでお茶づくり講習が
あり、一通り習ってきたので、実家の畑に残るお茶を
摘んで作ってみました。
 事情により大きな茶の木は全部切ってしまったけれど、
ひこ生えや実生で育った木の新芽を駆け回って
集めたら、何とかざる一杯程度に。実家では数キロ
摘んで近くにある製茶工場へもっていってたのだけれど、
もちろんこれは持っていきません。(持っていったら
恥かしい量だよね)

これをネットを参考にしながら、電子レンジとガスレンジで
乾燥、よりを繰り返し、何とか作りました。
正直言うと、乾燥させるためにガスレンジを切って
PCにちょっと向かったつもりだったけれど、帰ったら
ガスがついてました。
まだ飲んでいないけど、どうかなぁ。(できたお茶の
画像は一部だけです)

お茶の木を2本ぐらい植えておけば、自分で上等なのを
作ることができるのでためされてはいかがでしょうか?

勿論お茶の葉の天ぷらも美味です。

「自家製のお茶ができました」関連カテゴリ

みんなのコメント(16)
  • 写真
  • 2012/05/04

おはようございます

お茶作り講習会ですか楽しそうですね。
乾燥しながら撚りを加えるのですよね。
お茶の木2本位でも大丈夫なのですか。
凄く魅力的、現実味あるお話しに興味持ちました。
自家製のお茶最高に美味しいでしょうね。

お茶のてんぷら以前食べたことあります。
これも木が有ればできますね。

ところでお茶の木、病害虫は如何ですか。

返信する

華さん、お早うございます。
お茶の木2本で大丈夫とは言っても、何人で
何杯飲みたいか?ですよね。私の場合は通常
コーヒーで、お茶は飲まないのですが、自分で作った
素性のわかったお茶ならもっと飲むかもしれません。
今年は去年以上に野草園のものを中心に
自然のものを食べていますが、その点では気分的に
健康になった木がします。
お茶の木の病害虫ですが、どちらも気にするほどの
木の量ではありませんので、何もしていないです。
これが数本単位で育てれば気になりますが。

先般講習をうけたところでも、私が質問をしたの
ですが、天敵に任せているようです。
カマキリやカエルたちですね。

返信する

おはようございます。

自家製のお茶を頂くなんて なんて贅沢なんでしょう。
きっと おいしいでしょうね~。

昔、お茶屋さんのお茶の苗木を取り寄せましたが 育たないうちにダメになりました。
その後も 苗を売っていたので買ってみましたが コレもダメになりました。
なぜか根がうまく育っていかなかったんです。
手作りのお茶なんて夢のまた夢でした。

返信する

昨年は、お茶の産地はセシウムの数値で一喜一憂だったですが、今年は計測方法も変わったけど大丈夫かな。

返信する

しろりんさん こんにちは。

自家製お茶とは、楽しそうですね。
私も安いですが、煎茶を毎日飲んでるので、自家製の
ものを飲んでみたいなと思います。

返信する

メギツネさん、
北海道の気候のせいでしょうか?お茶の産地は
静岡、愛知、京都などと温暖なところが多いです
からね。当地でも花のあとに大きなタネが
こぼれ実生が沢山あります。実家のは
葉の大きなヤブキタの他、葉の小さい在来のが
混在していますが、当然実生のは品種的には
不明です。ま、ホイキタ、ソラキタなどと品種名を
付けてそれぞれ可愛がってあげればよいと
思いますが。ご希望でしたら、ホイキタなどを
お送りしますが。

返信する

あおさん、こんにちは。
セシウムがどうといっても、所詮飲む量が
大したことないですから、全然気にしていないです。
それに、これから放射能の影響と言っても
あと残りすくない寿命ですから(笑)
 あ、皆には自称37歳と言っています。

返信する

りょうちゃん、こんにちは。
どうぞご自分製のお茶にトライしてみて下さい。
目下、食べられるもの、薬になるものを
どんどん集めています。もっとも、米だけは
やめておこうと思っていますが。

返信する

こんばんは。

自家製のお茶を頂けるなんて素敵ですね。
我が家では、ハーブティくらいしかありませんが、普通に陰干しして作るだけです。

返信する

桂瑚さん、いやハーブティーもいいですね。ただ、手間は
確かにお茶の場合、20倍ぐらいかかりそうです。
あっ、それで思い出しました。ハーブティー用の
レモングラスが防寒のため家の中に取り込んで
いたのですが、もう戻さなくては。

返信する

こんばんは~

お茶の手作りですか。なんだか以前に聞いたような、、、。
今は、機械ですよね。
故郷では、畑の周りにお茶を植え付けて、それを手で摘み、大きな窯で煎り、手でもんでそれを繰り返して作ったこと聞いてます。
今はそんなことしてないと思いますが。
故郷のお茶で嬉野茶とかあります。(佐賀県)
しろりんさん手作りのお茶美味しいでしょうね。

もしよろしかったら教えて頂きたいのですが、、、。今UPしました。
とても小さな葉、黄色の丸い花なんですがもしご存知でしたら宜しくお願いいたします。
写真の腕が悪いので見にくいですが、すみません。

返信する

hayachan、先ほどの黄色い花教えて
頂けてよかったですね。それにしても、
ニリンソウの花があるところにまで
帰化植物が入り込むようになりましたか。

今晩昨日作ったお茶を飲みながら、植え替えを
しています。なんともふくよかなおいしい味です。
とはいっても、こういうのを手前味噌といいますか、
手前茶とでもいうのでしょうか^^

返信する
  • 写真
  • 2012/05/05

自家製のお茶は、なかなか素敵ですね。
茶の花も、白くてなかなか可愛らしい花で、
まさに茶花として使えそうな風情が素敵です。

返信する

茉莉庵さん、お早うございます。
お茶でもなんでも、自分が育てた(ん?育てたという
ほどでもなく、勝手に育っているものです)ものを
好きに調理して食するということは何物にも
代えがたい安心感とおいしさがあるような気が
します。できたらやってみて下さい。
 花も確かに茶花に使えますね。

返信する

実家に庭にお茶の木があって母が番茶作ってました。
半世紀前はほとんど自給自足でくらしてました。
無農薬で安心だったのですがねぇ。
今は除草剤など自分の家でつかわないようにしても近所が使えば水で流れてくるから完全無農薬はむずかしいですね。

返信する

おくざきさん、お早うございます。
ことしは味噌汁の惣菜、お茶、天ぷらの具など
なるべく自給するようにしていますが、自給自足と
いうのは難しいですね。 
除草剤はこの間まで住んでいたところは大家さんが
除草剤を播き、私はときにそこの井戸水を飲むと
いうことで危険だったかもしれませんが、今は
ご近所は除草剤は使わず、手で抜いておられるので
安心です。
 
お茶の利点を1つ発見しました。それを飲む分、
コーヒーを飲まないので、砂糖をたっぷり入れる
私としてはダブルの意味で体に良いですね^^

返信する
みんなの趣味の園芸にログイン/登録する

※コメントの書き込みには会員登録が必要です。

会員登録がお済みの方は

会員登録をすると、園芸日記、そだレポ、アルバム、コミュニティ、マイページなどのサービスを無料でご利用いただくことができます。

沢井製薬
ヤクルト
趣味の園芸バックナンバー
投稿募集中 from テキスト編集部
見て見て!お気に入りの花

見て見て!お気に入りの花
自慢の植物・庭の写真を募集中!

みんなのマルシェ

みんなのマルシェ
自慢の畑・野菜の写真を募集中!

おすすめ特集
植物図鑑まとめ

植物図鑑まとめ

たくさんある植物の中から、テーマ別や特徴別に紹介します。植物選びの参考にしてください

病気と害虫の話

病気と害虫の話

あなたの植物の症状は? 大切な植物を病気や害虫から守るための、見て分かる病気と害虫ガイド

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

バラの栽培で多くの人が悩む剪定の仕方を、動画でわかりやすく解説

寄せ植えを楽しむ

寄せ植えを楽しむ

寄せ植え向きの植物選びや、作り方のポイントを紹介。参考になるキレイな作品写真も見られます

「今、熱い植物」アーカイブ

「今、熱い植物」アーカイブ

人気の高まる多肉植物や観葉植物。業界の最前線で活躍する専門家がその魅力を紹介

テキストこぼれ話

みん園限定!テキストこぼれ話

ここだけで読める連載「テキストこぼれ話」。『趣味の園芸』で語りきれなかった話を限定公開

園芸用語集

園芸用語集

園芸でよく使われる主な専門用語を400語以上を掲載。50音順の索引から調べられます

今年の夏は緑のカーテン

今年の夏は緑のカーテン

緑のカーテンの作り方やおすすめ植物、実践事例などを紹介しています

みんなのバラ百科

みんなのバラ百科

バラの歴史や「殿堂のバラ」などのバラにまつわる知識、役立つ情報が盛りだくさん

野菜だけで一品レシピ

野菜だけで一品レシピ

育てた野菜をおいしく食べるための、野菜を使ったレシピ222品を公開中

全国植物園ガイド

全国植物園ガイド

全国の植物園一覧。日本植物園協会に加盟している植物園を中心に紹介。植物園に出かけよう!