ゆみあさんの園芸日記
14

教えてください、土の再生

2012/06/02

我が家はベランダだけ。
だから植え替え時に古土が出ます。
これをどうするか。
少しずつ、植え替えの時に新しいものと混ぜたり、古土単体で使ってみたり。
今年の鉄砲百合は再生土を使いましたが、なんとなく今一つの花の大きさですもうやだ~(悲しい顔)

我流じゃなくてもう少し勉強しなきゃな~
とインターネットで検索すると、いろいろ出てきました。
見つけたのは

①殺菌するために夏の日光にあてる(夏まで保管~)
②熱湯消毒する
③電子レンジで加熱する(えっ?食品入るところで?)
④逆に熱を加えすぎるとせっかくの有機物まで弱えい、益虫も死滅することもあるから乾燥させるだけでいい (これは簡単!)

とか。

さらには、細かい篩でふるって落ちた微塵は捨てる。これは捨てられないから困っているんですよね~冷や汗

また、この肥料を使うといい、とか、実は売っている土もどこから採ってきているかわからないから再生土のほうが実は良いかも、など「ここまできいたら何も使えませ~ん泣き顔」といった口コミ、タレこみ?情報もあり面白かったです。

でも、初めて知ったのは、さらさらの土が良いものと思っていたのが、これが実は曲者で、水はけがわるくなる、ということ。
なるほど~言われてみると理屈はそうだ。

繊細でスリムな美人(微塵)より、武骨でがっしり系の彼のほうがその後も頼りがいがあるんですね~あっかんべー

さて、私はどうする。
どなたか、いい方法があればぜひ教えてください!

写真は再生がらみで、
①クレマチスヘンダーソニー。(葉っぱが茶色になり、つぼみはついても開花しませんでした。それをバッサリ根元から切りました)

②オリーブ(夫が二年前に購入。買うだけ買って何もしなかったので私が育ててました。あっという間に大きくなってしまいました。最近は実をならせるためにもう一本買う、と夫はのたまっておられますが、それだけは勘弁してもらいたいものです)。

「教えてください、土の再生」関連カテゴリ

みんなのコメント(6)
  • 写真
  • 2012/06/02

う~ん

ベランダーの悩みですね。
いい方法はありませんが、夏までまたなくっても黒い袋に入れて日光に当てるといいっても聞きましたね。
その場所があれば困らないが。
土の再生用のものがあるのでそれを使ったり、
いいところだけ使って後は捨てたり・・・かな~?
参考にはなりませんが。
またいい方法があったら私も知りたいです。

返信する

ひかるりさん

さっそくありがとうございます
地球温暖化にはバイオの力が必要だと思うので(話がおおきすぎ!)、ベランダガーデニング、良いことだと思っています。ただ、この土の問題だけがのしかかります。

でも、夏でなくても大丈夫とは心強い。夏まで保管か~なんて思っていたので。貴重な情報をありがとうございました。ほっとした顔

返信する

こんにちは。
一番問題になりそうなのは、連作障害でしょうか。消毒を重視するか、土壌微生物相を重視するかで方法は違ってくるでしょうか。最近は使用済みの土に混ぜて再生するっていう再生材もありますね。
土の粒子が細かくなって排水性が悪い場合は、粒子の荒い用土を混合かな。団粒構造が理想とはいえ、水はけが良くて水持ちが良いってのも判ったような判らないような話ですね。

返信する

こんにちは~

殺菌は黒い袋に入れて、殺菌した方が良いなあと思いつつ、したことありません(^_^;)

土の再生は、水はけの悪い土には、日向土の小粒を混ぜています。
日向土は、鹿沼土や赤玉土よりつぶれ難いので、使いやすいです。

鉢底用の軽石も、日向土の中粒を使って、再生する時培養土に混ぜちゃいます。

と~っても横着ですが、鉢底石を分ける手間を省くためです(^_^;)

有機物が少ないな~と思ったら、牛フン堆肥を混ぜたり、根腐れしやすい植物には、くん炭やゼオライトを混ぜています。

私のはすっごく横着なので、あまり参考にならないですね。

みなさんの意見を読ませてもらい、参考にしよっと 冷や汗2


微塵な土は、発酵米ぬかと混ぜて発酵してはどうでしょう。
家は、米ぬかに発酵資材や発酵食品を混ぜて、発酵米ぬかを作ったり、去年は発酵米ぬかから、発酵肥料を
作りました。 (発酵を助けるため、山から土着菌を採取して米ぬかに混ぜました)


でも、発酵肥料は熱の管理に手間がかかるので、今年は発酵米ぬかのみ作っています。

熱の冷めた発酵米ぬかは畑の土に混ぜたり、培養土に混ぜたりします。

山土は腐葉土や土着菌で自然に団子状の土になるので、微塵な土の改良にならないでしょうか。

発酵米ぬかや発酵肥料については、ravさんやばんたさんが、去年日記に書いておられるので、参考にされてはどうでしょうか

返信する
  • 写真
  • 2012/06/02

ゆみあさん、はじめまして。

土の再生、永遠のテーマですね。
本では新しい用土を買いましょうなんて簡単に言ってますけど、そうはいきませんよね。

私も我流でいろいろ試しています。

古土は時間があるときは根っこのクズだけ除いて太陽熱で消毒しますが、少量だったり置き場所がないぐらい大量に出るときはカセットコンロで炒めます。
滅菌は難しいので、菌を減らすというイメージですね。
そう考えないと疲れてしまいますので。殺菌作業はそこそこが一番いいです。

そのあとは腐葉土と菌(私はコフナを使用)を混ぜて、雨の当たらないところに保管します。
ポイントはこの保管だと考えています。
雨が当たらないというのは重要ですが、乾燥させると土が微塵の塊になってしまいます。
ある程度の湿り気を与えて数週間に一度ぐらいはかき混ぜる。
この作業の繰り返すことで、土の状態はけっこういい状態になります。
ちなみに私はRVボックスのようなプラ箱の底に穴を開けてそこに土を保管しています。
保管後再使用するときは水はけをよくするためにバーミキュライトを混ぜて使います。
今のところそれでうまくいってます。
バーミキュライトではなくパーライトを使うこともありましたが、土とのなじみが悪いのかパーライトだと水はけが悪くなるので、あまりおすすめしません。

極めて我流ですが、これで今のところ100%再生しています。花の土は腐植が主体ですので、時間がたてば分解して減ってきます。その分を買い足す感じがいいのではないでしょうか。
そういう意味で赤玉土はややこしいのであまり多用はしていません。一部の鉢植え果樹ぐらいですね。

ご参考になれば幸いです。

返信する

あお@岐阜県さん

ありがとうございました。
連作障害、あまり考えてなかったです。小さ目の鉢植えが多いし、秋咲き、春咲きとまとめて草花を咲かせたりするので、小さいものがちょこちょこと古土となって出てきまして。
これはちょっと考えたほうがよさそうです。何の古土か、とわかるようにしたほうが後々のためになりそうです。
ウィンク

orangeさん

こんにちは。米ぬかですか。
みなさんいろいろ自然に豊かなモノを使われていらっしゃって伺っているだけでも嬉しくなりますハートたち(複数ハート)
私はまだまだそこまでたどり着けないでいますが、米ぬかについても調べてみたいです。
土も日向土ですか。あまり初心者本とかには載ってないように思う名前です。でも名前がとってもいいですね。ってそれだけじゃないみたいな優秀な土のようです。ご紹介された方の日記ものぞいてみます!ハートたち(複数ハート)

庭の主さん

はじめまして。
こんな素人質問に詳しく教えてくださりありがとうございました。
カセットコンロですか。なるほどなるほど。
台所の電子レンジを使うのは正直抵抗がありましたが、カセットコンロとなると敷居はぐっと低くなりますグッド(上向き矢印)
それから、土の保管状態まで気にされていらっしゃるんですね。確かに買ってくる土はなんとな~く湿った感じですね。びしょびしょでもなく、かさかさでもなく。
なるほど、こういう状態が良い状態なんだ!と妙に庭の主さんのアドバイスに納得してしまいましたサーチ(調べる)
そして100パーセント再生させていらっしゃるのに驚きました。
赤土は簡単に本では紹介されてますが、みなさんそうそう簡単に手を出さないのも理由がわかりましたひらめき

返信する
みんなの趣味の園芸にログイン/登録する

※コメントの書き込みには会員登録が必要です。

会員登録がお済みの方は

会員登録をすると、園芸日記、そだレポ、アルバム、コミュニティ、マイページなどのサービスを無料でご利用いただくことができます。

沢井製薬
ヤクルト
趣味の園芸バックナンバー
投稿募集中 from テキスト編集部
見て見て!お気に入りの花

見て見て!お気に入りの花
自慢の植物・庭の写真を募集中!

みんなのマルシェ

みんなのマルシェ
自慢の畑・野菜の写真を募集中!

おすすめ特集
植物図鑑まとめ

植物図鑑まとめ

たくさんある植物の中から、テーマ別や特徴別に紹介します。植物選びの参考にしてください

病気と害虫の話

病気と害虫の話

あなたの植物の症状は? 大切な植物を病気や害虫から守るための、見て分かる病気と害虫ガイド

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

バラの栽培で多くの人が悩む剪定の仕方を、動画でわかりやすく解説

寄せ植えを楽しむ

寄せ植えを楽しむ

寄せ植え向きの植物選びや、作り方のポイントを紹介。参考になるキレイな作品写真も見られます

「今、熱い植物」アーカイブ

「今、熱い植物」アーカイブ

人気の高まる多肉植物や観葉植物。業界の最前線で活躍する専門家がその魅力を紹介

テキストこぼれ話

みん園限定!テキストこぼれ話

ここだけで読める連載「テキストこぼれ話」。『趣味の園芸』で語りきれなかった話を限定公開

園芸用語集

園芸用語集

園芸でよく使われる主な専門用語を400語以上を掲載。50音順の索引から調べられます

今年の夏は緑のカーテン

今年の夏は緑のカーテン

緑のカーテンの作り方やおすすめ植物、実践事例などを紹介しています

みんなのバラ百科

みんなのバラ百科

バラの歴史や「殿堂のバラ」などのバラにまつわる知識、役立つ情報が盛りだくさん

野菜だけで一品レシピ

野菜だけで一品レシピ

育てた野菜をおいしく食べるための、野菜を使ったレシピ222品を公開中

全国植物園ガイド

全国植物園ガイド

全国の植物園一覧。日本植物園協会に加盟している植物園を中心に紹介。植物園に出かけよう!