しまくじらさんの園芸日記
写真

他のプロフィール画像を見る

しまくじらさん  岡山県
お気に入りメンバーに登録
2012年06月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
10

追憶 ②

2012/06/04

思えば、もうちょっと情報を共有すべきだったのかも。主人は野菜、私は花。お互い仕事を分担してしまっていたので、主人亡き後、畑はさっぱりわから~ん 泣き顔

遺産相続の手続きをしてくれた信金の担当者が言ったんです。自宅以外に土地があるって言ったら
「そこは手放さなきゃいけないでしょう(きっぱり)」
信金以外に私の貯金もあるし、なんで他人にそこまで簡単に言われる?何年も悶々としながら、あの土地を手に入れたがった人の気持ちがわからんのか。

そしてその直後、宅建の人が家に来ました。電話じゃなく、来たんです。
「遊んでいる土地はありませんか?」
「ありませ~ん。」
偶然?タイミング良すぎでしょう。そのとき思ったんですね、主人が使わせてくれなかった刈払機を使って、草刈しようって。草ぼうぼうだから、こういうことを言われるんじゃないかって。
悔しいでしょ?主人が亡くなった直後に土地を売るなんて。「あんな広い土地買って、相当お金に困ってる?」って思われるのもイヤだったし。

畑仕事をしたり、木を剪定したりしているとき、この作業に私は数日かかるけれど、主人は半日で終わらせてたな、なんて思いながらやっています。それが供養になるなんて、宗教的なことは言いたくありません。イヤならやめりゃいい。でも、やる。

なんなんでしょうね、今でも、「野菜作りは花ほど好きじゃない」なんて思ってみたり。だから、キリがない草取りが辛いなんて思ってしまうんでしょう。固定資産税の元が取れてるのか?(取れてないでしょ)な~んて思うこともあるけど、お金じゃない。意地でやってるようなものです。

でも、自分で作って、自分で収穫した野菜は、文句なしにおいしいんです。だから今日もがんばります、がんばりすぎない程度に(手抜きともいう)
というわけで、今日も畑は草ぼうぼうです 冷や汗

写真は
咲き進んだキャットミント(ネペタ)
クリーピングタイム(赤花)

「追憶 ②」関連カテゴリ

みんなのコメント(20)

くじらさん、おはようございます。はじめまして、宜しくお願いします。

ちょっと心の中を披露していただいて、「私だけじゃないんだ」と慰められました。

振り返らず前を向いて趣味に没頭して元気に宿題(親孝行)しています。

ターシャ・チューダーさんに憧れて園芸に嵌り、退屈しない暮らしをしています。

返信する

くじら様

おはようございます
くじらさんと少し事情がちがいますが、母の実家の叔母も意地でも手放すもんかと言ってくれていました。
母ががまだ小学生の頃、大家族のお嫁さんにきて祖父母に従い悲しいことも悔しいこともあったのに。 
その叔母も、先月突然亡くなりました。
アクリルたわしの第2号、笑って貰おうと思っていたのにまにあいませんでした。
母の落ちこむのを心配していましたが、赤いバラや胡蝶蘭のお陰で気が紛れているようです。

キャットミント、私の理想の姿(*^▽^*)
あきらめず、チャレンジ!
枯れてもあきらめず、虫にもウドンコちゃんにも負けず、草ぼーぼーと言われてもへこたれず(^^)/~~~

返信する

地所は固定資産税が来ますねえ。農地だと安いけど非農家は農地を所有できないから、農家は農地指定の土地は手放さないですね。
私の住んでる町では、田んぼや畑の中にアパートや商用施設が林立なんてこともあります。もっともアパートは、派遣会社が社宅として使っていたものがリーマンショック後、空室になっているのも多いけど。

返信する

都会の利便性に憧れもあるけど、
無い物ねだりはしないこと…と、
自分に言い聞かせられるようになったのも最近です。
義父が亡くなって相続の際、都会暮らしの義兄姉達との会話!
「坪数十万円の都会なら、遺産争いするかも~!」でした。
昨年から固定資産税も月1万円を切り、
年金暮らしの我が家には助かりますわーい(嬉しい顔)
たぶん、この辺り買い手は無いでしょう~あっても、
安すぎて売れないげっそり

返信する

☆ がっちゃん

こんにちは。はじめましてじゃないですよ 冷や汗 メンバー多すぎて覚えきれないでしょうけど。

親や夫の土地を引き継いで、園芸や畑をやり始めたって方は、多いと思います。売っちゃえばいいじゃん、ってものでもないし。いやむしろ、お金のために売ってしまう方のほうがお気の毒かも。どうなんでしょうね。

振り返ることも必要ですよ。でも、そこで止まらないことです。

返信する

☆ かこさん

人が亡くなったとき、茫然自失の人と、「今、自分がしっかりしなきゃ」って思っちゃう人といるんですね。それが人を動かすパワーになるみたい。

ほとんどの人は「亡くなった」ってこと自体にこだわるけど、「それまで生きていた」って長~い間の経緯があれば、いいんじゃない?って私は思うけど。理論じゃないのよね、心は。

叔母さまは辛い時代を過ぎて、やれやれって思っちゃったんでしょうか。突然力が抜けたときって、怖いのよね。定年後に急に亡くなるって、よくあるんだって。
悲しみや寂しさは後からくるものです。お母さまはそのときこそ、花に慰めてもらえるといいですね。

雑草にも虫にも悩まされるけど、いちばん堪えるのは、人のことばだったりして 冷や汗

返信する

☆ あお@岐阜県さん

固定資産税を考えたら、高い野菜ですよね あせあせ(飛び散る汗) 土地があるってうらやましがる人が多いけど、がんがん草は生えるし、虫は湧くし、野菜は思ったほどできなかったりするし、やってみろよーって思う 冷や汗
定年してから、田舎に土地を買って住み着くのが流行ってますが、年も取るし、勇気がありますよね。まぁ、田舎は税金も安いとは思うけど。

うちのほうも、田んぼやアパートが連立です。ただ、商業施設は作れないみたいで、スーパーまでが不便 冷や汗 車さえあれば、ホームセンターや図書館、手芸店、割と近くになんでもアリです 指でOK

返信する

☆ hanuraさん

車が運転できる間は、都会にはあこがれないかも。年取ったら不便だろーなー。半・田舎、って感じです、ここ。
でも今は、なんでも宅配で届く時代。自分で見られるホームセンターと、病院さえあればいいんじゃない?って気もします。

実は田舎にも主人名義の土地があるんですが、たぶん売れないし、司法書士さんに払うお金のほうが高いですね、きっと 冷や汗

返信する

こんにちは〜。
うちは、農地を遊んでる土地になる前に早々に借金返済(入院費ね)にあてましたぁ。
ついこの前迄田畑だった所が住宅地。
当方、土地の所有権ないんでno-touchで吃驚〜。
事後報告ですぅ。
口挟めないし手も出せません。傍観者ですぅ。
そもそも、いま薔薇植えてる場所も庭木の合間を縫って植えさせて貰ってる、だけで「鬱陶しい!」って土地の所有者がヘソ曲げたら、全部廃棄しか無いっす涙
基本、居場所が無い人なんで冷や汗2
…ナンパに弱いっす冷や汗

返信する

☆ 寅参上!さん

こんにちは。

え?話がよく見えないんですけど 冷や汗
借りてた土地が、突然売られたってことですか?「住んでる」場合は権利があるんですけどね 冷や汗2

う~ん、荒地で自由に虫取りしてた子どもたちが、所有権がうちに移ったら入りにくくなった・・・そんな感じですね 冷や汗

返信する

こんにちは

草ぼうぼうでも、どうしても手放さなければならない状況で無い限り維持でしょうね、旦那さんとの土地ですもの。
お子さんもいらっしゃる様ですし・・・。
土で速やかに分解、無害になる農耕地用の除草剤もある様です。
何もできませんが、無理しない程度に頑張って下さいね。

返信する

☆ HANASOUSA(花匝瑳)さん

こんばんは。

主人との土地と言えるほどの、歴史もないんですけど・・・冷や汗 子どもは買う時点で反対でしたし、今も畑には興味なしです。まぁ、昔の自分を考えれば、無理からぬことです。遊びたいお年頃ですし。

どんどんいいのができているとは言え、薬はやっぱり怖いです。特に野菜には。何年、何十年か後に、何か起こらないとは言えませんから。 まいた直後にネコが通らないとも限らない 冷や汗
ありがとうございます。てきとーにがんばります 指でOK

返信する

こんばんは

最近ちょっと、くじらさん畑におつかれなのかな~と思っていました
広い場所の草取り虫取り、考えるだけでお手上げになってしまいますふらふら 終わりがないしね~
たしかお庭の方にも、菜園もありましたよね!
木もいっぱいあるし!
野菜も木も、手がかかる
それが楽しくてやりがいもあるけど、多すぎたらしんどいんじゃないかな~って、勝手に考えてしまいます(すいませんあせあせ(飛び散る汗)
くじらさんは、ほかにも手芸もお上手で好きでしょ?
畑は、ムリのない程度でほどほどに楽しんでくださ~い揺れるハート
それでもまた疲れたときは、ここで「疲れたー!」と叫べばOKかもウッシッシ

返信する

☆ ローズマリーさん

こんばんは。お気づかいいただいてありがとうございます わーい(嬉しい顔)

私ねー、単純作業が苦手なんです。ただひたすら草を取る、その単純作業にうんざりすることがあるんですよね。終わりが見えないし もうやだ~(悲しい顔) 頭使う作業は、時間かけてもやるんだけど 指でOK
真夏の暑いときの農作業のほうがむしろ、そんなに辛いって思わないんです。
3年前はそれでも意地張ってやってたけど、だんだん気が緩んでくるでしょ?な~んか疲れるんですよね。刈払機は疲れたときは使えないので(危ない)、ますます草が我が物顔 冷や汗

時間の配分が苦手なんです。だらだら過ごしちゃうし。うまくやれば、手芸やお菓子作りでもして(パン作りに凝ってた時もあった)気分転換できるんだけど。「時間があったら草取りしよう」って思ってたら、手芸もできないし。

まったく、ぜいたくな悩みだなー 冷や汗

がんばっても草は生えるし、虫もわく。ある程度はしかたないですね。そこそこがんばります ウッシッシ

明日は手芸してみよう。気分転換になるかもしれない。そう思っただけで、ちょっと気が楽になりました わーい(嬉しい顔)

返信する

くじらさん
ごめん ごめん。
全然誤解ですあせあせ(飛び散る汗)
土地は、管理出来ないから、作物作りたいって人にうちが貸してる側です冷や汗
でもね〜。一人一人、入院費嵩むでしょ、その都度、そこを細切れにして売ってるってことよ。

その件に関して、介入不可って事。

返信する

☆ 寅参上!さん

いやいや、こちらこそ あせあせ(飛び散る汗) でもまだ、よく見えない。
ご両親が入院中?名義はそちらにあるわけですね?入院はたいへんだけど、細切れにできるぐらい、土地があるんですね。

返信する

こんにちは。

遡って日記を拝見させて頂きました。

想いは人それぞれに、様々な形で胸にあるので、くじらさんが心身を疲弊させないよう、あまり無理をされず、楽しめることを願っております。

返信する

☆ 桂瑚さん

こんにちは。

ありがとうございます。同じできごとに遭遇しても、感じることは人それぞれですね。時間の経過と共に変わってくるし。

桂瑚さんは看護師さんか介護士さんなんですか?命に係わるお仕事は、いろいろとたいへんでしょう。野良仕事で気分転換して わーい(嬉しい顔) また今日もがんばりましょう 指でOK

返信する

私が最初に思うのは、ご主人を亡くされた時、くじらさんや、お嬢さんが、どんなに、つらく、悲しく、苦しかっただろうということ。

 それを思うと、足が立ちすくみそうです。


 それと、ご主人の果たせなかった夢というか、残された思いをくじらさんが、しっかりと受け止めて、ついでいるということです。

 そこに、情けの深さを感じます。「情け」というのは、愛情でもあるし、やりたいことを残して逝かざるを得なかった人への憐憫の思いでもあるし、まるで妻でもあり、母でもあるような…。
 いや、一人の人間としての、一人の人間である人への深い情けを、私は感じます。

 生死で別れているとはいえ、今や二人の絆ともなっている畑に向かう時、くじらさんは、何を思うのか、泣きたくなることもあるのだろうな、と想像すると、私も胸が苦しくなる気がします…。

 これが、私が感じたことです。

返信する

☆ らりこさん

来てくれたのね、ありがとう~。

そうなの、多くの人は、普通は亡くなったときのことのみにこだわるけど、違うんだよね。
実は、入院中のほうが、「つらく、悲しく、苦しかった」んです。草取りと一緒ね、終わりが見えないって辛いんだよね。見えてれば、そこに向かって進める。だから、亡くなったときは、これで終わったんだ、って思った。もう戻れないんだから、これから私ががんばらなきゃ、って。

夫を亡くした妻が、むしろ元気になるって、そういうこともあるんじゃない?

ただ、生きている間に、あんまり一緒にやらなかった、そこは反省してます。それがストレスや疲れの一因にならなかったとも言えない。
私は「広すぎて草と水やりがたいへんだ」と言ったのに、主人は「がんばるから」って言って畑を買った。それが今、そこにある。「どうしてくれるんだよー」とか思いながら、今日も草と虫と、戦うのであった 指でOK

泣きたくなるより、がんばってるな、って思ってね わーい(嬉しい顔)

返信する
みんなの趣味の園芸にログイン/登録する

※コメントの書き込みには会員登録が必要です。

会員登録がお済みの方は

会員登録をすると、園芸日記、そだレポ、アルバム、コミュニティ、マイページなどのサービスを無料でご利用いただくことができます。

沢井製薬
ヤクルト
趣味の園芸バックナンバー
定期購読
投稿募集中 from テキスト編集部
見て見て!お気に入りの花

見て見て!お気に入りの花
自慢の植物・庭の写真を募集中!

みんなのマルシェ

みんなのマルシェ
自慢の畑・野菜の写真を募集中!

おすすめ特集
植物図鑑まとめ

植物図鑑まとめ

たくさんある植物の中から、テーマ別や特徴別に紹介します。植物選びの参考にしてください

病気と害虫の話

病気と害虫の話

あなたの植物の症状は? 大切な植物を病気や害虫から守るための、見て分かる病気と害虫ガイド

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

バラの栽培で多くの人が悩む剪定の仕方を、動画でわかりやすく解説

寄せ植えを楽しむ

寄せ植えを楽しむ

寄せ植え向きの植物選びや、作り方のポイントを紹介。参考になるキレイな作品写真も見られます

「今、熱い植物」アーカイブ

「今、熱い植物」アーカイブ

人気の高まる多肉植物や観葉植物。業界の最前線で活躍する専門家がその魅力を紹介

テキストこぼれ話

みん園限定!テキストこぼれ話

ここだけで読める連載「テキストこぼれ話」。『趣味の園芸』で語りきれなかった話を限定公開

園芸用語集

園芸用語集

園芸でよく使われる主な専門用語を400語以上を掲載。50音順の索引から調べられます

今年の夏は緑のカーテン

今年の夏は緑のカーテン

緑のカーテンの作り方やおすすめ植物、実践事例などを紹介しています

みんなのバラ百科

みんなのバラ百科

バラの歴史や「殿堂のバラ」などのバラにまつわる知識、役立つ情報が盛りだくさん

野菜だけで一品レシピ

野菜だけで一品レシピ

育てた野菜をおいしく食べるための、野菜を使ったレシピ222品を公開中

全国植物園ガイド

全国植物園ガイド

全国の植物園一覧。日本植物園協会に加盟している植物園を中心に紹介。植物園に出かけよう!

バックナンバー