豆太郎さんの園芸日記
写真

他のプロフィール画像を見る

豆太郎さん  海外
お気に入りメンバーに登録
2012年07月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
32

ラザニアガーデン その1

2012/07/23

カメラ写真左:裏庭の花壇。咲いているのはピンクのフロックス。

カメラ写真中央:花壇の向こう側。斜面で固い粘土質。何を植えようとしても少々土を入れ替えただけでは育たない。ここに鹿も食べず、アメリカハタネズミも嫌いというキャットミントの「ブルーカーペット」という品種を植えたい。

カメラ写真右:ラザニアガーデン作成中。カオス。げっそりこれを見た主人は唖然。まぁまぁ、そのうち土になるから。。。うれしい顔 思ったより面積が広く、途中で一番下に敷くはずの新聞紙が足りなくなってしまった。上にもまだまだ重ねなければいけない。


ラザニアガーデンとは
ラザニアガーデニング(lasagna gardening)はsheet mulchingやno-dig gardeningとも言って、土を掘り返さず、直接地面に新聞紙を敷き、その上に枯れ葉や野菜くずをいくつも重ねて堆肥を作り、植物を植えるという方法。ラザニアを作るための菜園とか、ラザニアが生えるレストランガーデンではないです。ブタ

この箇所のように粘土質で、掘り返してもあまり意味が無い、あるいは芝生や雑草が一面に生えていて、抜くのが大変すぎるという場合に使えるようです。かなり放任、「果報は寝て待て」方式のガーデニング。

作り方
1. 雑草は上の部分だけ刈り取る。(芝生なら短めに刈る。)

2. 新聞紙を10枚程、又は段ボール紙を敷き詰める。この時隙間のないように、紙は重ねて敷く。新聞紙より下の雑草は枯れるはず。

3. 水をまいて紙を湿らせる。

4. 3の上に野菜くず、抜いた雑草(タネのついていないもの)、刈った芝など窒素分の多いもの(英語でgreens)を5〜8cmほど敷き詰める。

5. 枯れ葉、シュレッダーにかけた紙、バークなど、小枝など炭素分の多いもの(英語でbrowns)を10〜15cmぐらい敷き詰める。

6. 水をまいて湿らせる。

7. 4〜6を繰り返し、全体が約50cmの高さになるまで重ねる。

8. 乾かないように時々水をまき、あとは放っておく。(土を上に少し入れ、すぐ植えてもいいと書いてあるサイトもあるけれど、根が焼ける場合もあり。)

重ねる分量は適当でいいが、緑:茶色=1:2ぐらいにすると良いらしい。

参考サイト(英語)
http://anr.ext.wvu.edu/lawn_garden/vegetable_gardening/la...

http://organicgardening.about.com/od/startinganorganicgar...

「ラザニアガーデン その1」関連カテゴリ

みんなのコメント(20)

こんばんは。

 かなり、手強い土みたいですね、粘土質なので、カチカチなんでしょうか、ラザニアガーデン、なんとなく理解できそうです、新たにフワフワの用土を作ろう、ということですね。
どのくらい期間がかかるんでしょうか、半年位置かないと、いけないのかな。
森から落ち葉を集めて、ばら撒けば早いかも、腐葉土風になるかもしれません。

返信する

なるほど重ねて作るラザニア・ガーデンとは考えたものですね。
要はコンポストの上に庭を作っちゃおうexclamationですね。

ご主人に叱られないだけで素敵exclamation×2
うちだったらどんなことになってたか・・・・冷や汗2

返信する

なるほど!ラザニアとは、ミルフィーユって意味なんですね わーい(嬉しい顔) ラザニアの材料を植えるのかと思いました。・・・トマトと小麦?冷や汗2

新聞紙がどんな役割をするのかがよくわからないんですけど。均等に押さえるためなんでしょうかね?

うちの畑も、以前は100%荒地でした。晴れればカチカチ、降れば水たまりが消えない、っていう土です。そこを畑にするために、一部(2~3畳分ぐらい)に抜いた草を積み上げたことがあります。新聞紙なしのラザニアですね ウッシッシ 雑草、剪定ゴミ、ぬか、油かす、公園で拾ってきた落ち葉など。
1年ぐらい?置いて、かさがぐっと減ったころ、残った枝などを取り除いて、掘ってみました。ふかふかでした うれしい顔 ただし、コガネムシの幼虫が100匹ほど出てきました 冷や汗

その土を何度か掘り返してコガネムシを パンチ し、畑のあちこちに混ぜ込んでいます。ヘタな腐葉土を買うより、いいですよ 指でOK

返信する

まつさん、こんばんは。

とても固い粘土質です。雨が降らないと、シャベルもフォークもほとんど突き刺さりません。何度かちょっと穴を掘ってハーブを植えたのですが、あまり良く育ちませんでした。

数ヶ月あれば植えられる腐葉土になるらしいです。仰る通り、森の落ち葉もとてもいいですし、去年剪定して出た枝が山になっているので、それも重ねたりしています。使える物はなんでもリサイクルです。

それから去年の秋から今年の春にかけて落ち葉や野菜くずを集めて入れておいたものが既に堆肥になっているので、これを一番上に重ねれば、キャットミントのように丈夫なものなら、すぐに植えられるのではないかと思っています。

返信する

庭ふくろうさん、こんにちは。

重ねてコンポストを作ってそこに植えよう、というアイディアです。

この場所は夫婦共々辟易している箇所で、私がラザニアガーデンにすると言ったら同意してくれました。しかし途中経過を見て、一瞬たじろいでいました。。。今朝は小枝や落ち葉を沢山この上に重ねたので、もうちょっとましに見えます。。。多分。冷や汗2

返信する

くじらさん、こんばんは。

そうです。ラザニアは重ねるということです。1980年代にラザニアガーデニングという本が評判になって広まった言葉だそうです。でもそれ以前から、こういう風にたくさん重ねて堆肥を作ってそこに植えるという方法はあったらしいです。

最初の新聞紙を10枚程敷き詰めるのは、完全に光を遮り、下の雑草や芝生を枯らすためのものです。もちろん、そのうち分解されて土に帰ってしまいますけど。上に沢山重ねているからいらないような気もします。

くじらさんは、新聞紙なしでラザニアをすでに作ったのですね。ふかふかですか!コガネムシの幼虫がそんなに出て来たらビックリですが、結果、良い土になって良かったですね。うちも少しでも植えられるようになる日を楽しみに、頑張って重ねてます。

返信する

こんばんは、豆太郎さん。

ラザニア・ガーデンのタイトルに誘われて訪問しました。
ラザニアの花イッパイの庭かと思ったら違ってた。(w

畑の作り方の手法だったのですね。

イタリアの料理ラザニアみたいなものですね。

日本だと広島風お好み焼き。広島焼きですね。

植物のラザニアも語源は同じなのかな。

根とか葉とか重なり合ってますよね。

返信する

ほんわか猫さん、こんばんは。

美味しそうなタイトルだけど、美味しくなくてごめんなさいね。うれしい顔

そうです。畑作りの方法の名前です。イタリア料理のラザニアみたいに、いくつも重ねて土をお料理して作るのです。どんぶりそうです、広島風お好み焼きみたいに、どんどん重ねます。

植物のラザニアは見たことがないのですが、どんなものでしょう。

返信する

おはようございます。

粘土質の固い場所での畑にする方法ですか。
なるほど、面白いですね。

昔、サツマイモの苗床を作るのに、よく似た方法をしてましたね。これは、腐食した熱を利用した温床ですけれど。崩した後には、カブトムシの幼虫が。

返信する

花好きかんちゃんさん、こんにちは。

この固いところにキャットミントを植える予定です。実は花壇にアメリカハタネズミが入って来て、あちこちトンネルを掘ってしまうので、それを防ぐためにネズミが嫌いな植物を植えたいのです。

花好きかんちゃんも同じように苗床を作られたのですか。このラザニアガーデンもいろいろな幼虫が出てきそうですね。

返信する

おはようございます。

 ラザニアガ-デン?
 始めの感想ですが、ご説明を呼んで分かりました。
 荒っぽく言えば、堆肥つくりの自然コンポストのようなもんでしょうか。
 面白い方法ですが、家の建てこんだ我が家ではとても出来ませんです。
 
 なんとか立派なものが出来て、栽培、収穫ができるよう願ってますね。時々、状況をアップ願います。

返信する

表土というのはデリケートな存在だそうで、あまりに耕起すると表土が飛ばされやすくなるのだそうです。アメリカ中西部でダストボウルが問題になったのはスタインベックの「怒りの葡萄」で描かれていますが、乾燥地帯での灌漑農業による塩類集積など土壌にまつわる問題は、世界各地にあるようです。
「土の文明史 」
http://www.amazon.co.jp/dp/4806713996
不耕起栽培や草生栽培などもありますが、日本では水田稲作などで土壌流出は、あまり問題になっていないようです。

返信する

こんにちは。

ラザニアガーデン、
つい熱々のチーズとソースの味が口に広がるようなネーミングで、
こんな土づくりの方法があるのですね、初耳です。
試行錯誤して作った土で育てるのはまた喜びも膨らみますね。
一面にキャットミントが広がってネズミもシャットアウト、
可愛いお花のカーペットになると良いですね手(グー)

私もいつかコンポストみたいなことを
取り込んでみたいというエコな夢がありますわーい(嬉しい顔)
今はブレンドされた初心者向けの培養土で、
それでも四苦八苦ですけれども冷や汗

あお@岐阜県さんのコメントにある「土の文明史」面白そうですね!
TVで開拓移民の方の土壌開拓の姿など見ていても
毎度その根気強さと素晴らしい成果に感動します。

返信する

ねむりねこさん、こんにちは。

ラザニアガーデン、その通り、菜園や花壇にしたい所に直接コンポスト作って植えよう、というものです。

確かに、これは数ヶ月間、ご覧の通り外観を乱すげっそり荒療治ですので、普通の住宅街では無理そうです。いろんなサイトを読んでいると、周りに大きな木がない、雑草もないし、野菜くずもあまり出ないお宅だと、ラザニアガーデンを作る材料集めが大変というのお話もありました。確かに。。。

今の所、とてもガーデンという言葉からはほど遠いゴミ捨て場状態ですが、いつか青いキャットミントの花が咲く日を夢見ています。これからも時々状況アップします。

返信する

あお@岐阜県さん、こんにちは。

ご紹介の本、面白そうですね。表土がデリケートというのは耳にしたことはあるのですが、詳しく本を読んだりしたことがありません。あまり深く耕さない方がいいというのもどこかで読んだことがあって、その時はなぜ?と思いましたが、表土のバランスを崩してしまうとのことでした。

今ラザニアにしているところは、少々掘って土を入れても、斜面で入れた土が流れるだけ。板を入れて段々にするのも大変な箇所なので、どんどん色んな物を重ねて直接土を作りながら、丈夫な植物を植える計画です。

返信する

kasminさん、こんにちは。

名前の割には途中経過があまりにも無惨なガーデニングですがうれしい顔、上手くいけば黒いふかふかの土ができるはずです。

コンポストは1m四方ぐらいの場所があればできると思います。うちでは木で組んだコンポスト作りの箱がいくつかあって、野菜くず、落ち葉、摘んだ雑草、茶殻、コーヒーかす、など、堆肥にできるものはなんでもぽいぽい入れてます。数ヶ月でふかふかの堆肥になるので重宝しています。クローバー

返信する

こんばんは

本当に興味深い土作りですね。
ラザニアだから何か重ねるのかしら?と思って読み進むうち、なんかハマってしまいました。
楽しそう~!
少し土をかけても…とありますが、と言う事は土をかけなくても葉や草などが土にかえると理解してもいいのですか?
かなり時間がかかるような気がしますが、途中経過をぜひ日記に載せてください。

私は畑もやっていますが、野菜くずや枯れ草などを入れた土はフカフカになりますね。
そして、そこからこぼれ種で咲く花はかなり立派です!

豆太郎さんのお庭もステキなガーデンになること間違いなしですねぴかぴか(新しい)

返信する

そよ風の庭さん、こんばんは。

今朝も枯れ葉や小枝をたくさん重ねました。結構はまります。だいぶ分厚くなってきました。

土はかけなくても、葉や草、枝、野菜くずは土にかえります。堆肥作りは途中で切り返しをしたりしますけれど、特に混ぜなくても大丈夫。このラザニアもそのまま放っておけばいつかはふかふかになるはずです。

そよ風の庭さんも畑に野菜くずや枯れ草を入れていらっしゃいますか?出すゴミは減るし、土はふかふかになるし、いいですよね。

このラザニアガーデンどうなるか、途中経過も折々ご報告しますね。

返信する
  • 写真
  • 2012/07/25

おはようございます

ラザニアガーデンとても興味深く読ませていただきました。
青空の下でのふかふかのコンポスト作りですね。
なるほどその土地柄にあった作り方、日本ではそのまま真似をすることできませんが出来ることをやってみたいです。

今年もゴーヤのプランター用土を2種類買ったのですが、袋を開けた瞬間良し悪しを感じ、育てて葉の緑色が明らかに違うのでそれが確信に変わりました。

先日ご近所の家にゴーヤを植えに行った時の土がふかふかで、その後の葉の緑が濃く綺麗です。
用土は肥料より大切な物だと改めて思いました。

今 私も少しですが落ち葉や剪定した枝、糠などを積み重ねて堆肥作りの真似事をしているのですが、これは水を掛けないようです。
時間は掛かり思い通りの物が出来るかどうか分かりませんが、いつかは自分でブレンドした土でゴーヤやお花を育ててみたいそんな夢みたいなことを思ってます。

ラザニアガーデニングに一面のキャットミントが咲いたら
さぞキレイで香りも良いことでしょう。
私もそれを楽しみにしています。

返信する

華さん、こんにちは。

そうですね。青空の下で、なんでも重ねてコンポスト作りです。周りを木に囲まれていて、庭で何をしていても一目に付かないうちだからできるハチャメチャコンポスト作りです。うれしい顔

華さんも土作りされてるのですね。日本だと降水量が多いので余計な水やりは必要ないのかもしれませんね。こちらは日本の降水量の半分しかなくて、水をかけないと腐葉土になるのにかなりの時間を要するようです。
土がいいと何でも良く育ってくれます。ゴーヤもふかふかの土で幸せに大きくなっているのでしょうね。揺れるハート

うちもこの箇所に来年は幸せなキャットミントの青い花が咲いてくれるといいです。

返信する
みんなの趣味の園芸にログイン/登録する

※コメントの書き込みには会員登録が必要です。

会員登録がお済みの方は

会員登録をすると、園芸日記、そだレポ、アルバム、コミュニティ、マイページなどのサービスを無料でご利用いただくことができます。

趣味の園芸バックナンバー
投稿募集中 from テキスト編集部
見て見て!お気に入りの花

見て見て!お気に入りの花
自慢の植物・庭の写真を募集中!

みんなのマルシェ

みんなのマルシェ
自慢の畑・野菜の写真を募集中!

おすすめ特集
植物図鑑まとめ

植物図鑑まとめ

たくさんある植物の中から、テーマ別や特徴別に紹介します。植物選びの参考にしてください

病気と害虫の話

病気と害虫の話

あなたの植物の症状は? 大切な植物を病気や害虫から守るための、見て分かる病気と害虫ガイド

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

バラの栽培で多くの人が悩む剪定の仕方を、動画でわかりやすく解説

寄せ植えを楽しむ

寄せ植えを楽しむ

寄せ植え向きの植物選びや、作り方のポイントを紹介。参考になるキレイな作品写真も見られます

「今、熱い植物」アーカイブ

「今、熱い植物」アーカイブ

人気の高まる多肉植物や観葉植物。業界の最前線で活躍する専門家がその魅力を紹介

テキストこぼれ話

みん園限定!テキストこぼれ話

ここだけで読める連載「テキストこぼれ話」。『趣味の園芸』で語りきれなかった話を限定公開

園芸用語集

園芸用語集

園芸でよく使われる主な専門用語を400語以上を掲載。50音順の索引から調べられます

今年の夏は緑のカーテン

今年の夏は緑のカーテン

緑のカーテンの作り方やおすすめ植物、実践事例などを紹介しています

みんなのバラ百科

みんなのバラ百科

バラの歴史や「殿堂のバラ」などのバラにまつわる知識、役立つ情報が盛りだくさん

野菜だけで一品レシピ

野菜だけで一品レシピ

育てた野菜をおいしく食べるための、野菜を使ったレシピ222品を公開中

全国植物園ガイド

全国植物園ガイド

全国の植物園一覧。日本植物園協会に加盟している植物園を中心に紹介。植物園に出かけよう!