はなそうさ(花匝瑳)さんの園芸日記
写真

他のプロフィール画像を見る

はなそうさ(花匝瑳)さん  千葉県
お気に入りメンバーに登録
2012年10月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
40

もみがら燻炭を作る

2012/10/22

この地方では、もみがらを「すくも」とも呼びます。
もみがら燻炭よりは、「焼きすくも」の方が何となく親しみがあります。
近所の農家から「すくも」9袋目分量で1㎥位分けていただきました。
昨日は風も穏やかで火遊びには絶好でしたので、
2回に分けて7袋を焼きました。
午前中のはOKでしたが、午後のは夕方少し暗くなり、焼いた後の冷却が不十分だったようで、今朝見たら少し灰になっていました。
水を掛け過ぎ、びちゃびちゃになるのがいやだった為、少し水の量が足りなかったようで、今朝まで火が残っていました。
アブナイ、アブナイ。
カメラ燻炭器にもみがら4袋セットします。
カメラ点火して約3時間、焼き上がりまでもう少し。
カメラ入れておいたさつま芋、こちらもおいしく焼けました。

「もみがら燻炭を作る」関連カテゴリ

みんなのコメント(17)

こんにちは

すくも懐かしい響きです。

昔は、実家でよく焼いていました、あの匂いが好きです。
トマトやキュウリのハウス栽培をしていたので苗作りには欠かせなかったようです。

菊作りにも良いのですよね、最近はHCでも売ってますね。

たき火ができなくなってとても寂しいですが、時々こっそりバラや木の枝燃やして焼き芋作ってます。
煙でばれてますね~

庭のごみ乾燥させ燃やしたら、ほんの少しの灰になり陶芸の釉薬にもなるし、私のストレス解消の一番いい仕事だったのに~です。

返信する

よっこらさん こんにちは

「すくも」いい響きですね、こちらではまだまだ「すくも」です。
HCで50リットルの大袋でも700円くらいです、
小袋になったら・・・買ってはとても使い切れません。
ここでも市条例か何かで野焼きや焚火は禁止なのですが、農家には適用除外もあるようです。
このすくも焼きは厳格に言えば〇〇違反になるのかもしれません、公の場に違反を堂々と出しては・・・・の声も聞こえますが
市役所さんもそこまでお堅い事言わないでしょう、今の時期周りの農家では結構あちこちで煙が上がっています。
焼きすくも、我が家では必需品です。
近くだったら、よっこらさん取りに来て・・・と言えるんですが・・・。
(ガソリン代の方が高くつきますね)

返信する

  こんにちは。

 へえ~、初めて見ました。こういう機械があるんですね~。いぶすわけですか。

 やはり、大菊に使われるのですか?すごいですね~。
 えーと、土に混ぜるんですか?

 あ~、焼き芋、美味しそう~黒ハート

返信する

自分でもみがら燻炭が出来ちゃうんですねひらめき

でも焼きイモの方が気になるぅ~~
美味しそうです黒ハートうまい!

返信する

らりこさん こんばんは

我が家での燻炭は母が菊の土つくりに使うのが主目的です。
菊の定植用の土は、赤玉中粒と自家製腐葉土を等量、これに1割程度もみがら燻炭を入れて混ぜます。
腐葉土つくり、燻炭つくり、ブレンドして菊の土つくりは私の仕事になっています、11月は腐葉土の踏込です。
鉢ものの菊はこの用土しか使ったことが無いので、燻炭の効果はわかりません。
菊花会での指導と、菊の師匠のまねをしてます。
地植えの菊は花が終わり地上部を少し残して切った後、燻炭を表面にしいて、鶏糞をやっています。
その他草花の霜よけとして、使う事もあります。
この近辺の農家は昔から畑や苗床の土に混ぜているようです。
焼き芋、いい具合にできました、味も格別うまかったですよ~。

返信する

ふうかさん こんばんは

もみがら燻炭、買うと高いですからなるべく自前で、です。
もみがら燻炭、どのような効果があるのかわかりませんが、
この辺の農家は昔から自分の家で作って使っている様ですので
それなりの効果はあるだろうと思っています。
燻炭つくり、火遊びなんで、面白いですよ。
焼き芋も食べられるし・・・おいしかったよ~。

返信する

こんばんは。

あれ、こちらでも「すくも」って言いますよ。
すくもって言う地域、どことどこがあるのでしょうね??
焼きすくもも作るときがあります。
でも昔から器具は使用していません。だからでしょうか、全体的に綺麗に黒くなってないときがありますね冷や汗
たまに綺麗なものがあって、それは買ったもののようで……。
私はあまり使わないのですけど、野菜作りに土と混ぜて使用しています。

返信する

こんばんは。

こちらも「すくも」ですよ~グッド(上向き矢印)
懐かしいですね~、昔は我が家でも毎年この時期には、この光景がありました。

すくも焼きの中に入れて作った焼き芋って、じっくり熱が加わるんで、とっても美味しんですよねレストラン
あ~、食べたくなりましたわーい(嬉しい顔)

返信する

kaketoさん こんばんは

そうですかkaketoさんとこでも「すくも」ですか。
私はこちらの地方だけかと思ってましたが・・・
「すくも」漢字あるのかな~、語源は・・・興味あります。
器具を使うのは主に家庭園芸をやっている人たちでしょう
農家の方は田んぼの隅で積み上げてそのまま焼いていましたが、最近は見なくなりました。
我が家では、母が菊を始めてから必需品になりました。

返信する

こんばんは!

もみがら燻炭を、すくも、と呼ぶのですね。
お母さまの素晴らしい菊は、焼きすくもと自家製腐葉土が、元気の素だったのですね。
燻炭器、ユニークな形をしていますね。

焼き芋も、ほくほくで美味しそう!

返信する

もみ殻燻炭も自家製とは、素晴らしいですね。

昔は見たことがあります。そして焼き芋作ってましたねウィンク。美味しそう、いや美味しいに決まってる手(チョキ)

ホワイトキャット調べました。あまり出回らない愛好家の方が作出された品種のようですね。
見たことない薔薇です。楽しみにしてまするんるん

返信する

こんちゃんさん こんばんは

岡山でも「すくも」ですか・・・なんかうれしいですね。
私も若かりし時に倉敷市に2年余りすんでいたことがあります。
この時は「すくも」とは関係ない生活をしておりましたので
気が付きませんでした、岡山では千葉より稲刈りが
遅かったようですが、もう終わった頃ではないでしょうか。
焼き芋、絶品ですね。

返信する

asialavenderさん こんばんは

「もみがら」を「すくも」と呼んでいます。
こちらだけで使われる方言かと思っていたのですが
島根、岡山でも使われている事を聞きまして・・・うれしいです。
自家製腐葉土の効果は素晴らしいと思っていますが
「焼きすくも」の効果は?です、でも効果ありと思っていますよ。
燻炭器、トタン板を丸めて少し穴をあけたすごく単純なもので
機械と呼ぶには?なんですが・・・でもやはり機械です。
焼き芋器と呼んでもいいくらい、焼き芋絶品です。

返信する

園芸友ダチさん こんばんは

もみがら燻炭作り、火遊びですよ、面白い、焼き芋つきです。
菊花賞、皐月賞ご覧になるのですか、これも素晴らしい。
園芸友ダチさんのサツキ、菊と共に楽しみにしています
これにバラが加わると手入れ大変ですよ~。
ホワイトキャットは今我が家にあるマタタビが咲いたら
隣に植えようと思っています。
マタタビに反応しない猫もいるようですが、私のシャレです。

返信する

こんにちは。

燻炭器初めて見ます。すくもという言葉はどこかで聞いたような。。。うちでは残念ながら籾殻は手に入りませんが、草木灰を作りたくて大きな平たいお椀型の鉄製のfire pitというものに乾いた枝や葉を入れて燃やしています。でもこれだと焚き火になり、温度が高くなり過ぎて良い草木灰になっていないようです。こうして燻すようにするといいのですよね。

トタン板を円錐状に丸めて穴を開けてあるのですか。空気が少しずつ対流して一気に燃えないのでしょうね。焼き芋もほくほく美味しそう!

返信する

豆太郎さん こんにちは

そうですね、そちらでは籾殻は入手困難だと思います。
燻炭器、至って簡単な機械です、オイル缶等廃材でも簡単に作れそうな気がしますが、安いものなので今回新しく購入しました。
籾殻の山の中心に空間を作り、そこに点火します(燻炭器の中に紙や小枝を入れ火をつけ、周りを籾殻で覆います)、後は排気(煙突)を確保すれば少しずつ内側から燃え、焦げて燻炭が出来ます、焦げが表面まで達した時点で山を崩し、広げて冷却し、火を消します。
火が残っていると燃えて灰になってしまいます。
今回少し火が残っていて灰になった部分もありました。
注意しないと火事を起こす危険もあります。

燻炭、昔から農家が使っていて植物にいいらしいですが
別になくても育ちますし、燻炭を使ったものと
使わなかったものの比較もしてません・・・・・。

焼き芋は絶品ですよ、これだけは効果素晴らしい。

返信する

今日は。コメント有難う御座います。
大菊、現在の処病害虫もなく順調に
成育しています。

籾殻(スクモ)燻炭。 懐かしい言葉です。
(菊作りには必要の物です。)
今はJAで販売していますが、量が少なくなって
います。 宅地化が進み農家が少なくなっています。

小学生の頃、親父の手伝いに燻炭を焼いた経験が
あります。 懐かしい仕事でした。

返信する
みんなの趣味の園芸にログイン/登録する

※コメントの書き込みには会員登録が必要です。

会員登録がお済みの方は

会員登録をすると、園芸日記、そだレポ、アルバム、コミュニティ、マイページなどのサービスを無料でご利用いただくことができます。

ピックアップ
趣味の園芸テキスト

『趣味の園芸』9月号
ここからはじめる多肉植物/秋植え球根

ワンコイン多肉、エケベリア、コーデックスなどを大特集!この秋植えたいおすすめ球根植物も。

テキストこぼれ話

初心者でも楽しめるおすすめのエケベリア~9月号こぼれ話・前編

SNSでも話題の多肉植物愛好家・長沢恵美さんが、おすすめのエケベリア5種を紹介!

テキストこぼれ話

大人気! オリジナル鉢の秘密~9月号こぼれ話・後編

作出したエケベリアやオリジナルの鉢が大人気の、長沢さんの作品制作についてお聞きました。

栽培ナビアガベ

待望のアガベ栽培本!
12か月栽培ナビNEO『アガベ』

人気上昇中の多肉植物・アガベの品種や育て方を徹底解説する栽培本が誕生しました。

とじ込み付録

触ると危険、食べると危険な有毒植物にご注意!<むやみに恐れず、正しく理解しよう>

人体に影響がある化学成分を含む植物の一例を紹介します。

趣味の園芸バックナンバー
投稿募集中 from テキスト編集部
見て見て!お気に入りの花

見て見て!お気に入りの花
自慢の植物・庭の写真を募集中!

みんなのマルシェ

みんなのマルシェ
自慢の畑・野菜の写真を募集中!

おすすめ特集
植物図鑑まとめ

植物図鑑まとめ

たくさんある植物の中から、テーマ別や特徴別に紹介します。植物選びの参考にしてください

病気と害虫の話

病気と害虫の話

あなたの植物の症状は? 大切な植物を病気や害虫から守るための、見て分かる病気と害虫ガイド

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

バラの栽培で多くの人が悩む剪定の仕方を、動画でわかりやすく解説

寄せ植えを楽しむ

寄せ植えを楽しむ

寄せ植え向きの植物選びや、作り方のポイントを紹介。参考になるキレイな作品写真も見られます

「今、熱い植物」アーカイブ

「今、熱い植物」アーカイブ

人気の高まる多肉植物や観葉植物。業界の最前線で活躍する専門家がその魅力を紹介

テキストこぼれ話

みん園限定!テキストこぼれ話

ここだけで読める連載「テキストこぼれ話」。『趣味の園芸』で語りきれなかった話を限定公開

園芸用語集

園芸用語集

園芸でよく使われる主な専門用語を400語以上を掲載。50音順の索引から調べられます

今年の夏は緑のカーテン

今年の夏は緑のカーテン

緑のカーテンの作り方やおすすめ植物、実践事例などを紹介しています

みんなのバラ百科

みんなのバラ百科

バラの歴史や「殿堂のバラ」などのバラにまつわる知識、役立つ情報が盛りだくさん

野菜だけで一品レシピ

野菜だけで一品レシピ

育てた野菜をおいしく食べるための、野菜を使ったレシピ222品を公開中

全国植物園ガイド

全国植物園ガイド

全国の植物園一覧。日本植物園協会に加盟している植物園を中心に紹介。植物園に出かけよう!